2019年4月18日更新

2019最新 ヒロアカ最強キャラ&個性ランキングTOP20!ヒーロー、ヴィラン、雄英生、NO.1は誰だ

(C) 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

週刊少年ジャンプで連載中の漫画「僕のヒーローアカデミア」(通称「ヒロアカ」)。「個性」と呼ばれる特殊能力による派手なバトルが見どころの王道ストーリーです。キャラクターの戦歴や個性の特徴から強さランキングベスト20を選びました。最強は誰だ!?

「僕のヒーローアカデミア」は「個性」を駆使した能力バトルが魅力

2014年に連載開始し、今やジャンプを支える人気漫画のひとつとなった「僕のヒーローアカデミア」(通称「ヒロアカ」)。2019年4月現在23巻まで刊行されていて、2019年秋にはアニメ版第4期の放映が決定しています。 舞台は世界総人口の約8割が「個性」と呼ばれる特殊能力を生まれつき持っている超常社会。映画や漫画を見てみんなが一度は憧れる夢のような世界は、いつしか現実のものとなっていました。しかし、徐々に個性を利用した犯罪も増え始めます。そこで「ヒーロー」という職業が誕生することに。 ヒーローは公共の場での個性の使用が認められており、同じく個性を使用した犯罪者「敵(ヴィラン)」を取り締まることが仕事です。ヒーロー界のレジェンド「オールマイト」に憧れ、無個性の緑谷出久(みどりやいづく)がプロヒーローを目指し、雄英高校ヒーロー科の入学を志すところから物語が始まります。

緑谷出久のクラス、1年A組の名簿はこちら

強個性が勢ぞろい!ヒロアカ最強キャラは誰か

登場キャラクターのほとんどが「個性」を持っている超能力者である「僕のヒーローアカデミア」。これまで多種多様な個性が描かれてきました。個性を駆使したド派手なバトルが見どころの本作ですが、その中でも最強の個性、最強のキャラは誰でしょうか。 この記事では、個性や実際のエピソードを基に、キャラの魅力を解説しつつその強さを比較し、ランキングにしてみたいと思います。

ヒロアカキャラ強さランキングTOP20を選出

「僕のヒーローアカデミア」には魅力的なキャラクターが大勢登場します。ヒーロー、ヴィラン、ヒーロー科の高校生など、物語に登場した「個性持ち」は漫画22巻までですでに100体を超えています。 今回のランキングでは個性の強さだけでなく、実践での勝敗やキャラの性格、これからの成長性などの要素を加味したうえで、TOP20を考察、選出しました。

サイド ヒーロー名
/ヴィラン名
個性
1 ヒーロー オールマイト/八木俊典 ワンフォーオール
2 ヴィラン オールフォーワン オールフォーワン
3 ヒーロー エンデヴァー ヘルフレイム
4 ヴィラン ギガントマキア 不明
5 ヒーロー ホークス 剛翼
6 ヴィラン 死柄木弔
(しがらきとむら)
崩壊
7 雄英高校 デク/緑谷出久
(みどりやいづく)
ワンフォーオール
8 ヴィラン オーバーホール
/知崎廻(ちさきかい)
オーバーホール
9 雄英高校 ルミリオン/通形ミリオ 透過
10 ヒーロー サー・ナイトアイ 予知
11 雄英高校 天喰環
(あまじきたまき)
再現
12 ヒーロー イレイザーヘッド
/相澤消太(あいざわしょうた)
抹消
13 ヒーロー グラントリノ ジェット
14 ヴィラン 黒霧(くろぎり) ワープゲート
15 雄英高校 轟焦凍
(とどろきしょうと)
半冷半燃
16 士傑高校 夜嵐イナサ 風を操る?
17 雄英高校 爆豪勝己
(ばくごうかつき)
爆破
18 ヴィラン 脳無(のうむ) 複数
19 ヴィラン ステイン 凝血
20 雄英高校 常闇踏影
(とこやみふみかげ)
黒影(ダークシャドウ)

それでは、20位から順に詳しくキャラを解説します。

20位 常闇踏影(とこやみふみかげ)

雄英高校1年A組/個性「黒影(ダークシャドウ)」

常闇はクールな性格で、見た目は鳥のように口がとがっていて全身が真っ黒です。彼の個性は「黒影(ダークシャドウ)」。影のようなダークシャドウを伸縮自在に操ることができます。ダークシャドウは光が弱点で、日中はパワーダウンしてしまいますが、逆に闇の中ではパワーアップします。 常闇はインターンでプロヒーローのホークスに従事し、個性の伸ばし方を模索しました。ダークシャドウを体に巻き付け、衣服で覆い隠すことで弱点である光を克服したうえ、飛べる能力になりました。強い個性ながら扱いきれずに悩んでいた踏影ですが、新しい力を発揮して活躍していってほしいです。 常闇はいまだヴィランとの戦闘で目立ったことはないですが、優秀な成績と個性の強さからベスト20入りしました。

19位 ステイン

敵(ヴィラン)連合/個性「凝血」

通称「ヒーロー殺し」ステイン。彼は「ヒーローは見返りを求めてはならない」という独自の哲学を持っていて、ただ私利私欲で罪を犯す他のヴィランとは一線を画す存在です。もともとはヒーローを目指していたこともあって、戦闘能力は確かなもの。 彼の個性は、血を舐めた相手の動きを封じるという能力です。緑谷や轟を苦戦させましたが、激闘の末ステインは逮捕されました。しかし、彼独自の哲学は世間で大きな波紋を呼び、ヴィラン界のカリスマとなりました。 ステインは、実力もさることながら、その影響力の強さを加味してランクインです。

18位 脳無(のうむ)

敵(ヴィラン)連合/個性「???」

左上の画像が脳無

脳無はヴィラン連合によって作られた人造人間です。1体だけでなく複数体存在するうえ、新しく作られる度にどんどんと性能がグレードアップしていきます。 脳無の個性は、個体によって様々です。人工的にいくつもの能力を与えられることに耐え切れず、プロトタイプの脳無は話すことすらできませんでした。しかしその実力は、プロトタイプですらオールマイトを苦戦させるほど。オールマイトが弱っていたとは言え、驚異的な存在です。 さらにエンデヴァーと対峙した脳無は、個性を複数持っている上に自分で考えることが出来るようになっていました。今後も進化し続けるとすれば、厄介で恐ろしいヴィランの脳無。しかし今のところは18位で様子見としておきましょう。

17位 爆豪勝己(ばくごうかつき/かっちゃん)

雄英高校1年A組/個性「爆破」

爆豪は緑谷の幼馴染で、天才的な戦闘センスを持っています。彼はプライドが高すぎるうえに、ヒーローとは思えない言動など、問題児でした。しかし緑谷をライバルとして認めることで、自分を見つめなおす機会を得て、ヒーローの卵として成長していきます。 爆豪の個性は手のひらの汗に含まれるニトログリセリンを爆発させる能力。ド派手で威力の高い技なのですが、一方でコントロールには繊細なテクニックが必要です。彼は意外とテクニックを駆使して戦う技巧派な面もあります。 仮免試験に落ちたことで後れを取っていた爆豪ですが、これからの活躍に期待大ということでこの位置に。

16位 夜嵐イナサ

士傑高校1年/個性「???」

夜嵐は仮免試験に現れた、関西の名門・士傑高校1年生。雄英高校の推薦入試をトップで合格した者の入学を辞退した実力者です。彼の性格はとにかくハイテンションで、初対面の相手にも物おじせず話しかけます。エンデヴァーを毛嫌いしていたことから、息子である轟にも同じく嫌悪感を抱いていました。 夜嵐の個性は詳しくは明かされていませんが、仮免試験の時は風を操っている描写がありました。1年生にもかかわらず、特例として2年生に混じって仮免試験に参加するほどの実力者ということでランクイン。

15位 轟焦凍(とどろきしょうと)

雄英高校1年A組/個性「半冷半燃」

轟はエンデヴァーの息子で、雄英高校1年A組のエース的存在。彼の個性は氷と炎を扱う能力ですが、エンデヴァーと確執があったため、はじめは炎の能力を封じていました。クールなキャラですが、体育祭では緑谷に煽られて炎を解放するなど、アツい一面を見せています。 轟は父であるエンデヴァーと距離をとっていました。しかしオールマイトの引退を機に、No.1ヒーローとして変わろうとしている父の姿を見て、轟とエンデヴァーの関係は少しずつ好転していきます。 氷の個性だけを使っていると体が冷えて動きが鈍くなっていきます。逆に炎だけを使っていると体に熱が溜まりオーバーヒートします。轟の個性は、両方の能力があってこそ最強の能力なので、父とのわだかまりがとけて炎の能力を解放した今、彼はさらに実力を伸ばしていくことでしょう。

14位 黒霧(くろぎり)

敵(ヴィラン)連合/個性「ワープゲート」

黒霧は死柄木のサポート役としてヴィラン連合の中核を担っています。顔や手などのスーツから露出している部分は、モヤのような黒い姿です。 ヴィラン連合が雄英高校を襲撃した際、黒霧は個性を駆使してヴィラン側の戦闘をアシストしていました。彼はワープゲートの個性を持っていて、彼自身の実体も霧のように掴めないので攻撃が当てられず、雄英高校生たちは苦戦を強いられることに。しかし、体の核となる本体部分は攻撃をすり抜けられないらしく、爆豪によって動きを封じられました。 個性の厄介さもさることながら、ヴィラン連合を支える幹部としての実力も加味してこの位置にランクイン。

13位 グラントリノ

プロヒーロー/個性「ジェット」

グラントリノは、かつてオールマイトを教え子に持ったことがある大御所。彼は、ヒーローとしてはそこまで有名ではなかったようですが、年老いた今でもかなりの強さです。緑谷を指導することになりますが、かなりのスパルタでしたね。 グラントリノの個性は、足の裏からジェットを噴射してか自在に飛び回る能力。目立った戦闘描写はありませんが、脳無と渡り合ったこと、また黒霧の逮捕に一躍買ったことからこの順位に選出。

12位 イレイザーヘッド/相澤消太(あいざわしょうた)

プロヒーロー(雄英高校教師)/個性「抹消」

相澤消太(イレイザーヘッド)は、雄英高校1年A組の担任を受け持つプロヒーロー。普段はやる気のない雰囲気の彼ですが、戦うときには髪が逆立つというギャップがあります。今までに何人もの1年生を退学処分にしていたりと、シビアな性格ですが、その分受け持った生徒には愛をもって接します。 彼の個性は、「見た相手の個性を消す」能力。個性がものをいう社会ではチート級の能力ですが、相手を見ることが発動の条件なので、ドライアイなのが玉にキズです。また、見ても消せない個性もありますが、近接戦闘は相当訓練しており、彼は体術でも引けを取りません。

11位 天喰環(あまじきたまき)

雄英高校3年/個性「再現」

天喰は、雄英高校の「ビッグ3」に数えられる実力者。死穢八斎會(しえはっさいかい)との戦闘でその強さを十分に発揮してくれたことからこの順位に。 彼の能力は、食べたものの特徴を自分の身体に再現する、というもの。例えば、「フライドチキン」なら羽根、「タコ焼き」ならタコの足、「アサリのしぐれ煮」なら貝殻、などを自分の体に再現することができます。いろいろなものを食べておくことにコストがかかる能力ですが、その技術によって個性をフル活用しています。

10位 サー・ナイトアイ

プロヒーロー/個性「予知」

サー・ナイトアイはオールマイトの元相棒(サイドキック)。七三分けにスーツとお堅い見た目ですが、ユーモアを重要視しています。彼はワンフォーオールの秘密を知っている数少ない人間の一人ですが、オールマイトの未来をめぐって、彼とオールマイトの間には軋轢が生まれました。 ナイトアイの個性は予知能力ですが、戦闘スタイルは印鑑を使ったものです。印鑑は一個5kgの武器で、印鑑の形をしているのは彼なりのユーモアです。死穢八斎會との戦闘でみせた強さは、まさにオールマイトの元サイドキックと呼ぶにふさわしいものでした。彼は残念ながら殉職してしまいましたが、実力はこの順位で申し分ないでしょう。

9位 ルミリオン/通形ミリオ

雄英高校3年/個性「透過」

通形(とおがた)は、雄英高校3年生で「ビッグ3」と呼ばれる3人の中でもトップの実力を誇ります。彼はサー・ナイトアイの元でインターンに励み、ナイトアイからは「ワンフォーオール」の継承者に最もふさわしい人物と言われていました。性格も明朗で魅力的なキャラクターです。 通形の個性は、あらゆるものをすり抜ける「透過」能力。地面をすり抜けって相手の背後に現れ、瞬間移動のように錯覚させて戦うことができます。しかしこの能力は弱点が多く、透過するときは光や音などあらゆる情報が遮断されるため、能力を使いこなすためには相当な努力と技術が必要です。 死穢八斎會との戦闘で、彼は個性を失ってしまいました。しかしサー・ナイトアイは死に際に、「誰より立派なヒーロー」となったミリオの姿を予知します。彼に能力が戻るのかどうかは不明ですが、これからも活躍してほしいという願いも込めて、上位にランクインです。

8位 オーバーホール/知崎廻(ちさきかい)

死穢八斎會(しえはっさいかい)/個性「オーバーホール」

知崎は、死穢八斎會(しえはっさいかい)という名の反社会組織を仕切る若頭。彼は娘の壊理(えり)を利用し、「個性を消す」銃弾とその血清を作り出して裏社会に流入させます。組織を再興する目的のもと、どんどんと市場を支配していく過程でヴィラン連合と手を組むことになります。 知崎の個性は「オーバーホール」。物質を分解して修復させることで、複数のものを融合させることができます。最終的には自身を組織のメンバーと融合させ巨大化したものの、壊理の個性によってワンフォーオールの力を100%引き出した緑谷に敗北しました。 その後、自らが着手していた銃弾を死柄木に利用され、知崎は個性を失いました。逮捕されてしまったので今後の登場はなさそうですが、ヴィランの中でも指折りの強さを見せたことから上位にランクイン。

7位 デク/緑谷出久(みどりやいづく)

雄英高校1年A組/個性「ワンフォーオール」

緑谷は本作の主人公で、ワンフォーオールの継承者です。オールマイトに憧れヒーローを目指すも、無個性だった緑谷は「デク」と呼ばれポンコツ扱いされてきました。しかし、ワンフォーオールの継承者としてみるみる実力を伸ばし、強敵たちを打ち破っていきます。 ワンフォーオールはパワーを貯蓄する「ストック」と、「個性を受け渡す個性」の融合によって代々継承されてきました。それが緑谷の代で、新たな兆しを見せます。なんと緑谷は、先代の継承者がもともと持っていた個性を使うことが出来るようになったのです! これによって彼にはこれから6つの個性が発現すると予測されます。すべての能力が使いこなせたとき、緑谷はNo.1ヒーローへの道を駆け上がることになるでしょう。しかしいかんせん、まだ成長段階なのでこの順位で様子見です。

6位 死柄木弔(しがらきとむら)

敵(ヴィラン)連合/個性「崩壊」

死柄木は、オールフォーワンの指導のもとヴィラン連合を率いてきたリーダー。彼は実はオールマイトの前の継承者である志村の息子です。顔や体にいくつもの「手」を付けており、顔についている手を「お父さん」と呼んでいますが、なぜそう呼んでいるのかは不明です。 「僕のヒーローアカデミア」では緑谷たちヒーローサイドの成長と並行して、死柄木たちヴィランサイドの成長も描かれています。ヴィラン連合がオールフォーワンという指導者をなくした今、死柄木は自律的に考え始め、統率者としての実力を伸ばしています。 彼の個性は「崩壊」。五指で触れたものを跡形もなくボロボロにします。この能力は自分にも効いてしまうのか、体を掻くときには4本の指を使っています。 彼は、雄英高校を襲撃して生還するなど、破天荒なことをしますが痛手を負いません。今の時点では主人公の緑谷よりも実力は上であると判断し、この順位に。

5位 ホークス

プロヒーロー/個性「剛翼」

画像後ろがホークス

ホークスは、背中に大きな翼をもつヒーロー。ヒーローランキングでは、No.1となったエンデヴァーに次いでNo.2の実力者です。史上最年少でランキングTOP10入りを果たした過去、またその能力に関係して、「速すぎる男」という通称で知られています。 ホークスの個性は、背中の硬い羽根を一枚一枚自在に操る能力。街を歩いているだけのように見えて、いくつもの犯罪や事故を彼が未然に防いでいる様子が描かれています。また、脳無戦ではエンデヴァーの背中に翼をこしらえてアシストしました。 詳しい素性が明かされていないホークスですが、スパイとしてヴィラン連合と繋がっていたりと、今後も活躍が楽しみなキャラクター。妥当な順位でしょう。

4位 ギガントマキア

敵(ヴィラン)連合/個性「???」

ギガントマキアは、オールフォーワンが最も信頼を寄せていた存在。未だ不明な要素が多いキャラクターですが、徐々にその実力が明かされてきています。彼と対峙したグラントリノは、ギガントマキアを「歩く災害」と呼んでいました。 彼の個性はまだ明かされていませんが、どうやら複数の能力を持っている様子です。彼は、脳無と同じように複数の個性を与えられながらも、自我を失うことなく耐えられたほどの実力者です。 ギガントマキアはオールフォーワンに心酔するあまり、死柄木には従うつもりがない様子。彼を仲間に引き入れるべく死柄木たちは連日連夜の死闘を繰り広げています。今後ストーリーに大きく関わるであろう強キャラなので、上位にランクインです。

3位 エンデヴァー

プロヒーロー/個性「ヘルフレイム」

エンデヴァーは現No.1ヒーローであり、轟の父親。彼はオールマイトを極端にライバル視しており、常に彼を超えることを目指していました。しかしオールマイトは引退、納得できないまま事実上No.1ヒーローとなります。 エンデヴァーはかつて、力を求めるあまり冷酷な一面がありましたが、ライバル視していたオールマイトに、「No.1とはどういうことか」と素直に聞く場面があり、彼が変わろうとしていることが描かれました。家にも顔を出すようになり、家族との関係を修復しようとしています。 エンデヴァーの個性は爆炎を操る「ヘルフレイム」。すべての燃やし尽くす炎は、向かうところ敵なしです。強化された脳無にも打ち勝つ実力は、まさに現No.1ヒーロー。文句なしの第3位です。

2位 オールフォーワン

敵(ヴィラン)連合/個性「オールフォーワン」

画像右がオールフォーワン

オールフォーワンは、ヴィラン連合を裏で支えてきた影の支配者。彼は超常社会の黎明期から生きているのでかなりの年齢だと思われます。人々に個性が現れ始めたころ、彼は個性を奪ったり与えたりする能力によって、悪の世界の支配者となりました。 オールフォーワンはかつてオールマイトと対峙し、敗北しています。しかし未だに活動を続けており、ヴィラン連合も彼が組織したものでした。再びオールマイトと対峙し追い詰めるも、敗北を喫して収監されます。 彼の個性はオールフォーワン。人から個性を奪い取ったり、人に与えたりすることが出来ます。また、奪った能力は自分でも使うことが出来、複数の個性を組み合わせた技を使います。彼が長生きできているのは「成長を止める」個性を使っているからです。 個性の強さ、悪としてのカリスマ性など、すべての要素においてヴィラン界のトップと言える存在。ヒロアカ最強のボスキャラと言っても過言ではないでしょう。

1位 オールマイト/八木俊典

元No.1ヒーロー/個性「ワンフォーオール」

オールマイトは、ヒーローを象徴する存在であり、ワンフォーオールの継承者。ヒーローとして活動しているときはムキムキですが、普段はガリガリです。彼は緑谷にワンフォーオールの力を受け渡し、もうその力はほとんど残っていません。 しかし、彼の圧倒的なパワーは人々の記憶にしっかりと焼き付いています。復活を遂げたオールフォーワンとの激闘は、まさにヒロアカ最強キャラと言えるものでした。オールフォーワンは複数の個性を組み合わせた技を使います。それにもかかわらず、今まで積み上げてきた力を拳一つでぶつける彼の姿は圧巻でしたね。 オールマイトは、今となっては個性を失ってしまいましたが、ヒーローとしての実績を評価し、1位に。

その他のキャラも粒ぞろい 使い方によっては最強の個性かも?

「僕のヒーローアカデミア」に登場するキャラクターは、みんなそれぞれが個性的で魅力あふれる人物ばかりです。TOP30にはランクインしていないキャラでも、これからの成長によって強くなりそうな個性を持っていたり、「こんな能力が自分にあったらいいのに」と思わず羨ましくなってしまう個性を持っていたりします。

麗日お茶子(うららかおちゃこ)

雄英高校1年A組/個性「無重力」

麗日は、緑谷の友人で、ムードメーカー的な存在。彼女は手で触れたものを浮かせる個性を持っています。ただし、浮かせるものが重量オーバーになると酔ってしまうので要注意。 重いものを浮かせたり、落としたりするという戦い方だけではなく、彼女は体術も勉強しています。今後の成長次第ではかなり強いキャラになりそう。

心操人使(しんそうひとし)

雄英高校1年/個性「洗脳」

心操は、体育祭で決勝に進んだ唯一の普通科生徒。もともとヒーロー科志望だった彼ですが、入試では個性を生かせず、普通科に入ります。しかしその後、ヒーロー科への編入を目指して努力しているようです。 彼の個性は「洗脳」。彼が話しかけた相手が返事を返すことが条件となり、相手を意のままに操ることが出来ます。彼がA組B組合同訓練に参加した際、ボイスチェンジャーを導入していました。誰が喋っているのかを分からなくさせることで、見事に相手チームの連携を崩していきます。 ボイスチェンジャー以外にも体術強化など、いろいろな努力を重ねている心操。ぜひヒーロー科に編入して活躍を見せてほしいです。

壊理(えり)

オーバーホールの娘/個性「巻き戻し」

壊理は知崎(オーバーホール)の娘で、緑谷たちに救われた幼女です。知崎は彼女の個性を研究し、商業に利用していました。 彼女の個性は「巻き戻す」能力。知崎が開発した「個性を消す」銃弾は壊理の能力を使って、「個性を持つ以前の人間」に退化させるという仕組みでした。 どういう条件で巻き戻しが発動するのかなど、詳しいことは明らかになっていませんが、驚異的な能力です。彼女がヒーローを志望するかは分かりませんが、かなり強力な使い道がありそう。

根津校長

雄英高校校長/個性「ハイスペック」

画像左が根津校長

根津は雄英高校の校長を務める、超頭脳を持った動物。ネズミのような見た目で、人間ではないのですがとんでもなく賢いという個性を持っています。その能力を活かして校長にまで上り詰めたのだから、彼は相当頭が良いんでしょうね。実世界では一番欲しい能力かもしれません。

ヒロアカの最強キャラはこれから登場する?個性を予想しつつ楽しもう

今回はキャラの能力や強さをランキング形式で発表しました。 どのキャラも個性的な「僕のヒーローアカデミア」。今回名前が挙がらなかった人物も、魅力的なキャラクターばかりです。今後、新たな展開と共に新たな強敵もどんどん出現するでしょう。どんな個性が登場するのか、そして主人公たちがどんな成長を遂げるのか楽しみですね。