2021年5月7日更新

『五等分の花嫁』実写化するなら5つ子を演じる女優は?キャストを徹底予想

五等分の花嫁
(C)春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

かわいくて個性豊かな5つ子姉妹と家庭教師との恋の行方を描くラブコメ『五等分の花嫁』が実写化するなら?ciatr編集部が風太郎と5つ子のキャストを徹底予想!アニメ化に続き実写化しそうな本作のキャストを本気で考えてみました。

目次

『五等分の花嫁』実写化キャストを徹底予想!風太郎や四葉を演じるなら?

「五等分の花嫁∬」
(C)春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁∬」製作委員会

春場ねぎによるラブコメ漫画五等分の花嫁。2019年・2021年にアニメが放送され、さらに2022年には劇場版アニメの制作が決定している話題作です。 原作は完結済み、さらにヒロインはタイプの違った美人5つ子という設定はまさに実写化向き。この記事では『五等分の花嫁』実写化キャストを徹底予想!ciatr編集部が予想した厳選キャストを紹介します。

5つ子を演じるのは5人の女優?1人5役?

「五等分の花嫁∬」
(C)春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁∬」製作委員会

本作のヒロインは中野家の5つ子姉妹。彼女たちは一卵性の5つ子ですが、髪型や服装の好みなどに個性が出ていて、見分けがつく容姿になっています。 姉妹が一緒に登場するシーンが多いので、実写化した場合、1人の女優が5役演じるのはあまり現実的ではなさそう。同年代の女優5人が5つ子を演じるのではないでしょうか。

中野一花(いちか):三吉彩花/飯豊まりえ

三吉彩花(みよしあやか)

三吉彩花は小学生時代からモデルとして活躍。近年は女優としても活躍しており、主演を務めた映画『旅立ちの島唄〜十五の春〜』や『ダンスウィズミー』での演技が高く評価されています。 凛とした顔立ちが、5人の中でもしっかり者の長女・一花(いちか)に合いそう。演技派なところも、女優志望の一花に説得力を与えてくれそうです。

飯豊まりえ(いいとよまりえ)

飯豊まりえは雑誌『Seventeen』の専属モデルとして2014年から活躍し、現在は女優として多数のドラマや映画に出演しています。近年ではドラマ『君と世界が終わる日に』でのクールな演技が話題となりました。 女優としての活躍の幅を広げている飯豊まりえは、一花のようなショートヘアの似合いっぷりも魅力のひとつです!ただのしっかり者ではなく、小悪魔的な一面も持つ一花を見事に演じてくれるのではないでしょうか。

中野二乃(にの):今田美桜/福原遥

今田美桜(いまだみお)

次女・二乃(にの)は姉妹の中でも女子力が高いツンデレな女の子。二乃のトレードマークはツーサイドアップなので、新CM女王の呼声高い今田美桜の自慢のロングヘアーが映える役でもあります。 ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』の真矢愛莉役では、原作再現度の高さが話題に。姉妹への素直じゃない二乃の愛を、彼女なら見事に演じてくれそうです。

福原遥(ふくはらはるか)

子役時代「まいんちゃん」を演じていたことで知られる福原遥。まいんちゃん時代の影響で料理が得意という彼女なら、料理が得意な二乃にぴったり。料理シーンもお手の物でしょう。 ドラマ『ゆるキャン△』の主演を射止め、『4月の君、スピカ。』や『羊とオオカミの恋と殺人』など漫画原作の作品にも続々出演しています。次世代実写化女優として、ぜひ二乃(役を観てみたい女優です。

中野三玖(みく):浜辺美波/小芝風花

浜辺美波(はまべみなみ)

3女・三玖(みく)は姉妹の中でも自分に自信が持てない内向的な人物。変装が得意で、彼女が他の姉妹になりきると見分けるのが困難なほど。 他の姉妹にもなりきってしまうカメレオン俳優な一面を持つ三玖には、各種新人賞をかっさらい、同年代で1歩リードしている実力派・浜辺美波が候補になるでしょう。他の姉妹に変装した際の、彼女の演じ分けを観てみたいですね。

小芝風花(こしばふうか)

変装上手な三玖には、『魔女の宅急便』にて映画初出演にして主演を務め鮮烈な女優デビューを果たした小芝風花も合いそうです。 シリアスからコメディ、さらにドキュメンタリーのナレーションまで幅広くこなす小芝。『あさが来た』の千代役では、14歳から34歳までの千代の成長を当時高校生ながらも熱演していました。

中野四葉(よつば):永野芽郁/橋本環奈/桜井日奈子

永野芽郁(ながのめい)

四葉は運動神経抜群で、快活な性格をしている4女。主人公の風太郎に対しても当初から友好的に接している人懐っこい人物です。 四葉の明るさは、永野芽郁(ながのめい)が『半分、青い。』で演じた主人公・楡野鈴愛役にも通じるところがあるのではないでしょうか。永野は四葉を演じている姿が想像しやすい女優の1人です。

橋本環奈(はしもとかんな)

姉妹の中でもキーパーソンとなる四葉役。圧倒的なヒロイン力を持つ女優として候補に挙げたいのが橋本環奈です。 『銀魂』や『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』、『キングダム』といった実写化成功と言われる作品に名を連ねている橋本。実写化されたら話題になること間違いなしの本作でも、作品をヒットへと導いてくれるのではないでしょうか。

桜井日奈子(さくらいひなこ)

奇跡の1枚で話題となった橋本に対し、「岡山の奇跡」として注目を集めデビューを掴んだのが桜井日奈子です。 幼稚園からバスケを始めたという抜群の運動神経の持ち主。『僕の初恋をキミに捧ぐ』や『ういらぶ。』など恋愛モノのヒロインも多数演じているので、風太郎に複雑な想いを寄せる四葉も見事に演じてくれそうです。

中野五月(いつき):上白石萌音/杉咲花

上白石萌音(かみしらいしもね)

末っ子の五月(いつき)は、5人の中では常識人ながらも勉強や恋に不器用な女の子。鈍感で食いしん坊な愛されキャラです。 『君の名は。』の主人公・宮水三葉役で知られる上白石萌音(かみしらいしもね)は、2021年後半の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』で主演に抜擢され、まさに飛ぶ鳥を落とす勢い。五月役としておいしそうにご飯を頬張る姿を観てみたいですね。

杉咲花(すぎさきはな)

おちょやん』のヒロイン・竹井千代役で一躍話題となった杉咲花も、ロングヘアーがトレードマークの五月が似合う女優の1人でしょう。彼女から漂うピュアなオーラは、誰よりも真面目な性格の五月と重なる部分があります。 杉咲といえば、CMで回鍋肉を頬張る姿が話題になったことも。そんなところも、食いしん坊キャラな五月に選出した理由のひとつです。

上杉風太郎:板垣瑞生/鈴木仁

板垣瑞生(いたがきみずき)

主人公・風太郎は姉妹の家庭教師を担当する、全国トップレベルの秀才。家が貧しいため家計のために家庭教師のバイトを引き受けることになります。 風太郎の特徴は時折悪人にも見える目つきの悪さ。鋭い眼光を持ち、かつ話題作の主人公役を務められる若手として候補に挙がったのが板垣瑞生です。2020年には『社内マリッジハニー』で連ドラ初主演を射止め、ブレイクの波に乗っています。

鈴木仁(すずきじん)

180cmを越える長身を活かしてモデルとしても活躍する鈴木仁。ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』ではクラス1のモテ男子・里見海斗役を、『ホリミヤ』では石川透役で爽やかな男子高校生を好演しました。 風太郎は勉強一筋ゆえに人付き合いが下手なところがあります。爽やかな役どころを演じることが多い鈴木の新たな一面を、風太郎役で観てみたいですね。

5つ子は声優にそのまま演じてほしい!?

アニメでは5つ子の声を花澤香菜、竹達彩奈、伊藤美来、佐倉綾音、水瀬いのりの5人が担当。5人はそれぞれアーティスト活動をしたり写真集を出したりと、マルチに活躍しています。 雑誌の企画やイベントグッズなどでは、5人がアニメイラストを完全再現した姿を披露。その完成度の高さと、5人のかわいらしい姿から、5人にそのまま実写版を演じてほしいという声も聞こえてきます。 メインキャスト全員が続投という形はなかなか難しいかもしれませんが、アイドルや女優と並んでも遜色ないほどかわいい5人なので、何らかの形で実写版にも登場してほしいですね。

期待しかない!『五等分の花嫁』実写化が実現する日も近いかも

五等分の花嫁
(C)春場ねぎ/講談社

特殊な設定やバトルのないラブコメ作品は、比較的実写化しやすいジャンル。『五等分の花嫁』もストーリーとしては実写化しやすい作品といえるでしょう。 5つ子という設定でキャスティングが難航しそうですが、どんな美少女揃いの5つ子が出来上がるのか楽しみな部分でもあります。アニメもまだまだ盛り上がりそうな『五等分の花嫁』の今後のメディア展開を楽しみに見守りましょう。