2019年11月30日更新

映画「ダイ・ハード」シリーズを無料で視聴できる動画配信サービスまとめ

ダイハード

アクションの大人気シリーズ「ダイ・ハード」は、これまでの肉弾戦から頭脳戦というスマートなアクションを生み出し、後の大人気作品『ミッション:インポッシブル』や『スピード』に影響を与えたと言われている作品。本記事では、そんな本作の概要と無料視聴する方法を紹介しています!

目次

映画「ダイ・ハード」シリーズを視聴できる動画配信サービスまとめ

ロデリック・ソープの小説を原作に制作されたアクション映画「ダイ・ハード」シリーズ。ブルース・ウィルスを主演にド派手なアクションを繰り広げる、アクション映画ファン必見の映画作品です。 本記事ではそんな本作の全シリーズのあらすじ、キャスト、見どころ、またその他のおすすめアクション映画も紹介しているので、お見逃しなく!

映画「ダイ・ハード」シリーズを配信しているサービス一覧

U-NEXT hulu amazon
プライムビデオ
ビデオ
マーケット
dTV ビデオパス FOD
プレミアム
TSUTAYA
TV/DISCAS
『ダイ・ハード』 ×
『ダイ・ハード2』 ×
『ダイ・ハード3』 ×
『ダイ・ハード4.0』 ×
『ダイ・ハード/ラスト・デイ』 ×

「ダイ・ハード」シリーズを配信しているサービスは全部で7つあります。 U-NEXT・huluでは本シリーズが見放題作品として配信されているため、トライアル期間中であれば好きなだけ無料視聴することができます。一方、ビデオマーケット・ビデオパス・TSUTAYA TVは各作品をレンタル配信しているため、それぞれ登録時に付与されるポイントを利用することで幾つかの作品の無料視聴が可能となっています。 また、dTV・amazonプライムビデオでも本シリーズを配信していますが、それぞれ有料レンタルとなります。

U-NEXTで動画を無料でフル視聴する

サービス名 U-NEXT(ユーネクスト)
無料期間 31日間
付与ポイント 初回600ポイント/毎月1,200ポイント
種類 月額定額
料金(税込) 月額1,990円(うち1200円分のポイント含む)
メリット ・配信作品数160,000本以上(2019/10現在)
・最大4つまでアカウント作成可能
・ダウンロード利用可能
デメリット ・月額料金がお高め

新規登録から31日間無料トライアルを試すことができるサービスは、U-NEXT。 本サービスで「ダイ・ハード」シリーズはすべて見放題作品として配信されているため、トライアルに登録するだけで簡単に無料視聴することができます。また、字幕版・吹き替え版ともに配信されているので視聴者の好みに合わせて選ぶことも可能です。

huluで動画を無料でフル視聴する

サービス名 Hulu(フールー)
無料期間 2週間
種類 月額定額
料金(税抜) 月額933円
メリット ・海外ドラマの独占配信が多い
・日テレ作品が豊富
・期間限定配信が豪華
デメリット ・新作映画が少ない
・同一アカウントでの同時再生不可
・配信期間が短め

新規登録から2週間の無料トライアル期間を設けてるのはhulu。 huluで配信されている作品はすべて見放題対象となります。「ダイ・ハード」シリーズも全作品配信されているため、トライアル期間中であれば全作品を好きなだけ無料視聴することができます。 またU-NEXT同様に、字幕版・吹き替え版の両方が配信されているので好きな方を選んで楽しむことができるでしょう。

ailymotionでの視聴をおすすめしない理由

違法アップロード

「ダイ・ハード」シリーズの動画は、dailymotionにて部分的に違法アップロードされています。 しかし、違法アップロードされた動画の視聴はおすすめできません。画質・音質の粗さが目立つだけでなく、視聴することでウイルス感染の危険性が生じるからです。したがって無料で本シリーズを視聴したい人は、この記事で紹介している動画配信サービスの利用が安全でしょう。

映画「ダイ・ハード」シリーズのあらすじ

『ダイ・ハード』

ニューヨーク市警察のジョン・マクレーンは、別居中の妻・ホリーに会うため、ロサンゼルスにやってきました。ホリーが勤める日系企業ナカトミ商事が手配した運転手アーガイルの車で、会社主催のクリスマス・パーティに向かうことに。 オフィスでホリーと再会しましたが、ちょうどその時パーティ会場のビルに、ハンス・グルーバーとその部下たちが乱入してきます。ジョンのみバレずに脱出しますが、ホリー含め他の参加者は人質になってしまいます……。

『ダイ・ハード2』

ナカトミビル事件からちょうど1年が経ったクリスマス。妻・ホリーを迎えるためにジョン・マクレーンはワシントン・ダレス国際空港にやってきていました。 そこで怪しい二人の男を発見し、追いかけた所、なんと彼らは荷物室へ入っていきます。ジョンが職務質問をすると、銃撃戦に!一人を捕まえるものの、もう一人を逃してしまい、さらに空港警察のロレンゾ署長は取り合わず、仕方なくジョン一人で捜査をすることになります。 そんな時、元アメリカ陸軍特殊部隊のスチュアート大佐と、同じく軍人だった彼の部下達により、空港の管制システムが乗っ取られました。彼らの目的は、南アメリカ、バル・ベルデの麻薬王エスペランザ将軍の奪還。 管制システムが乗っ取られた事で、誘導装置が使えず、着陸出来ずにいた多数の飛行機の中にはホリーが載っている飛行機もあり……。

『ダイ・ハード3』

ニューヨークにて爆破テロが発生。主犯「サイモン」と名乗る犯人が何故かジョン・マクレーンを指名します。 サイモンの要求に仕方なく応えるジョン。彼は黒人が多く住むエリアでヘイト行為をさせられ、黒人ギャング達に半殺しにされかけてしまいますが、近くで家電修理店を経営する黒人の男・ゼウスに助けられます。それを知り、面白くないと思ったサイモンの指示により、二人は行動を共にする事に。 爆破テロを防ぐため、サイモンの要求に応じる二人。やがて「サイモン」の正体が、かつてナカトミビル事件の主犯であるハンスの兄だと判明し……。

『ダイ・ハード4.0』

アメリカ独立記念日の前夜、何者かによってワシントンD.C.のFBI本部にある全米のインフラ監視システムのハッキングされる事件が発生。FBI副局長・ボウマンは犯人特定のため、全米のハッカーたちを一斉に保護させる指令を出します。 ニューヨーク市警察のジョン・マクレーンは、ハッカーの一人であるマシュー・ファレルを連行している最中、襲われてしまいます。同様に全米各地で計7人のハッカーが襲われ、殺害される事件が発生していました。 主犯トーマス・ガブリエルが最新のハイテク技術を駆使するサイバーテロ組織を率いていることが発覚し、ジョン・マクレーンは成り行きでハッカーのマシューと手を組み、組織を追い詰めますが……。

『ダイ・ハード/ラスト・デイ』

音信不通だった息子・ジャックが、モスクワで殺人事件を起こして逮捕されたことを知ったジョン・マクレーンは、娘に見送られ息子の元へと向かいます。 しかし裁判所が突如爆発!逃げ惑う人の中にジャックを発見しますが、彼は政治犯・コマロフを連れて車で逃走してしまいます。実はジャックはCIAのスパイで、コマロフを救出する任務の最中でした。 コマロフはロシアの大物政治家チャガーリンの犯罪の証拠を握っており、チャガーリンの謀略によって政治犯として捕らえられていたのでした。ジャックはコマロフに証拠を渡す代わりに、アメリカに逃がすという取引を持ちかけますが……。

メインキャストの紹介

ジョン・マクレーン/ブルース・ウィルス

ジョン・マクレーンは、本シリーズの主人公、ニューヨーク市警で働く刑事です。とにかく「ついてない男」で、シリーズ一貫して何かとトラブルに巻き込まれてしまいます。爆発に巻き込まれたりと常人なら死にかける出来事に巻き込まれても死んだことはない、まさに「ダイ・ハード」(しぶとい、死なない)な男! 彼を演じたブルース・ウィルスは、本作のジョン・マクレーン役で世界に知られており、スタントはなんと全て自分自身で行っている実力派俳優。本作以外には主演作『フィフス・エレメント』(1995年)、大ヒットを博した感動作『アルマゲドン』(1997年)などが挙げられます。実はドイツとアメリカのハーフ俳優なのだとか。

ホリー・マクレーン/ボニー・ベデリア

ホリー・マクレーンは、ジョン・マクレーンの妻で、ナカトミ商事の重役です。日系の企業では、家族持ちの受けが悪いとの事で、仕事では旧姓を名乗っています。怒ると手が付けられないタイプで、『ダイ・ハード』でリチャードの強引な取材に腹を立て殴ったり、『ダイ・ハード2』ではスタンガンを突きつけたりしています。 彼女を演じたボニー・ベデリアはアメリカ人女優で、なんと映画『ホーム・アローン』で知られるマコーレー・カルキンの叔母に当ります。本シリーズでは、『ダイ・ハード』と『ダイ・ハード2』に登場しています。

ハンス・グルーバー/アラン・リックマン

ハンス・グルーバーは、第一作目『ダイ・ハード』の敵で、強盗グループのリーダー。振る舞いは紳士的ですが、性格は極めて冷徹で、役に立たないと見なした人間は容赦なく殺すほど。冷静な判断と知力を持つカリスマ的存在です。表向きは拘束されたテログループの解放を要求していますが、本当の目的はビルの金庫に保管された6億4千万ドルの大金。 ハンスを演じたアラン・リックマンは、実は本作が映画初出演作。『ハリーポッター』シリーズのセブルス・スネイプなどの役で知られています。2016年に膵臓癌で亡くなっており、映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』が遺作となりました。

本シリーズの見どころは?

これまでの概念を変えたヒーロー像

当時アクション映画と言えば、シルヴェスター・スタローンやアーノルド・シュワルツェネッガーのような、筋肉ムキムキの俳優が身体を張って立ち向かっていくのが主流でした。 しかし「ダイ・ハード」はそれまでの常識を覆し、ジョン・マクレーンという男が文句を言いながらも戦う、新しいヒーロー像を生み出しました。 ビル爆破や激しい銃撃戦など、現代のアクション映画に負けないほどの迫力をぜひチェックしてくださいね!

アメリカンジョークたっぷりなセリフ

基本的に口の悪いジョン・マクレーンは、これまでシリーズの中で数々の有名なセリフを残しています。 例えば、「イッピーカイエー、マザファッカー」はシリーズを通して何度も出てくる代表的なセリフ。イッピーカイエーは、カウボーイが使っていた喜びを表す「イェーイ!」のような擬音語です。ジョンはこれを敵をやっつけたときに「やったぜ」の意味で使っています。 また端役とのやり取りも多くあります。外国語で「撃つな」と言われたのに聞き取れず撃ち殺した後に「あいつは、何て言ったんだ」と尋ねるシーンも有名ですね!

合わせて観てみて!おすすめ関連作品

『ダイ・ハード』に影響を受けた作品 映画『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』

「ダイ・ハード」シリーズに影響を受けた作品のひとつである「ミッション:インポッシブル」シリーズ。その中でも特に評判の良い『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』は、アクション映画好き必見の一作です! 本シリーズは、トム・クルーズ演じるIMF(極秘諜報部隊)のベテラン諜報員のイーサン・ハントが主人公で、彼がIMFから与えられるミッションに果敢に挑んでいく彼の姿が描かれています。 中でも本作「ゴースト・プロトコル」の見所は何と言っても、ドバイにある世界一高いビルで知られるブルジュ・ハリファの外壁を特殊なグローブで登っていくシーン。実はスタントマンを使わず、トム・クルーズ自ら演じたのだとか!緊張感あるアクションシーンは、ダイハード並みですよ。

カーチェイスが魅力的! 映画『トランスポーター』

アクション映画といえばこの俳優、ジェイソン・ステイサム。そんな彼が主演を務める「トランスポーター」シリーズは後にテレビドラマ化されるほど人気を博しました。 運び屋のフランク・マーティンは、ジョン・マクレーンとは真反対な性格で、運ぶ物の詮索をせず文句も言わずに淡々と仕事をこなすタイプ。ただ唯一似ていることは、何かとトラブルに巻き込まれる体質であるということです。 彼は運ぶのに車を使うので、作中はカーチェイスが多め。銃撃戦が多い「ダイ・ハード」シリーズとは違う魅力があります。

映画「ダイ・ハード」シリーズは動画配信サービスで無料視聴できる!

以上、アクション映画「ダイ・ハード」シリーズの概要と、無料視聴する方法を紹介しました。 口は悪いですが妻や娘を守るべく果敢に乗り込んでいくジョンの姿は、まさに男の中の男!主人公が不死身すぎて、もはやコメディー映画としても楽しめてしまう本作を是非一度観てみてくださいね。