宮崎駿監督が新作タイトルを正式発表!『君たちはどう生きるか』のあらすじを紹介!

2017年10月30日更新

1937年に吉野源三郎が発表した小説『君たちはどう生きるか』を、76歳となった宮崎駿が長編アニメーションにすると発表!2017年10月30日現在の最新情報をお届けします。

宮崎駿、引退撤回!小説『君たちはどう生きるか』をモチーフに長編アニメを製作!

宮崎駿監督が吉野源三郎原作の小説『君たちはどう生きるか』をモチーフに長編アニメーションを製作することを発表しました。 宮崎監督は2013年に一度引退を発表していましたが、2017年に入り前言を撤回。既に制作に取り掛かっており、本作のタイトルやあらすじ等について注目されていました。

原作の『君たちはどう生きるか』とは?

君たちはどう生きるか

『君たちはどう生きるか』とは、1938年に発表された吉野源三郎の小説です。 本作のあらすじは、主人公である本田潤一こと15歳のコペル君が、学校生活を送るなかでさまざまな出来事を体験し、コペル君の亡き父に代わって彼の面倒を見ていた叔父さんへ、その日の出来事を話します。その出来事に対して、叔父さんが考えたことを「ノート」に記載する形で彼に伝えていく、といった内容です。 本作のあらすじについて宮崎駿監督は、「その本が主人公にとって大きな意味を持つという話です」と語っています。アニメ化するにあたって、キーアイテムとなるノートやコペル君とおじさんとのやりとりがどのように描かれていくのか、注目です。

本作の気になる公開予定日は?宮崎駿監督最後の作品!?

気になる公開日はいつになるのでしょうか。2017年10月30日現在では正式な公開日は発表されていません。ただし、宮崎駿監督は制作期間について3年か4年はかかると発言しており、恐らく公開は2020年〜2021年頃になるのではないでしょうか。今後の動向に注目です。 また2017年5月にスタジオジブリの公式サイトでは、今作が宮崎駿監督にとって年齢的にも最後の作品となると発表しています。早くも公開されるのが楽しみですね。