2021年9月13日更新

韓国ドラマ『ボーイフレンド』のキャスト・あらすじのまとめ!究極のトキメキをあなたに

ボーイフレンド

パク・ボゴムとソン・ヘギョの豪華初共演が実現した韓国ドラマ『ボーイフレンド』。史上最高のビッグカップルで贈る、トキメキと感動あふれるロマンティック・ラブストーリーです。この記事では、ストーリーを盛り上げた豪華キャストをまとめて紹介します。

『ボーイフレンド』のキャストを相関図やあらすじとともに紹介!

2018年11月からtvNで放送された韓国ドラマ『ボーイフレンド』。若手No.1スターと名高いパク・ボゴムと、トップ女優ソン・ヘギョのW主演作です。 ビッグカップルの初共演や韓国ドラマ初のキューバロケに視聴者の期待が高まり、初回放送時は全チャンネル1位の視聴率を記録しました。 そんな名作ドラマのキャスト一覧を、あらすじや相関図とともにまるっと紹介します!

『ボーイフレンド』のあらすじを紹介!ソン・ヘギョ×パク・ボゴム恋の行方は?

チャ・スヒョンは有名政治家の家に生まれ、何不自由なく暮らしてきました。大学卒業後は財閥の御曹司と結婚するも、夫の浮気が原因で離婚。慰謝料として受け取ったホテルの代表に就任し、わずか4年で業界トップへ成長させます。 しかし財閥の元嫁、政治家の娘という肩書きは、常に彼女に付きまとい続けました。そんなある日、スヒョンは出張先のキューバでキム・ジニョクと名乗る青年に出会います。2人は楽しいひとときを過ごし、ソウルへ帰国後、運命的な再会を果たすことに……。 偶然にもスヒョンのホテルに就職し、ありのままの好意を彼女に伝えるジニョク。一方のスヒョンは立場の違いに悩みますが、彼の純粋さに心を許し始めるのでした。

秘書や弟は誰?主役以外の気になる登場人物も相関図で確認

ボーイフレンド 相関図
©ciatr

『雲が描いた月明かり』や『太陽の末裔』出演の豪華主演2人を紹介!

キム・ジニョク役/パク・ボゴム

パク・ボゴム
©TPG Top Photo Group/Newscom/Zeta Image

キム・ジニョクは小さな果物店の息子で、平凡な日々を送ってきた文学青年です。容姿端麗で仕事もでき、自分よりも家族や恋人を優先する心優しい性格。就職前の一人旅の途中でスヒョンと出会い、トンファホテルの代表と社員として再会します。 一途な年下男子を演じるパク・ボゴムは、2011年に映画『ブラインド』でデビューしました。 2015年に「恋のスケッチ」シリーズに出演し、天才囲碁棋士役で大ブレイク。その翌年、ドラマ『雲が描いた月明り』のツンデレ世子役が最大の当たり役に!日本でも「新・韓流四天王」に数えられており、人気がある韓流スターの1人と言えるでしょう。 兵役中の2021年に初の主演映画『SEOBOK/ソボク』が公開を迎え、2022年4月に除隊予定です。

チャ・スヒョン役/ソン・ヘギョ

ソン・ヘギョ
©TPG Top Photo Group/Newscom/Zeta Image

チャ・スヒョンは次期大統領候補の議員を父に持ち、自身はトンファホテルの代表です。恵まれた境遇の反面、政略結婚や世間の視線などに窮屈な思いをしていました。ホテルでは“氷の女王”とあだ名されていますが、実は気さくで脆い一面も。 ソン・ヘギョは1996年にモデルデビューし、同年にドラマ『初恋』に出演。『秋の童話』(2000年)、『フルハウス』(2004年)と多くのドラマをヒットに導きました。 そして2016年には、大ヒットドラマ「太陽の末裔」のヒロインを好演。相手役のソン・ジュンギとのソンソンカップルで話題になり、絶対的な地位を確立します。2017年に彼との結婚(2019年に離婚)を発表し、本作が結婚後初のドラマ出演となりました。

交差する想いにドキドキ!キム・ジニョクとチャ・スヒョンを取り巻く人々

チョン・ウソク役/チャン・スンジョ

チョン・ウソクはスヒョンの元夫でテギョングループ代表です。離婚したのはスヒョンを解放するためで、彼女に近付くジニョクに嫉妬心を燃やします。 演じるチャン・スンジョは、2005年にミュージカル『求婚』でデビュー。2014年頃からドラマにも出演し、2017年には『カネの花~愛を閉ざした男~』が大ヒットしました。その他にも、日本でリメイクされたドラマ『知ってるワイフ』(2018年)などに出演しています。

チャン・ミジン役/クァク・ソニョン

チャン・ミジンはスヒョンの高校時代の同級生で、傍で支え続けてきた秘書。スヒョンが信頼するミジンを演じたのは、舞台出身の女優クァク・ソニョンです。 彼女は2006年にミュージカル『タルゴナ』でデビューし、その後もミュージカルを中心に活躍。2018年に『親愛なる判事様』へ出演したのをきっかけに、ドラマ界にも進出を果たしました。近年では話題作『賢い医師生活』シリーズにも出演し、主人公の妹役を演じています。

キム・ジンミョン役/P.O(Block B)

キム・ジンミョンはジニョクの弟。兄の真面目な人柄に支えられ、明るく自由奔放に育ちました。兄とスヒョンの仲が深まるに連れ、彼自身が問題に巻き込まれることも。 どこか憎めない弟を演じたのは、7人組男性グループ「Block B」のP.O(ピオ)。グループではラッパーを担当する一方で、タレントや俳優としても活躍中です。主な出演作は、『トキメキ注意報』(2018年)や「ホテルデルーナ」(2019年)などがあります。

チョ・ヘイン役/チョン・ソニ

チョ・ヘインはトンファホテル広報部の社員で、ジニョクの幼なじみでもあります。ジニョクに片思い中ですが、その弟のジンミョンから好意を寄せられているらしく……。 演じるチョン・ソニは、2014年に短編映画『写真』で女優デビューしました。その後は独立映画(自主制作映画)で頭角を現し、映画『悪質警察』(2019年)などに出演。本格的なドラマ出演は本作が初めてで、今後が楽しみな期待のライジングスターです。

キム・ファジン役/チャ・ファヨン

キム・ファジンはテギョングループの会長であり、スヒョンにとっては元姑です。慰謝料として渡したトンファホテルを取り戻すべく、何かとスヒョンに干渉します。 演じるチャ・ファヨンは、1978年にTBC公開採用タレントとしてデビューしました。1度は女優を引退するも、ドラマ『ミンジャとエジャ』(2008年)で21年ぶりに復帰。近年は、ドラマ『それでも僕らは走り続ける』(2020年)などに出演しています。

『ボーイフレンド』は豪華キャスト!ロマンティックな愛から目が離せない!

『ボーイフレンド』の豪華キャスト一覧を相関図やあらすじとともに紹介しました。 異国情緒あふれる映像に始まり、OST楽曲、台詞とトキメキ要素が満載な本作。緻密な脚本とキャストたちの熱演が相まって、珠玉のラブロマンスに仕上がっています。ジニョクとスヒョンの恋には年齢や身分の差だけではない多くの壁が立ちはだかり、最後まで目が離せません!