『NARUTO -ナルト-』うちは一族一覧

2017年7月6日更新

大人気忍者漫画『NARUTO -ナルト-』。多くの有名人がファンを公言するなどその影響力は高いものがあります。今回はそんな大人気作に登場するうちは一族についてご紹介したいと思います、ご覧ください!

うちは一族とは

サスケ イタチ

出典: photozou.jp

有力な一族が揃う木ノ葉隠れの中でも最強の血族とされているうちは一族。『NARUTO -ナルト-』の世界では”チャクラ”という、忍術を使うために必要な力存在し、それぞれの人間が違った性質を持っていますが、うちはは代々火の性質のチャクラを扱う一族です。

一族の名前の由来は火の勢いを強める“うちわ”に因んでいて、家紋の形もうちわのこれを模したものになっています。

うちは一族は代々“写輪眼”という特殊な体質を受け継いでいます。これは相手の忍術・幻術・体術などを見抜き、コピーしてしまうという凄まじい力を持った眼ですが、術者はこの特異体質によって苦悩を強いられることとなります。うちは一族の象徴とも言える写輪眼に纏わるエピソードを記憶している視聴者も多いのではないでしょうか。

うちはサスケ

サスケ

同期の中ではずば抜けた実力を誇り、アカデミーを主席で卒業するほどの天才。親友で後にライバルとなる主人公ナルトとは対照的に冷静で真面目な性格の持ち主です。

ナルトとのライバル関係や、兄イタチによってもたらされる様々な感情の変化は『NARUTO -ナルト-』にとって欠かせない要素です。サスケは物語に深みを持たせている重要なキャラクターといえるのかもしれません。

うちはイタチ

イタチ

サスケの実の兄であるイタチ。弟に対しては冷酷な仕打ちや言動を浴びせ、サスケが苦悩し木ノ葉隠れの里を抜けるきっかけつくった張本人です。

しかしその背後に隠された事情、そしてそれらのことにはサスケへのある思いがあったのです。この兄弟のエピソードは『NARUTO -ナルト-』を語る上で欠かせない要素の1つでしょう。

忍としての能力はというと、写輪眼を操るイタチ一族の中でもさらに希少な“万華鏡写輪眼”を開眼させていて、非常に優れた忍であると言えます。

うちはマダラ

マダラ

うちは一族の中でも最強の実力の持ち主で、かつては木ノ葉隠れの里の創設に一役買った過去があります。各国の抜け忍が集う集団”暁”や、第四次忍界大戦に深い関わりを持っている人物です。

木ノ葉の初代火影、千手柱間とのライバル関係は作中で度々描かれ、マダラを語る上で欠かせない要素の1つとも言えます。

うちはオビト

オビト

かつて四代目火影、波風ミナトの班に所属していた人物で、任務中にその命を落としたものと誰もが思っていました。

しかし、後に暁のメンバーとして補充された”トビ”がオビトであることが判明します。この事は当時の視聴者にとってかなりの衝撃だったようです。オビトは人々に幻術をかけ理想の世界を構築するための”月の眼計画”を友のために果たそうとします。

うちはシスイ

シスイ

万華鏡写輪眼を開眼させている実力者で、その力を使い相手の脳内に入り込みそれが自分の意志であるかのように疑似体験させることがが可能です。さらに“別天神”という術を使えば相手に幻術を掛けていることを悟らせないこともできますが、この術は一度使用すると次に使うことができるのは十数年になってしまうというリスクも抱えています。

とある策謀に巻き込まれ命を落とすこととなりますが、彼の死に隠された様々な事実は『NARUTO -ナルト-』において非常に重要な要素と言えるでしょう。

うちはフガク

フガク

サスケ、イタチの父親。木ノ葉隠れの里では警務部隊の隊長を務めるなど有名で、他の里からも“兇眼フガク”として名が知れ渡っていました。

警務部隊設立の経緯やうちは一族への扱いへの不満などもありクーデターを計画しますが、内通者の存在によって失敗し命を落としています。

うちはミコト

ミコト

フガクの妻です。忍としての実力や経歴などはあまり明らかになっていませんが、明るく優しい母親として息子であるサスケに接しているシーンが描かれています。

ナルトの母うずまきクシナとは友人関係にあるようです。

うちはイズナ

イズナ

マダラの弟、イズナ。幼いころから兄のマダラと実力を競い合い、兄弟揃って写輪眼、万華鏡写輪眼に開眼させ兄とともに一族を束ねる存在でした。

後にイズナの眼はマダラを受け継ぎ“永遠の万華鏡写輪眼”を手に入れることになりますが、その真相は物語が進むに連れて明らかになっていきます。

うちはカガミ

カガミ

シスイの先祖にあたる人物です。一族という壁を越え里のために尽力していたことで知られていて、うちは一族を警戒していた二代目火影、千手扉間からも厚い信頼を得ていました。

うちはタジマ

タジマ

マダラ・イズナの父。話し言葉に癖があり、独特の嫌味を帯びた敬語が特徴的です。かつて千手柱間とマダラが交友関係にあることを知るとイズナと共に柱間を襲撃したという過去があります。

うちはサラダ

サラダ

サスケとサクラの間に誕生した娘。外伝の『七代目火影と緋色の花つ月』では主人公を務める人物、赤縁の眼鏡がトレードマークです。

父のサスケとは物心がついてから一度も会ったことがなく、その事がきっかけ自身の存在に疑問を抱き様々な苦悩と向き合う事になります。