『キングダム』王騎将軍の最後が美しすぎる。

2017年7月6日更新

「秦の怪鳥」と言われ、中華全土で名を知らぬものはされたとする王騎将軍のあまりにもかっこよすぎる最期に、性別問わず涙すること間違いなし。そんな王騎の最期を紹介しています。

「秦の怪鳥」王騎将軍

img_face07

出典: youngjump.jp

かつて、中華全土で、その名を知らぬものはいなかったとされる秦の六代将軍最後の生き残りが王騎です。「秦の怪鳥」という異名がつくほど、伝説的な英雄でした。

冷静沈着かつ大胆。そして、ムキムキなのに中性的な面も垣間見せる異様な人物です。

六大将軍時代

middle_1350197122

出典: vokka.jp

その昔、昭王の時代だった頃、王騎は昭王に使える将軍のうちの一人でした。

王騎の軍隊には、一人の若い女がいて、非常に戦闘能力が高いと周囲の注目を集めていました。しかし、実はその若い女・摎(きょう)は昭王の娘であり、その娘の命をを守るために母親は自殺。逃げた先の王騎の家で養女としてかくまってもらっていたのです。

f095fdca

王騎を見て育った摎は強く育ち六人目の将軍となります。 王騎の妻になることを夢見ている摎は、幼い頃「100個の城をとったら妻にしてほしい」と王騎に伝えていました。その夢を果たすために、ついに最後の100個目の城「馬陽」に攻め入った摎でしたが、龐煖によって殺されてしまうのです。

その後、王騎は一線を引いてしまうようになります。

信との関係は?

mig

魏での戦いで初めて王騎と信は出会います。その時から信は王騎に対して、底知れぬ強さを感じ取り警戒していました。王騎にからかわれ、躍起になる信ですが、王騎の力の前には役に立ちませんでした。

秦王・政を暗殺するために、王宮に刺客が送り込まれました。政を助けるために信も王宮へと向かいましたが、そこにいた刺客の中に、魏との戦いでともに戦った羌瘣の姿がありました。羌瘣に強さに圧倒され、自分の力不足を嘆いた信は、六大将軍、王騎将軍の元へ修行をさせて欲しいと申し出ることに。

しかし、王騎からかせられた課題は、争いの絶えない無国籍地帯の集落を平定させてみろ、と行って去ってしまうだけでした。王騎はそこで、信に率いる者の強さ、重要さを伝えたかったのでしょう。

キングダム

次第に王騎も信の成長を感じ取っていたのでしょうか。龐煖との一騎打ちの際、隙を突かれ重傷を負ってしまう王騎は自身の死を悟り、自らの矛を信に授けます。

王騎の言葉は、常に先を見据えた言葉で、これまでの経験の重さがひしと、伝わるような貴重な言葉ばかりでした。ひとつひとつに学ぶことが多く、信にとって、王騎は師匠のような存在でした。信にとって王騎は父のような、憧れの将軍だったのです。

天下の大将軍・王騎の最後が美しすぎる

キングダム

出典: festy.jp

戦から姿を消していた王騎でしたが、秦が魏に攻め入っているすきに趙軍が攻め込んできました。この時に、防衛軍の将軍として王騎が現れます。王騎はそこで、9年前に妻となるはずだった摎を殺した龐煖と決着させるべく、一騎打ちとなりますが、隙を狙われ、致命傷を負ってしまいます。

kingdom14

出典: vokka.jp

信に背負われながら、なんとか逃げ切った王騎でしたが、自分の先が長くないことを察し、信に全てを託し、最後まで冗談交じりに笑い飛ばしながら、信へ将軍への道を進み続けろと教え逝ってしまったのでした。

王騎将軍は実在した?

B-sEAJUUcAEet7z

出典: festy.jp

最期の時を迎え、あぁ、王騎ってめちゃめちゃ強くてかっこよかったんだ、と思い知らされ、王騎のファンとなった人は多いでしょう。しかし、絶対的な強さを持つ六大将軍・王騎はタラコ唇に、オカマ口調で、髪の毛はロングという奇抜であまりにも個性的なキャラクターでした。

『キングダム』に登場する人物は史実をモデルに描かれているキャラクターが多いので、王騎も実在したのでしょうか?

キングダム

出典: festy.jp

『キングダム』は春秋戦国時代を舞台に描かれていますが、王騎が実在した人物なのかどうかは明確な資料がないようです。オカマだったとも記述は一切ありません。

一説によれば、六大将軍のひとり王齮と同一人物なのではないかという説もあります。実際に明確な資料がないため、断定はできなさそうです。

一方『キングダム』の王騎は元々、強いけれど、ぱっと散る役として登場させただけだったという説もあります。ストーリーが進行するごとにキャラ設定が深められ、強烈なキャラクターに成長していった可能性も高いのではないでしょうか。

王騎将軍の声優は?

btn_mouri_kogoro

出典: www.ytv.co.jp

王騎将軍の声を担当しているのは声優・小山力也です。

1963年生まれのベテランで『名探偵コナン』の二代目毛利小五郎役や、ジョージ・クルーニーの吹き替えを専属して担当したことなどが代表的な仕事としてあげられます。