2020年10月16日更新

2021年1月ドラマ「ウチの娘は彼氏が出来ない」で菅野美穂が母親に!あらすじ・キャストは?

『ウチの娘は、彼氏ができない‼︎』記事サムネイル

2021年1月から放送開始となる新ドラマ『ウチの娘は、彼氏ができない!!』。菅野美穂が主演を務める本作は、いったいどんな作品になるのでしょうか。気になるあらすじからキャストまで、最新情報をお届けします。

目次

ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない‼︎』で菅野美穂が母親に【あらすじ・キャスト】

2021年1月からドラマ『ウチの娘は、彼氏ができない!!』が、日本テレビ系列で放送されることが発表されました。 主演を務めるのは、4年ぶりの連続ドラマ主演となる菅野美穂。脚本は恋愛ドラマの名手・北川悦吏子が担当します。ラブストーリーであり、超ド級のコメディでもあるという本作。いったいどんな作品なのか、最新情報を紹介します。

気になるあらすじは?オタク娘とシングルマザーが恋活?!

売れっ子恋愛小説家でシングルマザーの水無瀬碧(みなせ あおい)の悩みは、20歳の娘に彼氏ができないこと。理由は明白、彼女が筋金入りのオタクだからです。 一方で娘も恋愛に興味は持っていました。でもオタ活は忙しいし、なによりも天然で暴走しやすく世間知らずな母が心配。 そんな2人に訪れた突然の恋。母にとっては久々の、娘にとっては初めての恋の行方は――?対照的なトモダチ母娘がくり広げる、エキサイティング・ラブストーリーです。

主演キャストは菅野美穂!シングルマザーの恋愛小説家に

本作で主演を務めるのは菅野美穂。「君の手がささやいてる」シリーズ(2017年〜2001年)や『大奥』(2003年)、『働きマン』(2007年)など、数多くの作品で活躍してきた彼女にとって『砂の塔〜知りすぎた隣人』(2016年)以来4年ぶりの連ドラ主演となります。 本作について「ホームドラマのような要素もある一方で、恋愛したいお母さんとオタクの娘という、ドラマとしては新しい親子像が描かれています。 」とコメントした菅野。 また自身も子育て中の彼女は、「まだ小さいので『子の恋愛で悩む』というのは未知の世界です。 」としながらも、「ゆくゆくはドラマも見てもらえたら嬉しいですね。 」と語っています。

脚本を務めるのは『半分、青い。』の北川悦吏子

本作の脚本を務めるのは、数多くの名作恋愛ドラマを手掛け「恋愛の神様」とも呼ばれる北川悦吏子です。 代表作は『あすなろ白書』(1993年)や『愛していると言ってくれ』(1995年)、『ロングバケーション』(1996年)など。近年では、NHKの連続テレビ小説『半分、青い。』(2018年)の脚本でも知られています。 ずっと母と娘の物語を書いてみたかったという北川は、今回までの既存のドラマの概念から抜け出すつもりでいるとか。 公式サイトには「アバンギャルドなこのドラマ。さてのるかそるか、の大冒険です!みなさん、ついて来て(祈!)」というコメントが。本作にかける意気込みが伝わってきますね。

『ウチの娘は、彼氏が出来ない‼︎』は2021年1月から放送開始!

菅野美穂主演、北川悦吏子脚本という最強の布陣でおくる『ウチの娘は、彼氏ができない!!』。 日本テレビ系で2021年1月からの水曜ドラマとして放送が開始されます。これまでになかったドラマになるとのことで、今から期待が高まりますね。 その他のキャストや詳しいあらすじについては、続報を待ちましょう!