2019年4月12日更新

イ・ミンホは性格までかっこいい!彼の魅力と出演ドラマに迫る

©Yonhap News/YNA/Newscom/Zeta Image

『花より男子〜Boys Over Flowers』で道明寺司を演じたことで一躍人気を博した俳優のイ・ミンホ。『シティーハンター in Seoul』や『シンイ -信義-』など話題作に出演し、注目を集めるイ・ミンホの魅力と出演ドラマをまとめました。

イ・ミンホのプロフィール

イ・ミンホは1987年生まれの韓国俳優です。 2006年にドラマ『秘密の校庭』でデビューを果たしたのち、2009年に放送されたドラマ『花より男子〜Boys Over Flowers』でク・ジュンピョ役(日本版の道明寺司)に抜擢され一躍注目を集めます。 『花より男子〜Boys Over Flowers』ではKBS演技大賞や百想芸術大賞を受賞。人気を不動のものとしました。 その後も『シティーハンター in Seoul』や『シンイ -信義-』などの話題作に出演し、俳優として活躍しています。 この記事ではイ・ミンホの魅力に迫りながら、これまで出演したドラマを紹介していきます。

性格までかっこいい!イ・ミンホの魅力

王子様的な役柄が多いイ・ミンホ。性格は、明るくて社交的なイメージがあり、世間的な評判も同じくですがただ優しいだけではありません。 2016年、イ・ミンホは初主演作品となる映画『江南ブルース』で、今までの役柄とは違った野心に燃える男性の役を演じました。同作品に関するインタビューでは、「幼い頃から、男として自分の行動や発言に責任を取るべきと思っていた」と語っており、優しさだけでなくしっかりとした男らしさも備えている人物だということが伺えます。 同インタビューではまた、「自分だけが幸せを感じるのではなく、自分によって誰かが喜ぶ姿を見たときに幸せを感じる」とも語っています。自分だけの幸せに限らず、他人のことも思いやれる、献身的な男性のようです。

ボランティア活動にも従事

イ・ミンホは俳優としての活動の傍、ボランティア活動にも積極的に参加していることで知られています。 2012年にはモデルを務める家具ブランド「Jangin家具」と共同でデザインした家具を販売し、売り上げを寄付したり、2013年にはドラマ『王冠を被ろうとする者、その重さに耐えろ-相続者たち』で着た衣装をチャリティオークションに出品したりしています。 ユニセフマラリア退治キャンペーンや、エネルギーマイナス愛プラスキャンペーンの広報大使を務めたりなど、慈善団体への協力も惜しみません。

2017年5月より入隊、軍服務を開始

韓国人男性は、約2年間の兵役が義務付けられています。多くの韓流アイドル達が兵役で活動を休止するニュースをよく見かけますが、イ・ミンホも2017年5月12日に入隊し、軍服務を開始しました。 兵役義務は30歳になるまでに果たさなければいけないので、当時30歳だったイ・ミンホは年齢制限ギリギリでの入隊でした。これには仕事だけでなく、20歳の時にあった交通事故により、肉体的にも精神的にも兵役に行くのが難しかったことが影響しているようです。 事故による怪我を考慮し、イ・ミンホは現役兵としてでなく公的機関などに勤務する「社会服務要員」として勤務しています。

Miss Aのペ・スジと熱愛報道されるも、破局

ペ・スジ
©Lee Young Ho/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

2015年、イ・ミンホは女性韓流アイドルグループMiss Aのメンバーであるスジと熱愛報道され、双方の事務所も認め公式カップルとなりました。スジは韓国国内で「国民の初恋」と呼ばれる国民的アイドルで、世界で最も美しい顔100人に5年連続で選ばれた美女でもあります。 報道によると、当初二人は毎日デートを重ねたり、写真集の撮影のために渡航したヨーロッパでもデートをしたりと非常に仲が良かったようです。 しかし2017年、2人は3年間の交際に終止符を打ちました。破局の理由は公式に発表されていませんが、メディアによると”二人は良い同僚に戻った”と報道されており、恋人関係は終わったものの険悪な雰囲気ではないようです。 それではイ・ミンホがこれまでに出演してきた、韓国ドラマを紹介していきます。

『秘密の校庭』(2006年)

秘密の花園

2006年に放送されたイ・ミンホのデビュー作となるドラマ『秘密の校庭』。

交通事故で友人を失ってしまった高校生たちの苦しみや恋、友情などを描いたこの作品で、イ・ミンホはサッカー選手を夢見る高校生パク・ドヒョンを演じました。イ・ミンホはじめスンヒョンやソル・ソンミン、イ・ドヒョンなど当時の注目の若手俳優らが集結した作品として話題を呼びました。

『走れサバ!』(2007年)

走れサバ

イ・ミンホが初めて主演を務めた2007年放送のドラマ『走れサバ!』。

退学寸前に追い込まれた不良高校生が生き残りをかけて必死に学校に通う姿が描かれた青春ドラマで、イ・ミンホは不良でケンカ早いが正義感が強い高校生チャ・ゴンチャンを演じました。

『アイ・アム・セム』(2007年)

51A03M41oyL

岡田和人によるマンガ『教科書にないッ!』が原作の韓国ドラマ『アイ・アム・セム』。

小心者の高校教師がひょんなことからヤクザの娘の専属家庭教師をする羽目になってしまうというストーリーの本作、イ・ミンホはヤクザの娘の通う学校の一番のイケメン、ホ・モセを演じました。

ヤン・ドングンはじめパク・ミニョン、ソン・テヨン、チュ・ジョンヒョクらと共演しています。

『僕にはわからないけど』(2008年)

715lgVGXWeL._SL1378_

イ・ミンホが主演を務めた、2008年放送のドラマ『僕にはわからないけど』。

学校で有名な問題児である主人公と、心を閉ざした韓国人とパキスタン人のハーフがひょんなことから自分探しの旅に出かけるというストーリー。イ・ミンホは主人公の問題児ミン・オッキを演じました。

『花より男子〜Boys Over Flowers』(2009年)

51nCDivDEqL

イ・ミンホの代表作となった、日本の少女漫画原作のドラマ『花より男子〜Boys Over Flowers』。

一般庶民の主人公つくしが入学した名門学校で、学園を掌握する財閥子息の4人組・F4に手を焼きながらも心を揺さぶられていく姿を描いた本作。イ・ミンホは大財閥の跡継ぎ息子でオレ様人間なF4のリーダーク・ジュンピョ役(日本版の道明寺司)を演じました。

イ・ミンホはじめキム・ヒョンジュンやキム・ボム、キム・ジュンらが演じたイケメン揃いのF4が日本国内においても話題を呼んだことで知られています。

『個人の趣向』(2010年)

51Cf0vAA46L

映画『私の頭の中の消しゴム』でヒロインを演じたソン・イェジンとの共演が話題を呼んだ、2010年放送のドラマ『個人の趣向』。

最悪な出会い方をした正反対の2人がはじめた同居生活についてを描いたこの作品で、イ・ミンホは潔癖症の実力派建築デザイナー、チョン・チノを演じました。

『シティーハンター in Seoul』(2011年)

51z+PViVpyL

北条司の漫画『シティーハンター』を原作とした、2011年放送のドラマ『シティーハンター in Seoul』。

ソウルを舞台に政府要人5人会に裏切られ殺された工作員を父に持つ青年の復讐劇を描いたこの作品で、イ・ミンホは5人会への復讐を果たすべく奮闘する主人公イ・ユンソンを演じました。

パク・ミニョンはじめキム・サンジュン、ファン・ソニ、ク・ハラらと共演しています。

『シンイ -信義-』(2012年)

5194fK4YC5L

イ・ミンホ主演の、2012年放送のファンタジー超大作ドラマ『シンイ -信義-』。

高麗時代と現代を舞台に時空を超えて出会った2人の波乱の運命が描かれたこの作品で、イ・ミンホは高麗皇室の護衛部隊の隊長で信義に厚い男チェ・ヨンを演じています。

『悲しき恋歌』で一躍脚光を浴びた人気女優キム・ヒソンと共演しました。

『相続者たち』(2013年)

719rmD+I6UL._SL1305_

イ・ミンホ主演の2013年放送のドラマ『相続者たち』。

逃れられない宿命を背負った高校生たちのロマンスを描いたこの作品で、イ・ミンホは王子のような気品を持つ帝国グループの相続者キム・タンを演じました。

ヒロイン役として、『宮S』『美男ですね』で知られるパク・シネが出演しています。