2020年10月22日更新

賢者の石を生み出した、ニコラス・フラメルっていったい何者?「ファンタビ」にも登場!

『ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生』 ニコラス・フラメル
© Warner Bros.

『ハリー・ポッターと賢者の石』で登場したニコラス・フラメルは、なんと実在の人物!「賢者の石」では少ししか登場しませんが、一体どのような人物であったのか、そして作中でどのような役割を担っていたのかを中心に紹介していきます。

目次

「ハリー・ポッター」シリーズの重要人物!ニコラス・フラメルを徹底解説

ニコラス・フラメルは『ハリー・ポッターと賢者の石』で、ヴォルデモートの策略を阻止するために重要な人物として登場します。このような重要人物でありながら、作中ではその名前と賢者の石を生成したことにしか触れられていません。 しかし2018年に公開された『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』に登場!初めて我々の前にその姿を現しました。 そんな彼が作中でどのような役割を担っていたのか、そして実際の彼はどのような人物だったのか紹介していきます。

「ハリー・ポッター」シリーズに登場するニコラス・フラメルの正体は?

「ハリー・ポッター」の世界では

『ハリー・ポッターと賢者の石』ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン
©︎ WARNER BROS./zetaimage

「ハリー・ポッター」の世界ではニコラス・フラメルはフランスの魔法使いで、「賢者の石」の創造に成功した唯一の錬金術師としても知られる人物。14世紀初頭に生まれたフラメルは、ハリーたちがホグワーツに入学した後も健在で、1992年の時点で665歳だったそうです。 J・K・ローリングは「賢者の石」を執筆中、夢にニコラス・フラメルが登場して賢者の石の作り方を教えてくれたと語っています。物語の中ではちょこっとしか登場していませんが、彼女にとっては思い入れのあるキャラクターのようですね。

実在したニコラス・フラメル

ニコラス・フラメルは14〜15世紀にかけてパリに実在した、裕福な実業家、慈善家として著名な人物です。妻のペレネレと共にパリで暮らしていました。 現在はレストランになっていますが、モンモレンシー通り51番地にある建物は彼が1407年に建てた家のうちの1つです。パリで最も古い建物として有名です。 さらにパリには、ニコラス・フラメルの名前をとった通りも存在するようです。このように現代にもその名を残す彼は、謎が多くて魅力的な人物です。

錬金術師としても有名

14世紀〜15世紀に実在したニコラス・フラメルはパリの出版業者でしたが、伝説上では錬金術師でもあったとされています。具体的には金の生成や、賢者の石の作製に成功し不老不死になったという伝説があります。 実際に彼は、ギリシア語とヘブライ語で書かれた錬金術の秘法書である「アブラハムの書」、カバラを解読するためにスペインへ巡礼に赴きました。そしてアンダルシアの大学でユダヤ人のカンシュに学び、秘法書に書かれた奥義を得ることに成功したと言われています。 彼らはこの秘法書の解読に21年もの歳月を費やし、ほとんど解読しかけたところで師であるカンシュが死去。スペインからの帰国後は秘法書で得た錬金術で財を成し、教会や病院などへの慈善活動に徹しました。

ニコラス・フラメルは本当に不老不死かも!?

実在したニコラス・フラメルは1418年に死去し、サン・ジノサン墓地に入りましたが、のちに墓を掘り起こした人物が言うには棺の中は空っぽだったようです。このような不思議なことが重なってニコラス・フラメルの魔法使い説や不老不死説が浮上したことは間違いないでしょう。 もしかしたら「ファンタビ」シリーズで描かれたように、今もどこかでひっそりと暮らしているかもしれません。

彼が生み出した「賢者の石」とは?

魔法界では賢者の石を作った人物として知られているニコラス・フラメル。この石は持ち主に不老不死の力を与えることができるため、ヴォルデモートのような者たちに狙われていたのです。 ニコラス・フラメル自身は、賢者の石で作られる「命の水」で665年もの間生きていました。彼だけでなく、賢者の石作製を手伝った妻のペレネレも不老不死に。2人は1991年まで生きましたが、ヴォルデモートに石を狙われたため、それを破壊することにしました。 賢者の石を破壊してまもなく、2人はこの世を去ったとされています。

『ハリー・ポッターと賢者の石』では、彼に関する本がカギに!

賢者の石の情報にたどり着くために重要なものとなるのがニコラス・フラメルに関する本です。ハリーたちは、どのようにしてこの本にたどり着いたのでしょうか。 それは彼らが蛙チョコでアルバス・ダンブルドアのカードを当てたとき、わずかにニコラス・フラメルに関する記述があったことがきっかけでした。 これは残念ながら映画ではカットされましたが、未公開シーンで観ることができます。ニコラス・フラメルを知ったハリーたちは図書館で彼に関する書を見つけ、4階で3頭犬が「なにか」を守っている、その「なにか」が賢者の石であると知りました。 そしてハリーたちは、それを盗もうとしている人物を追うのです。

ニコラス・フラメルは、アルバス・ダンブルドアの友人

ハリー・ポッターと謎のプリンス ダンブルドア
© Warner Bros.

フラメルはアルバス・ダンブルドアとは仲のいい友人で、賢者の石の共同研究者でもあったとされています。 ダンブルドアは1991年、フラメルに賢者の石をグリンゴッツ銀行に預けるようにアドバイスしましたが、より安全な場所に移すため、賢者の石をホグワーツの4階に保管することにしました。 ニコラス・フラメルにとってダンブルドアは、大事なものも預けることができる、気が置けない存在だったということですね。

「ファンタスティック・ビースト2」では、ニコラス・フラメルがその姿を表す!

『ハリー・ポッターと賢者の石』では、その名前のみ登場したニコラス・フラメル。しかし、2018年11月に公開された『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』では、初めてその姿を現しました!登場時間も大幅に増えて、物語上で重要な役割を担っているのです。 「ファンタビ2」でニコラスを演じたのは、『ホーリー・マウンテン』などで知られるアレサンドロ・ホドロフスキーの息子ブロンティス・ホドロフスキー。1970年公開のカルト映画『エル・トポ』の裸の少年役として、映画ファンにはお馴染みの人物です。

『ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生』 ニコラス・フラメル
© Warner Bros.

ニュートがダンブルドアから紹介された、パリの隠れ家。「ここに行けば安全だ」と言われていたこの場所こそ、ニコラス・フラメルの家でした。 彼はすでに不死身であり、300年以上生きていたのです。ニュートたちからグリンデルバルドの集会について聞いたフラメルは、墓場に向かってパリの街を守ろうと彼らと一緒に戦うことに。 偉大な錬金術師であり魔法使いである彼の協力によって、街は燃え尽きることなく守ることができました。「ファンタビ2」のラストでは、主要メンバーと共にホグワーツに出向き、ダンブルドアと再会します。 今後のシリーズでも、ニュートたちと一緒にグリンデルバルドと戦ってくれるのではないでしょうか。さらなる活躍を期待したいところですね。