2021年4月6日更新

『トッケビ』全話あらすじネタバレ!幽霊と女子高生の切ないラブロマンス

トッケビ

韓国で放送され、日本でも大ブームを巻き起こしたドラマ『トッケビ』。不滅の命を持つトッケビ(鬼・幽霊)と運命の花嫁の物語……。その魅力は一体どのようなものなのでしょうか。あらすじとともに1話ごと紹介していきます。

目次

『トッケビ』名作&大人気の韓国ドラマあらすじネタバレ

トッケビ

韓国のテレビ局・tvNの開局10周年を記念した特別作品として、2016年に放送されていたドラマ『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』。その感動的な内容に、多くの人が心を震わせました。 この記事ではそんな大人気韓国ドラマ『トッケビ』のあらすじや見どころを、ネタバレありで解説していきます。ピュアで不思議な世界観に酔いしれてくださいね!

30秒でわかる『トッケビ』あらすじ【ネタバレなし】

トッケビ

トッケビとは、朝鮮半島に古くから伝わる精霊や妖怪のこと。そんな不思議なタイトルである本作は、一体どのような物語なのでしょうか。まずは簡単なあらすじを解説していきます! 主人公は、幽霊が見える女子高生・チ・ウンタク。ウンタクはある日トッケビと出会い、自らがトッケビにとって特別な存在であることを悟ります。トッケビの正体は、約1000年前に謀反の冤罪で処刑された武将キム・シンであり、その胸には処刑の際に使われた剣が刺さったまま……。ウンタクはその剣を抜くことができるのでしょうか。 この後に続く各話のあらすじ紹介では、後半にネタバレを含む内容が記載されています。まだ先を知りたくないという人は、見ないように注意してくださいね!

豪華キャストが彩る『トッケビ』作品情報【キャスト・サントラ】

トッケビ役/コン・ユ

コン・ユ

900年以上もの間、不滅の命を生き続けているトッケビ。トッケビはその柔らかな眼差しの中に苦悩と悲しみを秘めています。 冤罪により処刑されてしまったことが原因で、現世に留まり続けてしまっているトッケビですが、ウンタクとの出会いにより心に変化がーー。ウンタクの前で見せる可愛らしい表情にも注目です。 トッケビ役を演じたのは、韓国で絶大な人気を誇る俳優・コン・ユです

チ・ウンタク役/キム・ゴウン

キム・ゴウン

幼い頃に母を失い、意地悪な叔母とその子供たちのもとで暮らしているチ・ウンタク。ウンタクは不遇な環境の中で育ちましたが、天真爛漫で笑顔の素敵な女子高生です。 そんなウンタクは実は“トッケビの花嫁”という、トッケビを唯一救える存在。彼女はその運命とどう向き合っていくのでしょうか。 チ・ウンタク役を演じたのは、様々な映画賞を受賞している実力派人気女優のキム・ゴウンです。

死神役/イ・ドンウク

『トッケビ』を語る上で欠かせない重要な存在である死神。死神は感情表現が乏しく、クールでどこか近寄りがたい空気感を持っています。 人気俳優のイ・ドンウクが演じている死神は、とにかくハンサムで目を惹く存在。上品なスーツとハットがとても似合っていて素敵なんです。また、サニーとの淡い恋愛模様に大注目ですよ!

サニー役/ユ・インナ

チ・ウンタクのアルバイト先であるチキン屋の店長であるサニー。一見クールに見えるサニーですが実は情に厚く、ウンタクのことをいつも気にかけています。独特な気だるい雰囲気がセクシーな美女です。 サニー役を演じているのは、数々の話題作に出演しているユ・インナ。かっこよさと可愛さを併せ持つ人気女優です。

サントラ(ost)が豪華!EXOチャンヨルなど

韓国ドラマを盛り上げるのに欠かせないのが、感情を揺さぶるost。『トッケビ』ではostがとにかく豪華で、14回にわたりオリジナルサウンドトラックのリリースが行われました。 第一回目にリリースされたのは、日本でも高い人気を誇るアイドルグループ・EXOのチャンヨルが参加した楽曲「Stay With Me」。歌声までもかっこよすぎます!

1話あらすじネタバレ「トッケビと花嫁の出会い」

約1000年前、最強武将として数々の功績を残していたトッケビことキム・シン。シンは有能であったため妬まれることも多く、ついに冤罪により処刑されてしまいます。そして現在に至るまでの間、やりきれない思いを抱えたシンはトッケビとなり、現世をさまよい続けているのでした。 そんなトッケビはある日、交通事故に遭遇してしまった妊婦を助けます。そこから彼の運命は大きく動いていくのです。 実は、その妊婦のお腹にいた子供こそが、チ・ウンタクだったのです。彼女はトッケビに助けられたことが原因で、幽霊と話すことができる特殊能力を手に入れてしまいます。そして導き合うように2人は再会し、ウンタクは自らが“トッケビの花嫁”だということをシンに話すのでした。

2話あらすじネタバレ「トッケビという確信」

ウンタクが“トッケビの花嫁”だということが信じられないシン。シンは幽霊のみが通ることができる扉を通じ、カナダへと向かおうとします。しかしなんと彼女はその扉を通過。彼女はシンが本当にトッケビであるということに気づき、シンも驚きを隠せませんでした。 ウンタクはシンに好意を寄せ、「あなたの花嫁になる」と無邪気に告げます。しかし彼はそんな天真爛漫なウンタクにどう接すれば良いのかわからず、冷たくあしらってしまうのでした。 墓参りをしにきたシンにこっそりついてきたウンタク。彼女はシンの墓を見つけると「花嫁になるウンタクです」と墓石に挨拶をします。ウンタクの純粋さが胸を打つシーンです。 2話のラストでは、ウンタクが叔母の借金取りに連れ去られてしまいます。

3話あらすじネタバレ「叔母の秘密と死神の運命の相手」

借金取りに連れて行かれ怯えるウンタクの前には、シンとシンの同居人である死神の姿が。2人は車を真っ二つに切り裂き、ウンタクを救出することに成功します。 シンはドクファという人物に依頼し、ウンタクの叔母について調査を行います。そして明らかになる叔母の秘密とは一体……。 調査により、叔母はウンタクを母親の保険金目当てで、一緒に住まわせていたことが判明。それを知ったシンは、ウンタクにこれ以上危害が及ばないよう、叔母の家にそっと金塊を置くのでした。 その頃、同居人である死神も運命の出会いを果たすことに。韓国の神・サムシンハルメが若い女性の姿となりアクセサリーを売っている所に遭遇する死神。そしてある指輪に注目すると、目の前にはサニーが立っており、死神はなぜか涙を流してしまうのでした。

4話あらすじネタバレ「胸に刺さる剣を巡って」

シンの家を訪れるウンタク。シンは、自分の胸に突き刺さっているはずの剣が見えないことを理由に、韓国を離れようとします。それを聞いたウンタクはなんと、シンの胸を指差し「その剣ってこれのことでしょ?」と言ったのでした。 死神に「ウンタクは本当にトッケビの花嫁なのかもしれない」と相談をするシン。死神は、ずっと探していた人に出会えたのだから心配は無用だと、シンをたしなめます。 様々な事情により住む家がなくなってしまったウンタクは、シンの家に一緒に住むことを提案します。そしてウンタクが提示した驚きの条件とは、「2人の間に子供を作る」ということ。シンは激しく動揺してしまいます。 胸の剣を抜くと消えてしまうということを、ウンタクに打ち明けられずにいるシン。しかしシンの思いも確かにウンタクへと向かっていきます。

5話あらすじネタバレ「死神とサニーの再会」

ウンタクへの思いを自覚したシンは、気持ちをウンタクに伝えようとします。しかしその瞬間に大雨が降り始め……。2人の想いはすれ違い、シンは胸に刺さった剣のことをまた打ち明けることができませんでした。 一緒に暮らすことになったシンと死神とウンタク。そしてある日シンはウンタクを連れ、カナダのレストランへと食事に向かいます。そこにはなぜか10年後のウンタクの姿がーー。ウンタクの隣にあったのは見知らぬ男性の姿でした。シンはウンタクの未来に自分の姿がないことを悟り、涙を流します。 一方死神はサニーと2人でデートをすることに。前世の記憶がない死神には名前もないため、女性にモテる名前をウンタクに聞くのでした。

6話あらすじネタバレ「胸の剣の本当の意味」

「この胸の剣を抜いてくれ」とウンタクに頼むシン。しかしウンタクは、あなたの過去が気になって調べたけど何も出て来ず、何があったのかを知りたいと答えます。そこで彼は、自分の歩みのせいで多くの罪のない人が命を失っていたことを打ち明けるのでした。 シンの告白を聞いたウンタクは、「本当に悪い人だったなら、今こうして存在していないはずだ」と涙ながらに答えます。そして「私が求めていることをちゃんと考えておいてください」と言い、その場を去ろうとするのでした。 ウンタクを連れ蕎麦畑へ向かうシン。ウンタクは剣を抜こうとしますが、抜くことはできませんでした。そして雪の舞い散る蕎麦畑で、ウンタクはシンに「私にできるのはこれだけ」と唇を重ねます。

7話あらすじネタバレ「急接近する二人」

剣を抜いてもらうはずが、キスしてしまった2人。そしてウンタクはシンに、カップルになりたいと告白をします。しかし葛藤の渦中にいるシンはその気にはなれず、ウンタクに「家に一緒に住んでいるなら光熱費とか払えよ!」と言ってごまかしてしまうのでした。 祖父から謎の巻物を預かったドクファ。それを死神とともに開くと、そこには王妃の姿がありました。涙が止まらなくなる死神。一体そこには何が描かれていたのでしょうか。 強がって家を出る準備をするウンタク。そんな彼女をシンが抱きしめると、突如激痛が走り胸の剣が青く光り出したのです。剣を抜くとシンが消えてしまうことを知らない彼女は、剣を抜こうとします。彼女をとっさに突き飛ばすシン。 この事件でシンはウンタクがトッケビ花嫁だということを、改めて確信するのでした。

8話あらすじネタバレ「シンの秘密」

剣を抜こうとして突き飛ばされてしまったウンタクは気を失い、シンの家で横になって休んでいました。そして目を覚ましたウンタクに、シンは自らの気持ちを正直に打ち明けます。 シンは「ウンタクのことが好きだが、そんな自分が気に入らない」と告白。ウンタクは素直に喜び、嬉しいとシンに告げます。 シンは死神に、ウンタクが剣を抜こうとした時強烈な痛みが走ったことを打ち明けます。死神は、剣を抜くと消えてしまうことをウンタクに伝えた方が良いとアドバイスをしますが、シンは彼女を悲しませたくない一心で秘密を貫き通そうとするのでした。 神に呼び出され、シンは「ウンタクに剣を抜いてもらい自らが消えなければ、ウンタクの命が危ない」と告げられます。そしてその頃ウンタクは、死神から剣の秘密を聞いてしまうのでした。

9話あらすじネタバレ「ウンタクの家出と帰還」

死神からトッケビの秘密を明かされ、ショックを受けるウンタク。このままシンの家にいるわけにはいかないと考えたウンタクは、黙って家を出てしまいます。 シンはウンタクのことを死神から聞き、急いで捜索を開始します。しかし、なかなかウンタクを見つけることができないシン。死神に協力を仰ぎますが、断られてしまいます。 ドクファの協力を得て、やっとの思いでスキー場で働くウンタクを見つけ出したシン。シンは改めてウンタクに「胸の剣を抜いてくれ」とお願いをします。しかしウンタクは、二度と目の前に現れないでほしいと伝えてしまうのでした。 ある時、誤ってスキー場の倉庫に閉じ込められてしまったウンタク。死神は「ウンタクが1時間後に凍死する」とシンに告げ、シンは急いで助けに向かいウンタクを救出します。そしてウンタクはスキー場の仕事を辞め、シンたちの家に戻ってくるのでした。

10話あらすじネタバレ「サニーの前世」

第10話では、死神とサニーの関係性が驚きの方向へと向かっていきます。 自らの前世の記憶を取り戻すために、過去を調べていた死神。死神はそこで知ったサニーの本名を、本人の前で口にしてしまいます。彼女は今までためていた不満が爆発。2人はすれ違ってしまいます。 実はサニーは、前世をシンの妹の王妃として生きていたのです。そして、シンは彼女が昔どのような人物だったか、なぜ死んでしまったのかなどを死神に打ち明けます。死神は巻物に描かれていた王妃がサニーだったことに気がつくのでした。 大晦日に会うことになった死神とサニー。しかし2人は別れることになってしまいます。お互いに愛し合っているのに、訪れてしまった別れ。心震えるシーンです。

11話あらすじネタバレ「トッケビの運命」

サニーが妹の生まれ変わりであることを知り、毎日のように贈り物を届けるようになったシン。サニーは自分のことを本当の妹のように扱うシンに疑問を感じ、その証拠を求めてウンタクたちの家に押しかけます。 巻物の絵を見せるウンタク。それを見て自分の過去について知らされたサニーは、胸を締め付けられるような思いに苛まれ、体調を崩してしまいます。 そして、シンはついにウンタクに「トッケビの胸の剣を抜かなければ花嫁の方が命を落とす」ということを打ち明けます。それを知ったウンタクは、どちらにしても離れ離れになってしまう過酷な運命に思い悩みます。 一方で、突如謎の男・ジュンホンが現れ、2人は命を狙われることに……。一体どうなってしまうのでしょうか。

12話あらすじネタバレ「ジュンホンの企み」

物語終盤にして様々な人物が登場し、怒涛の展開を見せる『トッケビ』。最終話まで目が離せません。 2人の前に、かつて王の師で高麗時代にシンと関係があったパク・チュホンの幽霊が姿を現します。チュンホンはサニーや死神のことも知っており、ウンタクにシンたちの過去について打ち明けるのでした。またチュンホンは、突然現れた謎の男・ジュンホンについても何か知っている様子。2人の運命はどうなっていくのでしょうか。 チュンホンによると、ジュンホンの正体はなんと「高麗時代の人間」であるとのこと。さらに、ジュンホンはシンと死神、ドクファの関係に亀裂を入れ、殺してしまおうと企んでいたことが発覚してしまいます。そしてジュンホンは、シンと死神をおびき出すためにウンタクとサニーを狙っていたのです。

13話あらすじネタバレ「死神の過去と運命」

死神は自分で自らの過去について度々調べていましたが、そのどれもがピンとくるものではなく、思い悩んでいました。死神はこれからサニーと幸せに暮らしていくために、自分の過去を知った上で、サニーとの現在を考えたいと願っていたのです。 しかし、チュンホンから告げられた真実は残酷なものでした。死神は、かつてシンを殺した若き王・ワン・ヨだったのです。自分の過去を知り泣き崩れる死神。死神は、昔自らが殺した人の生まれ変わりであるサニーとは、決して結ばれることはないと悟りました。 シンはその事実を知りショックを受けましたが、現世で積み重ねてきた死神との信頼関係を思い、複雑な感情を抱きます。チュンホンは、シンや死神を惑わそうとしていたのです。

14話あらすじネタバレ「シンの決断」

チュンホンから逃げ続けているウンタクとサニー。シンは「チュンホンやジュンホンからウンタクとサニーが狙われてしまうのは自分のせいだ」と思い悩んでいました。14話ではシンがある決断をし、物語は急展開を迎えていきます。愛するウンタクを守るためにシンが下した決断とは一体……。 なんとシンは、自ら胸の剣を抜き、消えてしまうことを選んだのです。ウンタクを守るために命を絶ったシン。そして周りの人の記憶からは、シンのことがすっかり消えてしまいました。 9年の時が経ち、トッケビの花嫁だった頃の記憶はおろか、幽霊とも話せなくなったウンタク。しかし、シンからもらったネックレスを見ると、何かを忘れている気がして涙が溢れるのでした。そんな時、ウンタクが「何を忘れているか知りたい」と願うと、目の前にはシンの姿が……。

15話あらすじネタバレ「それぞれの再会」

失われた記憶を取り戻すために、1人でカナダへと赴いたウンタク。そして、ウンタクの足が向かったのは、シンと出会ったあの扉の前でした。ウンタクが心から祈ると、そこにはシンの姿があったのです。 ウンタクは、初めてあった気がしないシンのことを不思議に思いますが、それが何故なのかは思い出すことができません。 シンはウンタクのことを食事に誘い、2人はレストランを訪れます。楽しそうに会話を交わす2人。そしてカナダの懐かしい風景に触れるうちに、ウンタクは自然と彼のことを思い出すのでした。 その頃、死神とサニーも9年ぶりの再会を果たすことに。死神は自らの名を「ワンヨ」と名乗ります。そして仲の良い2人を見て、シンも心から安心するのでした。

16話あらすじネタバレ「結婚式の準備」

ついに迎えた最終話。純粋な恋の行方は、一体どうなってしまうのでしょうか。 再開したウンタクにプロポーズをするシン。そしてウンタクもそれを受け入れ、2人は永遠に一緒にいることを誓い合います。しかし、幸せな時間は長くは続かずーー。2人はまたもや残酷な運命に翻弄されてしまうのです。 ある日ウンタクが道を歩いていると、目の前に暴走する幼稚園バスが……。彼女は、そこへ自らの命を投げ捨て飛び込むことで、大事故を防いだのです。 ウンタクの墓の前で、喪失感に満ちた表情を見せるシン。しかし、シンが振り返ると、そこにはウンタクの姿がありました。ウンタクは亡くなってしまいましたが、シンの心の中でウンタクは生き続け、2人はこれからも「運命で結ばれた2人」であり続けるのです。

ぜひ本編をみて欲しい!『トッケビ』あらすじネタバレまとめ

韓国で大ヒットし、日本でも旋風を巻き起こしたドラマ『トッケビ』。各話のあらすじや登場人物について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。日本のドラマとはまた異なる世界観に、ついつい引き込まれてしまいますよね! ピュアな恋愛模様だけではなく、前世から続く深い人間関係も見どころの『トッケビ』。是非ご覧くださいね!