2020年2月13日更新

バレンタインに観たいおすすめ映画7選 ムードを盛り上げるあまい名作たち【2020最新】

『アメリ』オドレイ・トトゥ
© Miramax Films/zetaimage

2月14日はバレンタインデー。相手がいる人にもいない人にも、この時期におすすめしたい映画を紹介します。心に響く恋愛映画から、かわいいお菓子に注目のものまで、さまざまな作品を集めました。

目次

バレンタインデーに観たいおすすめ映画を紹介

世界中で人々が愛を確かめ合うバレンタインデー。日本でも広く親しまれているイベントです。みんなの心が浮き立つこの時期、愛をテーマにした映画などを観てみてはいかがでしょうか。 今回は、バレンタインデーに観たいおすすめ映画を7作紹介します。

1.『バレンタインデー』(2010年)

バレンタインデーの悲喜こもごも

バレンタインデー当日のロサンゼルスを舞台にした、悲喜こもごもの群像劇。ジュリア・ロバーツ、アシュトン・カッチャー、ジェシカ・アルバ、シャーリー・マクレーン、キャシー・ベイツなど、豪華キャストが集結した本作は、ロマンチックなばかりでないバレンタインデーを過ごす人々を描き出します。 さまざまなエピソードが集まり、短編集のような作りになっている本作。ほほえましく、温かい気持ちになること間違いなしです。

2.『ショコラ』(2000年)

不思議なチョコレートがつなぐ絆

1959年、フランスのある村に1組の親子がやってきました。やがて母ヴィヴィアンヌは、村の老女から借りた物件でチョコレート店をはじめます。当初は村人たちの好奇の目にさらされていましたが、ひとりひとりの希望にぴったり合うチョコレートを見抜くヴィヴィアンヌの不思議な力で、店はまたたく間に人気に。 村は明るく開放的な雰囲気になりますが、それをよく思わない人物がいて……。 おいしいチョコレートがひとびとの心を解きほぐしていく、あたたかい物語。観ればチョコレートが食べたくなってしまいますよ。

3.『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014年)

おしゃれでかわいいお菓子の数々!

バレンタインデーのチョコレートは、ついついかわいいものに目が行ってしまいますね。かわいらしくて美味しそうなお菓子が登場する映画といえば『グランド・ブダペスト・ホテル』! 『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』(2001年)や『犬ヶ島』(2018年)などで知られるウェス・アンダーソンによる本作は、恋愛モノではありませんが、メルヘンな装飾と監督の独特な色彩、世界観が融合した、おしゃれ感満載の作品。 本作に登場するお菓子はどれもかわいいので、自分チョコを選ぶ際の参考になるかもしれません。

4.『ラブ・アクチュアリー』(2003年)

さまざまな愛のかたち

友チョコ、ファミチョコ、義理チョコなど、バレンタインデーにチョコを渡すのは意中の相手だけではありません。そんなさまざまな愛のかたちを描くのが『ラブ・アクチュアリー』。 クリスマスを目前に控えたロンドンで展開される、愛にまつわる群像劇。恋愛はもちろん、夫婦愛、家族愛、友情など、ほっこりするエピソードに癒やされます。 ヒュー・グラント、コリン・ファース、リーアム・ニーソン、アラン・リックマン、キーラ・ナイトレイなど、豪華キャストにも注目。あなたのお気に入りのキャラクター、エピソードを見つけてください。

5.『プリティ・ウーマン』(1990年)

主人公の大変身にうっとり

「ウォール街の狼」と呼ばれる実業家エドワード・ルイスは、ロサンゼルス滞在中にコールガールのビビアンと知り合います。最初は1晩話し相手になってもらう予定でしたが、彼女を気に入ったエドは、ロサンゼルスにいる6日間、アシスタント契約をすることに。 次第に惹かれ合うふたりでしたが、社会的地位の違いからすれ違ってしまい……。 キュートなジュリア・ロバーツと、渋いリチャード・ギアが織りなす現代のシンデレラ・ストーリー。上品なドレスをまとったロバーツの完璧なレディぶりにうっとりしてしまうでしょう。

6.『エターナル・サンシャイン』(2004年)

忘れたい恋の思い出

バレンタインデーの直前、ジョエルは恋人のクレメンタインとケンカをしてしまいます。仲直りしようと、プレゼントを持って彼女が働く本屋を訪れると、クレメンタインは彼を知らないかのような素振り。その後ジョエルは、クレメンタインが記憶除去手術を受け自分との記憶を消したことを知ります。 傷ついた彼は、自分も彼女の記憶を消そうと決心。しかし手術中、ジョエルはクレメンタインとの記憶のなかをさまよい、無意識に抵抗しようとします。 過去のつらい記憶を消す、という切ないストーリーの作品ですが、ジョエルが記憶のなかをさまよう映像が秀逸。また、どんなに傷ついてもまた恋をする登場人物たちに胸キュン必至です。

7.『アメリ』(2001年)

想像力豊かなアメリの初めての恋の行方は?

幼いころから空想好きのアメリ。22歳になった今でも職場のカフェで周囲のひとびとを観察し、空想を膨らませては楽しんでいました。そんな彼女は、あることをきっかけに他の人をしあわせにすることによろこびを見出すように。さまざまなひとたちにこっそり楽しいイタズラを仕掛けるようになったアメリ。 そんなある日、彼女は不思議な青年ニノに出会い、たちまち恋に落ちてしまいます。しかし素直に想いを告げられず……。 毒々しい色彩ながら、絶妙のかわいさで一斉を風靡したフランス映画。主演のオドレイ・トトゥの魅力と初々しい恋模様に楽しい気持ちになるでしょう。

バレンタインデーにほっこり映画三昧はいかが?

バレンタインデーにおすすめの映画7作品を紹介しました。恋愛映画だけでなく、おいしそうなお菓子、おしゃれな映像などが楽しめる作品も。 寒いこの季節、おうちでほっこり映画三昧はいかがでしょうか。