2017年7月6日更新

キャプテン・アメリカとアイアンマンは実際どっちが強いの?能力比較・歴戦まとめ

2016年4月29日、マーベル最新作『シビルウォー/キャプテン・アメリカ』がついに公開になりました。本作はヒーローの登録法を巡り、賛成派アイアンマンと反対派キャプテン・アメリカが対立を繰り広げる模様が語られます。

キャプテン・アメリカのプロフィール!

キャプテンアメリカ

基本プロフィール

本名:スティーブ・ロジャース 身長:188cm 体重:108kg 瞳の色:ブルー 髪色:ブロンド

戦闘力

スティーブ・ロジャースの身体能力レベルは人類でトップクラスです。

最高800ポンド(約360キロ)のベンチプレスを上げることが可能。俊敏性、パワー、スピード、耐性、反応など全てにおいてどんなオリンピック選手も達成できない能力を誇ります。スーパーソルジャー血清の効果で筋肉中の疲労物質が溜まることはほとんどなく超人的なスタミナをも有します。アメリカンスタイルのボクシングや柔道、様々な武術を独自に発展させた対人格闘スキルをマスターしています。

武器

キャプテン・アメリカ唯一の武器はシールドです。“ヴィブラ二ウム”という特殊金属製のこのシールドは耐久性に優れているためどんな強力な武器でも貫くことはほぼ不可能、フリスビーのように投げれば強力な武器に変化します。

アイアンマンのプロフィール!

ロバートダウニーjr、アイアンマン

基本プロフィール

本名:トニー・スターク 身長:185cm 体重:84kg 瞳の色:ブルー 髪色:ブラック

戦闘力

アイアンマンスーツなしのトニー・スタークの戦闘力は一般的中年男性とほぼ同等、軽い運動する程度のスタークに超人的パワーがある訳ではありません。しかし、トニー・スタークには人並み外れた頭脳があります。自ら開発したアイアンマンスーツを着用することで彼の戦闘力はスーパーヒーローレベルにまで達し、通常時の約85倍ものパワーを手にすることが出来ます。

武器

アイアンマンスーツは天才トニー・スタークの技術が結集された特殊スーツ、ミサイル、レーザーなど多種多様な武器を搭載、”ハルクバスター”“ソーバスター”など用途に合わせてアップデートすることが可能です。

キャプテン・アメリカvアイアンマン

シビル・ウォー キャプテン・アメリカ

© 2016 Marvel Studios

ここからはキャプテン・アメリカvアイアンマン激戦の歴史を紹介していきます。

ふたりのファーストバトル!?

avenger

1964年のコミック“Avengers No. 4”でキャプテン・アメリカとアイアンマンは初対面を果たします。

アイアンマンが長い眠りから覚めたキャップに疑いの目を向けたことで2人のバトルが開始。ほぼキャプテン・アメリカがジャンプで逃げ回るだけでしたが、記念すべき2人の初大戦であることに変わりありません。

キャプテンアメリカの初勝利!?

tales of Suspense

2人がガッツリ戦う正真正銘の初バトルはコミック“Tales of Suspense No. 58”で繰り広げられることになります。

偽キャプテン・アメリカに騙されたアイアンマンが本物のキャプテン・アメリカを偽物だと勘違いしたことがバトルの発端でした。アイアンマンスーツがフル充電されていなかったこともあり、このバトルではキャプテン・アメリカが勝利を収めます。

キャプテン・アメリカがアイアンマンにお説教!?

Iron Man No. 172

“Tales of Suspense No. 58”の次に巻き起こった2人のバトルは1983年のコミック“Iron Man No. 172”に登場します。

キャプテン・アメリカが酒に溺れるトニー・スタークをお説教、キャップはトニーが持っていた酒のボトルを激しく払いのけました。

アイアンマンの初勝利!?

Iron Man

1988年のコミック“Iron Man No. 228/Captain America No. 341”でキャップはなぜかキャプテン・アメリカをクビになり、自らを”ザ・キャプテン”と名乗ります。

ザ・キャプテンはアイアンマンとバトルを繰り広げることになりますが敗戦。自分が“キャプテン・アメリカ”であることの大切さを悟ります。

キャプテン・アメリカの方が食生活に気をつけている!?

Captain America Annual No. 9

1990年のコミック“Captain America Annual No. 9”でアイアンマンはウィルスに汚染された魚を食べた後、我を失って暴れ回ります。

その時アイアンマンを止めたのがキャプテン・アメリカでした。キャプテン・アメリカはアイアンマンよりも素晴らしい食習慣を身に付けているようです。

シビルウォーはアイアンマンの勝利!?

Civil War

2006年~2007年に発表されたコミックシリーズ“Civil War Nos. 1-7 (2006-07)“でアイアンマンとキャプテン・アメリカはスーパーヒーロー登録法を巡り対立、ふたりの間にはかつてないほどの溝が生まれます。

最終的にキャプテン・アメリカがアイアンマン側に投降して2人のバトルは幕を閉じました。しかし、これ以上の犠牲は払えないと判断したこと投降理由のため、精神的に勝利したのはキャプテン・アメリカと言えるかもしれません。

オールドアイアンマンvsサイボーグキャプテン・アメリカ!?

X-Factor

2012年のコミック“X-Factor No. 231”は人類が絶滅の危機に瀕しているもう1つの未来を舞台とした作品、年をとったアイアンマンがキャプテン・アメリカのサイボーグと戦うことになります。

サイボーグのキャップはスティーブ・ロジャースの面影がないほど冷酷で凶悪なキャラクターでオールドアイアンマンはほとんど手も足もでない状態でした。

まさに死闘!?

Avengers Vol. 5 No. 44

2015年に発表された最新アベンジャーズシリーズ最終章“Avengers Vol. 5 No. 44”でキャプテン・アメリカとアイアンマンは文字通り身を削った死闘を繰り広げます。

このシリーズの最後の言葉は“Everything dies”(全てのものに死は訪れる)でした。

2人の友情が復活!?

Civil War Vol. 2 No. 1-5

“シークレット・ウォーズ”の間、数多くのスピンオフ作品が製作されましたが、2015年の“Civil War Vol. 2 No. 1-5“は2006年の”シビルウォー“が数十年続いてアメリカが2つに分断された世界が舞台でした。

シビルウォーはエイリアンが地球を弱体化させるために仕組んだ罠であることが発覚、世界平和を目指してキャプテン・アメリカとアイアンマンは絆を取り戻します。