2021年8月10日更新

トガヒミコ(トガちゃん)の個性や過去を徹底紹介!実は優しい性格の持ち主?【ヒロアカ】

トガヒミコ

ヴィラン連合の紅一点!トガヒミコのプロフィールを紹介【ネタバレ注意】

週刊少年ジャンプで連載中の大人気漫画『僕のヒーローアカデミア』。その「ヒロアカ」の世界で、ヒーロー社会を壊そうとする犯罪組織・敵(ヴィラン)連合唯一の女性キャラがトガヒミコです。 この記事では、徐々に明らかになってきたトガヒミコの「個性」の詳細や衝撃の過去など、徹底的に紹介していきます。まずは基本情報からチェックしていきましょう。

本名渡我被身子(とがひみこ)
身長157センチ
年齢16→17歳
個性変身
CV福圓美里(ふくえんみさと)

セーラー服とお団子頭が特徴で、見た目も性格も可愛らしいことから、ファンから「トガちゃん」の愛称で親しまれています。明るく社交的なタイプで可愛いものが大好き。 考え方は普通の女子高生と大差なく、恋をしたり友達と話したりしたいのですが、その発言は周囲から見ると狂気じみているのです特に「血」に対して異常な執着があります。好きなタイプについても、「ボロボロで血のニオイがする人」と発言しています。ヒーロー殺しステインが好きなようですが「好きだから殺したい」という普通とは違う価値観の持ち主です。 ※この記事は『僕のヒーローアカデミア』のネタバレを含みますので、読み進める際は注意してください。またciatr以外の外部サイトでこの記事を開くと、画像や表などが表示されないことがあります。

トガちゃんの個性「変身」とは?使用するときは裸に……

トガちゃんの個性は、「変身」でその名のとおり対象者そっくりに姿を変える能力です。能力の使用条件は、“相手の血を経口摂取すること”。飲んだ血の量で持続時間が変わり、だいたいコップ1杯で丸1日その人の姿を保つことが可能です。また変身を解くときは、泥のようなものが溶け出します。 外見・声・服装まで変えられる強力な個性ですが、変身した人の「個性」を使うことはできません。また本人いわく、服装も含めて変身するため裸にならないといけないのが恥ずかしいとのこと。

トガちゃんの個性が進化!

トガちゃん属するヴィラン連合は、「異能」=「個性」を自由に使える世の中を目指す異能解放軍に囚われた義爛(ぎらん)を救うべく、彼らの本拠地・愛知県泥花(でいか)市へ乗り込むことに。 そこで、キュリオスに追い詰められたトガちゃんは、想いを寄せる出久と親しい麗日お茶子の姿へ変身。「お茶子になりたい」と強く願うと、突然彼女の個性「無重力」を使用できるようになったのです! その能力を使ってキュリオスを倒しましたが、それまでにかなり負傷していたトガちゃんは出血多量で意識がもうろうとしてしまいます。

トガちゃんの過去を紹介!殺人鬼になった理由とは

実はトガちゃんは、詳細は明らかになっていませんが「連続失血死事件」の容疑者として追われている身です。優しい一面を持つ彼女がなぜこのようなおぞましい事件を起こしてしまったのでしょう?その理由は彼女の「個性」に関係があります。 トガちゃんは血を飲むことで変身するという「個性」の影響で、幼いころから「血」への関心が人一倍強かったのです。それがだんだんエスカレートしていき「好きな人の血を飲みたい」「もっと血を見たい」というような欲望へと変わっていきました。 そしてついに中学生のとき、同級生の男の子をナイフで切りつけ傷口からストローで血を吸うという狂気に満ちた事件を起こし、それ以降逃亡生活を続けているようです。 おそらく彼女は「血」への興味を抑えることができず、血を見るために多くの人を殺してきたのだと考えられます。またキュリオスとの戦いで死にかけても怖がらずに笑っていたことから、「死」に対する考え方も常人離れしている可能性が高いです。 これを踏まえて考えると、人を殺すことに罪悪感を持たずに欲望のために殺人を繰り返したというのも納得がいきます。

仮免試験中の出久(デク)に急接近!目的は出久の血液

ヒーローになるための仮免試験中に、士傑(しけつ)高校の現見(うつしみ)ケミィの姿で登場したトガちゃん。初めて会ったときに出久(デク)に一目ぼれしてしまった彼女は「もっと出久のことが知りたい」とケミィの姿で猛アピール。試験そっちのけで出久に迫り、彼を困惑させました。 その後も麗日お茶子に変身して、再度出久に接近しますが偽物だと気付かれ、名残惜しそうに彼の前から去っていきました。ちなみに最後までケミィの姿だったので、出久たちにはトガちゃんだとバレていません。 また仮免試験に潜入したことに関して、「有益な遊びをしていました」と電話で報告していたことから、ヴィラン連合からの命令ではなくトガちゃんが自発的に行ったことだと判明。 目的は語られませんでしたが、デクにのみ接触し攻撃を加えたことから、彼と接近することと血の採取が目的だったと考えられます

デクの血を採取したトガちゃん!今後どうなる?

原作の226話でトガちゃんは、主人公のデクこと緑谷出久の血を採取し、彼に変身できるようになりました。これにより、彼女はデクと全く同じ能力で活躍することが可能になり、上手く行けば主役並の活躍が可能です。 今後の展開はまだ予測がつきませんが、オールマイトの死亡が予測されています。そのため、オールナイトを殺すのはもしかしたらデクに変身したヒミコ自身ではないでしょうか。読者の間では一部このような考察もなされています。

異能解放戦線での活躍を紹介!死亡説の真相は?

異能解放戦線でトガちゃんは死亡しそうになりました。その時、居合わせたトゥワイスが彼女をコピーすることで本物のトガヒミコに輸血をし、彼女は何とか一命を取り留めます。しかし、その代償としてこれまで支えてきたトゥワイスが死んでしまいました。 ヴィラン連合軍の中でも一際癖が強かった彼ですが、騙されやすいお人好しぶりが欠点となっていました。それを回避するために自分を無限増殖しましたが、その代償として本体である自分自身を保つことができなくなったのです。 そんな彼が最期にトガちゃんのために役立ったことで、同じように自分を進化させ続ける彼女との間に強い絆が芽生えました。おかげでトガちゃんの個性が覚醒し、異能解放軍・キュリオスを倒すという華麗な逆転で成果を残したのです。

トガヒミコの名言を紹介

「好きな人と同じになりたいよね 当然だよね」

お茶子に対してアドバイスのようにして言い聞かせた台詞がこちらです。一見思春期の女の子が発するごく当たり前のセリフのようですが、実はこの台詞の裏にはトガちゃんの狂気が隠されています。 この後に「ボロボロで血の香りがする人」が好きであり、そして最後はその人自身を切り刻みたくなるとまで言い放つのです。しかも、何の悪意もなくごく普通のようにこの言葉を言うから、余計に狂気じみている台詞回しに聞こえてきます。

「包めば一つでしたっけ」

オーバーホール率いる死穢八斎會(しえはっさいかい)と協力することになったヴィラン連合は、トガちゃんとトゥワイスを派遣することに。オーバーホールは、ヴィラン連合のマグネを殺した張本人。彼女たちは腑に落ちないまま彼の元へ向かいました。 そこでトガちゃんたちは、死穢八斎會の入中(いりなか)と共闘しますが、トゥワイスは危うく入中の攻撃に巻き込まれそうになります。 マスクが破れて多重人格が暴れ出しそうになるトゥワイスに、トガちゃんはすぐに手を差し伸べたのです。そしてトゥワイスにかけたのがこの言葉です。彼の頬に手をあてて、優しい言葉で慰める彼女は、殺人鬼にはとても見えませんでした。

トガヒミコを演じた声優は福圓美里(ふくえんみさと)

トガヒミコ役の声優は今大活躍中の福圓美里です。代表作として、『ときめきメモリアル4』の大倉都子役や『働きマン』の渚マユ役、『スマイルプリキュア!』の星空みゆき(キュアハッピー)役などが挙げられます。 正統派タイプの主人公キャラから、やや癖のある脇役まで幅広く演じられるオールラウンダーの演技が特徴的です。トガちゃんの「底抜けに明るい狂気」という、単純に見えて複雑な役どころは彼女だからこそ演じられたのではないでしょうか。

トガヒミコの今後の活躍に注目!個性が進化してさらに手ごわいヴィランに

血に憧れたために周囲から理解されなかったトガちゃん。しかしその内面は、意外と普通の恋する女の子……。これから彼女のデクに対する恋の行方も気になります。 またトガちゃんの能力「変身」は、対象者の個性まで使えるように進化しました。これは変身する相手によってはかなり強力なものになります。今後は、トガちゃんがどの程度この力を使いこなせるかもポイントになりそうですね。