2019年11月19日更新

アニメ『キングダム』メインキャラクター&声優一覧!歴史ロマンあふれる物語を盛り上げる個性的な面々

キングダム

連載開始以降、各所で話題を呼んできた大人気歴史漫画『キングダム』。今回は個性的なメインキャラクターたちと、アニメ版での担当声優をそれぞれ紹介していきます!

目次

大人気漫画『キングダム』のメインキャラクター・アニメ版の声優を紹介!

『キングダム』は週刊ヤングジャンプにて、2006年9号より連載中の青年漫画です。春秋戦国時代の中国を舞台として、天下一の将軍になることを夢見る「信」と後に始皇帝となる秦国の王「政」の活躍を中心に描かれた作品です。第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、2012年6月よりNHKBSプレミアムにてテレビアニメ化もされました。 そんな大人気歴史漫画『キングダム』に登場する、メインキャラクターと演じた声優たちを紹介します。

信(しん)/森田成一

主人公の信は、戦争で身寄りを無くした孤児で、下僕という低い身分から自らの腕で「天下の大将軍」となることを目指しています。短気で直情的ですが、優しく義に厚い性格。親友の漂から受け継いだ刀を愛用し、速度と腕力を生かした剣術を得意としています。 信を演じた森田成一は、1972年10月21日生まれの、声優、俳優、ナレーターです。NHKプロモーションアクターズゼミナール卒業後、NHKプロモーションに所属し、映画や舞台やドラマなどに俳優として出演。PS2ゲーム『ファイナルファンタジーX』で主人公ティーダの声を演じたことがきっかけで、声優として活動を始めました。 代表作に『BLEACH』の黒崎一護役や、『MAJOR 2nd season』佐藤寿也役、『TIGER&BUNNY』のバーナビー・ブルックスJr.役などがあります。

漂(ひょう)、嬴政(えいせい)/福山潤

漂は、信の幼馴染の親友です。信より先に下僕として働いていた少年で、同じ戦災孤児の信と共に大将軍となることを夢見て、武芸の稽古に明け暮れました。武芸以外も達者で、常に現実的な考え方で物事を見ています。 本作のもう一人の主人公である嬴政は秦国の若き王。漂と瓜二つの容姿をしており、後に始皇帝となります。冷静な性格でポーカーフェイスですが、昌文君や信たちのことを信頼しています。戦国の世を終わらせ、世界から争いを無くすため、中華を統一することを夢見ています。 漂と嬴政を演じた福山潤は、1978年11月26日生まれの声優、ナレーター、歌手です。高校在学中に、青二プロダクションの声優養成所・青二塾大阪校に通います。卒業後、青二プロダクションのジュニアやぷろだくしょんバオバブなどを経て、森川智之と共に設立した事務所アクセルワンに所属。 代表作は初主演を務めた『無敵王トライゼノン』の神威章役や『テイルズオブデスティニー2』のカイル・デュナミス役、『コードギアス反逆のルルーシュ』のルルーシュ・ランペルージ役など数多くのメインキャラクターを演じています。

河了貂(かりょうてん)/釘宮理恵

河了貂は、今は亡き山民族「梟鳴(きゅうめい)」の末裔です。鳥の頭を模した蓑をかぶっており、政と信と行動を共にするうちに仲間に。持ち前の判断力を武器に、時には前線に立って隊の指揮を執ります。 河了貂を演じた釘宮理恵は、1979年5月30日生まれの声優、歌手です。日本ナレーション演技研究所主催の第1回声優サマースクールにて「アイムエンタープライズ&私たち翔びます賞」を受賞し、アイムエンタープライズに所属。 代表作に『鋼の錬金術師』のアルフォンス・エルリック役や『灼眼のシャナ』のシャナ役、『銀魂』の神楽役などがあり、ツンデレ系のヒロインを多く演じています。

羌瘣(きょうかい)/日笠陽子

羌瘣は、祭によって1名だけが選出される暗殺者集団「蚩尤(しゆう)」の、後継候補として育てられた羌族の少女です。祭で姉同然だった羌象を殺されたため、復讐の為だけに生きる道を選び、里を出奔。将軍になることを目標に掲げています。 日笠陽子は、1985年7月16日生まれの声優、ナレーター、歌手です。『美少女戦士セーラームーン』月野うさぎ役や『新世紀エヴァンゲリオン』葛城ミサト役を演じた三石琴乃に憧れ、声優養成所である日本ナレーション演技研究所に通い、アイムエンタープライズに所属。『けいおん』の秋山澪役で注目を浴び、『世紀末オカルト学院』の神代マヤ役でアニメ初主演を演じました。 また、抜群の歌唱力でテレビアニメ『進撃の巨人』のエンディングテーマ「美しき残酷な世界」で歌手デビューも果たしました。

楊端和(ようたんわ)/園崎未恵

楊端和(ようたんわ)は、独自の文化と強靭な肉体を持つ山の民の中で、最大勢力を誇る女王。女性ながら山の民イチの武力で、他の山民族から「山界の死王」として恐れ崇められています。政の中華統一の決意に共鳴し、400年前に途絶していた秦との山界同盟を復活させました。仮面を外した美貌は、多くの男性を虜にしています。 楊端和を演じた園崎未恵は1973年2月7日生まれの声優、女優、ナレーター、歌手です。短大卒業後に俳協演劇研究所に入所し、TABプロダクション、フリーを経てリマックスに所属。2019年4月からはリマックスと業務提携という形で声優業を続けています。 代表作は『ストライクウィッチーズ』のゲルトルート・バルクホルン役など。吹き替えのキャリアも豊富で、アン・ハサウェイが演じた映画『インターステラー』のアメリア・ブランド役を始めとしたティーンから妖艶な女性まで幅広く演じています。

成蟜(せいきょう)/宮田幸季

成蟜(せいきょう)は政の腹違いの弟で、母は王族の娘。純血の自分こそが王にふさわしいと考え、王位継承の座を奪った政を激しく恨んでいます。王族以外の人間を卑下する残忍で歪んだ性格ですが、正妻である瑠衣のことは大切に思っているようです。 成蟜を演じた宮田幸季は、1972年10月9日生まれの声優です。第1回声優アワードではサブキャラクター賞を受賞。ゆーりんプロを経て、81プロデュースに所属しています。低音ボイスから女の子のような声まで幅広い声域での演じ分けが得意です。 代表作に『今日からマ王!』の村田健役や『Free!』の似鳥愛一郎役など、人気アニメのキャラクターを多数演じています。

呂不韋(りょ ふい)/玄田哲章

呂不韋(りょふい)は商人から秦国最大の派閥を築き上げ、相国までのし上がった男です。知力と財力を駆使し、政の陣営と勢力争いを繰り広げます。底知れぬ腹黒さと狡猾さで、目的のためには手段を選びません。 呂不韋を演じる玄田哲章は、1948年5月20日生まれの声優、舞台俳優、ナレーターです。第4回声優アワードでは功労賞を受賞、81プロデュースに所属しています。アーノルド・シュワルツェネッガー公認の吹き替え声優としても有名です。 代表作は近年も多くのファンを持つ『シティーハンター』の海坊主役や、『クレヨンしんちゃん』のアクション仮面役など、存在感の強い脇役を多く演じています。

昌文君(しょうぶんくん)/仲野裕

昌文君は政の教育係で、政に忠誠を誓う一番の側近です。かつては最前線で戦う武人でしたが、現在は文官として左丞相の位に就いています。真面目で堅物な性格の持ち主です。 昌文君を演じる仲野裕は、1951年1月10日生まれの声優兼俳優です。劇団・昴に長く在籍し、新劇役者として舞台を中心に活躍していましたが、2014年8月から懸樋プロダクションに所属しています。渋みのある役から悪役まで幅広く演じ、洋画の吹き替えでは中心的人物として有名です。 代表作は『攻殻機動隊』シリーズのイシカワ役を始め、人気テレビ番組『奇跡体験!アンビリバボー』のナレーションも務めています。

王騎(おうき)/小山力也

王騎は、秦最強とうたわれた六代将軍の最後の大将軍。「秦の怪鳥」と恐れられていました。オカマっぽい口調と「コココココ」という独特な笑い方が特徴。巨大な矛を使い、戦場で猛威を振るいます。 王騎を演じる小山力也は、1963年12月18日生まれの声優、俳優、ナレーターです。第5回声優アワードでは、その年最も声優という職業を世の中に浸透させた功労者に贈られる富山敬賞を受賞。1988年から劇団俳優座に入団しています。 代表作は大人気アニメ『名探偵コナン』の毛利小五郎(2代目)役や『うしおととら』のとら役など。その他にも『24 -TWENTY FOUR-』のジャック・バウアー役など映画作品の吹き替えにも多く出演しています。

蒙武(もうぶ)/楠大典

蒙武(もうぶ)は、蒙驁(もうごう)の息子であり、秦の六将復活を切望している人物。己の武力に絶対的な自信を持ち、中華最強を自負する猛将。猪突猛進な戦い方が彼の戦闘スタイルです。 蒙武を演じる楠大典は、1967年3月18日生まれの声優兼俳優です。三木プロダクション(現在は業務提携中)を経てアミュレートに所属しています。声優界随一のとんこつラーメン好きとしても有名です。低音で渋めのボイスが持ち味で、中年キャラを中心に演じています。 代表作は『TIGER & BUNNY』のロックバイソン/アントニオ・ロペス役や『トランスフォーマー(TRANSFORMERS)』シリーズでも多く活躍しています。

桓騎(かんき)/伊藤健太郎

桓騎(かんき)は、元野盗賊の首領。性格は非常に残忍で、数々の残虐行為を起こすことから味方にも警戒されています。型にも倫理にも囚われない戦略で、数々の功績をあげてきました。 桓騎を演じる伊藤健太郎は、1974年1月3日生まれの声優、舞台俳優、ナレーターです。マウスプロモーション所属で、「イトケン」の愛称で親しまれています。独特なしゃがれ声を生かし、二枚目から三枚目までさまざまなキャラクターを演じ分けられる声優です。 代表作は『ゴールデンカムイ』の白石由竹役や、『弱虫ペダル』の田所迅役など。同姓同名の俳優がいるため、混同しないようご注意ください。

李牧(りぼく)/森川智之

李牧(りぼく)は趙国の三大天のひとりで、知略に優れた策略家です。秦の中華統一を阻むべく、巧みな戦術をもって秦を幾度となく苦しめます。知力と武のオーラを併せもち、宰相となって国政に携わります。 李牧を演じる森川智之は、1967年1月26日生まれの声優、ナレーター、歌手、タレントです。アーツビジョンを退所後、アクセルワンの代表取締役を務めています。声優アワードにて第9回に助演男優賞、第13回に外国映画・ドラマ賞を受賞。洋画の吹き替えでは専属で、トム・クルーズの担当をしています。 代表作は『NARUTO -ナルト- 疾風伝』の波風ミナト(4代目火影)・君麻呂役や、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の吉良吉影役など、二枚目爽やか系を多く演じています。

王賁(おうほん)/細谷佳正

王賁(おうほん)は王家の嫡男であるエリート武将。王翦(おうせん)を父に持ち、「玉鳳隊」を率いて武勲を上げて五千将まで登りつめました。武芸の鍛錬を重ね、自由自在に敵を貫く槍術は信をもしのぐ実力を持ちます。 王賁を演じる細谷佳正は、1982年2月10日生まれの声優です。マウスプロモーションを経て、現在は事務所には所属せずにフリーで活動しています。第8回、第10回声優アワードで助演男優賞を受賞。『テニスの王子様』の白石蔵ノ介役で注目を浴び、知名度を上げました。 代表作は『刀語』の鑢七花役や『ちはやふる』の綿谷新役など。方言のあるキャラや感情の起伏が激しい芝居に定評があり、爽やかな少年から熱血漢まで幅広く演じ分けができます。

王翦(おうせん)/堀内賢雄

王翦(おうせん)は王賁(おうほん)の父であり、秦国を代表するミステリアスな知将です。その素顔と本性は謎に包まれていますが、王の座を狙う秦国一の危険人物と噂されています。 王翦を演じる堀内賢雄は、1957年7月30日生まれの声優、ナレーターです。プロダクションバオバブを経て独立し、自らが設立したケンユウオフィスの代表取締役を務めています。第6回声優アワードでは富山敬賞を受賞。洋画の吹き替えでは専属で、ブラッド・ピットの担当をしています。 代表作は『機動戦士ガンダムZZ』のマシュマー・セロ役、『機動新世紀ガンダムX』のジャミル・ニート役、『NARUTO-ナルト-疾風伝』のペイン役など、正統派の二枚目を多く演じています。