中川大志の出演映画、ドラマまとめ【実写版『四月は君の嘘』に出演】

2018年3月14日更新

今もっとも旬なイケメン俳優の一人、中川大志。役者としての実力も高く、若手ながら多くの映画やドラマで主演に抜擢されています。確かな演技力と爽やかな容貌で人気を博す中川大志について、彼のプロフィールや出演作をまとめて紹介します。

中川大志のプロフィール

中川大志は1998年6月14日生まれ、東京都出身の俳優・タレントです。 身長は178cm、血液型はB型。ギターとカメラが趣味で、なんとリンゴの皮むきが得意だそうです。「大志」という名前はクラーク博士の「少年よ、大志を抱け」にちなんでつけられたんだとか。 ドラマ『GTO』『夜行観覧車』、映画『通学シリーズ』に出演するなど今注目のイケメン俳優・中川大志について見ていきましょう!

中川大志はスカウトがきっかけでデビュー

3歳からジャズダンスを習っていたという中川は、小学4年生のとき、練習の帰り渋谷でスカウトされたのがきっかけで、小学5年生になったとき現在のスターダストプロモーションに所属しました。そして2009年、NHKの『わたしが子どもだったころ』で沢村一樹の幼少時代を演じ、これがデビューとなりました。 また2011年5月に行われたローティーン向けファッション誌『二コラ』(新潮社)のメンズモデル公開オーディションに合格し、2011年9月号の『二コラ』でモデルとしてもキャリアをスタート。 その後、数々の映画やドラマ、CMで活躍。2015年10月27日より放送が開始されたドラマ『監獄学園-プリズンスクール-』では主役のキヨシを演じています。

福士蒼汰の区別がつかない!似ていると話題に

2015年から放送されているシーブリーズのCM。今最も旬な女優のひとり、広瀬すずと共演している俳優は中川大志です。このCMを見て、多くの人が福士蒼汰と勘違いしたのだとか。 ちなみに、中川扮する先輩と広瀬が演じる後輩との淡い恋模様を描いたこのCMは、ウェブ限定のアナザーストーリーが公開されるほどの人気ぶりでした!

(上:中川大志 下:福士蒼汰) ふたりの写真を並べてみると、確かに区別がつかないほど似ていますね。髪型や雰囲気もそっくりです。中川大志と福士蒼汰の決定的な見分け方は身長。中川が177cm、福士が183cmです。しかしこれはふたりが横に並ぶ必要がありますね。 福士蒼汰がテレビに出演していると思ったら、実は中川大志なんてことがあるかもしれません。

大ヒットドラマ『家政婦のミタ』で阿須田家の長男を演じ知名度を上げる

松嶋菜々子が主演を務め、大ヒットとなった2011年放送のドラマ『家政婦のミタ』で、三田が働く一家の長男を中川大志が演じていました。 母親の死により壊滅状態になっていた阿須田家に、家政婦の三田灯(松嶋菜々子)が派遣されてきます。頼まれたことは、たとえ殺人であろうとこなす三田ですが、常に無表情で冷たい三田に阿須田家は困惑するばかり。 しかし、三田がいることで次第に家族は絆を取り戻しはじめます。 阿須田家は三田に家族の一員になるよう提案しますが、三田には素直にうなずけない理由がありました。 本作で中川は、ストレートで正義感が強く、家族想いな長男・阿須田翔を演じています。

大河ドラマ『真田丸』で豊臣秀頼を熱演!

2016年1月から放送されている大河ドラマ『真田丸』。中川大志は本作で豊臣秀吉の息子、秀頼を演じています。 大河ドラマへの出演はこれが3作目となりますが、過去に出演した『平清盛』では岡田将生が演じた源頼朝の少年期ということで、レギュラー出演とはなりませんでした。 ドラマ『真田丸』では羽柴家の一族のひとりとして、主演の堺雅人をはじめとし、大泉洋、木村佳乃、長澤まさみなど錚々たるベテラン俳優陣と共演しています。

『監獄学園-プリズンスクール-』(2015)ではドラマで初めて主演を務めることに!

小さい頃から着実に実績を積み、多彩な役をこなしてきたイケメン俳優・中川大志。そんな彼が初主演を務めたドラマ『監獄学園』が2015年10月から、TBS系列で放送されました。

ドラマ『監獄学園-プリズンスクール-』とは

累計600万部を超えるメガヒットとなった漫画『監獄学園-プリズンスクール-』。同名アニメも大成功のうちに幕を閉じた『監獄学園-プリズンスクール-』が、まさかのドラマとなって登場です。 全寮制の高校・私立八光学園。今年度から男女共学となった八光学園ですが、最初の年入学したのはなんと5人だけでした。 1000人を超える女子を前に、甘い高校生活を夢見て興奮する男子5人。その一人・キヨシはクラスメイトの千代ちゃんとひょんなことがきっかけで仲良くなり、早速バラ色の高校生活を謳歌できる!はずでした。 ある日、女子風呂を覗こうと画策した5人は、計画実行中に「裏生徒会」と名乗る女子生徒3人に捕縛されてしまいます。 全学年の女子が見るなか、キヨシたち5人は、校庭の中央にある監獄“プリズン”に入れられ、苦しい囚人生活を送るはめになりました。 そんな中、裏生徒会が自分たちを退学させようとしていると知った5人は、裏生徒会の計画を暴くため脱獄を決行します。 おバカでエロだけど大まじめ。ギミック満載の新感覚脱獄ミステリ――それが『監獄学園-プリズンスクール-』です。

中川大志は主役・藤野清志を演じる

中川大志が演じるのは主人公・藤野清志。イケメンだけど女の子と付き合ったことのない男子を熱演。 ほかに、練馬一の智将・ガクトを柄本時生、キヨシの友人・シンゴを矢野聖人、心優しい巨体・アンドレをガリガリガリクソン、フードの男・ジョーを宮城大樹が演じます。 『監獄学園-プリズンスクール-』で大きな役割を持つ裏生徒会には、山崎紘菜、 森川葵、護あさなの3名が選ばれ、セクシー描写もばっちり再現されていたことで話題になりました。

中川大志のそのほかの出演ドラマ

『13歳のハローワーク』(2012)で山本舞香や高杉真宙らと共演

現在の職務に満足できないでいる小暮徹平(松岡昌宏)は、35歳の誕生日にどういうわけか22年前の1990年にタイムスリップしてしまいます。そこで出会ったのは13歳の自分。将来のことなど適当にしか考えていない13歳の自分を変えようと、徹平は暗躍を始めます。 人生をやり直せたら――誰もが思う究極の命題に挑んだハートフルコメディです。 村上龍の同名小説をベースに、オリジナルストーリーを加えたドラマ『13歳のハローワーク』。中川大志は少年時代の徹平の親友・三上純一を演じました。

人気シリーズ『GTO』(2012)で吉川昇役として出演

藤沢とおるの同名コミックのドラマ化作品。 元暴走族の教師・鬼塚英吉と生徒たちの交流が描かれた作品です。 中川大志は明修学苑の生徒・吉川昇を演じ本田翼、西内まりや、城田優と共演を果たしています。

湊かなえ原作のドラマ『夜行観覧車』(2013)で慎司を演じる

憧れの高級住宅街に引っ越してきた遠藤家。夢の生活が始まるかと思いきや、遠藤家を待っていたのは厳しい町内カーストと執拗な嫌がらせでした。 唯一の救いは向かいの高橋家。遠藤家は高橋家と家族ぐるみの付き合いをはじめ、すぐに親しくなりました。 そしてある日、街のシンボルとなる観覧車“ハーバー・アイ”が完成。それを境に、両家の関係は少しずつ崩れ始めていきます。 原作は湊かなえの同名小説。中川大志は高橋家の次男・慎司を演じています。

人気マンガの実写ドラマ『地獄先生ぬ〜べ〜』(2014)で立野広を熱演

大人気同名コミックを、関ジャニ∞の丸山隆平を主演にしてドラマ化した作品です。 童守高校に新しく赴任してき鵺野鳴介は、鬼の力を封印した「鬼の手」を持っています。 普段はダメ教師の鵺野ですが、生徒が妖怪や悪霊に取りつかれると鬼の手を駆使し、生徒を助けるヒーローに変貌するのでした。 中川大志は童守高校2年III組の生徒・立野広を演じています。

中川大志の出演映画

映画デビュー作『半次郎』(2010)

本作は幕末維新で活躍した薩摩剣士・中村半次郎こと桐野利秋の生涯を描いた壮大な時代劇です。 舞台は幕末動乱期。薩摩の豪傑西郷吉之助(田中正次)が京に上ると聞いた中村半次郎(榎木孝明)は一行に加わることを願い出ます。 巧みな剣術でその名を轟かせた半次郎は、長州藩士鮎川小次郎(葛山信吾)、薩摩藩士永山弥一郎(AKIRA)と交流を深め、やがて維新の心を目覚めさせていきました。 主演の榎木孝明が約13年の構想の末完成させた歴史大作『半次郎』。中川大志は西南戦争に志願する少年志士・宮田岩虎を演じ、本作で映画デビューを果たしました。

初めてスクリーンで主演を務めた映画『青鬼 ver2.0』(2015)

人気フリーゲームの実写映画化として2014年に公開され話題となった『青鬼』。日本中を恐怖に陥れた“青鬼”が2015年『青鬼 ver2.0』にパワーアップして再びスクリーンに登場しました。 ひろし(中川大志)と杏奈(平祐奈)は、不登校になったクラスメイト・シュン(タモト清嵐)の様子を見るためシュンの家に向かいました。しかし、その途中怪物が棲むという屋敷“ジェイルハウス”に引きずり込まれてしまします。 一方、シュンが不登校になったきっかけの卓郎(松島庄汰)、美香(久松郁実)、たけし(勧修寺玲旺)の三人もまた、動画投稿サイトに肝試しの映像を載せるため“ジェイルハウス”へと入ります。 誰もいないはずの屋敷に響く不気味な音と見え隠れする青い影。やがてひろしは、この空間がシュンの作ったゲームとリンクしていることに気付きます。 主人公ひろしを演じ、映画初主演を飾った中川大志。本作では平愛梨の妹でドラマ『JKは雪女』主演の平祐奈とも共演しています。

千葉雄大・松井愛莉主演の映画『通学シリーズ 通学電車』(2015)に出演

女子高生の大人気の小説投稿コミュニティ「E★エブリスタ」発の大ヒット小説「通学シリーズ」を映画化した作品です。 とある高校の二つのラブストーリーを描いた『通学電車』、『通学途中』に中川大志が片想いの男子高校生・コウ役で出演しています。 引っ込み思案な女子高生ユウナは、電車で通学中に見かける男子高校生・ハルに恋をしてしまいます。 ハルを見ているだけで幸せなユウナに一大事件が。ある朝、ユウナが目を覚ますと隣にハルが寝ていたのです。

森川葵とW主演!『通学シリーズ 通学途中』(2015)

美術部員のコウは同じ部活のユキ(森川葵)に恋をしています。しかしユキはキョースケのことが大好き。コウに目もくれません。 しかし、キョースケに恋人がいることを知ったユキは次第にコウに惹かれ始めます。 映画『通学シリーズ 通学途中』は、『チョコリエッタ』や『おんなのこきらい』で主演を務めた森川葵とのW主演となりました。

少女漫画原作の実写映画に引っ張りだこ!

実写映画『四月は君の嘘』(2016)に出演

2011年に「月刊少年マガジン」で連載された『四月は君の嘘』は、単行本売上が累計300万部以上を記録したベストセラー漫画です。アニメ化もされた『四月は君の嘘』が主演に広瀬すずと山崎賢人を迎え、実写映画化。

かつて神童と呼ばれた高校2年生の有馬公生(山崎賢人)は、母の死によりピアノが弾けなくなってしまいます。公生はある日、自由奔放なヴァイオリニスト・宮園かをり(広瀬すず)と出会い、それをきっかけに亡き母の思い出とピアノへ向き合い始めました。 二人の若き音楽家の恋を主軸に描く、傑作ラブストーリーです。 中川大志は山崎賢人演じる有馬公生の幼馴染み・渡亮太役に起用されました。ほかに広瀬すず、山崎賢人、石井杏奈など新時代を担っていく気鋭の俳優陣が揃いました。

映画『きょうのキラ君』で飯豊まりえと共演(2017)

同名少女漫画を実写化した映画『きょうのキラ君』で、中川大志が主演を務めることが決定しました。 クラスの人気者男子「キラ」こと吉良ゆいじと、キラに恋する「ニノ」ことヒロイン・ニノン(飯豊まりえ)の物語。中川は主人公のキラ君を演じます。 ある秘密を抱えたキラ君と、そんな彼を一途に思うニノの甘く切ない恋模様は必見です!

主演を務めた『ReLIFE』(2017年)

2017年公開の『ReLIFE』は求職中の27歳・海崎新太が1年間高校生になって生活するという実験をリライフ研究所の夜明了から提案され、参加することになっていくという映画です。 この映画で中川は主人公の海崎新太を演じており高校生の姿と大人の姿の2面を演じています。また、他にも海崎が高校生になったときに出会う女子高校生・日代千鶴役を平祐奈が演じています。

映画『坂道のアポロン』ではドラムの得意な不良役に

第57回小学館漫画賞一般向け部門を受賞し、2012年にテレビアニメ化もされた小玉ユキの人気漫画『坂道のアポロン』が、待望の実写映画化を果たしました。 西見薫(知念侑李)は、転校先の高校で札付きの不良・川渕千太郎(中川大志)と出会います。ドラマーの彼を通じてジャズにハマり、無二の親友として絆を深める薫。千太郎と心優しい少女・迎律子(小松菜奈)と過ごした青春の日々、10年におよぶ愛の物語が描かれました。 主演は映画単独初主演のHey!Say!JUMPの知念侑李。中川と知念は約10ヶ月間楽器の猛特訓を重ね、撮影終了後はそろって『坂道のアポロン』ロスになったと明かしています。

中川大志出演の最新作は話題作ばかり!?

モテ男まっつん役で主演を務める映画『虹色デイズ』

2018年7月6日公開予定の『虹色デイズ』では、GENERATIONS from EXILE TRIBEの佐野玲於、高杉真宙、横浜流星、中川大志の4人が異例のカルテット主演を務めます。 水野美波による原作は、少女漫画ながら主人公は男子高校生4人組という異色さが話題になり、2016年にテレビアニメ化もされた青春ストーリー。性格も趣味もバラバラなのに、いつも一緒な男子高校生のおバカで騒がしい毎日と恋や友情が描かれます。 中川は女子にモテまくりのチャラ男「まっつん」こと、松永智也役に起用されました。旬の人気若手俳優たちが演じるイケメン高校生に胸キュン間違いなしです!

主人公の許嫁役でドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』に出演

ドラマ、実写映画化され「花男」現象を巻き起こした神尾葉子の人気少女漫画『花より男子』の続編がドラマ化され、2018年4月17日から放送されます。 舞台はF4が卒業してから10年後の英徳学園。"自分らしく生きる"ことをテーマに、隠れ庶民の江戸川音(杉咲花)たち新世代が繰り広げる痛快な青春ラブストーリーです。 本作ではF4のリーダー・道明寺司に心酔する神楽木晴(平野紫耀)が結成したC5が登場します。中川大志が演じるのは音の婚約者で、ライバル校の桃乃園学院の生徒会長・馳天馬。文武両道、F4を彷彿とさせるカリスマ性を兼ね備えた非の打ち所がない人物です。 その他のC5のキャストには、濱田龍臣、今田美桜、鈴木仁、中田圭祐が名を連ねました。