ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』あらすじ・キャスト・主題歌【坂口健太郎初主演】

2018年4月11日更新

2018年4月10日からの放送が決定したドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』。未解決事件に挑む刑事役で坂口健太郎がドラマ初主演を務めます!この記事では、気になるあらすじやキャストを紹介します。

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』2018年4月から放送!主演は坂口健太郎

2018年4月10日(初回15分拡大)からフジテレビで、ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』の放送が決定しました。主演は坂口健太郎。これまで数々のドラマや映画作品に出演した坂口ですが、ドラマの主演は今回が初めてです。 この記事では、本ドラマのあらすじやキャストを紹介します。

ドラマ「シグナル」の各話あらすじネタバレ・視聴率はこちらから!

ドラマ「シグナル」のあらすじ【記事後半には原作ネタバレも】

現在と過去が交差するヒューマンサスペンス

今作品は海外ドラマ『シグナル』が原作で、坂口健太郎が演じるのは過去の事件により心に傷を負った刑事・三枝健人。 健人は、兄が自ら命を立つ原因となった事件や、幼い頃起こった児童誘拐事件での警察の対応から、警察のことを信用出来なくなります。そして、これらの事件を自らの力で解決しようとします。 そんなある日、廃棄処分だった無線機から声が聞こえてくるのを発見。その声の主はなんと、過去の時代を生きている刑事だったのです。健人は自身の冷静な判断力や観察力、プロファイリングの知識、さらに謎の無線機の力を借りながら未解決事件に挑んでいきます。

ドラマ「シグナル」の主演キャストは連続ドラマ初主演の坂口健太郎!

三枝健人(さえぐさけんと)/坂口健太郎

坂口健太郎(シグナル/プレス)

主演を務めるのは端正な顔立ちを生かした二枚目キャラだけでなく、映画『64 ロクヨン』での記者役、『ナラタージュ』では嫉妬心を募らせる大学生役など様々な役をこなしてきた坂口健太郎。 『シグナル 長期未解決事件捜査班』では「未解決である兄の事件をいつか解決したい」と、内なる情熱を秘めた刑事という役。初主演で演じる骨太な刑事を、どのように演じてくれるのでしょうか。

三枝健人と協力して事件を解く!過去の刑事に北村一輝

大山剛志/北村一輝

無線機で現在を生きる三枝と通信し、事件を解決に導く過去を生きる刑事・大山剛志。演じるのは俳優の北村一輝です。大山は不正を絶対に許さない姿勢で事件解決に挑む信念の強い刑事です。しかしある日突然、収賄容疑をかけられてしまい、失踪していたのです。 演じる北村一輝は2018年すでに4本の映画に出演することが決定しており、『羊の木』『今夜、ロマンス劇場で』はすでに公開済み。どんな作品でも印象に残る演技をする北村。本作での役どころにも注目が集まります。

8年ぶりに刑事を演じるのは吉瀬美智子

桜井美咲/吉瀬美智子

三枝が所属する長期未解決事件捜査班のリーダーであり、三枝の相棒となる刑事・桜井美咲を演じるのは吉瀬美智子です。新人時代は北村演じる大山に指導され、刑事として成長してきました。 演じる吉瀬は、本作で8年ぶりの刑事役を演じます。本作に向けては「カッコよく演じたい」と意気込んでおり、彼女らしいかっこいい女性刑事を観ることができそうです。

絶大な権力を持つ刑事部長キャストに渡部篤郎

中本慎之助/渡部篤郎

刑事部長の中本慎之助を演じるのは渡部篤郎です。中本は警察の裏の顔とも言える存在で、刑事部長の地位を確立するまでに、汚い手を使ってきました。 演じる渡部は原作を視聴したそうで、「一視聴者として惹きこまれた」とコメント。日本版リメイクとなる本ドラマも面白い作品になると意気込みを見せました。

ドラマ主題歌はBTS(防弾少年団)の「Don't Leave Me」

「Don't Leave Me」/BTS(防弾少年団)

本作の主題歌を担当するのは韓国発の男性ユニットBTS(防弾少年団)。彼らが日本ドラマの主題歌を担当するのは今回が初めてです。 新たにリリースされた楽曲「Don’t Leave Me」はドラマのために書き下ろし、BTSの作る音楽とドラマの世界観が見事に調和しています。原作が韓国ドラマということもあり、メンバーは日本版ドラマの主題歌に抜擢されたことが光栄な様子。メンバーの1人、RMは「完璧な曲に仕上がった」と自信をみなぎらせました。 本楽曲は4月4日にリリースされた3rdアルバム『FACE YOURSELF』に収録されています。

韓国ドラマを日本版にリメイク!「シグナル」の原作

『シグナル 長期未解決事件捜査班』は、2016年1月から全16回放送された韓国ドラマが原作となっています。主演は2011年に韓国の映画賞(青龍映画賞)で新人男優賞を受賞した経歴を持つイ・ジェフン。韓国でも人気を集めたドラマで、賞なども獲得し注目されました。 韓国発の人気ドラマを原作に、日本版リメイク作品として新たに制作。脚本は、ドラマ『特命係長 只野仁』や『ダブルス~二人の刑事』でも知られる尾崎将也が担当します。

過去と現代が繋がる刑事ドラマ?韓国ドラマ版の原作をネタバレ

古びた無線機を見つけたパク・ヘヨン。その無線機からは、イ・ジェハンと名乗る刑事からの通信があり、15年前におきた未解決事件について話し始めました。通信を続けるようになる二人ですが、ヘヨンは、ジェハンが話す言葉の中から理解できない単語が出てきたことをきっかけに、ジェハンが過去に生きる人であることを知り混乱します。 ヘヨンはやがて、ジェハンが失踪した事件があることを知るだけでなく、無線で通信し合うことで過去を変えてしまっているということに気付き始めました。 過去や未来を変えてしまうのではないかと不安を感じていたヘヨンでしたが、その後ジェハンの死体が発見されるということ、そして上司の策略から命をも狙われてしまうという事態が起こったことから、ヘヨンの気持ちは変わり、二人の信頼関係はより強いものとなります。 やがて無線機を通じて、ヘヨンは過去を変えることでジェハンの命を救い、ジェハンの情報を頼りに未解決だった誘拐事件を見事解決しました。

ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』は2018年4月から放送!

毎週火曜21時放送

謎の無線機や健人の過去など、見どころ満載のドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』はフジテレビ系で2018年4月10日から放送されます。