領域外の妹とは?コナンに登場する謎の少女を徹底考察!

2017年5月11日更新 1886view

毛利蘭の同級生の世良真純が同居している謎の少女。彼女は自分の事を「領域外の妹」と話します。彼女の正体は一体…

領域外の妹とは

名探偵コナン 83

毛利蘭の同級生の世良真純が宿泊している帝都スカイホテルの部屋で、世良と一緒に住んでいると思われる正体不明の少女です。「領域外の妹」とは彼女自身が世良にコナンたちにこのように伝えるように指示したものです。

年齢は言及されていませんが、コナンの発言から中学生くらいとされています。茶髪の短めの巻き毛で、目元には世良や赤井秀一と似た黒い縁取りのようなクマがあるのが特徴です。また洞察力や分析力、推理力にとても優れています。よく咳き込む描写があり、病弱の可能性が高いです。

領域外の妹の正体は

赤井秀一 名探偵コナン

第953話「霊魂探偵の意外な隣人」にて、世良が領域外の妹の事を「ママ」と呼んでいた事から、正体は世良真澄の母親ということがわかりました。つまり世良の兄弟が確定している赤井秀一や羽田秀吉の母親でもあります。外見が年齢と比べてかなり幼いのは新一たちと同じAPTX-4869(アポトキシン4869)のせいだとコナンが推測していますが、まだ確証はありません。

小五郎が羽田秀吉の義兄である羽田浩司の名前を出した時、とても驚いていることから何らかの関係があると推測されています。

領域外の妹の本名は

名探偵コナン 89

世良が行きつけのラーメン店に忘れていったハンカチに『Mary』という刺繍があり、そこから彼女の名前は、メアリーと考えられていました。

そしてアニメ第849話「婚姻届のパスワード」で次男である羽田秀吉の婚姻届の母の欄にメアリー・世良、父の欄には赤井務武と記入されているため、メアリーの現在の姓は赤井で、世良はミドルネームだと分かります。そのことから、「領域外の妹」ことメアリーの現在の名前は赤井メアリー世良、またはメアリー・世良・赤井ではないかと考えられています。

APTX-4869

名探偵コナンAPTX-4869

赤井秀一、羽田秀吉、世良真純らの年齢を考えると、母である「領域外の妹」ことメアリー・世良は幼児化していると考えられます。『名探偵コナン』の作中で幼児化といえばAPTX-4869(アポトキシン4869)がまず挙げられます。

さらに次男の羽田秀吉の義兄・羽田浩司はAPTX-4869での被験者リストに名前が載っていて「死亡」とされています。

APTX-4869や羽田浩司との関係についてはまだ語られていませんが、「領域外の妹」と何らかの関係があるのは間違いないでしょう。

世良真澄との関係は

世良真澄は赤井務武とメアリー・世良の長女です。世良は幼児化し「領域外の妹」となっているメアリー・世良とホテルで一緒に住んでいます。一緒に住んでいるところや携帯電話で二人の写真を撮ったりしているところからも母娘関係は良好だと考えられます。

羽田秀吉との関係は

羽田秀吉は赤井務武とメアリー・世良夫妻の次男です。しかし羽田秀吉は父・赤井務武の死後、何らかの事情により高校を卒業した後に羽田家に養子に入り、姓を「世良」から「羽田」にかえています。

羽田秀吉が将棋で七冠を達成したとき、「領域外の妹」はテレビで見ていて笑顔で喜んでいました。羽田秀吉と直接的なかかわりは描かれていないものの、息子の七冠達成を喜んでいる姿を見ると、二人の関係性は悪くないかと推測されます。

黒の組織との関係は

黒の組織 名探偵コナン

「領域外の妹」ことメアリー・世良が黒の組織の毒薬APTX-4869で幼児化している可能性が高いことだけではなく、赤井務武とメアリー・世良夫妻の長男・赤井秀一が黒の組織を追っていることや、次男の羽田秀吉が羽田家に養子入りしていることやさらに秀吉の義兄・羽田浩司の名前がAPTX-4869の被験者リストに名前が載っていることから、赤井家・羽田家ともに黒の組織と深い関係があることが推測されます。

しかし今の時点ではこれらのことについての確証はまだありません。

灰原哀との関係は

名探偵コナンDVD SELECTION Case4.灰原哀

灰原哀(宮野志保)と宮野明美の母親である宮野エレーナがメアリー・世良と姉妹であるという噂があります。その根拠として灰原の外見が「領域外の妹」と似ている点や作者の青山剛昌本人の口から赤井秀一と宮野明美はいとこであると証言がとれているという点があげられます。またエレーナはイギリス出身で世良真澄もイギリスの帰国子女であるところにも共通点がみられます。

しかし今の時点ではこれらのことについての確証はまだありません。