2021年8月27日更新

韓国俳優ソンガンのプロフィールや出演ドラマを徹底解説!ドラマで見せたバレエ姿で話題に

ソンガン
© Picasa

ドラマで華麗なバレエを披露したことで大きな話題を呼び、続いて出演したドラマ『わかっていても』でのプレイボーイ役でその人気にさらに火をつけた韓国俳優・ソンガン。この記事では彼の魅力を徹底解説していきます。今後も人気が高まっていくこと間違いなしの彼の情報を、この記事で是非チェックしてください。

イケメン韓国俳優ソンガン!プロフィールを紹介

1994年生まれ、京畿道水原市出身の人気韓国俳優・ソンガン。186cmの長身と甘いマスクで、世の女性たちを虜にしています。 ハリウッドスターのレオナルド・ディカプリオに憧れて俳優を志したというソンガンは、建国大学校の映像演劇学科に進学。在学中にアイドルのスカウトを何度も受けましたが、俳優志望だったためすべてきっぱりと断り、オーディションを受けて現在の事務所に所属することになりました。熱い信念が素敵です! この記事ではそんなイケメン韓国俳優のソンガンにスポットを当て、その魅力を徹底解説していきます。出演作品での役どころや、華麗なバレエシーンの秘密など、詳しく紹介していきますよ!

山崎賢人に似ている?共通点はある?

イケメン韓国俳優のソンガンが日本でも注目されているひとつの理由として挙げられるのが、“あの人気俳優”に似ているということ。Netflixでソンガンが出演している作品が配信開始されると、すぐさまSNS上で大きな話題となりました。 “あの人気俳優”とは、イケメン実力派俳優の山崎賢人。特にNetflixで配信されているドラマ『Sweet Home-俺と世界の絶望-』(2020年)出演時のソンガンが、山崎賢人にとても似ています。 顔も似ていますが、髪型とその雰囲気がよく似ており、同時期にNetflixで主演作品が公開されたというのも大きな共通点です。しかも、その2作品は世界観も酷似。作品の雰囲気込みで“そっくり”と話題になったようです。

ソンガンに彼女はいる?兵役は?

様々なインタビューでソンガンは、“自分の話をよく聞いてくれて、助言と激励をおしまない女性が好みのタイプ”だと語っています。余裕のある大人な女性が好きなようですね。 そんなソンガンと熱愛の噂が上がっていたのは、女優やyoutuberとして活動しているユ・ソヒ。2人は同じ場所で撮ったと思われる写真をInstagramに投稿したことから、交際が疑われました。しかし2019年のインタビューでソンガンは“彼女はいない”と語っており、噂の真偽は不明のままです。 ソンガンの兵役についてですが、2021年現在は様々な作品の撮影が立て込んでいるため、兵役に行くことはないようです。しかしソンガンは2022年に満28歳を迎えるため、来年には兵役に行かなければなりません。少しの間でも、ソンガンの演技が見られなくなるのは寂しいですね。

ソンガンの出演ドラマを紹介!華麗なバレエから胸キュンキスシーンまで

“Netflixの息子”と呼ばれるほどたくさんのNetflix作品に出演しているソンガン。ここからはソンガンの出演作品をあらすじとともに詳しく紹介していきます。作品によって様々な表情を見せるソンガンにハマってしまうこと間違いなし!

キスシーンが話題!最新作『わかっていても』(2021年)

韓国のケーブルテレビで放送され、放送終了後すぐにNetflixでの配信が開始した話題作『わかっていても』。アジア圏を中心に人気急上昇中のラブロマンスドラマです。 真実の愛を信じきれていない美大生のヒロイン、ユ・ナビ。ナビはある日同じ学校に通うジェオンに出会い、2人は距離を縮めていきます。しかし2人は関係性をはっきりさせないまま、割り切った関係になってしまうのでした。 『わかっていても』で特に大きな話題になったのが、生々しいキスシーン。2人がうっとりとお互いを見つめ合い交わされるキスシーンは、まるで本当の恋人同士のようでキュンキュン必至です! ソンガンが演じたのは、イケメンでプレイボーイなジェオン。ハマりたくないのにハマってしまうーー。こんな男子がいたら、みんな夢中になってしまいます!

『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』(2021年)

tvNで2021年3月から放送されていた韓国のテレビドラマ『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』。2人の男性の心の交流を描いた感動作です。 元郵便配達員のドクチュルは、幼少期に夢見ていたバレエを70歳を超えてからはじめます。そんなドクチュルが出会ったのは、有能でありながらも今ひとつバレエに打ち込めないでいるバレリーナの青年・チェロク。2人はお互いの人生に影響を与え合いながら、人として大きく成長していきます。 ソンガンが演じたのは影を抱えるバレリーナのチェロク。しなやかな体でバレエを華麗に踊るチェロクは、目を見張るほどの美しさです。そして、ソンガンの時折見せる切なげながらも優しい表情が、なんともたまりません……。

バレエはソンガン本人が踊っている?

ドラマ『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』では、美しいバレエシーンが大きな見どころのひとつ。そんな物語の核となるバレエシーンは、どのようにして作られているのでしょうか。 チェロクのバレエシーンで踊っているのは、ほとんどがソンガン本人。本物のバレリーナにしか見えないしなやかな動きを見せるソンガンですが、バレエを始めたのは撮影のたった半年前だそうです。血の滲むような努力が伺えますね。 ソンガンは半年間の間、毎日バレエレッスンを行なっていました。他の作品の撮影が立て込んでいる時でも、しっかりと練習に打ち込んでいたソンガン。そして半年間の特訓を経て、本物のような動きと表現力を身につけました。

『恋するアプリ Love Alarm』(2019年~)

韓国の人気web漫画を原作としたドラマ『恋するアプリ Love Alarm』。Netflixで配信され、日本でも話題となった人気ラブロマンスストーリーです。 タイトルにもなっている“Love Alarm”とは、自分のことを好きな人が半径10メートル以内にいるとアラームが鳴るという機能を持つアプリのこと。『恋するアプリ』では、そんな不思議な機能を持つアプリに翻弄される若者たちの恋愛を爽やかに描いています。 ソンガンが演じた青年・ファン・ソノは、その端麗な容姿と裕福な家庭で育ったことから、いつもみんなの注目の的でした。そんな中、ヒロインのキム・ジョジョとソノはお互いに惹かれ合い恋人同士に。しかし、ある出来事をきっかけに徐々に複雑な三角関係へと発展してしまいます。 爽やかな制服姿で全力で甘える姿と、後半パートで見せる切ない表情のギャップに、世の女性たちはみんな虜になること間違いなしです!

『Sweet Home-俺と世界の絶望-』(2020年)

不思議でサイコな世界を描いたドラマ『Sweet Home-俺と世界の絶望-』。その刺激的な内容が日本の若者たちの間でも大きな話題となった作品です。 物語の舞台は、ある日突然、人間が怪物に姿を変えてしまった街。古びた集合住宅・グリーンホームの住民たちは、生死をかけて怪物と戦うことになってしまいます。 この作品で特に山崎賢人に似ていると話題になったソンガンですが、演じた役は主人公の引きこもりの高校生でした。高校生のヒョンスは冴えない日常に疲れ自殺を考えていましたが、怪物化した人間との戦いに巻き込まれていってしまうのでした……。 ソンガンの今までにないシリアスな演技を見ることができる『Sweet Home』。クールでどこか狂気的な表情にも大注目です!

多才な韓国俳優ソンガンから今後も目が離せない!

大人気韓国俳優・ソンガンについて、深く掘り下げて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。出演作品での役どころや好みのタイプまで、気になる情報満載でしたね。 影を抱えるバレリーナの役から、絶望に暮れている高校生の役まで、幅広い役柄をこなすソンガン。人気だけでなくその実力も折り紙つきです。今後もどんな役柄をこなしていくのか、期待しかありません!これからも多彩なイケメン俳優・ソンガンから目が離せませんね。