2019年12月16日更新

相澤消太(イレイザーヘッド)は頼れる雄英教師!白雲朧との関係は?【僕のヒーローアカデミア】

僕のヒーローアカデミア 相澤消太

『僕のヒーローアカデミア』でヒーロー科1年A組の担任を務める相澤消太(イレイザーヘッド)。表面上は厳しく指導をしますが、なんだかんだ生徒想いなプロヒーローです。そんな相澤の活躍や白雲朧との関係について解説していきます!

目次

「ヒロアカ」相澤消太(イレイザーヘッド)の活躍ぶりを合理的に無駄なく解説!【ネタバレ注意】

相澤消太(あいざわしょうた)は雄英高校の教師を務めるプロヒーロー。緑谷(みどりや)たちのいるヒーロー科1年A組の担任です。 ヒーロー名は「イレイザー・ヘッド」。身長183㎝、誕生日は11月8日、血液型はB型です。個性は「抹消(まっしょう)」、相手の個性を使用不能にします。猫好きというかわいらしい一面も。 合理主義で無駄なことをとても嫌います。仕事に支障が出るからとメディアへの露出を嫌うため、国民からの知名度はとても低いです。ヒーローオタクの緑谷ですら最初はプロヒーローだと気付きませんでした。 雄英高校の教師仲間でもあるプレゼント・マイクとは、雄英高校時代の同級生。ヒーロー名に特にこだわりのなかった相澤は、プレゼント・マイクが提案したヒーロー名をそのまま採用しました。 ※この記事は『僕のヒーローアカデミア』の最新情報を含みます。ネタバレに注意して読み進めてください。

厳しさは優しさの裏返し!生徒想いな1年A組の担任教師!

相澤消太はヒーローを目指す生徒にとても厳しい態度を取ります。 雄英高校に入学したての緑谷たちに対して、個性を使った体力テストを実施。成績が最下位のものは除籍処分にすると言います。 理不尽だと文句を言う生徒に、理不尽を覆すのがヒーローと語る相澤。半端に夢を追わせるのは残酷と考え、ヒーローの見込みゼロと判断すれば容赦なく切り捨てるというスタンスをとります。 結局、除籍処分は全力を出させるための“合理的ウソ”と話し、緑谷たちのクラスは除籍者ゼロでした。しかし、それは全員を見込みアリと判断してのこと。1年前には1クラス全員を除籍処分にしたこともあり、今までの除籍指導回数は154回にも上ります。 一見嫌がらせにも思えるほど辛辣な態度の相澤ですが、それは生徒を想う気持ちの裏返し。ヒーローとしての苦難を知るからこその相澤なりの優しさなのです。そして、一度面倒を見ると決めれば、全力でサポートする面倒見の良い先生でもあります。

個性は“抹消”、体術も半端ない!?テクニカルな戦闘スタイルで相手を翻弄

相澤消太の個性は「抹消(まっしょう)」。目で見た相手の個性を使用不能にし、瞬きをするとその効果は解けます。ただし、消すことができるのは発動系や変化系の個性に限定され、外見が常に変化している異形型には効きません。 個性は身体に個性因子と呼ばれる特殊な仕組みがプラスされた状態。その個性因子を一時停止させることで相手の個性を消しています。つまり、この個性ではダメージを与えることはできません。 そのため、個性を消した隙をついて攻撃をたたき込むという戦闘スタイルを取ります。そして、その戦闘スタイルを可能にしているのが、鍛え抜かれた体術と捕縛武器「操縛布(そうばくふ)」。操縛布は炭素繊維に特殊合金鋼線を編み込んだもので、相澤が普段首に巻いている布のことです。 また、ゴーグルで目線を隠し、誰の個性を消しているか分からなくして撹乱することで、集団戦でも高い戦闘力を発揮します。

【USJ襲撃事件】生徒を守るためなら不利な状況も関係ない!?単身でヴィラン集団に挑む!

演習場「ウソの災害や事故ルーム(USJ)」での人命救助訓練中、1年A組は敵(ヴィラン)連合の襲撃を受けます。敵連合の狙いは平和の象徴「オールマイト」。しかし、活動限界ギリギリまで個性を使ったオールマイトは休憩中で不在にしていました。 相澤消太は生徒に避難を促し、単身でヴィランの集団に突っ込みます。個性の特性上、奇襲からの短期決戦を得意とし、集団との長期決戦は苦手な相澤。しかし、それでも自ら集団に飛び込んで行ったのは生徒を安心させるためです。 抜群の戦闘スキルでヴィラン連合を圧倒しますが、死柄木弔(しがらきとむら)に弱点を見抜かれてしまいます。そして、長期戦の疲労をつかれて、敵連合が作り出した改人「脳無(のうむ)」の圧倒的パワーの前に敗北。 しかし、相澤が多くのヴィランを引き付けたおかげで外部への援助要請が成功します。そして、オールマイトの到着も間に合いました。 両腕粉砕骨折、顔面骨折という重傷を負いながらも身を投じて生徒を守った相澤。相澤の活躍無くしては、生徒全員を守り抜くことは叶わなかったでしょう。

【夏の林間合宿】敵連合の狙いはヒーロー科の生徒!相澤は処分を受ける覚悟で決断を下す!

個性強化のための林間合宿中に、再び敵(ヴィラン)連合の襲撃を受けた雄英ヒーロー科のメンバーたち。万全を期していたにも関わらず、ヴィランの奇襲を許してしまう格好となりました。 相澤消太は生徒を助けに向かいますが、敵連合の荼毘(だび)に足止めを食らいます。相澤は荼毘を瞬時に制圧しますが、それはトゥワイスの個性によって増やされた偽物でした。 荼毘との会話から敵連合のターゲットは生徒と考えた相澤。自衛の手段を与えるため、自身の名のもとにA組B組総員に戦闘を許可します。本来であれば免許未取得者は個性を用いての戦闘を禁止されていますが、自分だけがすべての処分を引き受ける覚悟で、生徒を守るために判断を下すのです。 しかし、最終的には多くの負傷者を出し、爆豪(ばくごう)を連れ去られるという結果になってしまいました。

白雲朧(しらくもおぼろ)と相澤消太は雄英高校時代の同級生!抜群のコンビネーションを誇る最強コンビ!

相澤の相棒・白雲朧!明るい前向きなムードメーカー

白雲朧(しらくもおぼろ)と相澤消太は雄英高校時代の同級生です。山田ひざし(プレゼント・マイク)を加えた3人で良くつるんでいました。 白雲のヒーロー名は「ラウドクラウド」。個性は「雲(クラウド)」、その名の通り雲を作り出して操ることができます。相澤とは対照的でとても明るく前向きな性格でした。 2年次のインターン先が決まっていなかった白雲と相澤は、1年先輩であるミッドナイトのインターン先を紹介してもらいます。 インターン中、煙幕を使うヴィランを取り逃がしてしまう相澤。煙が厄介だと語る相澤に、白雲は目を守りながら近づけると自分のゴーグルを貸してあげます。これが相澤のゴーグルの始まりです。そして、相澤が敵の個性を無力化、白雲が制圧するというコンビネーションで評価を高めていきます。 しかし、大型ヴィランとの戦闘で白雲は瓦礫の下敷きに。ひとり残された相澤は仲間を守るために戦い抜きますが、白雲は命を落としてしまいます。 個性の活かし方が分からず迷っていた相澤に、進むべき道を示し自信を与えてくれたのは紛れもなく白雲でした。

ヴィラン連合・黒霧(くろぎり)の正体は死んだはずの白雲朧!?

『僕のヒーローアカデミア』253話で、ヴィラン連合の黒霧(くろぎり)について驚愕の事実が明かされました。それは、黒霧は脳無と同様、複数の因子が結合されて1つの新たな個性となった存在であるということ。そして、そのベースになった因子が白雲朧のものと非常に近いというのです。 敵連合の所業に動揺を隠せない相澤。果たして黒霧の正体とは。今後の展開から目が離せません。

相澤消太の声を演じるのは実力派声優・諏訪部順一(すわべじゅんいち)

アニメ『僕のヒーローアカデミア』で相澤消太役を担当しているのは、声優の諏訪部順一(すわべじゅんいち)。数多くの人気アニメに出演し、声優アワードで助演男優賞やパーソナリティ賞を受賞したこともある実力派の声優です。テレビ番組やCMのナレーションとしても活躍しています。 代表作は『テニスの王子様』(跡部景吾役)、『黒子のバスケ』(青峰大輝役)、『ブラッククローバー』(ヤミ・スケヒロ役)等。 諏訪部順一は深みのある低音ボイスに定評があります。普段は気怠そうにしつつも、生徒のためなら体を張る男らしい相澤先生にピッタリの配役ですね。

合理的な指導で生徒を導くプロヒーロー・イレイザーヘッド(相澤消太)!今後はどうなる?

なんだかんだ生徒に甘い抹消ヒーロー「イレイザーヘッド」。鋭い観察眼で生徒の能力や弱点をしっかりと見極めて合理的な指導をするところは、教師としても一流ですね。 林間合宿以降は目立った活躍はありませんが、物語に白雲が関わってきた以上、この男が黙っているわけはありません。相澤消太の今後の活躍に期待しましょう!