2020年11月26日更新

「かぐや様は告らせたい」子安つばめをネタバレ解説!石上優との恋の行方は?

かぐや様は告らせたい 子安つばめ

大人気漫画「かぐ告」で独特な存在感を放つ子安つばめ。誰にでも優しい人気者のつばめですが、不思議な行動も多く本性は謎。ここでは子安つばめの基本情報やプロフィール、気になる石上との恋愛模様まで徹底的に解説していきます!

目次

「かぐ告」学園屈指の美人・子安つばめはどんな人?【ネタバレ注意】

子安つばめ(こやすつばめ)は、秀知院学園高等部3年A組の生徒です。4月4日生まれで血液型はA型。部活は新体操部に所属しています。世界的バーテンダー兼大手飲食会社エリアマネージャーの娘で、兄弟は兄1人です。 原作82話の初登場時からしばらくは目元が暗くその他大勢として描かれていましたが、石上優(いしがみゆう)が周りの人間をしっかりと見るようになったことで顔が描かれるようになりました。 容姿端麗な人気者で、ピンク色の髪の毛といつも身につけているリボンがトレードマークです。作中では生徒会役員でメインキャラクターの石上との恋模様が色濃く描かれています。 この記事では「かぐ告」の重要キャラである子安つばめの性格や恋の行方を徹底的にネタバレ解説していきます! ※この記事はネタバレを含みますので、読み進める際は注意してください。

子安つばめの性格を解説【気さくで優しい人気者!】

子安つばめは体育祭の応援団副団長や文化祭での実行委員長を務めるなど何事も積極的に楽しむ社交性のある性格をしており、周りからは裏表のない人物と認識されています。また面倒見がよく男女問わずフランクに接する人懐っこさから校内屈指の人気者です。 彼女は石上に黒い噂があることを知っているにも関わらず、応援団としても孤立していた石上に積極的に話しかけていました。 このエピソードからも子安つばめが周りに惑わされない、自分の芯を持った優しい性格であることがよくわかります。 また子安つばめは気分が良くなると「つばめ語」を使い、“概念での会話”を始めます。しっかりしていて人当たりが良いという性格でありながら、少し謎めいた部分があるのも大きな魅力の1つです!

天使か悪女か?モノローグが少ない子安つばめの本性が気になる!

人当たりが良く気配りもできる、まさに天使のような子安つばめ。しかし彼女は読者からある疑惑をかけられています。それは実はつばめは腹黒い悪女なのではないかという疑惑です。 原因は原作中での彼女のモノローグの少なさ。漫画やアニメでのモノローグとは口には出していない心の声を指します。 『かぐや様は告らせたい』は「心理戦」がテーマのためモノローグが多い作品であり、メインキャラは心の中での葛藤や計算がモノローグとして多く描かれているのです。 しかし「恋愛頭脳戦」をサブタイトルにしている本作の1番の見所とも言えるモノローグが、子安つばめにはほとんどありません。 そのため子安つばめが普段の優しい性格とは異なる人格を持っている可能性も十分考えられるでしょう。

子安つばめと石上優の恋の行方は?出会いから徹底解説!

子安つばめと言えば、気になるのは生徒会で会計を務める石上優との恋愛模様です。主人公達の恋愛模様もさることながら、石上とつばめの恋を1番に応援している読者も少なくないのではないでしょうか。 そこでここでは石上優と子安つばめの恋愛を出会いの場面からクリスマスパーティーの展開まで徹底的に解説します!

子安つばめが9話で初登場!体育祭から始まる恋♡

子安つばめの初登場は、石上が参加した体育祭赤組応援団の集会シーンです。 石上は根暗で冴えない学校生活を送る自分を変えるために応援団に立候補しますが、赤組応援団のウェイ系な雰囲気についていけず応援団に嫌悪感を示していました。 そのため当初、石上目線では応援団メンバーの顔は影になり描かれておらず子安つばめの初登場時もつばめの顔は描かれていません。 しかし石上は体育祭の終盤、自分のために涙を流す子安つばめに気がつきます。そして自分を優しく慰める応援団メンバーを見て応援団の皆がいい人だと気付くのです。 この場面から応援団の顔が描かれるようになり、つばめが正式に登場します。まだお互い異性としては意識していませんが、つばめは石上にとって他のメンバーとは一線を画す存在として描かれていました。

石上がつばめに公開告白!?つばめの内心を考察

2人の関係が大きく動いたのが文化祭です。秀知院学園の文化祭には“ハート型の贈り物をすると永遠の愛がもたらされる”という「奉心伝説」という伝説がありました。生徒のほとんどが知っていましたが友達のいない石上はそれを知りません。 そんな中、石上は子安つばめが的屋の景品の大きいハート型クッキーを「こんなの貰えたら素敵だよねぇ〜」と言いながら見つめているのを目にします。 すでにつばめに想いを寄せていた石上はそのハート型のクッキーを入手し、つばめに公衆の面前でプレゼントしました。こうして図らずもつばめに公開告白をすることになったのです。その時つばめはクッキー自体は受け取るものの、返事は保留にしました。 その後様々な理由をつけて石上の告白を断ろうと考えますが取ってつけたような理由が多く、この時点ではまだ石上に明確な好意は持っていなかったのではと思われます。

貞操観念が低い?クリスマスパーティーでのつばめが不可解すぎる……

文化祭以降目立った進展のない2人でしたが、石上が誘われたつばめ主催のクリスマスパーティーにて状況は一変します。 石上は終電で帰ろうとつばめの家を後にしようとしますが、つばめは石上に嘘の時間を教えゲストハウスに泊まるように促しました。 シャワーを浴び石上の泊まる部屋を訪ねてくるつばめ。つばめは石上が自分のことを好きかを再度確認し、体を許そうとします。 石上はつばめの積極的な行動に戸惑いながらも再度付き合って欲しいと告白をしました。しかしつばめは一瞬ハッとした顔をし、応えはまさかの“NO”。結局クリスマスに2人の関係が進展することはありませんでした。 この場面はつばめの矛盾した行動に理解が追いつかなかった読者も多いと思います。実はつばめには過去に二股をかけられていたという悲しい過去がありました。 石上に改めて告白され自分も石上に惹かれていることを自覚している。しかし、付き合うということをリアルに考えた時に過去が蘇ってしまった。 つばめの矛盾した行動はこのような過去に関するトラウマが原因だったのではないでしょうか。

原典・竹取物語にまつわる「2人はくっつかない」という噂……2人の恋の行方は?

『かぐや様は告らせたい』の生徒会メンバーの名前はかぐや姫で有名な『竹取物語』の登場人物から取っていると言われており『竹取物語』が原典です。 この物語には竹から出てきた美しい美少女が5人の求婚者に無理難題を課し、誰も達成できずに終わるという場面があります。 石上のモチーフだと思われる中納言石上麿呂足に与えられた課題は「燕の子安貝を入手すること」です。しかし、前述したように中納言石上麿呂足は燕の子安貝を手に入れることができません。 この『竹取物語』の展開から石上はつばめを手に入れることができない。つまり2人が付き合うことはないのではないかと言われているのです。 ですが卒業式当日に1度は振られた石上ですがつばめに距離を取らないで欲しいと言われており、2人の関係が切れたわけではありません。2人の今後に大注目です!

子安つばめと伊井野ミコはライバル関係?

作中には石上との関係が気になるもう1人のキャラクターがいます。それは石上の同級生である伊井野ミコです。 登場当初から石上とミコはお互いに良いイメージが無く犬猿の仲でしたが、能力や人格を認め合っている関係でもあります。 クリスマスパーティーでは、ミコがつばめに優しくする石上をみて「つばめ先輩にするみたいに優しくしてみなさいよ」と話す場面がありました。そのため読者の間では石上とミコがくっつくのでは?という声もあります。 これに対して、クリスマスパーティーでつばめはミコの世話をする石上に「ゆーくんはミコちゃんの事ばっかなんだね」と嫉妬とも取れる発言をしていました。 このように石上を巡ってミコとつばめはお互いを意識しており、3人の関係がどのような結末を迎えるのか必見となっています!

子安つばめの声優は福原遥!【イメージにピッタリと話題】

TVアニメ『かぐや様は告らせたい』にて子安つばめ役を演じるのは声優のみならず女優、歌手、モデルとマルチに活躍する福原遥(ふくはらはるか)です。 所属事務所は研音で、子役時代に出演した『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』で演じた柊まいん(ひいらぎまいん)役に由来する「まいんちゃん」の愛称で親しまれています。 声優としての代表作は『キラキラ☆プリキュアアラモード』の有栖川ひまり(ありすがわひまり)役や『恋は雨上がりのように』の西田ユイ(にしだゆい)役など。 アニメでつばめが初登場した際にはイメージにピッタリだと大きな話題を呼びました。 また第2期『かぐや様は告らせたい?〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』では福原遥の「風に吹かれて」がED テーマとなっています。

「かぐ告」学校のマドンナとド隠キャの恋の行方は……?今後に期待!

容姿端麗で誰にでも分け隔てなく接する人気者の子安つばめ。読者からも高い人気を集めていますが謎めいた行動が多く、未だに本心が読みづらいキャラクターとなっています。 作中での“裏主人公”である石上が想いを寄せるつばめは、今後も重要な役割を担うことは間違いないでしょう。 石上との関係はもちろん、ミコとの三角関係も含めてつばめが今後どのような顔を作中で見せてくれるのか期待大です!