2019年12月10日更新

『五等分の花嫁』主要キャラクター&声優キャストを紹介!可愛すぎる五つ子たちの花嫁レース

五等分の花嫁

5人のヒロインが可愛すぎると話題になったアニメ『五等分の花嫁』。ヒロインの誰かが主人公・風太郎と結婚することがわかっている状態で、ストーリーが展開される新感覚ラブコメです。今回は「ごとよめ」のキャラクターと担当声優を一挙に紹介します!

目次

『五等分の花嫁』の魅力を解説!顔は同じでも性格は……?可愛すぎる五つ子とその家庭教師・風太郎のドタバタラブコメディ

週刊少年マガジンで連載中の『五等分の花嫁』は、看板作品として高い人気を誇っています。その人気ぶりはアニメ1期放送直後に2期の制作が決定するほど。ヒロインの5人が全員可愛くて、それぞれ違った性格・特徴をしているところが魅力の1つです。どのキャラクター推しかということが、SNSで話題に上ることも多いですね。 またヒロインのうち誰かが主人公の風太郎と結婚するとわかっているところもファン心をくすぐる要因です。未来の結婚式のシーンでは大量のウェディングドレスが映っていることから、「ハーレムエンドもあるのでは?」と、さまざまな予想が飛び交っています。 家庭の事情で極貧生活を送る主人公、上杉風太郎のもとに突如舞い込んだ好待遇な家庭教師アルバイトの話。しかし生徒は、同級生で勉強嫌いの美人五つ子で、勉強することを拒否します。コミュニケーションが苦手な風太郎は、まずは信頼を得ようとあの手この手を尽くしますが……。 本記事では、そんな風太郎や中野家の五つ子などのメインキャラクターと、担当声優とあわせて紹介していきます。

上杉風太郎(うえすぎふうたろう)/CV.松岡禎丞(まつおかよしつぐ)

上杉風太郎は、この作品の主人公です。成績は学年トップですが、人付き合いが下手なため友達はいません。家に借金があるため貧乏暮らしをしていて、お昼はいつも学食最安値、「焼肉定食の焼肉抜き」……。 こんな生活をしていたある日、報酬が通常料金の5倍という怪しい家庭教師のアルバイトを始めることになりました。生徒である同級生の五つ子・中野姉妹と出会い、静かだった彼の人生は一気にお祭り状態に。そしてしだいに風太郎と中野姉妹の絆は切っても切れないものになり、彼女たちは“大切な存在”になっていきます。 風太郎を演じるのは、大人気声優の松岡禎丞です。『ソードアート・オンライン』のキリト役や『冴えない彼女の育てかた』の安芸倫也役など、誰もがうらやむハーレムアニメの主人公を演じた経験も多数。また『Re:ゼロから始める異世界生活』のペテルギウス・ロマネコンティ役では、狂気に満ちた演技がすごすぎると、高い表現力にも注目が集まりました。

中野一花(なかのいちか)/CV.花澤香菜(はなざわかな)

中野一花(なかのいちか)は、五つ子の長女です。長女だけあってお姉さんらしい気質をそなえていますが、掃除がニガテで部屋は散らかり放題……。実はかけだしの女優で、所属事務所の社長から目をかけられているダイヤの原石という一面も!風太郎を好きになってしまいますが、三玖の気持ちを知って恋心にブレーキをかけてしまいます。 一花の声を担当するのは、歌手としても人気のある花澤香菜(はなざわかな)。西尾維新原作『物語シリーズ』の千石撫子(せんごくなでこ)役や『ニセコイ』の小野寺小咲(おのでらこさき)役、『川柳少女』雪白七々子(ゆきしろななこ)役など、初々しさが残るヒロインを多く演じています。また、演技の幅も広く、『東京喰種』の神代理世(かみしろりぜ)のようなおぞましい役も演じることができる実力派です。

中野二乃(なかのにの)/CV.竹達彩奈(たけたつあやな)

中野二乃は、いつもつけている蝶のようなリボンが目立つ中野家の次女。いわゆるツンデレキャラで、最初は風太郎にキツくあたります。しかしその反面、5人のなかで誰よりも姉妹や家族を愛している人物。人付き合いが上手で友達も多く、おしゃれと紅茶が大好きです。 料理が得意で、風太郎が初めて家庭訪問にきたときもクッキーを手作りしましたが、その本当の目的は彼に睡眠薬を飲ませて授業を終了させることでした。それ以降、風太郎からはニガテな存在として認識されています。 二乃を演じるのは、ツンデレキャラの金字塔・竹達彩奈(たけたつあやな)。『けいおん』のあずにゃんこと中野梓(なかのあずさ)役や『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の高坂桐乃(こうさかきりの)役などが代表作品です。また風太郎役の松岡禎丞とは、『ソードアート・オンライン』のリーファを演じたときに兄妹役で共演しています。

中野三玖(なかのみく)/CV.伊藤美来(いとうみく)

中野三玖(なかのみく)は、中野家の三女。控えめでマイペースな性格で、可愛い顔に似合わず戦国武将が大好き。風太郎が、三玖の武将好きを勉強を教えるキッカケにしようと躍起になった結果、予想以上に風太郎のことを信頼するようになります。5人のなかで最初に風太郎を好きになったのも三玖です。 特徴はいつも首につけているヘッドホンで、特技は他の姉妹のマネをすること。一花に頼まれて彼女に変装しているときに、一花を好きな男子から告白されてしまったこともあります。 三玖を演じるのは、伊藤美来(いとうみく)です。『五等分の花嫁』のなかで三玖を演じたいと思っていたそうで、抜擢されたときは感無量だったとコメントをしていました。代表作は、『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』の宇佐美奈々子(うさみななこ)役や『アイドルマスター ミリオンライブ!』の七尾百合子(ななおゆりこ)役などが挙げられます。

中野四葉(なかのよつば)/CV.佐倉綾音(さくらあやね)

中野四葉(なかのよつば)は、中野家の四女です。頭の大きいリボンが特徴で嘘がつけない、いつも元気いっぱいの女の子。運動神経バツグンですが、5人のなかで勉強が一番ニガテ。風太郎に対して、唯一最初から友好的な姿勢で接していました。 四葉を演じるのは、さまざまなヒロイン役を演じている佐倉綾音(さくらあやね)。『Charlotte』の友利奈緒(ともりなお)役、『ご注文はうさぎですか?』のココア役、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の一色いろは役など、たくさんの作品に出演しています。ハツラツとした女の子を演じることが多いイメージですが、少年役を演じることもある演技の幅も彼女の魅力です。

中野五月(なかのいつき)/CV.水瀬いのり

中野五月(なかのいつき)は、五つ子の末っ子です。母親が亡くなったときに、自分が代わりになると心に決めており、母と同じように常に敬語で話しますが、妹らしく長女の一花に甘えることもあります。5人のなかでは一番真面目な性格で、進んで勉強をするのに学力は芳しくありません。 ちなみにかなりの大食いで朝からカツ丼を食べたり、「好きな飲み物はカレー」といったりしています。家庭教師終わりに貧乏な上杉家で、風太郎の妹、らいはの手作りカレーもたいらげたことも……。 五月を演じるのは、歌手としても活動している水瀬いのりです。『Re:ゼロから始める異世界生活』のレム役で一気に知名度が上がった彼女は、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のヘスティアや『ご注文はうさぎですか?』のチノなども演じています。

上杉らいは/CV.高森奈津美(たかもりなつみ)

上杉らいは黒髪ロングをてっぺんだけ束ねた髪型が特徴な、主人公である風太郎の妹です。人と関わるのがニガテな風太郎とは正反対で、とても社交的な性格をしています。 兄のことが大好きですが、性格に難ありな部分を心配している様子……。まだ小学生ですが母親がいないこともあり、毎日の食事は彼女が担当したりなどしっかり者です。 らいはの声を担当するのは、高森奈津美(たかもりなつみ)。代表作は『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』の深山れいな役や『すのはら荘の管理人さん』の雪本柚子(ゆきもとゆず)役などがあげられます。

上杉勇也(うえすぎゆうや)/CV.日野聡(ひのさとし)

上杉勇也(うえすぎゆうや)は、風太郎の父親です。勇也は金髪とサングラスをしたチャラそうな雰囲気で、黒髪で真面目そうな風太郎とは正反対。また五つ子の父親と高校の同級生で、家庭教師の仕事を引き受けたのも彼でした。 勇也を演じるのは日野聡(ひのさとし)。『銀魂』の神威(かむい)役、『オーバーロード』のアインズ・ウール・ゴウン役、『ハイキュー!!』の澤村大地(さわむらだいち)役などさまざまなアニメに出演しています。爽やかな好青年役が多いので、父親役は珍しいですね。 ヒロインの可愛さはもちろんですが、誰が風太郎の運命の人なのか予想しながら楽しめるストーリーも魅力な『五等分の花嫁』。今後のキャラクターたちの恋の行方に大注目ですね!

『五等分の花嫁』花嫁レースを制するのは一体誰なのか……。今後の展開も見逃せない!

斬新な設定と、ヒロインの可愛さ から話題騒然の『五等分の花嫁』。結末の予想や、推しは誰かなど話に事欠くことがありません。豪華な声優キャストで描かれるアニメ版も要チェックとなっています。 風太郎と、作品を彩るヒロイン達の新しいラブコメディは一見する価値ありです。展開のよめない花嫁レースを楽しんでみてはいかがでしょうか。