©ABA/Newscom/Zeta Image

パク・シネについて知りたいこと!【出演おすすめドラマ&映画10選】

2017年11月13日更新

若手女優の中でもトップクラスの演技力と美しさを兼ね備えた女優パク・シネ。日本でもリメイクされた人気韓国ドラマ『美男<イケメン>ですね』に出演し、韓国のみならず日本での人気も高い彼女の人気の秘密に迫ります!

パク・シネ、老若男女・誰からも愛される女優

『美男<イケメン>ですね』、『相続者たち』、『ピノキオ』、『ドクターズ~恋する気持ち』など、主演作が立て続けにヒットをし人気を博している女優パク・シネ。日本でも『美男<イケメン>ですね』でファンになった方も多いのではないでしょうか? 韓国、日本のみならずアジア圏で絶大な人気を誇っており、『となりの美男<イケメン>』で共演したユン・シユンが中国の知人に共演を伝えると、「女神」との共演だと羨ましがられたそうです。お母様世代の好感度も高く、俳優チャン・グンソクの母親が嫁にしたいと言うほどでした。 誰をも魅了するパク・シネの人気の秘密に迫ります!

パク・シネのプロフィール

1990年2月18日生まれのパク・シネ。子役からスタートした彼女ですが、もともと女優を夢見ていたわけではなく警察官が夢でした。幼い頃に実家に泥棒が入り、そのことがきっかけで小学校6年生まで警察官になることを夢見ていたそうです。 そんな中、写真館で撮った彼女の写真を見た知人が歌手イ・スンファンの個人事務所のオーディションに送ったことがきっかけとなり、彼のミュージックビデオに出演、芸能界入りをしました。 このことがご縁となりイ・スンファンの事務所で歌手デビューに向けて準備をしていたところ『天国の階段』でチェ・ジウの子役を演じることになり、歌手ではなく女優としてシフトチェンジすることになります。パク・シネはもともと女優ではなく歌手になりたかったそうです。 『天国の階段』以降、数々の作品に出演し演技力を磨くことになります。そして2009年『美男<イケメン>ですね』で主演をつとめ、その知名度を更に高めました。 以降、『相続者たち』、『ピノキオ』、『ドクターズ~恋する気持ち』など立て続けにヒット作に出演し、その人気を確実なものにしました。 2018年4月からはナ・ヨンソクPDの新作バラエティ番組『森の中の小さな家』に俳優ソ・ジソプと出演することが決定しており、新たな魅力をお茶の間に届ける予定です。

ダンスの実力はプロ並み!?

パク・シネ ゼータ
©ABA/Newscom/Zeta Image

パク・シネはもともと歌手としてデビューするはずだったため、歌とダンスの実力が非常に高いことで有名です。なんと、歌だけではなくギターの演奏、更に作曲までもできるそうです。特にダンスの実力は芸能人も舌を巻くほどで、バラエティ番組や自身のファンミーティンでも度々ダンスを披露しています。 レパートリーも幅広く、Gee(少女時代)やCHEER UP(TWICE)などのキュートな曲から、Alone(SISTAR)のよなセクシーな曲まで網羅しており、プロ並みの実力を垣間みることができます。 歌手デビューの準備をしていた際、イ・スンファンは彼女を第2のBoAとして育て上げようとしていたそうです。このことからも歌手としてデビューをさせてもおかしくない程の才能を備えていたことが伺えます。

熱愛説浮上!パク・シネの恋愛遍歴とは?

パク・シネと言えば、なぜか主演ドラマがスタートする度に共演者との熱愛説が浮上する女優の一人です。 今までに『美男<イケメン>ですね』のチャン・グンソク、『オレのことスキでしょ。』のジョン・ヨンファ、『相続者たち』のイ・ミンホ、『ピノキオ』のイ・ジョンソクなど人気俳優との熱愛説が浮上しました。 しかし、彼女は親しい間柄であって付き合っている訳ではないと全て否定しています。普段からサバサバしているため、チャン・グンソクともジョン・ヨンファとも男兄弟のように過ごしているそうです。 共演者との熱愛説が浮上するのも、作品での共演者との“ケミ(相性の良さ)”から、視聴者が本当に付き合っているんじゃないかと錯覚するほどの演技力を見せているからでしょう。 そんな彼女、2018年3月に俳優チェ・テジュンとの熱愛が浮上。今回もただの友人なのではないかと囁かれていましたが、その後両者は熱愛を認めました。同じ大学の先輩後輩から恋人に発展した2人ですが、実は2017年にも熱愛説が浮上していました。

スタイル抜群!実はダイエットに成功した女優?

168cm、48Kgという抜群のスタイルを誇るパク・シネですが、実はダイエットに成功した女優の一人です。 パク・シネはもともとむくみやすい体質のため、朝起きると二重の整形手術をしたと勘違いされるほどむくんでいたそうです。更に、上半身よりも下半身の肉付きが良く、20代前半の頃は168cmという高い身長にも関わらずそれほど高身長の印象を持たれていませんでした。 パク・シネはどのように今のような抜群のスタイルを手に入れたのでしょうか?パク・シネはダイエットのために午後6時以降の食事を避け、1日2食の食生活をしたそうです。 空腹時にはキュウリや白菜などの野菜を摂るようにし、あずきとかぼしゃの煮汁を飲んでむくみを解消していたそうです。また、週に2〜3回自転車に乗り、伝統舞踊を踊ることも欠かさず行っていたそうです。 抜群のスタイルで世の女性の憧れとなっているパク・シネのスタイルは、彼女の努力の賜物だったのです。

パク・シネ出演のおすすめドラマ&映画!

パク・シネは、1990年2月18日生まれの韓国女優です。趣味はギター・水泳・スノボー・サイクリング・乗馬など多岐にわたり、特技はダンスだそうです。 2003年イ・スンファンのMV『花』でデビューを飾り、彗星のごとく現れた大物女優として話題になりました。 中国で発売されているマガジンのHPにて、毎月実施されている人気投票で2009年12月から7カ月連続1位を取っている韓国の超人気女優ですね。2011年以降は出演する作品の多くで女優賞やベストカップル賞を受賞しています。 2011年7月18日に、耳の周りを12針縫うほどの大けがと、車が廃車になる大きな交通事故にあいました。2013年公開観客動員数1000万人突破をした映画『7番房の奇跡』にも出演しています。 この記事ではそんな彼女出演のおすすめ作品を紹介します。

『天国の階段』(2003年)

天国の階段

2003年12月3日から2004年2月5日までに、韓国で放送され最高 45.3%を記録した大ヒットドラマ。

韓国ドラマの定番と言える「交通事故」「記憶喪失」「許されない愛」「病気」という4大要素がすべて盛り込まれ、主人公を演じるチェ・ジウの涙の演技も話題になりました。チェ・ジウが涙するほど視聴率が上がると噂され、「涙の女王」と呼ばれるようになりました。

運命的な縁で結ばれているクォン・サンウ演じるグローバル企業の一人息子ソンジャと、チェ・ジウ演じる素晴らしいピアノの才能を持っているジョンソ。まるで双子のように似た情緒と感情をもちながら成長し、大人になった二人に訪れる辛く厳しい愛の道のりを描いたストーリー。

パク・シネは、チェ・ジウの子供時代を演じました。

『宮S』(2007年)

宮S

王室ラブストーリー『宮』シリーズの第2段で、2007年6月9日に、Mnetで日本初公開されたドラマです。

もしも韓国に王室が続いていたら・・という設定の下、中華料理屋の配達係をしていた女子高生がいきなり王位継承順位1位になってしまうシンデレラストーリー。

パク・シネは、名門貴族のお嬢様シン・セリョン役で出演しています。

『美男ですね』(2009年)

美男ですね

2009年10月7日~11月26日までに放送されたあまりの人気に、日本でもリメイクされたドラマ。また台湾版も放送されています。

シスター修行中である主人公ミニョが、兄の代わりにイケメン人気バンド「ANJELL」のメンバーに兄の影武者として仲間入りする、胸キュンのラブコメディ。

パク・シネは、兄の代わりにアイドルグループに入った主人公のミニョ役を演じています。

『相続者たち』(2013年)

相続者たち

2013年10月9日~12月12日に韓国で放送されたドラマ。SBS演技大賞を8部門受賞しました。

主要キャストが全員主役クラスということで、放送前から話題になり、”相続シンドローム”を巻き起こした作品で、宿命を背負った若者たちの青春とロマンスを描いています。

パク・シネは、家政婦の娘チャ・ウンサンを演じ、SBS演技大賞の優秀演技賞、10大スター賞、そしてイ・ミンホとともにベストカップルを受賞しました。また、中国で開かれた授賞式では、海外最高人気アーティスト賞を受賞しています。

『ピノキオ』(2014年)

2014年11月12日から韓国SBSで放送された『君の声が聞こえる』の制作陣が作ったウソをテーマにしたピュアラブストーリー。

ウソをつくとしゃっくりが出てしまうという架空の精神疾患「ピノキオ症候群」を患う研修記者のイナと、素性を隠しウソの名前で生きる研修記者の青年チェ・ダルポの愛の物語で、報道記者を目指す2人の成長物語でもあります。

パク・シネは主人公のチェ・イナ役を演じ、SBS演技大賞で、中編ドラマ最優秀演技賞、10大スター賞、イ・ジョンソクとベストカップルを受賞しました。

『ドクターズ~恋する気持ち~』(2016年)

2016年6月20日~2016年8月23日に韓国で放送されたドラマ。同時間帯視聴率第1位を獲得し、SBS演技大賞をジャンル&ファンタジー部門ほか、5部門受賞しました。 不良少女のヘジョンと、元医大生の高校教師ジホンが互いに医師となって再会し、運命の恋が動き出す胸キュン必至の話題作です。パク・シネは、優秀だけど強がりなへジョンを演じ、愛を知り変わっていく女性を成熟した演技で表現しています。 ドラマ『相続者たち』などでも相手役との相性が好評ですが、今回もキム・レウォンとともにSBS演技大賞の最優秀演技賞を受賞しました。