2019年3月26日更新

『キングダム』信の大将軍への道のり 出世の軌跡や飛信隊の活躍を紹介

キングダム 信 山崎賢人
(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

原泰久による大人気漫画『キングダム』の主人公、信。「天下の大将軍」を目指し、下僕からめきめきと成り上がって行く姿は爽快で、作品の大きな魅力に。この記事では、信の出世の過程をメインエピソードと共に振りつつ、実在のモデルや実写キャストについても紹介しています。

『キングダム』の芯を担う主人公、信

キングダム
(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

原泰久による漫画『キングダム』は、魅力的な登場人物と史実も絡めた重厚なストーリー、緻密な戦略が人気の中国の春秋戦国時代を描く作品です。信は、多くの武将が登場するこの物語の主人公として、ストーリーを大きく動かしていきます。 信の生意気だけどまっすぐな芯の強さ、そして実戦でめきめきと力をつけてのし上がっていく姿は爽快です。彼の魅力があったからこその『キングダム』人気ともいえるかもしれません。 今回は主人公、信の人物像や強さ、これまでの武功などを一挙に紹介します。彼の魅力にあらためて触れてみましょう。

信のプロフィールを紹介

信は戦争で身寄りをなくした少年で、身分としては下僕でした。秦の片田舎で同じ境遇の漂(ひょう)と兄弟のように生きてきましたが、王宮に召し抱えられることになった漂が死んでしまったことをきっかけに贏政(えいせい)と出会います。 そしてこの出会いから信は大将軍への道を一歩ずつ歩み始めるのです。 たいした装備もないなか有名な将軍たちに一目置かれる活躍をみせる信には、格上の敵でさえも圧倒してしまう底の見えぬ力が備わっています。敵が強ければ強いほど、信自身もさらに限界を突破して強くなるのです。この天賦の才能が信の大きな魅力といえます。

信の実在のモデル、李信とはどんな人物だったのか

信のモデルとなった人物は漫画の冒頭にも名前が登場する李信です。有名な武功としては紀元前226年。燕(えん)の王位継承者・丹(たん)が暗殺者をつかって政を暗殺しようとしました。信はこの政の命を狙った丹を討ち取ったといわれています。 李信はその後、楚の侵攻に抜擢されるものの大敗北を喫します。当時、敗北は粛清を意味していましたが、李信が咎められた記録は残っていません。さらに燕・代・斉の攻略にも中心的な武将の1人として加わり活躍されたといわれています。 大失敗の後も活躍の場を与えられていることを考えると、史実の政と信も厚い信頼関係があったのかもしれませんね。

映画の実写キャストは山崎賢人

キングダム 信 山崎賢人
(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

大人気漫画『キングダム』の実写映画版が2019年4月に公開されます。主人公の信を演じるのは山崎賢人です。 2019年3月時点で山崎は24歳。序盤の信を演じるには幼さなが足りないようにも感じますが、製作発表記者会見のコメントによると撮影にむけて山崎はかなり身体を細くして戦災孤児として生きる信の華奢さを再現したそうです。

キングダム
(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

また、信には大将軍になる可能性を感じる殺陣も求められます。山崎は半年間かけてアクションと乗馬の特訓を受けたとのこと。原作ファンからは厳しい前評判も聞こえてきますが、それすらも信のような不屈の精神で跳ね飛ばして前評判をひっくり返して欲しいですね。

信の強さはどれくらい?能力や強さを考察

信は飛信隊を与えられてからは次々と敵を討ち取っています。李牧軍の副官である慶舎(けいしゃ)を討ち取るシーンは信が着実に力をつけていることを感じさせてくれましたね。 武神・龐煖(ほうけん)と信はこれまで何度も刀を交えていますが、いまだ決着がついていません。武神相手に生き残っている時点で信の実力と強運はたしかなものでしょう。 ただし、戦略に関してはまだまだこれからといったところ。また猪突猛進な性格がときに仲間内でのトラブルに発展して、評価を自ら下げてしまうようなところもあります。こういった部分も成長すると武将としての格が一気に上がりそうです。

信の出世の軌跡を原作主要エピソードと共に振り返る

キングダム
(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会

前述の通り、下僕だった信がとてつもない勢いで成り上がり、出世していくさまは、『キングダム』の大きな魅力の一つになっています。 ここからはそんな信の怒涛の出世の過程を主要エピソードとともにふりかっていきます。

100人将となり王騎に飛信隊の名を授かる

政の王都奪還に加わり活躍をみせた信は平民の地位を手に入れます。そして夢である大将軍への第一歩として、伍兵として初陣を飾ります。 初陣となった秦魏戦争で、信は羌瘣(きょうかい)とともに抜きん出た活躍をみせました。秦の優勢に貢献した功績から、信は伍長を飛ばし百人将へと出世します。 続く馬陽攻防編では、攻め込んできた趙に対して最後の六将・王騎が防衛軍を率いました。10万人を率いる総大将・王騎直々に信は「特殊100人部隊」の隊長として任務を言い渡され、「飛信隊」という隊の名前を与えられるのです。

正真正銘の千人将となるまで

馬陽攻防編で王騎が亡くなり1年が過ぎた頃、信は300将へと出世し、ライバルである王賁(おうほん)や蒙恬(もうてん)と切磋琢磨していました。そんなとき、李牧によって持ちかけられた秦趙同盟が成立し、秦は魏の山陽攻略を開始します。 廉頗(れんぱ)大将軍率いる魏軍との戦いのなか、廉頗四天王の輪虎(りんこ)により千人将が次々と暗殺される事件が起きました。このとき300将だった信と王賁、蒙恬の3人は急造の千人将に抜擢されることに。 信は輪虎を討ち破り、戦功第3位という大功を挙げました。この武功で、政から直接千人将への昇進を言い渡され、仮ではなく正真正銘の千人将となったのです。

羌瘣離脱のピンチを乗り越え3千人将に

千人将となった飛信隊ですが、軍師担当であり主戦力だった羌瘣が一時的に離脱したことで、降格の危機に陥ります。そこに現れたのが、軍師として戻ってきた河了貂(かりょうてん)です。信にとって家族のような彼女が軍師として加わり、飛信隊は再び勢いに乗り始めます。 その後、李牧が仕掛けた多国籍連合による合従軍が秦へと侵攻。苦戦を強いられた秦軍は飛信隊も含め疲弊しきっていました。決戦の地に政自ら乗り込み、指揮を執り、信や民たちを鼓舞します。 それに応えるように信も最後の力を振り絞り、李牧軍の最後の砦である武神龐煖を退けるのでした。この合従軍戦での功績を称えられ、信は3千人将へと昇格します。

著雍奪還に貢献し5千人将に

3千人将となった信は、その後王弟謀反編で成蟜(せいきょう)救出のために尽力し、まずは4千人将へと昇格します。ここで、尊敬する王騎が遺した矛を受け取り、以降の戦いで使うようになりました。 秦は次に魏の著雍(ちょよう)奪還を狙い、独立遊軍である飛信隊と王賁率いる玉鳳隊は援軍として参加することになります。両軍とも厳しい作戦をなんとか遂行し、信は魏火龍七師の1人である凱孟(がいもう)との一騎打ちで善戦。さらに同じく魏火龍七師の霊凰(れいおう)を討ち取りました。 著雍奪取成功の要となる武功を挙げた信は、王賁とともに5千人将へと登りつめたのでした。

『キングダム』はまだ終わらない! 信の快進撃にこれからも期待

天下の大将軍への道を着実に歩んでいる主人公の信の軌跡を紹介しました。モデルとなった李信については、中華統一後の記録が残っていません。それだけに、『キングダム』の信がどんな道をたどって大志を叶えていくのか、今後の展開が楽しみですね。 戦場を経験する度にどんどん精悍な顔つきになっていく信が、これから見せてくれるであろうカリスマ的な活躍から目が離せません。