2021年4月6日更新

「ガフの扉」と「ガフの部屋」とは?「エヴァンゲリオン」に登場する重要用語を解説

ガフの扉

「エヴァンゲリオン」シリーズに登場する難解なエヴァ用語の1つ「ガフの扉」と「ガフの部屋」。エヴァ世界では生命の始祖「アダム」と「リリス」や「インパクト」と密接な関係にあるこの用語を、オリジナルであるユダヤ神話や劇中の表現などから考察します。

目次

「ガフの扉」と「ガフの部屋」とは一体?【ネタバレ注意】

アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』惣流アスカ、碇シンジ、綾波レイ
©ADV Films/Photofest/Zetaimage

テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』から旧劇場版、新劇場版とすべてのシリーズに登場する重要なエヴァ用語「ガフの扉」と「ガフの部屋」。旧劇場版と新劇場版では描写も異なっており、難解さも増しています。 この記事では、これらの用語をオリジナルのユダヤ神話から紐解き、劇中の表現などから考察していきます。 ※この記事は「エヴァンゲリオン」シリーズのネタバレを含みますので、読み進める際は注意してください。またciatr以外の外部サイトでこの記事を開くと、画像や表などが表示されないことがあります。

\テレビ放送版はこちら/

\新劇場版はこちら/

扉について考察する前に……「ガフの部屋」とは?

オリジナルはユダヤ神話

「ガフの扉」について考察する前に、まず元ネタを持つ「ガフの部屋」について確認してみましょう。元はヘブライ人(古代イスラエル・ユダヤ)の伝説にある言葉で、「神の館」にある魂の住む部屋のことを意味します。 それによると、この世に生まれてくる子どもたちはすべて「ガフの部屋」で魂を授かって生まれてくるとのこと。この伝説ではガフの部屋は世界に1つですが、エヴァ世界では1人1人がガフの部屋を持っているとされています。

「ガフの部屋」が空っぽとはどういう意味?

アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』綾波レイ
©ADV Films/Photofest/Zeta Image

「ガフの部屋」という言葉は、赤木リツコが水槽に大量に浮かぶレイのクローンを目の前にして、「ガフの部屋が空っぽなのよ」と言うシーンで登場。これらのクローンが魂を持たないただの「入れ物」であることを示した場面です。 つまり、肉体に魂がなければ「人間」ではなく、逆にアダムとリリスの魂が入ったカヲルレイも人間とみなされていると考えられます。綾波レイは大量のクローンの中でガフの部屋に魂が生まれた1体なのです。

「ガフの扉」とは?

生命の祖であるアダムとリリスの掌に出現する亀裂のこと

地球の生命の始祖であるアダムとリリスは、それぞれ「白き月」と「黒き月」というガフの部屋を持っています。劇中の描写を見る限りでは、アダムとリリスのガフの扉は両手の掌にあるようです。 アダムの掌にあるガフの扉を通ると、アダムのガフの部屋である白き月に、リリスのガフの扉を通るとリリスのガフの部屋である黒き月に行き着くと考えられます。

ファーストインパクトでは黒き月(リリスのガフの部屋)が地球に落ちてきた

エヴァ世界で起きたファーストインパクトは、黒き月が地球に落ちてきたことで起こった衝撃です。落ちたのは日本の箱根であり、第3新東京市が建造された場所。 そこに対使徒迎撃専用施設として設置されたのがネルフであり、アダムから生まれたすべての使徒はリリスとの接触を目指してこの場所を攻撃してくるのです。

セカンドインパクトで白き月(アダムのガフの部屋)は焼却処理された

世界の人口を半減させた「セカンドインパクト」は、表向きには巨大隕石の落下による衝撃とされましたが、実はゼーレによって秘密裏に人為的に行われた「白き月の熱滅却処理」によって起こった事故でした。 人類にとって脅威となる使徒が、アダムのガフの部屋から生まれてくることを防ぐために焼却しようとしたと考えられますが、その結果セカンドインパクトが引き起こされたようです。

サードインパクトでは人類を黒き月にかえそうとした?

サードインパクトについては、旧劇場版と新劇場版では描写が異なっており、発生条件も違っています。しかしどちらもエヴァ初号機の覚醒が第1条件であり、人類の魂を黒き月へ還すことが目的だった思われます。 旧劇場版では使徒とリリス、量産機と初号機の融合によって発生し、新劇場版では「破」のラストで初号機の疑似シン化形態によって「バラルの扉」が開きかけました。

「バラルの扉」とは?

ルーツはエヴァ初号機

バラルの扉は覚醒したエヴァが開くことができる扉であり、ガフの扉と同じくガフの部屋へつながっているようです。エヴァは元々アダムを模して造られたもの。覚醒した初号機は疑似シン化形態となり、神に近づきました。 それこそがゼーレの思惑であり、人造のエヴァによってインパクトを起こし、人類の魂をガフの部屋に集めて1つにすることが彼らの「人類補完計画」です。 しかし「破」でゲンドウが起こしたのはゼーレの望む形ではなかったため、送り込んだ渚カヲルによってサードインパクトは途中で止められました。

バラルは「神の門」?

では「バラル」の名の由来は何でしょうか?バラルとはアッカド語で「神の門」を意味し、旧約聖書の「バベルの塔」のバベルも語源はヘブライ語の「混乱 (バラル)」からきているそう。エヴァを使って神に近づこうとしたゼーレとゲンドウを、神の領域に近づこうとバベルの塔を築いた人間の罪深さに当てはめたものかもしれません。

「ガフの扉」は「シン・エヴァ」にも登場!

シン・エヴァンゲリオン
(C)カラー (C)カラー/Project Eva. (C)カラー/EVA製作委員会

これまでの「エヴァンゲリオン」シリーズで重要なキーワードとして登場してきた「ガフの扉」。「シン・エヴァンゲリオン劇場版」にも「地獄の門」として「ガフの扉」が登場しています。 エヴァ世界を締めくくる「シン・エヴァ」を理解するためにも、ガフの扉・ガフの部屋についてはより深く考察しておきたいものですね。

\テレビ放送版はこちら/

\新劇場版はこちら/