2020年7月7日更新

【ヒロアカ】芦戸三奈はサイケデリックなムードメーカー!切島との意外な関係は?

ヒロアカ芦戸解説記事サムネイル

週刊少年ジャンプ連載の大人気漫画『僕のヒーローアカデミア』。本作に登場する芦戸三奈は、サイケデリックな容姿が特徴的なクラスのムードメーカーです。この記事では彼女の個性や切島鋭児朗との関係について解説します。

目次

「ヒロアカ」芦戸三奈(あしどみな)は酸を操るポジティブガール!【ネタバレ注意】

芦戸三奈(あしどみな)は『僕のヒーローアカデミア』の舞台である、雄英高校の1年生。主人公デクと同じA組のクラスメイトです。 彼女は2本のツノやピンク色のくせっ毛と肌、黒い眼球に黄色い目など個性的な外見をしています。全体的にピンク色な彼女のヒーローネームは「Pinky(ピンキー)」。クラスではいつも元気いっぱいで明るく、A組の女子グループの中心人物です。 A組女子の中ではトップの身体能力を誇る芦戸ですが、座学はかなり苦手。クラス順位最下位の上鳴(かみなり)に続く「アホの子」でもあります。 サイケデリックな見た目とは裏腹に、誰とでも仲良くなれるフレンドリーな芦戸三奈。この記事ではそんな彼女の個性から、クラスメイト・切島(きりしま)との関係まで詳しく解説します。 ※この記事には『僕のヒーローアカデミア』のネタバレ情報が含まれます。ご注意ください。

ハイテンションで周りを元気に!クラスの中心人物

ハイテンションかつポジティブな芦戸は、クラスの盛り上げ役。学校行事ではリーダーシップを発揮し、クラスを引っ張ります。裏表のない彼女は誰に対してもフレンドリーで、落ち込んでいるクラスメイトを積極的に励ますなど、他人への気配りにも長けています。 天真爛漫な彼女ですが、ヴィランと対峙する場面では、物怖じせず容赦なく立ち向かいます。しかし緊張が解けると思わず涙を見せてしまう、女の子らしい一面も。 可愛らしい部分もありますが、性格はいたってサバサバしている様子。クラスメイトの麗日(うららか)がデクに抱いていた気持ちを「恋だ」とハッキリ断言したシーンも描かれています。歯に衣着せない発言も彼女の魅力の1つです。

個性は「酸」!身体能力との合わせ技

芦戸の個性は「酸」。角も含めて全身から溶解液を出すことが出来ます。溶解度や粘度を調節することも可能で、酸を弾丸のように放つ技や、酸をシールドにして敵の攻撃を防ぐ技など、攻撃と防御どちらにも応用できる個性です。 個性「酸」の活用方法は攻撃・防御に留まらず、足もとの地面だけを溶かして滑る高速移動や、手足の接地部分を溶かしてビルをよじ登ることも可能にします。元々の身体能力が高いからこそ可能な合わせ技です。 しかし敵に向けて打った酸の溶解度が高すぎると、グロテスクな惨状になることが大いに予想されます。強すぎる酸は自身の皮膚も傷つけてしまうことがあるため、溶解度の調節には課題が残されているようです。 酸の飛距離が短く遠距離攻撃に向いていないという欠点もありましたが、訓練によって水鉄砲の要領で飛距離を伸ばすことに成功しています。座学の成績は悪くても、頭の回転は速い芦戸。今後さらに強くなって活躍してくれそうです。

ヒーローの卵!中学時代の勇気ある行動

中学時代、明るい性格や派手な見た目で人気者だった芦戸。そんな彼女が、大人顔負けの勇気を見せた事件があります。 それは下校中の出来事でした。同級生の女子2人が、突然見知らぬ大男に道を尋ねられます。人の身長をはるかに超えた大きさの男に見下ろされた彼女たちが、怯えきってしまうのは無理もありません。答えを得られず大男がいらだち始めたその時。彼女たちと大男の間に割って入ったのが芦戸でした。 芦戸はとっさに適当な道のりを答え、大男は感謝を述べてその場を去って行きました。見るからに恐ろしい風貌の大男に対しても、友達が困っていれば勇気を持って立ち向かうその姿には、ヒーローの卵の片鱗が見られます。 ちなみにこの大男はのちに、「ギガントマキア」というヴィランだったことが判明します。「歩く災害」とも呼ばれるヴィランに、中学生ながら立ち向かっていった芦戸の勇気に脱帽です。

クラスメイト・切島鋭児郎との意外な関係

雄英高校の1年A組に所属している芦戸と切島鋭児郎(きりしまえいじろう)は、中学時代の同級生。実は切島も、先ほど紹介した大男の事件を間近で見ていた1人でした。 大男が同級生たちに話しかけるのを見ていたにも関わらず、恐怖で足を踏み出せなかった切島。芦戸がやってくるのを呆然と見ていた彼は、ヒーローに憧れていてもいざという時に行動を起こせなかったことを後悔します。 そして雄英高校の入学式。切島に出会った芦戸は彼の変わった姿に驚きます。中学時代の切島は髪が黒く、個性も地味。友達にはヒーローになるなんて不可能だと言われるような、目立たない生徒でした。しかし入学式当日、切島は髪を赤く染めて「高校デビュー」していたのです。

2人だけの秘密?切島の憧れ

高校デビューを果たした切島。角のように尖らせた髪型からは、芦戸を意識していることがわかります。切島は大男事件のときの芦戸に、憧れのヒーロー像を重ねていたのです。 切島の変わり様をからかう芦戸でしたが、彼が大男事件の後、被害に遭っていた同級生2人に助けられなかったことを詫びていた場面を思い出します。「情けない自分との決別だ」と話す切島に、芦戸は彼が見た目だけでなく中身も変わったことを知りました。 芦戸はそんな切島に対して、彼が事件を乗り越えられた時はクラスメイトに「高校デビューマンって言いふらす」と返答。こうして切島と芦戸は小さな秘密を共有するようになりました。 気になる2人の関係ですが、恋愛には至っていない様子。恋バナが好きな芦戸は、まだ誰かを好きになったことはないと話しています。

ハイスペック!ダンスの指導で才能開花

文化祭での出し物を決めていた時のこと。皆で楽しめる場を作るため、1年A組は催し物をライブに決定。耳朗(じろう)をはじめとする音楽経験者が楽曲を担当し、芦戸たち女子や余った人員はダンス担当になりました。 元から趣味でダンスを得意としていた芦戸は、ブレイクダンスも踊れるハイスペックの持ち主。自然な流れとして、文化祭当日までクラスメイトにダンスを教えることになります。 ダンスチームは未経験者ばかり。しかし指導に手こずるかと思いきや、ここで芦戸の隠れた能力が明らかになります。指導者としての才能を発揮したのです。彼女のわかりやすいダンス指導を受けたクラスメイト達は、かなり高いレベルまで上達し、ライブ当日会場は大盛り上がりでした。 なお壊滅的にダンスが苦手な飯田(いいだ)は、芦戸の指導もむなしく、ライブ当日は観客の笑いを誘う出来に終わっています。

アニメ『僕のヒーローアカデミア』で芦戸三奈を演じたのは、声優の喜多村英梨(きたむらえり)

アニメ版『僕のヒーローアカデミア』で芦戸三奈を演じるのは、フリー声優の喜多村英梨(きたむらえり)。彼女は1987年8月16日生まれで、東京都出身です。「ヒロアカ」では芦戸三奈のほか、飯田天哉(いいだてんや)の母の声も担当しています。 代表作はアニメ『フレッシュプリキュア!』のキュアベリーや、『物語』シリーズの阿良々木火憐(あららぎかれん)、『魔法少女まどか☆マギカ』の美樹さやか、『青の祓魔師』の神木出雲(かみきいずも)、『とらドラ!』の川嶋亜美(かわしまあみ)などです。

「ヒロアカ」芦戸三奈(あしどみな)の活躍が見逃せない!勇気ある行動で皆を救う

この記事では、1年A組のムードメーカーである芦戸三奈について解説しました。 女の子らしい一面もありながら、ヴィランを前にすればヒーローにふさわしい勇気を見せる彼女。課題を乗り越えてさらに強くなる、芦戸の今後の活躍をお見逃しなく!