2017年7月6日更新

ジェイミー・ベル、『リトル・ダンサー』子役が『ファンタスティック・フォー』ザ・シング役に

2000年に公開された『リトル・ダンサー』の涙を誘う見事な演技で世界に感動を与えた、主演のジェイミー・ベル。15年の時を経て、少年も立派な大人に成長し、10月9日に公開となる『ファンタスティック・フォー』にも出演します。今回は、高身長でモデルのようなスタイルを持つ彼の結婚などの話題にも迫ってみたいと思います。

実はダンス一家?ジェイミー・ベルのプロフィール

ジェイミー・ベルは1986年3月14日生まれのイギリス出身の俳優。イングランド・ノース・ヨークシャー州出身のジェイミーは、両親の離婚により母・祖母・叔母・姉、妹と暮らしおり、全員がダンサーだったことからジェイミーも6歳の時バレエを習い始めます。9歳になると演技も学び始め、自ずと俳優への道筋を作ることになっていきました。

バレエの他には、サッカー好きを明言しており、中でもアーセナルの熱狂的なファンだと言う事です!

ジェイミー・ベルの人生を変えた『リトル・ダンサー』

転機は12歳のとき、映画『リトル・ダンサー』のオーディションに2000人の中から選ばれるという快挙を成し遂げ映画に主演。同作では、イギリス北部のバレエダンサーを目指す少年を見事に好演し、英国アカデミー賞主演男優賞、英国インディペンデント映画賞新人俳優賞を受賞し、一躍有名子役として世界に名を知られることになりました。

当時は町を歩くと、自分の名前ではなく、ビリー(リトルダンサーの主人公)やダンシングボーイなどと呼ばれたそうです。

一時は俳優への気持ちに揺らぎ

『リトル・ダンサー』を終えて、普通の少年へと戻ったジェイミーはハリウッドの華やかな生活からのギャップに苦しみ悩んだこともあったそうです。自分は特別な人間だと思っていたのに、映画の撮影を終えれば誰も見向きしない一人の少年になったことで混乱してしまったというのです。

しかし、『ディケンズのニコラス・ニックルビー』に出演の際には、そのようなナーバスな時期を見事に乗り越え俳優として生きる道を見出していました。演技すること、役の性格を表現することがとても楽しいと語り、ダンスで培った表現力が活きているとも。12歳のあどけなかった少年が、16歳になり俳優への人生を見出したと言えます。

大人へと成長したジェイミー

その後、2005年から年に1作品のペースで映画出演を果たしながら、大人の俳優へと成長を遂げていきます。ハリウッド俳優としては小柄な彼は、170cmほどだと言われていますが、もっと小さいのではないかとの声も多く聞かれます。

2012年に開催された「プラダ(PRADA)」12/13年秋冬メンズコレクションのショーに出演した際には、自分がとても身長がとても低いと改めて思い知ったとコメントも寄せているほどです。このショーには、ゲイリー・オールドマンや、ドリアン・ブロディらもモデルとして出席していたということです。モデルを初体験したジェイミーは、緊張して顔が引きつったとか。

仕事は好調!結婚は?

話題作への出演も目立っているジェイミー、仕事は好調のようですが結婚はと言えば暗雲が立ち込めています。

2005年にグリーン・デイ のミュージック・ビデオに出演した際に共演したハリウッド女優のエヴァン・レイチェル・ウッドとの交際をスタートさせますが、このときはわずか1年半で破局。しかし、2011年夏に復縁をし、翌年にはめでたくゴールイン、そして2014年7月には待望の男児が誕生しました。

公私共に順調のように思われていましたが、2015年5月におよそ2年の結婚には終止符が打たれることに。

子供もうすぐ1歳になろうかという時期での離婚には多くのメディアが注目しましたが、離婚原因については公表されておらず、子育ては今までと変わらず二人で協力していくとのこと。また、夫妻は互いを愛し尊敬しあっており、今後も親しい友人として繋がっていくということです。

また一部では、妻エヴァンがバイセクシャルであることを公表していることから、エヴァンが女優のミシェル・ロドリゲスと交際していることが原因とも言われていましたが、これについては事実無根だと自身のTwitterで反論しています。

ジェイミー・ベルのおすすめ出演映画

『崖っぷちの男』(2012)

2012年(26歳)の時には崖っぷちの男に出演しています。ある計画を実行するために、偽装自殺を企て­た男の命懸けの戦いを描いた同作品で、主人公の弟役を演じました。

大人の魅力を兼ね備えたジェイミーの姿を確認することができるオススメの一本です!

『スノウピアサー』(2013)

新たな氷河期が到来した地球に残った、数少ない人類の生き残りが支配層と被支配層に分かれて車内で壮絶な戦いを繰り広げていくという、SFスリラーアクション。この作品でジェイミーは革命軍に所属する熱血的な若者を演じており、SFというジャンルでも自身の評価を上げ、可能性を広げています。

ジェームズ・マカヴォイと共演『フィルス』(2013)

最高にイカレた刑事をジェームズ・マカヴォイが演じる映画『フィルス』にもジェイミー・ベルは出演しています。上部予告編はR18+なので鑑賞にはご注意を。

実は『アメイジング・スパイダーマン』候補に?

スパイダーマンのリブート版『アメイジング・スパイダーマン』、『アメイジング・スパイダーマン2』で主演を務めたのはアンドリュー・ガーフィールドですが、候補として上がっていたのはジェイミー・ベルでした。ジェイミー・ベル版も観たかったですね。

『ファンタスティック・フォー』ザ・シング役で華麗なアクションも!

マーベルコミックスの中でも特に熱心なファンを持っている人気作品『ファンタスティック・フォー』が2015年10月9日(金)にいよいよ日本公開となります。マイルズ・テラーケイト・マーラマイケル・B・ジョーダンというハリウッドの若手を代表する俳優が集結した本作で、ジェイミーはごつごつとした岩のような身体を持ち、頑丈で怪力のザ・シングに扮します。ジェイミーの活躍に期待が高まります。