2019年9月7日更新

小栗旬・出演のおすすめドラマ&映画29選!「人間失格」を含む2019年最新版【ハリウッド進出の予定は?】

小栗旬

話題の映画・ドラマには欠かせない、日本屈指の人気俳優、小栗旬。多くの出演作に恵まれていますが、今回はその中でも厳選した29本を紹介します。またこれまでの恋愛遍歴を追い、彼の色男っぷりを再確認しましょう。

目次

俳優・小栗旬の出演おすすめドラマ&映画を紹介!気になる恋愛遍歴も

日本を代表する人気俳優・小栗旬。甘いルックス、確かな演技力から、人気作品には欠かせない存在です。2020年に公開予定の映画「ゴジラVSコング」でハリウッドデビューが決まっており、ますますキャリアに脂がのってきています。 今回は、そんな彼が出演している作品の中からオススメのドラマ・映画あわせて29本を厳選して紹介!これまでの活躍ぶりを振り返っていきましょう。また、気になる恋愛遍歴についても追っていきます。

小栗旬のプロフィール

小栗旬は1982年12月26日生まれ、東京都出身の俳優です。血液型はO型、左利き。父は舞台監督・小栗哲家、兄は元俳優・小栗了という芸能一家に生まれ、それを象徴するかのように自身も話題作に多数出演、名実ともに日本の人気俳優となりました。 私生活では2014年10月に、妻でモデル・女優の山田優との間に第1子となる女の子が誕生し、1児の父となっています。 彼の出世作はドラマ「花より男子」シリーズ。ミステリアスでクールなのに、主人公のつくしにだけは優しい目を向け、いつも見守ってくれる王子様のような花沢類役が大当たりしました。今でも小栗のモノマネをする芸人は花沢類の「まーきのっ」というセリフを使うなど、代表作となっています。 繊細な役どころから、派手なアクション、表裏のある性格を演じ分ける難しい役どころまでを演じ分ける演技派俳優。漫画原作のキャラクターも完全に自分のモノに消化し演じることができるので、最近は実写映画化と言えば小栗旬で間違いなし、というイメージを確立しています。

小栗旬出演のおすすめドラマ14本を紹介!

ここから、小栗旬出演のおすすめドラマを紹介していきます。若かりし日の出演作『GTO』から、日本屈指の主演俳優として第一線で活躍を続けるようになるまでを振り返っていきましょう。

『GTO』(1998年)

名ドラマに生徒として出演していた!

この作品で小栗旬は、鬼塚が担任する2年4組の生徒・吉川のぼる役で出演。同じクラスの女生徒から陰湿ないじめを受け、それを苦に自殺しようとしたこともあるという役柄を演じました。 現在の小栗のイメージとは少し異なる役柄ですが、その熱演は観る者の涙を誘いました。2年4組にはほかにも、池内博之や徳山秀典など、現在も活躍する俳優たちが生徒役として出演しています。

『Summer Snow』(2000年)

小栗旬が堂本剛の弟として出演!

『Summer Snow』は2000年にTBS系列で放送されたドラマ。 両親の死をきっかけに家業の自転車店の後継ぎとなった主人公と、心筋拡大症という難病を患いながらも前向きに生きるヒロインの、淡い恋の物語です。 小栗旬は、耳が不自由な夏生の弟・篠田純役で出演。また主人公・篠田夏生をKinki Kidsの堂本剛が、ヒロイン・片瀬ユキを広末涼子がそれぞれ演じています。

『ごくせん』(2002年)

大ヒットシリーズ1作目『ごくせん』でメインキャストに

『ごくせん』は森本梢子原作の同名漫画を、仲間由紀恵をヒロインとしてドラマ化した作品です。 女性教師・ヤンクミこと山口久美子が、世間からは「不良」として煙たがられる生徒たちと正面からぶつかり、彼らが抱える問題を解決していく物語です。2008年までに生徒役のキャストと学校名を一新しながら第3シリーズまで放送され、劇場版も公開されるなど、大ヒットドラマとなりました。 小栗旬は2002年に放送された第1シリーズで、主要生徒のひとり・内山春彦役として出演。その後、2009年公開の『ごくせん THE MOVIE』にも、卒業生として登場しています。

『花より男子』(2005年ほか)

小栗旬といえば花沢類!人気少女漫画のキャラクターを見事に再現

『花より男子』は神尾葉子原作の同名漫画をドラマ化した作品で、第1シリーズは2005年に放送されました。 お金持ちばかりが通う名門高校に入学した“庶民”の女の子・牧野つくし。彼女は、学園を牛耳る「F4」(フラワー4)メンバーと衝突しつつも、そのリーダー・道明寺司と恋模様を発展させていきます。ヒロイン・つくしを井上真央が、道明寺を嵐の松本潤が演じました。 この作品で小栗旬は、F4メンバー・花沢類役で出演しています。続く第2シリーズでも同役で登場、さらに、本作の後日譚となる2018年ドラマ「花のち晴れ」にも、卒業生として特別出演しました。

『花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス』(2007年)

ドラマがヒットし韓国リメイクも製作されたほど

『花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス』は、2007年に放送されたドラマです。 アメリカ帰りの少女が思いを寄せる高跳びの選手に会うために単身帰国し、男装して彼が通う男子校に入学するという物語。ヒロイン・芦屋瑞稀を堀北真希が演じ、「男装するヒロイン」という難しい役どころに挑みました。 小栗旬はこの作品で、瑞稀が思いを寄せる高跳び選手・佐野泉役を演じています。普段はクールな人物ですが、どこかかわいらしい一面もある役柄で、そのギャップがたまりません。

『東京DOGS』(2009年)

月9枠の刑事ドラマで主演を務める

『東京DOGS』は、2009年にフジテレビ系列で月曜9時に放送された作品で、小栗旬にとっては「月9」デビュー作になります。 幼い頃に目の前で父親を殺された主人公・高倉奏は、後にバディとなる工藤マルオとニューヨークで出会います。彼らは帰国後に、とある事件の目撃者と思われる少女・松永由岐を警護することに。由岐が失った記憶を取り戻すたびに明らかになる真実と、変化していく3人の関係に注目です。 小栗旬はこの作品で、主人公・高倉奏役を熱演しています。またバディとなる工藤マルオを水嶋ヒロが、物語のカギを握る松永由岐を吉高由里子が演じました。

『獣医ドリトル』(2010年)

井上真央と「花男」以来の共演!

『獣医ドリトル』は同名の人気コミックを、TBS系列でドラマ化した作品です。 獣医としての腕は確かながら、口の悪さとお金や飼い主に対する厳しさゆえに“悪徳獣医”と噂される主人公。彼が動物たちの“声にならないつぶやき”に耳を傾け、病気だけでなく飼い主の心までもケアしていく様子を描く感動作です。 この作品で小栗旬は、主人公・ドリトルこと鳥取健一役で出演しており、ヒロイン・多島あすかを演じた井上真央と『花より男子』以来の共演を果たしたことでも話題となりました。

『リッチマン、プアウーマン』(2012年)

小栗旬が若手IT社長を好演

『リッチマン、プアウーマン』は、2012年に「月9」枠で放送された作品です。 若くしてIT企業を立ち上げ、社長としての実力を遺憾なく発揮する主人公・日向徹。彼のもとへインターンとして入社してきた女子大生と共に仕事をするうち、互いを意識し合い絆を深めていく物語です。身分も育った環境も違う2人の恋の行方とは……。 小栗旬はこの作品で、主人公・日向徹役で出演しています。またヒロイン・夏井真琴を石原さとみが、日向と共に会社を立ち上げたものの彼を裏切り失脚させた親友・朝比奈恒介を井浦新がそれぞれ演じています。

『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』(2014年)

ドラマの面白さが口コミで広がり視聴率は右肩上がり

『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』は、2014年にテレビ朝日系列で放送されました。 捜査中に犯人に銃撃されて頭部に被弾するも一命をとりとめた刑事・石川安吾。彼の脳内には弾丸が残っていて、そのことがキッカケとなり、彼は死者と交信する能力を身に着けました。主人公が生と死のはざまで葛藤していく様子を描いた作品です。 この作品で小栗旬は、ある日突然特殊能力に目覚める主人公・石川安吾役を演じています。

『信長協奏曲』(2014年)

小栗旬が一人二役に挑戦!ドラマヒットを受けて映画化も

『信長協奏曲』(のぶながコンツェルト)は、2014年に同名漫画を原作として制作・放送されたドラマです。 現代の日本に生きる勉強嫌いの高校生。彼はある日、突然タイムスリップし、なんと戦国時代に身を置くことになってしまいます。そこで自分と瓜2つの織田信長に出会い、病弱な彼に代わって信長として生きていく、という物語です。 この作品で小栗旬は、信長として生きる現代の高校生・サブローと明智光秀(実は本当の織田信長)の2役を演じています。

『ウロボロス この愛こそ、正義。』(2015年)

原作を読んだ生田斗真が小栗旬と共演することを望んだドラマ

『ウロボロス この愛こそ、正義。』は、2015年にTBS系列で放送されたドラマ。 主人公は孤児として生まれ育った2人。彼らを育ててくれた恩人・結子先生が殺害される姿を、2人は偶然、目の当たりにしてしまいます。彼女の死の真相を探るべく、1人は刑事に、もう1人はヤクザになって、情報を共有しながら事件の核心に迫っていく、という物語です。 小栗旬はこの作品で、ヤクザという立場から事件を追いかける主人公・段野竜哉役で出演しています。また、刑事になった1人の主人公・龍崎イクオ役を演じたのは生田斗真。生田は原作漫画のファンで、主人公約を小栗と2人で演じることを夢見ていたそうで、念願が叶った形となりました。

『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(2017年)

硬派俳優・小栗旬×西島秀俊が贈る刑事ドラマ!

『SP 警視庁警備部警備課第四係』の金城一紀が原案・脚本を担当したドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』。小栗旬・西島秀俊の2人を主役に迎え新たなアクションエンターテインメントを完成させました。 国家的な特殊犯罪に対抗すべく集められた公安機動捜査隊特捜班の4人。元自衛隊の稲見(小栗旬)に元公安の田丸(西島秀俊)、爆発物処理のスペシャリスト・樫井(野間口徹)、元凄腕ハッカーの大山(新木優子)。 4人を束ねる特捜班班長・吉永を田中哲司、警備局長・鍛冶を長塚京三が務めます。小栗旬、西島秀俊を中心に展開される、隙のないアクションシーンは見応えアリです!

『西郷どん』(2018年)

薩長同盟のキーマン、坂本龍馬を熱演

『西郷どん(せごどん)』は、2018年1月から12月まで放送された、NHK大河ドラマです。主役の西郷隆盛を鈴木亮平が演じています。 時代は、徳川家による統治が終わりを告げようとしていた幕末のころ、薩摩藩には後の西郷隆盛・小吉が生まれました。彼の幼少期から、戊辰戦争などが起こった動乱の時代を経て、西南戦争で敗死するまでを描いた大作です。 小栗は本作で、薩長同盟を結ぶキーパーソン・坂本龍馬を演じています。

『今日から俺は!!』(2018年)

第1話のみ出演ながら、存在感が印象に残る

90年代ヤンキーのバイブル的漫画作品を、2019年に実写ドラマ化した『今日から俺は!!』。2019年9月現在、公開年は未定であるものの、映画化も決定しています。 主人公・三橋を賀来賢人、相棒の伊藤を伊藤健太郎が演じています。現代日本では目にしなくなったヤンキー・スケバン、90年代の流行語などを、違和感なく昇華し、国民的人気作品となったギャグコメディです。 小栗旬は第1話のみの登場ですが、存在感をいかんなく発揮しています。主人公が「ツッパリ」になるために通った床屋の店主を演じています。その風貌は、『クローズZERO』を彷彿させるツーブロック。セリフからも、『クローズZERO』のオマージュであることが分かり、話題となりました。

小栗旬出演のおすすめ映画15本を紹介!

ここからは、小栗旬出演のおすすめ映画を紹介していきます。2019年以降も、話題作が多数待機!ハリウッドデビュー作品にも期待がかかります。

『羊のうた』(2002年)

小栗旬が繊細な少年役を演じた映画初主演作

映画初主演作となったのが、冬目景の漫画が原作の『羊のうた』。どこか懐かしくもあり、ヒリヒリする日本独特の情景や映像の美しさと、小栗旬の繊細な表情が話題となりました。 小栗演じる高城一砂は、母親が亡くなったことをきっかけに親元を離れ、父親の友人の江田家で暮らしていました。ある時から人間の血に興奮を覚える自分に気付いた一砂は、自分の一族・高城家が、吸血鬼の家系にあることを知ります。 自分の運命を呪いながら「それでも人を大切にしたい」「傷つけたくない」「人に愛されたい」「愛したい」という心の葛藤や内面を描いたストーリーです。悲劇的なテーマゆえに映像美が際立つ、とても儚く美しい映画です。

『隣人13号』(2004年)

凶暴性を併せ持つ大人しい青年を好演

おとなしいいじめられっ子だった主人公・十三の中に凶暴な人格が生まれ、いじめた相手を追い詰めていく様を描いた『隣人13号』。井上三太による同名の漫画が原作です。主人公・村崎十三を小栗旬が演じ、凶暴な別人格である13号を中村獅童が演じています。 十三は小学生時代に自分をいじめ、顔に硫酸をかけた同級生・赤井をずっと許せずにいました。ある日、同じアパートに赤井が家族とともに引っ越してきたことをきっかけに、復讐を決意します。赤井が自分のことを覚えていなかったこともあり、十三の中の別人格・13号は暴走を始め――。 小栗演じる弱々しい素朴な青年・十三に対し、中村獅童演じる快楽殺人鬼のような別人格・13号の凶暴性が際立ち、背筋が凍る作品に仕上がっています。

『キサラギ』(2007年)

ミステリーなのに感動するコメディ映画

自殺したアイドルの死を巡って、1つの部屋の中だけでストーリーが展開していく『キサラギ』は、ミステリーでありながら笑って泣ける要素もあり、評価が高い作品です。ギャグもシリアスも演じることができる彼の基盤になった作品ともいえるでしょう。 マイナーアイドル・如月ミキの自殺を悲しんだファンたちがオフ会を開くことになったことからストーリーが始まります。如月ミキのファンサイトの管理人が参加を呼びかけ、5人の男がオフ会に参加。 最初は如月ミキの思い出話を語り合っていた男たちでしたが、「如月ミキは他殺だ」という参加者の声から、如月ミキの事件の真相に迫っていきます。コミカルなシーンを交えつつ、ミキの秘密が少しずつ明らかになっていく展開は秀逸です。

『クローズZERO』(2007年)

イケメン俳優らと不良の抗争バトルを熱演

高橋ヒロシの漫画が原作の『クローズZERO』は、不良生徒たちの抗争を描いたストーリーです。小栗旬は、荒れ果てた鈴蘭高校に転入してきた主人公「最凶の転入生」を演じました。 「クローズ」シリーズの中でも特に評価が高い『クローズZERO』は、山田孝之、高岡蒼甫、桐谷健太、上地雄輔、大東俊介など豪華キャストが勢ぞろい。続編の『クローズZERO Ⅱ』も2009年に製作されました。 撮影にあたり、小栗旬と山田孝之はボクシングジムで元世界チャンプから指導を受けるなど、本場仕込みのアクションシーンも迫力満点です。

『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』(2010年)

メガネ男子の小栗旬にハート奪われる女子続出

テレビシリーズと映画、両方で圧倒的人気を誇る「踊る大捜査線」シリーズ。 映画3作目となる『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ! 』から登場したキャラクター・鳥飼誠一を演じたのが小栗旬です。2012年の続編『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』でも、同役で登場しています。 鳥飼誠一は、警視庁刑事部捜査一課の管理官補佐。一見すると性格の良い好青年に見えますが、実は自分の利益を最優先する利己的な性格で、二面性を持つ歪んだ人物。メガネ男子の萌え要素と、表裏を持つ複雑な性格を丁寧に演じ、話題になりました。

『岳 ガク』(2011年)

過酷で厳しい自然と命がけで対峙する主役を熱演

小学館漫画大賞を受賞した石塚真一の漫画「岳 みんなの山」を実写化した作品。映画タイトルは『岳 ガク』で、漫画の前半に登場するエピソードを基にしたオリジナル作品となっています。 主人公は、山岳救助ボランティアとして活動している島崎三歩(小栗旬)。彼はかつて、世界の名峰を制覇したという、山登りのプロ的存在。そんな彼のもとへ新人の椎名久美(長澤まさみ)がやってきて、指導を受けていました。あるひ、想像を絶する雪山の脅威が、山を襲います――。 島崎三歩を演じた小栗は、それまでクールな役どころが続いていたため、本作で「俺ってこんなふうに笑うんだ!」と新しい一面を自分でも再発見したと語っています。

『キツツキと雨』(2012)

さえない映画監督が木こりと出会い、変わっていく

小栗旬のファンとして、『キツツキと雨』も見逃せない作品のひとつ。 ある田舎の山を舞台に、職人気質の木こり岸克彦(役所広司)と、ゾンビ映画の撮影のために村を訪れた気弱な新人監督・田辺幸一(小栗旬)の交流を描いた作品。東京国際映画祭での審査員特別賞受賞をはじめとして、高く評価されている作品です。 小栗旬は、気弱な青年が、木こりとの出会いをきっかけに成長していく様子を熱演しています。

『宇宙兄弟』(2012年)

宇宙飛行士を目指す、熱くて弟想いな男を好演

小山宙哉原作の漫画で、テレビアニメ・アニメ映画に引き続き実写映画化された『宇宙兄弟』は、宇宙飛行士を目指すふたりの兄弟の物語。 小栗旬が演じる六太(ムッタ)と日々人(ヒビト)は兄弟。日本人で初めて月に降り立った宇宙飛行士の弟・日々人に対し、兄の六太は会社にリストラされ鬱屈とした日々を送っていました。あるきっかけから、六太は弟と幼き日に交わした約束「一緒に宇宙飛行士になろう」という夢を再び目指し始めます。 漫画『宇宙兄弟』の愛読者だったという小栗旬は、自ら『宇宙兄弟』への出演を希望したと言われています。挫折や病気、リストラなどさまざまな人生の困難なストーリーを描き、人生訓となるような名言が多い名作です。

『ルパン三世』(2014年)

新しいルパン三世を作り上げた映画

CGI技術を使用した新しいルパン三世に挑戦したという本作で、小栗旬は主人公のルパン三世を好演しました。次元大介には玉山鉄二、石川五ェ門に綾野剛、峰不二子に黒木メイサ、銭形警部に浅野忠信が起用され、ゲストキャラクターには多くの海外俳優がキャスティングされました。 原作者のモンキー・パンチは初めは「ファンを失望させるだけ」だと実写化に乗り気ではありませんでしたが、企画したKADOKAWAの池田宏之の説得と、主演の小栗旬の熱意も伝わり実写化に漕ぎつけたと言われています。 実写化に反対の声も多かった前評判とは裏腹に、興行成績も奮い大ヒットとなった背景には、俳優陣の奮闘ぶりがあります。映画に向けて絞った体がアクションシーンを盛り上げ、黒木メイサも原作と雰囲気は違う不二子を作り上げています。

『ミュージアム』(2016年)

猟奇殺人犯から家族を守る刑事役を熱演

2016年に公開された『ミュージアム』は、カエルのお面を被った快楽殺人犯が犯行を重ねながら、主人公の刑事・沢村久志の家族に忍び寄るクライムミステリー。妻夫木聡がカエル男を怪演し、残虐すぎる殺人方法で犠牲者を追い詰めるシーンも話題になりました。 小栗旬が演じるのは、カエル男を追う刑事役。激務から別居していた妻と子に危険が迫っていることに気付き、家族の大切さを改めて感じ、家族を守ろうとする男を演じました。

『追憶』(2017年)

かつての幼なじみ3人が運命に翻弄されていくサスペンス映画

『追憶』は2017年に公開され、三者三様の生き方をしてきた、かつての幼なじみ3人が再会する物語。刑事である篤を岡田准一、事件の容疑者・啓太を小栗旬、そして殺されてしまう被害者・悟を柄本佑が演じています。 3人は25年前、13歳のころに能登半島で仲良くなり、一緒に喫茶店「ゆきわりそう」に通い家族のような生活を送っていました。しかし喫茶店の女店主で母のように慕っていた涼子の前に、昔の男でヤクザの貴船が現れるようになり、平穏だった生活が一変していくことに――。 涼子を守るために3人の少年はある事件を起こし、それから3人は散り散りになります。25年に再会した刑事の篤と悟は意気投合しますが、悟の刺殺死体が発見され、容疑者に浮かび上がったのは、啓太でした……。

『銀魂』(2017年)

小栗旬が銀さんに!原作ファンをも唸らせる会心の出来

週刊少年ジャンプの大人気漫画『銀魂』の実写映画化作品。主演の銀時役は小栗旬、新八に菅田将暉、神楽に橋本環奈、ほかにも柳楽優弥、吉沢亮、早見あかり、安田顕、ムロツヨシ、長澤まさみ、岡田将生など錚々たる顔ぶれがキャスティングされ話題になりました。 炎上することが多い漫画実写化作品にも関わらず、高い評価を獲得している『銀魂』。テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一が監督・脚本を担当し、原作の世界観を捉えるのが上手い小栗旬が主演を演じたことが、観客の心をつかんだのかもしれません。 2018年には続編「銀魂2」も公開されている人気作品です。

『君の膵臓をたべたい』(2017年)

甘く悲しい青春ストーリーで小栗旬は大人になった「僕」を演じる

小説投稿サイト「小説家になろう」に掲載されていた住野よるの小説が原作の『君の膵臓をたべたい』は2017年公開の映画。 ある日クラスメイトの桜良(さくら)の余命がもう長くはないことを知ってしまった「僕」。クラスでも影が薄く、他人と関わりを持たないようにしていた彼は、なぜか桜良に気に入られ、桜良の彼氏に任命されます。明るく社交的な彼女に振り回されながら、彼は成長していきます。 小栗旬が演じるのは、成長した「僕」。誰とも関わらずに生きていくつもりだった彼が、一人の少女との出会いで成長していき、彼女のことを思い出すようになっていきます。

『人間失格 太宰治と3人の女たち』(2019年)

『人間失格 太宰治と3人の女たち』
© 2019 『人間失格』製作委員会

『人間失格 太宰治と3人の女たち』は2019年公開の映画作品。蜷川実花が監督を務め、主演・太宰治役を小栗旬が務めています。 日本人なら知らぬ人がいない名作小説「人間失格」。太宰治の半自伝的作品ともいわれ、主人公がどんどんと絶望に追いこまれていく様子を、描いた小説です。 本作は、「人間失格」の物語を映像化するのではなく、本が書き上げられるまでの経緯を描いています。太宰がどんな人間だったのか、史実を基に、交友関係から人物像までを繊細に作り上げた作品です。 小栗旬が演じた、「ダメ男」ながらもどこか魅力的な人物像を持つ太宰治に、虜になってしまうこと間違いなし。

「ゴジラVSコング」(2020年)

小栗旬がハリウッド進出

「ゴジラVSコング」(邦題未定)は、2020年に日本とアメリカで公開予定の映画です。 2014年映画『GODZILLA ゴジラ』から始まり、ハリウッドでシリーズ化している「ゴジラ」作品。これまで、渡辺謙が出演していたことでも話題を呼んでいましたが、ついに小栗旬も本作をもってハリウッド進出となります。 今後は世界を視野にした活躍が見込まれる小栗。まずは本作で、どれだけ爪痕を残せるかがカギになりそうですね。

小栗旬の女性遍歴が気になる!多くの噂が飛び交う色男

山田優とのゴールインは、ハワイで。2014年には第1子も

小栗旬からの猛烈なアタックを受けて結婚した山田優。2013年1月6日に2人にとっての思い出の場所・ハワイで挙式を上げました。挙式には、後見人には笑福亭鶴瓶、出席者にはとんねるずの木梨憲武や、松本潤や生田斗真、田中圭も参加したようです。 山田優は2014年9月に女の子を出産しました。新たな命の成長と共に自分も成長したい、と小栗旬は語っています。 しかし、結婚までに様々な噂が飛び交った小栗旬。彼の恋愛遍歴をみていきましょう。

矢口真里

『ごくせん』に出演していたモーニング娘の中澤裕子に紹介され、小栗と矢口真里は2004年の夏ごろに交際を始めました。その後、2006年4月ごろに破局したようです。

徳澤直子

小栗は、矢口真里と付き合っている時期に、モデルの徳澤直子とも付き合っていることが報道されました。2006年6月に「女性自身」が明らかにしたゴシップですが、真実はどうだったのでしょうか……。

田中美保

人気モデルの田中美保も、小栗と付き合っていたという噂があります。詳細は明らかではないものの、時期的にみて、矢口真里と徳澤直子との二股騒動の後に交際が始まったとされています。

香椎由宇

名探偵コナンが実写化したドラマスペシャル第2弾(2007年)で小栗旬と共演した香椎由宇。この出会いがきっかけで、2人は交際し始めたとされています。

黒木メイサ

2007年『クローズZERO』と2014年『ルパン三世』で小栗と共演している黒木メイサ。東京都内の居酒屋で2人きりで朝まで飲んでいたことが報道され、交際しているのではと噂が立ちました。

小栗旬の今後からも目が離せない!

今回は、小栗旬の出演したドラマ・映画作品のなかから、おすすめをピックアップして紹介してきました。 甘いルックスを持つイケメン俳優としてではなく、確かな実力をもって日本の芸能界トップクラスのスターまで上り詰めた小栗。 今後はハリウッドに挑戦することもあり、彼の活躍からますます目が離せません!