『るろうに剣心 伝説の最期編』のネタバレ・気になる感想評価【実写映画完結編!4/6地上波放送】

2018年4月2日更新

実写映画シリーズ完結編となる『るろうに剣心 伝説の最期編』。佐藤健、武井咲、伊勢谷友介ら豪華キャストや迫力のあるアクションで注目の今作。映画の結末ネタバレから気になる評価・感想までをまとめました。

『るろうに剣心 伝説の最期編』のネタバレを紹介!気になる感想評価も

いよいよ完結。窮地に立たされた剣心は..?

2012年からスタートした実写映画『るろうに剣心』。2014年「伝説の最期編」の公開をもって実写映画化シリーズは完結となりました。 今回はシリーズ最後となった「伝説の最期編」のネタバレ、気になる感想やファンの評価をご紹介します!

こちらの記事では、「るろうに剣心」シリーズが高評価を獲得した理由を考察!

『るろうに剣心 伝説の最期編』の結末ネタバレ

志々雄との死闘は奥義・九頭龍閃で決着!

東京襲撃をたくらむ志々雄真実は東京湾にて、時の政府の要人・伊藤博文に剣心を処刑するように迫りました。会合の中で、志々雄は自身が異常な高熱を体に宿していることを明かします。 「京都大火編」ラストで海に飛び込んだ主人公・緋村剣心は師匠である比古清十郎に助けられ、彼から飛天御剣流の奥義を教わります。清十郎と別れ志々雄の元へ向かう剣心は、同じく海に放り込まれた薫が助け出され、入院していたことを知らされます。 東京に到着した剣心は逮捕されますが、これは伊藤と面会するための作戦でした。剣心から志々雄と戦えれば勝機があると提案され、伊藤は剣心の斬首刑を呼び水に志々雄一味をおびき出す作戦を提案します。 剣心の処刑が大々的に報道され、薫たちや志々雄一味が処刑場に集まりました。処刑の前に捕縛から解放された剣心は、志々雄の根拠地である戦艦「煉獄」へと乗り込みます。 伊藤博文が剣心や志々雄の存在を闇に葬ろうと政府軍に砲撃の指示を出し、「煉獄」は炎に包まれました。剣心は志々雄の部下宗次郎を打ち倒し、ついに志々雄との戦いに挑みます。 一度は不覚を取り、倒れる剣心。仲間の助けを受けて立ち上がった剣心は、飛天御剣流奥義・九頭龍閃を放ちます。 志々雄は九頭龍閃受けて倒れ、自身の体に宿った熱で発火し、「煉獄」と共に炎に包まれて命を落とします。戦いを終えた剣心は神谷活心流道場に戻り、薫たちとの穏やかな生活に戻ることができました。

実写映画完結編の気になる感想・評価を紹介!

序盤はテンポが遅めでいまいち?その分後半の勢いがみどころ!

naturally_arce 序盤のテンポが割とゆっくりしてて、前編のほうがスピード感があるのかと思いきや、後半、見事にそれを裏切られて、最高に興奮した。とにかく前編のアクションを超越していて、震えが止まらなかった。 個人的に前編は宗次郎がとても際立っていたけど、後編は蒼紫が最高にかっこよかったと思う。もう少し宗次郎のシーンを増やして欲しかったなぁ。
puchipuchigumi 序盤、奥義の習得あたりまでは間延びするが、徐々にエンジンがかかってくる。 佐藤健のアクションは、相変わらず素晴らしい。

結局船を沈没させるなら、志々雄との肉弾戦の必要はなかったんじゃないか、というツッコミは入れたくなる。

Manaka_Takamori 映画館で。

後半、剣心処刑のシーンあたりからはさすがのアクションで興奮したけど、それ以外は最悪。蒼紫様とか、確かに4人VS~ってあの構図はかっこいいけど、それにしても蒼紫様登場はちょっと無理矢理すぎな気が…(笑) なんか蒼紫様だけ色々はしょられてる気がして微妙すぎた。

でも出演者の皆さんの熱意や熱演には脱帽!

うーん…でもやっぱ、「アクションすごい!」に尽きちゃうかな…申し訳ないが…

amazon02 前作、京都大火編を受けての完結編。できれば間をおかずに鑑賞すべきか。 と、いうのも中盤まで復活を期す剣心、昏睡の薫、京都の御庭番衆と蒼紫、志々雄一派の動きなどがモンタージュされ、どれもが大して噛み合わずに話が進む。 慣れないむきには話の芯が読みづらいのではないかと思うからだ。 とはいえその前半部は、打ち首という前時代的な憂き目に会う剣心の、まさに「その瞬間」まで弓の弦を引き絞るように観客の緊張感と焦燥感を煽り、一気に志々雄との対決に収束させてゆく。
buchoshi_ るろ剣三部作の最終作。オリジナルストーリーではあれども原作と大きくはずれずうまくまとまってた。殺陣のアクションシーンは相変わらずの完成度の高さ。特に志々雄の「焔霊」が再現されてたのは原作ファンなら高まる!ただ十本刀のぞんざいな扱いはいただけなかった。あの扱いなら登場させずに方治、由美、宗次郎だけでよかったかな。賛否両論はあれども原作漫画の実写映画にしては久々に楽しかった

詰め込みすぎでストーリーがダメ!という意見多数。

amazon02 やはり作品自体は痛快活劇という意味では三部作中最低ではある。 しかし、劇中アクションの高揚感、画面全体からのテンション、そして全3作を通じての作品としての存在感は非常に高レベルだ。 ワーナー資本在りきでこのスケールと言うのが惜しいが、日本映画の未来は捨てたもんじゃ無い。 本編最後の剣心の笑顔で全てが良いまとまり方をしている。
potunen もう…シナリオがひどいよ…キャラの行動原理が全然分からん…。。薫と喧嘩屋の大根っぷりも段々イライラしてくるし。。他の人の熱演の邪魔やで…。。
toshibakuon 佐藤健の殺陣は毎回見事だと思う。福山雅治を師匠に抜擢してしまったからそのシーンが長くなってやや中だるみを感じた。あれだけの稽古で奥義を習得してしまうものなのだろうか?そしてクライマックスでは剣で刺されてたらあんなに軽快に動き回れないんじゃないかな。アクションばかりに固執してしまった感じでストーリーが追いついてないのと最終章だから詰め込みすぎだな。
yuki12241 ん~。悪くはないんだけども、前作の方が圧倒的に良い。映画オリジナルの副作用がラストで一気に来た感じでした。あと、前作でも思いましたが、左之助が単なるギャグ要因になってるのがとても悲しい・・・。安慈との戦いなんて原作では屈指の感動シーンなのに!!と言いたくなります。でも、視点を変えればよくこの短い尺でここまで描いたな~とも思いました。 アクションだけを取れば、これより凄い邦画は思いつかないレベルなんですけどね!前にもレビューに書きましたが、日本のアクション映画を変えるきっかけの作品になるといいなと思います。真田さんとかもっと使おうよ。
yuukaaaaa もうわけわからないことになってた。違う意味ですごい笑えたけどなぜそうなったの一言。キャラも一人ずつ抱えているものがものすごく浅いものになってしまっていて残念。 俳優人がかっこいい、演技が素晴らしい、それだけだった。
役柄にピタリとはまった俳優陣の演技とアクションの素晴らしさには感動しました!作品への情熱も伝わってきました!

しかし・・・

ストーリーが最悪。 話を詰め込みすぎたのでしょう。 その結果、随所にチグハグした箇所と無意味な箇所が沢山でてきて、収拾がつかなくなってしまった、という感じ。 そして、全体を通して何を言いたかったのかという主題も今一つ不明瞭。

この映画をこれから観る方はストーリーに期待しないで下さい。アクションはスゴイです。おなか一杯、食傷気味になります。個人的には好きですが、万人向けでは無いです。

実写「るろうに剣心」と言えば!アクションは前作同様高評価

Misuzu_Harashima 迫力のあるアクションシーンにドキドキさせられた。 早回しやスタントを使用してないから驚き。
ykiwkr 原作読んでた世代なのでなんとなく遠ざけてましたが、ふつうにかっこよかったです。刀アクションは不滅のときめきですね。少年漫画ばんざいです。コミック完全版とかあるらしいよ揃えちゃおうか!…なテンションになります。
ch1120 公開されて直ぐ見に行きました。とにかく殺陣は本当にすごい。躍動感や疾走感。剣が当たってる・当たってないとか感じされないナチュラルな勢いのある魅せ方。個人的に佐藤健と神木隆之介の小回りの効くアクションが見てて圧巻でした。 突っ込みたくなるとこも少々。志々雄戦終えても蒼紫は剣心へ挑む気配も、啖呵きることもなく…。蒼紫が剣心追いかけて来たならその次のシーンもなんかあって欲しかったなーと思います。しかしトータル細かいとこはともかく映画としては◎!見てよかった〜です。
sheeep 殺陣が速すぎて目が追いつかない。 谷垣さんのアクションは、これから世界を取りにいくと信じています。 それに応えた俳優陣はほんとにすごい。 佐藤健さんはもちろん、今作は神木隆之介さんが素晴らしかった。 SPECは指パッチンだけでしたから、運動神経の良さを知る間がありませんでしたし。

十本刀や蒼紫の扱いが残念。志々雄はやはりかっこいい!

asakomeichan ストーリーはかなり映画オリジナル、なので映画は映画で面白かったし良かった。ただ尺の都合上仕方ないけど、十本刀の扱いがちょっと残念。。でも 最後の志々雄との対決が凄まじい。剣心を圧倒してたね!凄かった。あと方治も良かったわ笑
Mitsuko_Kishi やはりししおかっこよかったな~。オーラがすごい。「自分のものさしで裏切りを判断するんじゃねーよ」
matzsara 前後編一気見した。アクション本当にすごい。ただ前編ほぼほぼ原作踏襲で期待度が上がってただけに、すこし残念な感じだった。原作知らなければもう少し楽しめるのかもだが。

とくに蒼紫の謎キャラちゃん感がすごい。もっと大切にしてやれよと強く強く思う。翁の「殺してやってくれ」て言葉があるから辛うじて修羅に堕ちる前の人格者ぶりが匂わされるけど。行動だけ見たら完全に迷子(原作でも迷子だった気がするけどもっとエグい)。志々雄のツッコミにまったくだ!と思わず同感。

「るろうに剣心」シリーズをまるっとおさらいしよう

前作がアクション、ストーリー、キャスティングなど多方面で評価されていたのに比べると、脚本に対しては厳しい声があがったように感じますね。いずれにしてもファンの心をしっかりつかんだシリーズとなったようです。 そんな実写映画版シリーズのあらすじ、キャスト、登場人物は以下の記事で紹介しています。是非おさらいしてみてはいかがでしょうか?