2017年7月6日更新

ベン・フォスター出演のおすすめ映画9選!

no image

『X-MEN: ファイナル ディシジョン』や『アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン』に出演していることで知られる俳優のベン・フォスター。2016年に公開予定のディズニー映画『ザ・ブリザード』への出演を控えたベン・フォスターのおすすめ作品をご紹介します。

目次

ベン・フォスターのプロフィール

ベン・フォスター

ベン・フォスターは1980年生まれアメリカ出身の俳優です。16才ころから演技をはじめたそうで、キャリアは長め。

日本ではあまり馴染みはないかもしれませんが、『パニッシャー』や『X-MEN: ファイナル ディシジョン』に出演していることでご存知の方も多いのではないのでしょうか。

2014年1月には一回り以上年上の女優のロビン・ライトとの婚約を発表しています。しかし一回破局の報道が流れた後、12月に再度婚約。今度こそ?と思われましたが2015年8月に再び婚約が破棄されたとアナウンスされました。

そんなベン・フォスターが気になる人に是非見てほしい9作品をご紹介。今後の出演作も最後に紹介しています!

1.『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(2006)

whentheycry 何回見てもやっぱりX-MENシリーズは大好きです^_^ こういうサイキックアクションが好き! 新キャストも素敵だけど、旧キャストもいいね! ローグとアイスマンの関係とか好きなんです^_^ ジーンやマグニート、ストームのような派手な能力はかっこよくて大好きです!! もちろんローグのような能力も好き!
southpumpkin ミュータントの力が抑えられる薬が開発されたり、あいつが生き返ったりと前二作よりも遙かに面白くなります。旧三部作の最終作に位置づけられる今作ですが(スターウォーズっぽい)ファーストジェネレーション(時系列で言うと一番最初)から観賞しているので、主要人物の割とあっけない終わり方に胸が苦しくなります。あっけなさに違和感すら覚えるレベルなのでやはり旧三部作から制作順に見ることをお勧めします。 エレン・ペイジもX-MENファミリーだったんですね、めちゃんこ可愛いです。彼女の特殊能力が自分と自分が触った人が壁をすり抜けられる、という能力なのです。どうやって戦うの??と思っていたんですが、なるほど面白いです。

マーベル・コミック原作の『X-メン』実写映画シリーズ3作目となる『X-MEN: ファイナル ディシジョン』。

ベン・フォスターは、大企業の社長の息子で、ある日突然背中から羽根が生え始めるウォーレン・ワージントン三世/エンジェルを演じました。パトリック・スチュワートやイアン・マッケラン、ヒュー・ジャックマンらと共演しています。

2.『3時10分、決断のとき』(2007)

IGNORANCE7 めっっっ ちゃかっけーー!!まさに3時10分世界が胸熱!的な★こゆのメンズのが好きかも★ラッセル・クロウは中世ヨロピア~~ンな雰囲気漂う映画よりこゆ映画とか社会派映画にでてほしい  とかあたしヴァカなのに何言ってんの?って思ったww★星5
zakin_chan 立場を超えて共鳴し合う2人の男…ありがちな設定かと思いきや後半でその先にある今作最大のテーマが見えてくる。友情、親子愛、男としての尊厳。無骨なキャラクターたちの貫く悲しくも感動的な物語に胸震えます。

2007年公開のラッセル・クロウ主演の西部劇映画『3時10分、決断のとき』では、偏執的な強盗団の副頭目チャーリー・プリンスを演じました。

この作品でベン・フォスターの高い演技力が評価されています。ラッセル・クロウはじめ、クリスチャン・ベールやローガン・ラーマンらと共演しています。

3.『メカニック』(2011)

kenta 作戦が巧妙なワクワクする作品 victory loves preparation "クソどもが"っていうセリフがいい
yuzuru1021 かっこいー。無駄が無かったように思う

1972年公開チャールズ・ブロンソン主演の映画『メカニック』のリメイク作品である『メカニック』。

父を殺された仇を取るべく自分をメカニックにしてくれと主人公アーサーに懇願するスティーヴ・マッケンナを演じています。ジェイソン・ステイサムやトニー・ゴールドウィン、ドナルド・サザーランドらと共演しています。

4.『ハード・ラッシュ』(2012)

Minoru_Tsunoda これは拾い物! かなりスリリング。 飲酒運転は完全に 信頼関係を壊すという事!
marima_rin 「テッド」のマーク・ウォールバーグとジョヴァンニ・リビシのB級アクションと思ってたら、アンチヴァイラル君にベン・フォスターにディエゴ・ルナ(泣)にJ・K・シモンズまで出てくる満足作でしたっ☆ #映画

2012年公開のクライムアクション映画『ハード・ラッシュ』。

ベン・フォスターは、凄腕の運び屋だったマーク・ウォールバーグ演じる主人公の親友、そして元相棒であったセバスチャン・アブニーの役を演じています。マーク・ウォールバーグ、ケイト・ベッキンセイルらと共演しています。

5.『アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン』(2006)

gaya1114 1999年カリフォルニアで実際に起こった誘拐事件の話。 麻薬密売人のジョニーと仲間のジェイクは金銭トラブルにより敵対関係になってしまう。そんな中、たまたま通りがかったジェイクの弟はジョニーに借金のかたとして誘拐される。弟は人質ながらもジョニーの仲間と少しづつ打ち解け楽しい時間を過ごすが事態は悪い方へ流れていく。 2000年前後に青春時代を過ごしアメリカンカルチャーに憧れた世代としては見応えじゅうぶんでした。
333io 友情、争い、ドラッグ、約束。女性より男性向け。

実際に起こった殺人事件をもとに、誘拐事件から3日間の出来事を描いた2006年公開の映画『アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン』。

この作品では麻薬密売人のジェイク・マズルスキーを演じ、アマンダ・セイフライドやシャロン・ストーン、ブルース・ウィリス、ジャスティン・ティンバーレイク、アントン・イェルチンなど豪華キャストと共演しています。

6.『ローン・サバイバー』(2013)

wowwowch マークウォールバーグは明らか若いときの方がカッコいい俳優だな〜 ベンフォスターとテイラーキッチュが良い味を出してる そしてイントゥザワイルドのエミールハーシュは死ぬシーンで彼らしさが出たと思います。山中の崖から落ちるシーンは必見
nieve822 彼はなぜ生き延びたのか?自分もあの場にいるかのような臨場感。見終わった後はどっと疲れた。戦場での一つ一つの決断が生死を左右する。決断力、判断力、行動力。すごいわー!

アメリカが誇る精鋭特殊部隊ネイビー・シールズの史上最大の悲劇と呼ばれるレッド・ウィング作戦で、ただひとり生還を果たした元隊員マーカス・ラトレルの手記をもとに制作された映画『ローン・サバイバー』。

ベン・フォスターは二等兵曹であるマシュー・アクセルソンを演じ、主演のマーク・ウォールバーグはじめテイラー・キッチュやエミール・ハーシュらと共演しています。

7.『キル・ユア・ダーリン』(2013)

lololilelu 思い描いていた映画と全く違ったがとても面白く、わくわくさせてくれた。 期待以上。

2014.6.29 自宅

詩人アレン・ギンズバーグを『ハリー・ポッター』シリーズのダニエル・ラドクリフが演じたということで話題を呼んだ『キル・ユア・ダーリン』。

ベン・フォスターは、コロンビア大学の学生で、後に小説家となるお金持ちの息子ウィリアム・S・バロウズを演じました。主演のダニエル・ラドクリフはじめデイン・デハーンやマイケル・C・ホールらと共演しています。

8.『パンドラム』(2009)

Yamanaka__Akira このシチュエーション何!?凄い。 いいSFものだと思います。
doshira 最後までみたらおもしろい

ドイツの新鋭監督クリスチャン・アルヴァートによるSF映画『パンドラム』では宇宙船エリジウムのフライトチームメンバーであるバウアー伍長を演じています。この作品ではデニス・クエイドやキャム・ギガンデット、アンチュ・トラウェらと共演しています。

9.『メッセンジャー』(2009)

イラク戦争で戦死した兵士の家族のもとへ訃報を届けるメッセンジャーの姿を描いた映画『メッセンジャー』。

ベン・フォスターは主演のウィル・モンゴメリー軍曹を演じ、ゴッサム・インディペンデント映画賞のブレイクスルー賞にノミネートされました。ウディ・ハレルソンやジェナ・マローン、サマンサ・モートンらと共演しています。

【今後の出演作】『ザ・ブリザード』(原題/2016)にも注目!

1952年に実際に起こった石油タンカーの衝突事故をもとに、事故の救助にあたった沿岸警備隊たちの姿を描いたディズニー映画『ザ・ブリザード』へ出演することが発表されています。

主演のクリス・パインはじめ、ホリデイ・グレインジャーケイシー・アフレックらと共演します。2016年2月27日に全国公開予定です。