2021年3月6日更新

「R-1グランプリ」歴代優勝者・2021年決勝進出者を徹底紹介【今年の王者は?】

R-1グランプリ

日本一のピン芸人を決定する「R-1グランプリ」。2002年から毎年開催されており、歴代優勝者はそうそうたるメンツです。この記事では、「R-1グランプリ」の歴代大会で熱戦を繰り広げた芸人と、2021年度に決勝へ進出した芸人を徹底解説していきます!

目次

「R-1グランプリ」歴代優勝者・審査員は?【2021年度決勝進出者も解説】

2002年にスタートして以来毎年恒例で開催されている「R-1グランプリ」は、ピン芸人限定のお笑い賞レース。毎年ピン芸人たちが趣向を凝らしたネタを披露し、お茶の間を盛り上げています。 この記事ではそんな「R-1グランプリ」を制した歴代優勝者たちについて徹底的に解説!2021年大会をしっかりと楽しむためにも、過去の大会を復習しておきましょう。

2003年優勝:だいたひかる

だいたひかる

準優勝者:− 審査員:浜村淳、森末慎二、萩原芳樹、元木すみお、上沼真平 記念すべき第1回大会の優勝者は、淡々とした口調で毒舌ネタを披露する女性ピン芸人・だいたひかる。女性ならではのするどい視点で、ついつい頷いてしまうようなあるあるネタを次々と繰り出します。 現在は病を患っていることもありテレビ出演は少なめですが、だいたひかるのネタは頭にこびりついて離れないほど中毒性高めです。

2004年優勝:浅越ゴエ

準優勝者:− 審査員:渡辺正行、大平サブロー、ダンカン、大林素子、上沼真平 第2回大会の優勝者は、お笑いユニット「ザ・プラン9」のメンバーである浅越ゴエ。一見ごく普通のサラリーマンのように見える浅越ゴエですが、そのネタは非常に秀逸です。 ニュースキャスターに扮した彼は“架空のニュース”を淡々と読み上げ、爆笑をかっさらいます。そのシュールな世界観がなんとも癖になること間違いなしです。

2005年優勝:ほっしゃん。

準優勝者:井上マー 審査員:伊東四朗、間寛平、大平サブロー、ダンカン、月亭八方 「R-1グランプリ」が世間に深く浸透し始めた第3回大会では、ほっしゃん。が優勝を納めています。ほっしゃん。は『人志松本のすべらない話』などのトーク番組に数多く出演している実力派芸人。番組では嫁の天然すぎるエピソードなどを赤裸々に披露しています。 ほっしゃん。は現在本名の星田英利として活動。俳優としても活躍を見せています。

2006年優勝:博多華丸

準優勝者:あべこうじ 審査員:伊東四朗、間寛平、大平サブロー、林家正蔵、ダンカン 第4回大会で優勝したのは、今やテレビで見ない日はないほどの人気芸人・博多華丸大吉の博多華丸。今大会では児玉清のモノマネ芸を披露し、優勝に輝いています。 2014年の『THE MANZAI 2014』ではコンビで優勝。現在もNHKの朝の人気番組『あさイチ』のMCを務めるなど、幅広い世代から支持され続けています。

2007・2008年優勝:なだぎ武

第5回大会 準優勝者:徳井義実 審査員:桂三枝、高田純次、間寛平、大平サブロー、ダンカン 第6回大会 準優勝者:芋洗坂係長 審査員:月亭八方、高田純次、間寛平、太平サブロー、ダンカン 二大会連続で優勝に輝いたのは、個性の強いキャラクターで笑いを誘うピン芸人・なだぎ武。第2回大会の王者である浅越ゴエと同じくザ・プラン9の一員であるなだぎ武は、1度見たら忘れることのできない濃いキャラでネタを披露しています。 現在はザ・プラン9を脱退し、舞台に出演するなど活躍の幅を広げています。

2009年優勝:中山功太

準優勝者:エハラマサヒロ 審査員:桂三枝、関根勤、太平サブロー、清水ミチコ、ラサール石井、江川達也、堺正章 第7回大会では、独特な雰囲気でシュールなネタを披露するピン芸人・中山功太。今大会では“時報”をモチーフにしたネタを披露しています。 中山功太はその後、毎日放送が主催している「歌ネタ王決定戦」でも優勝し、その実力の高さを見せつけました。現在はライブ配信者としての顔も持ち、自分らしい形でお笑いに向き合っています。

2010年優勝:あべこうじ

準優勝者:エハラマサヒロ 審査員:桂三枝、高田純次、太平サブロー、清水ミチコ、ラサール石井、板尾創路、伊東四朗 第8回大会で優勝に輝いたのは、まさにコメディアンといった愉快なキャラクターが人気のピン芸人・あべこうじ。陽気でハッピーな芸風が幅広い世代から支持されている芸人です。 漫談を主な芸風としているあべこうじは、現在もネタ番組や劇場で活躍。プライベートでは2014年に元モーニング娘。の高橋愛と結婚しています。

2011年優勝:佐久間一行

準優勝者:AMEMIYA 審査員:桂三枝、ラサール石井、太平サブロー、清水ミチコ、勝俣洲和、板尾創路、秋元康 第9回大会では、子供のような可愛らしい表情が魅力的なピン芸人・佐久間一行が優勝。“さっくん”という愛称で親しまれている佐久間一行は、歌ネタやフリップ芸など様々な芸を持つ実力派芸人です。 近年は人気番組である『千鳥のクセがスゴいネタGP』に出演するなど再度注目を集めているため、今後の活躍も楽しみです。

2012年優勝:COWCOW 多田

準優勝者:スギちゃん 審査員:桂三枝、関根勤、天野ひろゆき、木村祐一、ラサール石井、板尾創路、高田純次 第10回大会で優勝を収めたのは、お笑いコンビ・COWCOWの多田健二。コミカルな動きと癖になるネタで見事優勝に輝いています。 某有名デパートの紙袋のような柄のスーツがトレードマークの多田。出てきただけでついつい笑ってしまうような風貌も彼の魅力の1つです。COWCOWではボケを担当していますが、ピン芸でも高い評価を受けています。

2013年優勝:三浦マイルド

準優勝者:ヒューマン中村 審査員:桂文枝、関根勤、勝俣州和、木村祐一、ラサール石井、板尾創路、高田純次 第11回大会で審査員7名全員の票を集めての優勝を果たしたピン芸人・三浦マイルド。1度見たら忘れられないその風貌は、かなり個性的です。 三浦マイルドは、「R-1グランプリ」の第1回大会で初めてピン芸人として舞台に立ち、2009年には準決勝に進出。着実に優勝への階段を登ってきました。現在は劇場やバラエティ番組で活躍しています。

2014年優勝:やまもとまさみ

準優勝者:レイザーラモンRG 審査員:桂文枝、関根勤、天野ひろゆき、清水ミチコ、木村祐一、ラサール石井、板尾創路 第12回大会で優勝に輝いたのは、変幻自在のコント師であるやまもとまさみ。彼は様々なキャラクターを演じ分けて1人コントを見せることを得意としており、特にオネエキャラを演じることが多く見られます。 一方でトークは少し苦手なやまもとまさみ。人気バラエティ番組『ナカイの窓』に出演するも、バカリズムや中居正広からダメ出しを受けてしまいます……。今後はトークも頑張って欲しいところですね。

2015年優勝:じゅんいちダビッドソン

準優勝者:ゆりやんレトリィバァ 審査員:桂文枝、関根勤、天野ひろゆき、勝俣州和、板尾創路 第13回大会で優勝したじゅんいちダビッドソンは、サッカー選手の本田圭佑のモノマネで一世を風靡したピン芸人。白いスーツをトレードマークとし、ひねりのない“無回転なぞかけ”などを披露しています。 「R-1グランプリ」出演後もネタ番組などで活躍を見せているじゅんいちダビッドソン。2020年には事務所から独立し、個人事務所・合同会社潤一を設立しています。

2016年優勝:ハリウッドザコシショウ

準優勝者:小島よしお 審査員:関根勤、ヒロミ、清水ミチコ、板尾創路、間寛平 第14回大会を制したのは、クセの強いネタで有名なハリウッドザコシショウ。メジャーなネタ番組向きではない芸を披露する彼の優勝は、当時大きな話題となりました。 ハリウッドザコシショウのネタは、黒いパンツと黒いハット姿で有名人の誇張したモノマネを披露するというもの。賛否両論ありそうなネタですが、1度ツボにハマると抜け出せなくなるような中毒性もあります。

2017年優勝:アキラ100%

準優勝者:サンシャイン池崎 審査員:桂文枝、関根勤、清水ミチコ、ヒロミ、板尾創路 まだ記憶に新しい第15回大会で優勝を収めたのは、“裸”にお盆1つで芸を披露する異例のピン芸人・アキラ100%。今大会では裸で刑事役を演じる“丸腰刑事”のネタで頂点に輝いています。 彼は「R-1グランプリ」優勝後も『水曜日のダウンタウン』などの人気番組に出演し続けており、2020年1月には俳優としてドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』にレギュラー出演しています。

2018年優勝:濱田祐太郎

準優勝者:ゆりやんレトリィバァ 審査員:桂文枝、関根勤、久本雅美、陣内智則、ヒロミ 視聴者の記憶に深く残る大会となった第16回「R-1グランプリ」。優勝したのはなんと、先天性の視覚障害を持つピン芸人・濱田祐太郎。白杖を持ち、スーツ姿で堂々と舞台に立つ彼の姿に、もはや感動をも覚えた人も多かったのではないでしょうか。 濱田祐太郎の主な芸風は、正統派の漫談。今大会でも軽快なしゃべりで、視覚障害者ならではのあるあるや、盲学校のあるあるネタなどを披露し、見事爆笑をかっさらいました。 現在も濱田祐太郎は芸人として活躍しており、ラジオ番組のパーソナリティを務めるなど、様々なことに挑戦し続けています。

2019年優勝:霜降り明星 粗品

準優勝者:セルライトスパ 大須賀 審査員:桂文枝、関根勤、久本雅美、陣内智則、友近、渡辺正行 第17回大会で優勝に輝いたのは、今や大人気お笑いコンビとなった霜降り明星の粗品。テレビで見ない日はないほど売れっ子の霜降り明星ですが、過去にはピンでも大きな実績を残しているんですね。 今大会で粗品が披露したのはフリップ芸。テンポの良いツッコミとともにどんどんフリップをめくっていく勢いのあるネタで大会を制しました。 現在はコンビで『霜降りバラエティ』や『霜降り明星のあてみなげ』などの冠番組を持ち、お笑い界の階段を駆け上っている粗品。今後もさらに人気が高まっていくことでしょう。

2020年優勝:マヂカルラブリー 野田クリスタル

準優勝者:大谷健太 審査員:桂文枝、関根勤、久本雅美、陣内智則、友近、勝俣州和 第18回大会で優勝を収めたのは、マヂカルラブリーの野田クリスタル。マッチョ体型と野太い声が印象的な芸人です。彼は同年にコンビで「M-1グランプリ」も制しており、今まさに勢いに乗っています。 シュールで破天荒な芸風の野田クリスタルですが、自身でゲームを製作するなど多様な才能の持ち主。誰にも思いつかないようなネタを、これからも作り続けてくれること間違いなしです。 「R-1グランプリ」優勝以降も『IPPONグランプリ』などの人気バラエティ番組に数多く出演。今後の活躍にも期待大です。

『R-1グランプリ2021』決勝進出者も紹介!賞金500万円を手にするのは……?

ついに決定した『R-1グランプリ2021』の決勝進出者を紹介します。 優勝を掴むピン芸人は一体誰なのでしょうか?

かが屋 賀屋(画像上段左)

吹き出し アイコン

コンビではキングオブコント決勝進出も!

マセキ芸能社所属のお笑いコンビ・かが屋の賀屋壮也。コンビではキングオブコントへの出場経歴があります。ピンでのネタは未知数ですが、どのようなネタを披露してくれるのでしょうか?

土屋(画像上段中央)

吹き出し アイコン

養成所同期をライバル視?

プロダクション人力舎所属のピン芸人・土屋。養成所同期で昨年の女芸人チャンピオン決定戦「THE W」を制した吉住とともに、初の決勝戦に挑みます。

森本サイダー(画像上段右)

吹き出し アイコン

同居人に続いて決勝進出!

松竹芸能所属のピン芸人・森本サイダー。昨年の「M-1グランプリ」ファイナリストであるオズワルドとはルームシェアをしています。オズワルドに続き、大会で爪痕を残せるのでしょうか。

高田ぽる子(画像中段左)

吹き出し アイコン

芸歴2年目でまさかの決勝!

マセキ芸能社所属で、一見普通の女の子のようなピン芸人・高田ぽる子。なんと芸歴2年目での出場を果たした彼女は、いったいどんなネタを披露してくれるのでしょうか。

吉住(画像中段中央)

吹き出し アイコン

THE W優勝の実力者

昨年の女芸人限定賞レース「THE W」で優勝を果たした吉住が、「R-1グランプリ」にも出場。女性ならではの目の付け所の良いネタで優勝を狙います!

kento fukaya(画像中段右)

吹き出し アイコン

大阪の実力派がついに決勝へ!

吉本興業所属のピン芸人・kento fukaya。絵を描くことを得意としており、インスタで公開している手書きの似顔絵が132万円で落札されたことも!

寺田寛明(画像下段左)

吹き出し アイコン

マセキのピン芸人の星

マセキ芸能社所属でお笑いイベントの企画も行なっているピン芸人・寺田寛明。今年度に出場権を失ったマセキ芸能社の先輩芸人の思いを背負って戦ってくれるかもしれませんね。

ZAZY(画像下段中央)

吹き出し アイコン

独特な見た目だけじゃない!

吉本興業所属の派手な見た目が特徴的なピン芸人・ZAZY。長髪を振り乱しながら紙芝居芸を披露しています。同期には霜降り明星やコロコロチキチキペッパースなど、勢いに乗る芸人も。

ゆりやんレトリィバァ(画像下段右)

吹き出し アイコン

賞レース常連の超実力者

吉本興業所属の女性ピン芸人・ゆりやんレトリィバァ。吉住と同じく「THE W」の優勝経験を持つ彼女は、賞レースの常連組。その実力も折り紙つきです。今大会でもその個性的なネタに期待が高まります。

『R-1グランプリ2021』の司会は霜降り明星と広瀬アリス

『R-1グランプリ2021』の司会を務めるのは、同大会に出場経験のある霜降り明星の二人と、お笑い好きの女優・広瀬アリス。面白くなること間違いなしの人選ですね。 今大会は以上で紹介した9名と、敗者復活戦を勝ち抜いた1名で戦いが繰り広げられます。

衝撃のルール改正に独占配信開始!これまでの「R-1」を全て視聴する方法は?

「R-1グランプリ」の2021年大会は例年とは異なる点が多数。まず、前回大会までは出場資格に芸歴の制限がなかった「R-1グランプリ」ですが、今大会からはプロは芸歴10年以内、アマは大会への参加が10回目以内に限定されることになりました。

また、今大会からはスポンサーであるU-NEXTによる見逃し配信が決定!U-NEXTでは、3月中旬よりこれまで全ての大会の動画を配信予定のため、そちらも要チェックです。

歴代優勝者はそうそうたる顔ぶれ!「R-1グランプリ」から目が離せない

過去の大会を振り返りながら今年の「R-1グランプリ」について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?個性豊かな出場者ばかりで、大会本番がさらに楽しみになってきましたね! 『R-1グランプリ2021』は3月7日(日)放送予定で、U-NEXTでの見逃し配信も予定されています。今年の大会の前に歴代優勝者をしっかり予習しておきましょう。