ケイト・ベッキンセイル出演のおすすめ映画6選【イギリスとアジアの9等身美女】

2017年7月6日更新
イギリスロンドン出身の女優ケイト・ベッキンセイル。イギリスのテレビドラマでキャリアをスタートさせた彼女はケネスブラナーの「から騒ぎ」で映画デビュー。その後ハリウッドに活躍の場を移し、「パール・ハーバー」など大作にも出演。「ヴァン・ヘルシング」や「アンダーワールド」などではアクションも華麗に披露し、ジャンルを問わず活躍を見せるケイト・ベッキンセイルの出演作を集めてみました。その美貌に注目されることの多い女優さんですが、ユニークな役選びも含めてお楽しみください。

イギリス系とアジア系の9等身美女ケイト・ベッキンセイル

ケイト・ベッキンセイル

ケイト・ベッキンセイルはイギリス出身の1973年生まれの女優で、身長175cm、股下93cm、9等身としてデビュー時より高い人気を得ていました。

父は俳優のリチャード・ベッキンセイル、母は女優のジュディ・ロエ、異母姉は女優のサマンサ・ベッキンセイルと役者一家で育ちました。また、父方の曽祖父がミャンマー人であり、アジア系の血も入っていて、どことなく東洋系の顔だちをしており、特に幼いころはよく東洋人のようだと言われていたようです。

名門オックスフォード大学でロシア文学、フランス文学を学んでいましたが、1991年にテレビドラマでデビュー後、女優業が忙しくなり、仕事に専念するために中退しています。

2001年に映画『パール・ハーバー』に出演したことをきっかけにトップスターの仲間入りを果たしました。その後、ヒュー・ジャックマン主演『ヴァン・ヘルシング』、レオナルド・ディカプリオ主演『アビエイター』など話題作に出演しています。

イギリス系とアジア系の血が混ざった美貌は、アメリカのピープル誌から「ポスト・イングリッド・バーグマン」と称されたことも。また、「最も美しい顔100人」の常連でもあり、2007年には1位に輝いています。

ケイト・ベッキンセイルがベン・アフレックの恋人役を熱演

AoiH 胸がしめつけられた、日本人として忘れることは出来ない事件。身をもって凄まじい戦争だと知った。

「アルマゲドン」のジェリー・ブラッカイマー製作、マイケル・ベイ監督コンビのパールハーバーを題材にとった映画。戦時中を舞台に親友の男ふたりとケイト・ベッキンセイル演じる一人の女の三角関係が描かれます。

クリスマスのニューヨーク。偶然の出会いに、惹かれ合いながらもすれ違う二人のラブストーリー

you237 もうこのいかにもドラマ!って感じの超ロマンチックなラブストーリー。 ベタな結末かもしれないけど それがかえって良すぎて1番大好きな映画です。 舞台はクリスマス♡ 映画ではカフェの名前でもあるセレンディピティ=幸せな偶然 これはもう運命を信じるしかない!って思うようになってしまった( ´ ω ` *)笑

お互いにパートナーがいる男女がデパートで運命的に出会い、惹かれていく。ふたりはどのような選択をするのか...。

ベッキンセイルはジョン・キューザックと主演を演じます。

吸血鬼と狼男族の間に続く、何百年にもわたる戦いを描くアクションムービー

Kazari 思ったよりもちゃんと血とか肉とか描いてくれててテンションあがりました。 映像にそれほど赤みがないから、わたしの大好きな血まみれってよりは 本当に”血みどろ”って感じでした。 しかしヒロインが美しいってどこまでも正義。 これがもしライカンの視点で描かれてたら絶対ヴァンパイア恨みますね。 でもセリーンが美しいので仕方ないです。 個人的には”最強無敵おじいちゃんボスキャラ”が大好きなので、ビクター推しです。 めっちゃかっこいい。 洋画アクションって筋書きは典型的なのに面白いからすごいよなあ。

シェイクスピアのあの戯曲『ロミオとジュリエット』からインスパイアされたと言われる、吸血鬼一族と狼男一族の数百年にわたる争いを描いたアクション映画です。

富豪ハワード・ヒューズの半生を描く伝記映画

doortothedoor スコセッシ×ディカプリオによる、大富豪ハワード・ヒューズ を描いた映画。 2時間50分の大作で、レビューによっては、「無駄なシーンが多い」と非難されている映画だけど、そんなことは全くなく、どのカットも何度も観たくなる名シーンだらけ。

DVDを所有したくなる映画とは、こういう映画を指すのだと思う。

しょっぱなから、観客を置き去りにされるので、映画史や1930年頃のアメリカ社会情勢や、強迫性障害に対する理解があればより楽しめます。

また、ディカプリオやケイトブランシェットといった豪華キャストの演技も素晴らしいので、そういった観点でも見応えはある。

何かを得られる映画というわけでもなく、 単なる伝記モノでも、ヒューマンでも、ラブストーリーでもなく、 野心をくすぐる、ア・マンストーリー。

巨匠マーティン・スコセッシが監督を務め、主演レオナルド・ディカプリオが富豪ハワード・ヒューズを演じます。第62回ゴールデン・グローブ賞作品賞を受賞。

ケイト・ベッキンセイルはハワード・ヒューズが愛した女性をケイト・ブランシェットとともに演じます。

ある日突然、過去/未来にタイムスリップできる夢のようなリモコンを手にする♡ウォーミングドラマ

Yasuhiro_Wada 笑いあり涙あり なんて良く耳にするが 本当にどちらも兼ね備えている作品。 個人的に大好きな作品になりました。 大切なシーンは何度でも巻き戻したい。 私はあなたに夢中。

人生を早送りできる不思議なリモコンを手に入れた男が、時間の大切さや家族の愛に気づいていく様子が描かれます。ケイト・ベッキンセイルはその男の妻を演じ、特殊メイクによる老け顔も話題になりました。

アーノルド・シュワルツェネッガーの同名作品のリ・イマジネーションSF作品

lacrima41 夫婦間アクションが◎鬼嫁怖い\(^o^)/ あとスパイ好きとしては、近未来型のグッズたちも良かったです!

劇場で観賞。DVD購入。

『ダイ・ハード4.0』のレン・ワイズマン監督、『フライトナイト/恐怖の夜』などのコリン・ファレル主演で、記憶を金で手に入れることができる近未来を描いた、SFアクション映画。ケイト・ベッキンセイルはその妻を演じます。

ケイト・ベッキンセイルの今後の出演作

kate_beckinsale_1.psd

ベッキンセイルは、日本で2016年公開予定のSFコメディ映画『Absolutely Anything』(原題)に出演予定です。またジェイン・オースティンの短編小説『レディ・スーザン』を映画化した、アメリカでは2016年公開予定の『Love and Friendship』(原題)に主演レディ・スーザンとして出演します。

そしてケイト・ベッキンセイル主演の人気シリーズ『アンダーワールド』の第5作の撮影がスタートしています。バンパイアの女戦士セリーン役のベッキンセールが戻ってきます。

今後の彼女の活躍にも目が離せません!