2020年10月8日更新

映画『ミッドウェイ』を無料で視聴できる動画配信サービスを紹介【ローランド・エメリッヒ監督】

映画『ミッドウェイ』 配信記事 サムネイル

破壊の帝王ローランド・エメリッヒ監督の最新作『ミッドウェイ』。日本では2020年9月11日に公開された戦争映画です。第二次世界大戦のミッドウェイ海戦を舞台にした映画で日米キャストが揃いました。本記事ではそんな『ミッドウェイ』の動画を無料で視聴できる配信サービスを紹介します。

目次

映画『ミッドウェイ』の動画を無料で視聴できる配信サービスはある?

ローランド・エメリッヒ監督の最新作『ミッドウェイ』は、アメリカで2019年11月8日に公開し、日本では2020年9月11日に公開した戦争映画です。太平洋戦争の中でも最大級の戦場であるミッドウェイ海戦をテーマにした作品で、日米そろい踏みの豪華キャスト人が集まりました。 最新VFXを駆使して完全再現された極限の戦場は臨場感も見どころです。破壊の帝王の二つ名で知られるローランド・エメリッヒの本領発揮とも言える映像の数々は高い評価を得ました。 そんな本作は2020年10月現在、9月に公開されたばかりなので動画配信サービスでは観ることはできません。しかしDVD&Blu-rayの発売に先駆けて、U-NEXTなどで配信する可能性があります。

『ミッドウェイ』が視聴できる動画配信サービス一覧

VODサービス 視聴 見放題・
無料レンタル
有料レンタル
U-NEXT - - -
FOD
プレミアム
- - -
Hulu - - -
amazon
プライム
ビデオ
- - -
ビデオ
マーケット
- - -
ABEMA - - -
TSUTAYA
TV
- - -
dTV - - -

※配信状況は10月8日時点のものです。

2020年10月現在、映画『ミッドウェイ』を動画配信サービスで視聴することはできません。 しかし今後、最新の映画作品を数多く扱っているU-NEXTで配信される可能性が高いです。U-NEXTでは初回無料体験を実施しています。登録すると見放題作品を無料で視聴できますよ。

U-NEXTについて詳しく知りたい人はこちら

ローランド・エメリッヒ監督 ミッドウェイ海戦が題材【日本×アメリカ】

太平洋戦争でも特に過激だと言われたミッドウェイ海戦。その戦場を映像化するのは、破壊の帝王ローランド・エメリッヒです。彼ほど、ミッドウェイ海戦を映画化するに相応しい人物はいないでしょう。ローランド・エメリッヒ監督は大人気シリーズ『ユニバーサル・ソルジャー』でハリウッド映画デビューを果たしました。 その作風は破壊と娯楽を重視したスタイル。異星人が地球を侵略しに来訪した「インデペンデンス・デイ」では、ホワイトハウスをはじめとした様々な建造物を、映画の中で破壊の限りを尽くしました。痛快SF娯楽作である「インデペンデンス・デイ」は、世界各国で社会現象級のヒットを記録。晴れてローランド・エメリッヒは一流監督の仲間入りを果たしました。 また彼は、日本のポップカルチャーアイコンである「ゴジラ」のハリウッド映画化『GODZILLA』を手掛けています。そこでも破壊の限りを尽くしました。最新作『ミッドウェイ』ではどのような映像を見せてくれるのか、その目で確認してみてください。

映画『ミッドウェイ』のあらすじ

その日は歴史が動いた日となりました。1941年12月7日。大将山本五十六の命令により、真珠湾に停泊していたアメリカ軍の艦隊が突如日本軍の艦上機部隊によって強襲されたのです。 世にいう真珠湾攻撃。奇襲の報を受けた空母エンタープライズは真珠湾に駆け付けますが、そこには既に日本軍の姿はなく、あるのは火の海に包まれた真珠湾の姿のみ。 大打撃を受けたアメリカ軍は日本への反撃を果たすため、太平戦域の司令官にニミッツ大将を任命。彼は情報将校に山本五十六の次の動きを読むように命じ、進撃を進めます。日本軍とアメリカ軍の一進一退の攻防。やがてそれぞれの戦艦は、戦場を因縁の場所・ミッドウェイと移すのでした。

キャスト&登場人物

【アメリカ軍】ディック・ベスト大尉/エド・スクライン

ディック・ベストは米軍の太平洋艦隊第6爆撃機中隊長。勇敢で天才的な飛行技術を持つカリスマパイロットですが、同時に独断専行が目立つという欠点を持ちます。真珠湾攻撃で友を失い復讐を誓った彼は、やがて真のリーダーへと成長していくのでした。 そんなディック・ベストを演じるのはエド・スクライン。イギリスの俳優兼ラッパーです。日本原作のハリウッド映画『アリータ:バトルエンジェル』やディズニー映画『マレフィセント2』など、大作への出演が相次ぐ注目株の俳優として知られています。

【アメリカ軍】エドウィン・レイトン少佐/パトリック・ウィルソン

パトリック・ウィルソン
©Adriana M. Barraza/WENN.com

エドウィン・レイトンは米軍の太平洋艦隊情報主任参謀。日本に赴任したことがある経歴と頭の回転の速さを活かし、日本軍の次の動きを予測します。 そんな冷静な情報主任参謀を演じるのは大人気俳優パトリック・ウィルソン。「死霊館ユニバース」で重要なキャラクターを演じている他、近年では『アクアマン』で大人気キャラクター、オームを演じるなど、ジェームズ・ワン映画を中心に活躍する大人気俳優です。

【アメリカ軍】ウェイド・マクラスキー少佐/ルーク・エヴァンズ

ウェイド・マクラスキー少佐は米軍の太平洋艦隊第6空母航空団司令。あくの強い兵士ばかりの航空部隊をまとめ上げる熱血指揮官です。独断専行の目立つ、無鉄砲なディック・ベストとは真正面か衝突してくれる懐の持ち主。 そんなウェイド・マクラスキー少佐を演じるのは、イギリス・ウェールズ出身の俳優ルーク・エヴァンスです。その現実離れした美しい容姿から、『美女と野獣』などのファンタジー映画に引っ張りだこの大人気俳優として知られています。

【日本軍】山本五十六(やまもといそろく)大将/豊川悦司

山本五十六は大日本帝国軍の連合艦隊司令長官。当時としては驚くほど先進的な視点の持ち主で、日米開戦に否定的でした。極めてアメリカナイズされた感覚を持ち、早期の戦争終結を狙い、真珠湾攻撃の命令を下します。 そんな山本五十六を演じるのは豊川悦司。トヨエツの愛称で知られる俳優で、『八つ墓村』や『命』、『必殺剣鳥刺し』で日本アカデミー賞主演男優賞を獲得するなど、実力人気共に非常に高い演技力の持ち主です。

【日本軍】山口多聞(やまぐちたもん)少将/浅野忠信

山口多聞少将は大日本帝国軍の第二航空戦隊司令官です。非常に有能で活力にあふれた人物で、侍魂の持ち主。航空戦に長けた指揮能力を持ち、アメリカの航空艦隊に果敢に立ち向かいました。 そんな山口多聞少将を演じるのは浅野忠信。非常に英語が堪能で、本作以外にもカルト的人気を誇る『バトルシップ』やNetflixオリジナル映画の『アウトロー』。そしてMCU映画『マイティ・ソー』など、海外の映画に数多く出演している世界的人気俳優です。

【日本軍】南雲忠一(なぐもちゅういち)中将/國村隼

南雲忠一中将は大日本帝国軍の第一航空艦隊司令長官。型通りの指揮を行うも、中には時代遅れだと反感を持られることも多い司令官です。真珠湾攻撃で大戦艦を行うも、追撃を行わなかったことでアメリカ艦隊を復活させてしまいます。 そんな南雲忠一中将を演じるのは國村準。世界的人気の高い俳優で、ハリウッド映画の他、香港映画や中国映画など世界各国からのオファーが絶えない俳優です。近年では映画『哭声/コクソン』に出演。韓国で最も権威のある青龍映画賞で、外国人ではじめて助演男優賞を獲得するなど、唯一無二の活躍を見せる名優です。

U-NEXTで関連作品の動画を無料で視聴しよう!

超巨大宇宙船襲来!映画『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』

ローランド・エメリッヒ監督作である『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』は、あの名作SF映画『インデペンデンス・デイ』の、およそ10年ぶりの続編です。一度は異星人の侵略を退けた人類ですが、ここにきてさらなる危機に直面します。 あの『インデペンデンス・デイ』の世界観を、最新VFXで描いた本作は、破壊の帝王ローランド・エメリッヒの魅力爆発の大傑作です。U-NEXTではポイント使用で無料視聴が可能です。是非チェックしてみてください。

人類に打つ手は無い 映画『GODZILLA』

『GODZILLA』はあの日本の世界的に人気なアイコニックキャラクターであるゴジラを、ハリウッド映画としてリメイクした作品です。ローランド・エメリッヒが監督を務めました。 原典からかけ離れたゴジラの容姿や修正で非常に否定的な意見も多い本作。しかし怪獣パニック映画として見ると非常に評価が高く、ローランド・エメリッヒのエンターテインメント監督としての力量が、遺憾なく発揮されている映画として知られています。 そんな本作はU-NEXTで見放題配信中です。

映画『ミッドウェイ』の動画配信を待とう!

本記事では『ミッドウェイ』の動画配信サービスやあらすじ、キャストなどを紹介しました。 映画『ミッドウェイ』は2020年10月現在絶賛公開中の映画です。臨場感満載のリアルで精緻な戦場シーンを早く家で見たいと思う人も多いでしょう。ぜひ動画配信サービスをチェックしてみてくださいね。