あなたが知らない『セックス・アンド・ザ・シティ』の意外な28の事実

2017年7月6日更新

時がたっても愛され続けている、女のバイブルとも言える伝説のドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』。今回はそんな本作の裏話やトリビア、意外な事実をまとめてみました。

独身女性の生活をコミカルに描いた人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』

『セックス・アンド・ザ・シティ』とは、1999年に第1シーズンが放送されアメリカを中心に社会現象となり、2004年に最終回を迎えるまで6シーズンにわたって放送されたアメリカの人気ドラマです。

放送開始の1999年から2004年までに、ドラマ版アカデミー賞とも名高いエミー賞において、あらゆる部門で50ものノミネートがなされ、そのうちの7つが受賞しています。また、2008年・2010年には映画化もなされている超人気のビッグシリーズなのです。

『SEX and the CITY』というコラムを連載するキャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)を主人公として、30代独身女性の恋愛やいざこざをコミカルに描いた作品で、過激な台詞やネタが散りばめられているのも話題になりました。

そんな、現在に至るまで熱心なファンを多数抱えている人気海外ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』について、意外な事実をご紹介します。

【意外な事実1】キャリーのフルヌード姿はない

ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」といえば赤裸々に女性の性事情を描いた作品ですが、主人公キャリーを演じるサラ・ジェシカ・パーカーは唯一ヌード姿を見せないという契約をしていたため、ヌードシーンはありません。

【意外な事実2】サマンサ役キム・キャロルは役を蹴っていた!

サマンサ役はこの人しかいないんじゃないかというほどのはまり役のキム・キャトラルですが、実は彼女2回もサマンサ役を断っていました。

【意外な事実3】映らなくても常にハイヒール

I'm here at the @sjpcollection store at @mgmnationalharbor! Got 2 hours in DC before I head back North. Time to work. X, Sj

SJPさん(@sarahjessicaparker)がシェアした投稿 -

サマンサ役のキム・キャロルはたとえ脚を撮るシーンがなくても常にハイヒールを履くことに執着していたそうです。そうじゃないとサマンサっぽくならないからだそうです。

【意外な事実4】シーズン5は8エピソードしかない

シーズン5は8エピソードしかないという異様な短さなんですが、実はその時サラ・ジェシカ・パーカーが長男ジェームズ・ウィルキーくんを妊娠していたため早めに切り上げられていました。

【意外な事実5】ミスタービッグの元妻の服には意味が

ミスタービッグの元妻であるナターシャはよく観ると常に白い服を着ています。これは彼女の性格が”バニラ”ということの比喩なんだとか。 ”バニラ”な性格とはつまらない、普通な、特徴のない性格という意味なんだそうです。少し皮肉ですね。

上記の写真はナターシャを演じたブリジット・モイナハンです。

【意外な事実6】衣装の使い回しはたった一回のみ

セックスアンドザシティのもうひとつの楽しみといっても過言ではないおしゃれなファッションは衣装係の強いこだわりから使い回しはなしで、毎回変えていました。

しかし一番最初のエピソードに出てきたファージャケットだけは一番最後のシーンに使われました。

【意外な事実7】タイトルも内容も教えられなかった…!

#tbt Life on a dhow in Lamu, Kenya . Magical

iamkristindavisさん(@iamkristindavis)がシェアした投稿 -

シャーロット役を演じたクリスティン・デイヴィスは祖母から自分のやっていることは理解されないだろうと思い、ドラマのタイトルも何についてのドラマなのかも一言も教えなかったそうです。

【意外な事実8】ミランダはピアスの穴を開けてなかった!

ミランダ役をしたシンシア・ニクソンはピアスの穴を開けていなかったため、作品内ではクリップオンイヤリングを使っていたそうです。

時にはピアスをクリップオンイヤリングに変えてもらうために注文しないといけない時もあったそうです。

【意外な事実9】作者の経験談も多々

嘘でしょ、と思うようなポストイットで別れを告げられたエピソードやドアマンから伝言で別れを伝えられたエピソードなどはなんと作者に実際に起こったことなんだそうです。

【意外な事実10】オープニングは9.11事件の影響で変えられていた

セックス・アンド・ザ・シティ シーズン 5 [DVD]

一番最初のシーズンからシーズン4のエピソード12まではオープニングでサラ・ジェシカ・パーカーの名前がワールドトレイドセンターを背景に写されていました。

9.11のテロ事件が起きたあとはエンパイアステイトビルを背景に変えました。

【意外な事実11】キャリーは原作者の分身!?

『セックス・アンド・ザ・シティ』はニューヨークのライター、キャンディス・ブシュネルのコラムが原作の作品です。

主人公のキャリー・ブラッドショーがコラムニストで今作の語り手であることから分かるように、キャリーはブシュネルの分身として生まれたキャラクターなんだそうです。