『僕のヒーローアカデミア』キャラクターまとめ!雄英高校1年-A組クラス名簿

2017年12月19日更新

アニメも第2期に突入し、さらにファンの輪を広げている「ヒロアカ」。主人公の緑谷出久をはじめとする個性的なヒーローたちの中から、今回は雄英高校の1-A組の生徒たちをご紹介します。

主人公・出久とともに戦う1-A組のクラスメイトたちを紹介!

2017年3月よりアニメ第2期も放送され、週刊少年ジャンプで連載中の原作コミックスも累計発行部数1000万部を超え、初の映画作品の公開も2018年夏に控えており、人気絶好調な『僕のヒーローアカデミア』。バトルシーンをはじめアニメとしての完成度も高く、本作からますます目が離せません。 個性と呼ばれる超能力を持つヒーローが活躍する世界。周りから超能力を持たない「無個性」であることをバカにされながらも、緑谷出久はヒーローの登竜門・雄英高校を目指していました。ある日、出久はヴィラン(敵)に取り込まれた幼馴染・爆豪勝己を救うために無謀にもヴィランに立ち向かいます。 偶然その姿を目撃したNO1ヒーロー・オールマイトは、出久に能力を託すことを決め、特訓の末に出久は雄英高校に無事合格。ヒーローとしての第一歩を踏み出します。 今回はそんな雄英高校に通うヒーローたちの中でも、出久も所属する1-A組の学友たちを「名前/ヒーロー名(CV担当声優)」の形で名簿順にご紹介します。

言動が残念なキラキラ系のナルシスト

出席番号1番:青山優雅(あおやまゆうが) / Can't stop twinkling. (CV桑野晃輔)

青山優雅は、金髪に輝く瞳が特徴の男子生徒。身長168cm、誕生日は5月30日。 気障な言動が目立つナルシストで、ヒーローコスチュームは騎士の鎧をイメージした衣装になっています。彼の発言はクラスメイトからたびたびスルーされるなど、残念な扱いを受けることも多いようです。

個性:ネビルレーザー

優雅の個性・ネビルレーザーは、へそから強力なレーザービームを発射する個性。ヒーローコスチュームによってへそのエネルギーを転送し、肘や膝からもレーザーが発射できるように改良されました。 弱点としては、レーザーを一定時間以上射出し続けると原因不明の腹痛に見舞われます。

明るい言動でクラスを盛り上げる1-Aのムードメーカー

出席番号2番:芦戸三奈(あしどみな) / ピンキー (CV喜多村英梨)

ピンクっぽい肌と触角が特徴の可愛らしい女の子が芦戸三奈。身長159cm、誕生日は7月30日。 快活な性格で表情も豊かな彼女はクラスメイトみんなから愛されています。運動能力は女子生徒の中で一番ですが、一方学力は最下位クラス。

個性:酸

芦戸の個性は酸で、全身から酸性の溶解液を出すことができます。溶解液の濃度と粘度を調整することで、溶かす、滑る、張り付けるなど用途によって使い分けられるため、戦闘・隠密・補助など汎用性に優れています。必殺技は強固な壁を作りだす「アシッドベール」。

クラスメイトを影から支えるカエルの個性を持った女の子

出席番号3番:蛙吹梅雨(あすいつゆ) / フロッピー (CV悠木碧)

蛙吹梅雨は蛙っぽい顔立ちの女の子で、身長150cm、誕生日は2月12日。女性キャラの中では1、2を争う人気を持ち、蛙っぽさを残しながらも可愛い絶妙なバランスがケロイン(蛙+ヒロイン)として読者に愛されています。 クラスメイトからは梅雨ちゃんの呼び名で親しまれ、言いたいことははっきり言う明け透けな性格に加え、危機的状況でも冷静な判断力と勇敢さでみんなを精神的に支えています。

個性:蛙

個性の蛙は、蛙っぽいことは大体できるというざっくりした個性。 伸縮自在の舌や蛙の跳躍力を生かした機動力を武器にしており、水の中での戦いも得意です。その他、壁などに張り付く吸着力、毒性の粘液、胃を出し入れするなどの能力も持っています。必殺技訓練では、周りの環境に溶け込む「保護色」の能力も身に着けました。

品行方正な振る舞いのクラスの委員長

出席番号4番:飯田天哉(いいだてんや) / インゲニウム (CV石川界人)

品行方正を地で行く飯田天哉は1-Aの学級委員。身長179cm、誕生日は8月22日。 家族代々有名なヒーロー一家のエリートで、七三分けに眼鏡の見た目通り真面目な性格。兄を引退に追い込んだヒーロー殺し・ステインとの戦い以降、兄のヒーロー名インゲニウムを引き継いでいます。

個性:エンジン

天哉の個性エンジンは、ふくらはぎの器官を利用して驚異的なスピードで走ることができます。超加速を乗せた蹴り「レシプロバースト」は破壊力抜群。また、備わっているギアを変えることで、状況に合わせたスピードに調節可能です。 使いすぎると冷却装置が故障しエンストを起こしますが、ステインとの戦いでは轟の冷気で冷却しながら戦うという面白い連携技も披露しています。

天然で可愛らしいヒロアカのヒロイン

出席番号5番:麗日お茶子(うららかおちゃこ) / ウラビティ (CV佐倉綾音)

麗日お茶子は本作のメインヒロイン。身長156cm、誕生日は12月27日。 茶髪のショートボブの女の子で、天然かつ明るい性格の持ち主。実家が貧しく、両親を楽させるためにヒーローを目指すことを決めました。単行本おまけページでは、ひとり暮らし時代の涙ぐましい努力も描かれています。 青山に出久への好意を指摘されてからは、出久のことを異性として意識しているようで、これからの二人の恋愛模様も気になります。

個性:無重力

お茶子の個性は無重力。手で触れたものを無重力状態にして浮き上がらせることができます。極度に重いものや、自分自身を長時間無重力化すると酔ってしまう点が弱点でしたが、訓練によって徐々に限界が底上げされています。 また、職場体験ではプロヒーロー・ガンヘッドに師事し、近接格闘術を身に着け、単純な戦闘能力においても成長が見られます。

大きな尻尾以外はいたって平均的

出席番号6番:尾白猿夫(おじろましらお) / テールマン (CV三好晃祐)

尾白猿夫は大きな尻尾が特徴の男子生徒。身長169cm、誕生日は5月28日。 尻尾以外は、見た目・成績ともに平均的で、本人は特徴が薄いことを気にかけています。性格は真面目で、体育祭の騎馬戦では、他クラスの心操人使(しんそうひとし)の個性に洗脳された状態で勝ち抜きましたが、自らの力ではないことを理由に本選出場を辞退しました。

個性:尻尾

尾白の個性である尻尾は、大きな尻尾が生えているというシンプルな個性ですが、攻防どちらにも使える優れもの。自身が武術を得意とすることもあり、近接戦闘能力はかなり高いです。訓練では単純に尻尾の強度を上げることで、より強さを増しています。

個性の使い過ぎでなってしまうアホ状態がギャグシーンで大活躍

出席番号7番:上鳴電気(かみなりでんき) / チャージズマ (CV畠中祐)

金髪に雷の模様の黒メッシュが入った髪型の男子生徒が上鳴電気。身長168cm、誕生日は6月29日。 ノリが軽く、女子生徒も気軽にナンパするチャラい性格。学力テストは最下位で、個性を使いすぎると脳がショートして著しくアホ化してしまいます。 アホ状態では主に「ウェーイ」しか言えない残念なことになりますが、ギャグシーンには欠かせない人物です。男女問わず仲の良いキャラが多く、クラスメイトに好かれています。

個性:帯電

個性の帯電は身体に電気を纏い、放出することができる個性。 もともとは電気を操ることが難しかったですが、新たにヒーローコスチュームを改良してからは、ポインターを撃ち込んだ場所に電気を放出することができるようになりました。個性自体は強力なため、上鳴本人の成長で化ける可能性を秘めています。

爆豪の数少ない友人で、男気溢れるアツいヒーロー

出席番号8番:切島鋭児郎(きりしまえいじろう) / 烈怒頼雄斗 (CV増田俊樹)

切島鋭児郎はトゲトゲの赤髪にギザギザの歯を持つ男子生徒。身長170cm、誕生日は10月16日。 漢気ヒーロー紅頼雄斗(クリムゾンライオット)に憧れるアツい男で、ヒーロー名も当て字でレッドライオットと読みます。性格は社交的で物怖じせず、爆豪ともコミュニケーションが取れる数少ない人物。学力テストは平均以下ですが、戦闘訓練や実技訓練では安定して上位に入っています。 2017年9月現在ジャンプで連載されている死穢八斎會編では、主役に並ぶ活躍を見せており、これからますます人気が出てきそうなヒーローです。

個性:硬化

切島の個性は硬化。身体を硬くすることで攻防どちらにも活用でき、戦闘においては使い勝手がいい個性です。 切島自身は地味な個性だと卑下していましたが、訓練によって最高硬度の「安無嶺過武瑠(アンブレイカブル)」を習得し、その強さは爆豪も認めるほどになりました。しかし、持続時間が30~40秒というのが弱点。

いかついな見た目からは想像できない意外な個性

出席番号9番:口田甲司(こうだこうじ) / アニマ (CV永塚拓馬)

岩石のような風貌の男子生徒が口田甲司。身長186cm、誕生日は2月1日。 いかつい見た目に反して、引っ込み思案な性格で普段は無口。また、自身を「ふれあいヒーロー」と名付けるほどの心優しい一面も持ち合わせています。

個性:生き物ボイス

口田は個性も独特で、声に出して動物に命令することでその動物を自在に操る個性です。虫が苦手なのが玉に瑕ですが、昆虫も操ることができます。作中での活躍も少ないため、まだ未知数な部分も多いです。

口田に次ぐ大きな体躯の持ち主

出席番号10番:砂藤力道(さとうりきどう) / シュガーマン (CV奈良徹)

口田と同じく体格がよく、タラコ唇の男子が砂藤力道。身長185cm、誕生日は6月19日。 個性に関係があるのかお菓子作りが得意で、A組女子に振る舞った際には好評を博しました。1-Aの中では体格の良さと意外性のどちらにおいても口田と並んでトップ2でしょう。

個性:シュガードープ

個性のシュガードープは、糖分10g摂取すると3分間パワーが5倍になる、という若干ややこしい個性。純粋な増強型個性として、出久のワン・フォー・オールと肩を並べるか、あるいは制限が強い分上回る可能性もあります。弱点は非常に燃費が悪いこと。

見た目、人柄ともに謎の多い個性派ヒーロー

出席番号11番:障子目蔵(しょうじめぞう) / テンタコル (CV西田雅一)

障子目蔵は、口元をマスクで覆い隠し、腕のほかに2対の触手を持つ男子生徒です。身長187cm、誕生日は2月15日。 クラスで1番高い身長を含め、ヴィランじみた容姿をしていますが、仲間を守るために体を張ったシーンが描かれるなどヒーローらしい心の持ち主。序盤こそ地味なポジションでしたが林間学校篇では大いに活躍し、これからが楽しみなキャラクターです。

個性:複製腕

個性の複製腕は、触手の先に体の部位を作り出すことができる個性です。複製した目や耳は本来のものより性能が高く、索敵に使うこともできます。また、モモンガのように皮膜を広げることで空中を滑空するシーンもありました。