2022年2月1日更新

『名探偵コナン』赤井秀一について徹底解説!3つの顔を持つスナイパーの過去とは?

赤井秀一はライ(諸星大)・沖矢昴の3つの顔を持つ、作中でも屈指の人気キャラクター。2021年公開の映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』にはメインキャラクターとして登場し、話題を呼びました。 本記事ではそんな赤井のプロフィール、安室や家族との関係について徹底解説していきます! ※この記事は2022年1月現在までのネタバレを含みますので、読み進める際は注意してください。またciatr以外の外部サイトでこの記事を開くと、画像や表などが表示されないことがあります。

AD

赤井秀一のプロフィール

名前赤井秀一
ライ(諸星大)
沖矢昴
年齢30代前半
誕生日不明
身長180cm台後半
出身イギリス
愛車黒のシボレー C-1500
→赤のフォード・マスタングGT500

赤井秀一(あかいしゅういち)は『名探偵コナン』に登場するFBI捜査官です。黒いニット帽と緑の瞳、目の下のクマが印象的。 性格はクールで、常にポーカーフェイスを崩さない人物であり、FBI捜査官チームきっての切れ者で、推理力に関してはコナンと肩を並べるほどです。 彼がFBIに入ったのは、物語開始の17年前。父・務武(つとむ)の死の真相を知るためでした。数年越しの計画を立ててFBIに入るなど、彼は計画性と忍耐力の持ち主であることもうかがえます。

赤井秀一の声優は誰?

赤井秀一の声を務めているのは声優の池田秀一。赤井の名前は池田秀一が由来になっています。

安室透と敵対しているのはなぜ?

赤井と安室は、もともと黒の組織で互いにライバル視をしていました。そんな2人の仲をさらに険悪にしたのは、安室の親友である諸伏景光・スコッチの死。安室は赤井がスコッチを死に追い込んだと勘違いし、赤井を恨むようになりました。

赤井秀一の3つの顔を徹底紹介【赤井・ライ・沖矢】

【赤井秀一】クールなFBI捜査官

赤井秀一はFBI捜査官です。日本人の父とハーフの母を持つイギリスの血が入ったクウォーターで、常に被っている黒いニット帽がトレードマークとなっています。 寡黙で多くを語らない彼ですが、その実力は本物。截拳道(ジークンドー)の達人であるため肉弾戦にも強く、推理力や情報収集能力にも長けています。 また特筆すべきはその狙撃能力です。700ヤードを超える射程距離は作中屈指で、FBIのエースにして切り札的存在となっています。作中では1300ヤード以上離れた手榴弾を狙撃する描写もありました。 赤井は普段、黒の組織を追っています。黒の組織のボスからは組織唯一の天敵「銀の弾丸(シルバーブレット)」と呼ばれ、恐れられている存在なのです。

AD

【ライ(諸星大)】黒の組織に潜入捜査

来日した赤井秀一は諸星大(もろぼしだい)という偽名を使って、黒の組織の構成員であった宮野明美に偶然を装い接触します。 そして諸星は黒の組織にスナイパーとして潜入し、コードネーム「ライ」を与えられるまでに実績を積みました。「ライ」はライ麦を原料とする、「ライ・ウィスキー」を由来としています。 彼はバーボンこと公安警察・降谷零(ふるやれい)と、同時期に黒の組織に潜入していました。その際にある悲しい事件が起こり、降谷はライに強い憎悪と殺意を抱くようになります。 遂にジンとの共同任務を任されるほどになったライは、FBIの仲間とともにジンの確保に挑みました。しかし黒の組織の一計により裏切り者だとバレてしまい、赤井はアメリカへ帰国するのでした。

【沖矢昴】別人に変装?柔和な大学院生

沖矢昴(おきやすばる)は東都大学大学院工学部に通う、27歳の大学院生です。自身も卓越した推理力を持つシャーロキアンで、ハイネックの服を好んで着用しています。突如現れ隣に住み着いたりと、作中では怪しげな行動を取っていた彼。その正体は殉職しているはずの赤井秀一本人でした。 作戦失敗を経て再び来日した赤井は、CIA諜報員の水無怜奈を「キール」として潜入させることに成功します。しかしキールはボスに裏切りを疑われており、信頼を得るために赤井を殺すことに。死体の指紋から、黒の組織、FBIともに赤井は死んだと断定されました。 ところが赤井の死亡はコナンの協力を得た偽装だったのです。ハイネックの服を好んでいるのは、阿笠博士が開発した「チョーカー型変成器」を隠すためでした。 「赤井秀一」とは正反対と言える柔和で家庭的な雰囲気を纏う沖矢は、今もなお黒の組織の破滅を狙っています。

AD

赤井が黒の組織に潜入した理由って?

赤井の父親は赤井務武(あかいつとむ)です。17年前の羽田浩司殺害事件になんらかの形で関与し、その後消息不明になっています。故人とされていますが、遺体は見つかっていません。 赤井は彼が消息不明となった真相を探るべくFBIになり、黒の組織の調査を続けています。国籍を変えてまでFBIになったことを考えると、父や父が関わった事件に対してかなり強い思い入れがあるのでしょう。 コナンが尋ねたところ、父親はFBIではなかったと答えています。後に原作1048話「何故泣いている…」にて、夫婦ともにMI6だったと判明しました。 まだ赤井務武に関しては本編で描かれていないことも多いですが、今後黒の組織に迫っていくとともに新たなエピソードが明らかになるかもしれませんね。

赤井秀一が死亡!?射殺&爆破事件の真相とは

赤井は2年前まで約3年間、黒の組織に潜入していました。その際のコードネームはライ。 彼は組織に取り入るため、灰原哀(はいばらあい)こと宮野志保(みやのしほ)の姉・明美に接近し、恋人関係になります。ちなみに最初は捜査目的のための接触でしたが、最終的には彼女に本物の恋愛感情を抱くようになっていきました。 その後、赤井は組織を抜け出しますが黒の組織の一員であるジンにはめられ、峠(とうげ)で射殺され愛車ごと爆破されてしまいます。しかしそれはコナンが発案した偽装工作でした。 死んだと見せかけて赤井は「沖矢昴(おきやすばる)」という大学院生になりすまして生活し、独自に黒の組織の調査を進めています。

AD

沖矢昴は赤井秀一だった!伏線をおさらい

沖矢昴は当初、容疑者の1人として登場しました。彼は「赤い人」と呼ばれており、これが最初の伏線となります。その後も沖矢も赤井と同じ左利きであることをはじめ、ヘビースモーカーでバーボンを好むことなどの共通点が明らかに。 674話「探偵たちの夜想曲(ノクターン)」では、沖矢が灰原哀に対して「そんな顔をするな」と声をかけていますが、この言葉はかつて諸星大(赤井秀一の偽名)が彼女の姉にかけた言葉と同じものでした。 704話「漆黒の特急」では初めて沖矢が目を見開くシーンが登場。赤井とそっくりな瞳から、2人が同一人物であると確信した視聴者は多いでしょう。 正体が判明したのは劇場版「異次元の狙撃手(スナイパー)」。ラストシーンでボイスチェンジャーを切った沖矢は赤井秀一の声で「了解」と返事をしており、これによって2人が同一人物だと確定しました。

沖矢昴の正体が赤井秀一だと知っているのは誰?

赤井の正体を完全に知っている人物

赤井の正体を知っている人物一覧

  • コナン、工藤夫妻
  • 水無怜奈(キール)
  • 阿笠博士
  • FBI捜査官(ジェイムズ、ジョディ、キャメル)
  • 羽田秀吉

表向きには死んだとされている赤井秀一ですが、彼の死の偽装工作を計画・実行したコナンと工藤夫妻、CIAの諜報員・水無は、その正体を知っています。彼が沖矢昴に扮するために欠かせない変声機を提供している阿笠博士も、赤井の協力者です。 また、FBIのボスであるジェイムズをはじめ、ジョディやキャメルは赤井が沖矢として生きていることを知っています。 赤井の弟である羽田秀吉も彼の正体を知っており、専用の携帯で時々連絡を取り合っています。

赤井の正体を疑っている人物

赤井の正体を疑っている人物一覧

  • 安室透
  • 世良真純
  • メアリー世良

安室透は赤井の死を疑っていますが、コナンや工藤夫妻の協力の偽装工作により、赤井と沖矢が同一人物だという推理を覆されます。しかし、赤井の生存については知ることになりました。 また妹の世良真純は、赤井は死んだと知らされています。しかし何度か疑念を抱いている描写があり、沖矢に会った際は何かを感じ取ったようでした。今後、持ち前の推理力で同一人物だという結論にたどり着く可能性はあります。 そして赤井の母親であるメアリー世良は、まだはっきりと言及されていないものの「緋色の弾丸」で赤井と直接対決したことにより、その正体を知ることとなったと予想できます。

AD

赤井秀一の関係性まとめ【安室透・宮野明美・ジョディ】

【安室透×赤井秀一】敵対している理由は?

安室透は表向きは私立探偵ですが、その正体は黒の組織に潜入している公安警察官・降谷零です。 赤井と安室は黒の組織に身を置いていたときからのライバルでした。安室は親友・スコッチこと諸伏景光の死のきっかけが赤井にあると勘違いし、赤井を憎むようになりました。 そのため赤井が事件で死んだとされてもその情報を信じずに、復讐を画策したり、独自の調査で沖矢昴の正体を見抜いて本人に追及したりもしています。 しかしコナンによって、赤井が沖矢であるという推理を覆されてしまいました。このとき降谷は赤井と電話で話しており、彼の生存を知ることになります。

赤井秀一の恋愛事情とは?

宮野明美との関係

赤井は先述した通り、黒の組織に潜入するために宮野明美と交際していました。FBIによるジン捕獲作戦の前日、彼は明美に正体と真実を伝えています。 明美はすべてを知っていながら、それでも赤井と付き合っていたと告白。作戦の失敗により赤井がNOCだと露見して音信不通になっても彼を想い続けました。その後、彼女はFBIと繋がりを持ったためにジンの手で粛清されてしまい、赤井とジンの因縁へと繋がったのでした。 明美から届いた最後のメールは「P.S.」の後が途切れていますが、何かあった時は「妹(志保)を守って」と続くのではないかと言われています。 ちなみに、メアリーは宮野姉妹の母、エレーナの実姉であるため2人はいとこ同士です。

ジョディとの関係

同僚のジョディ・スターリングとは、赤井が宮野明美と交際を始めるまで恋人関係でした。 ジョディは任務のためだからと理解を示したものの、「2人の女を同時に愛せるほど器用な性分じゃないんでね」と、彼らしい台詞で別れを告げました。 彼女は赤井の死を知った際、「一緒に仕事ができるだけでよかった」と痛切な想いを吐露しており、その後の様子からもいかにジョディが彼を愛しているかがわかります。 赤井が生存を明かしてからは、以前のように同僚として接する機会は増えてきました。交際のきっかけや彼女と復縁するかなど、今後の恋愛事情に注目ですね。

AD

赤井ファミリーを紹介!バラバラになった理由とは

赤井家家系図

もともと赤井一家はイギリスで暮らしていました。しかし父である赤井務武(つとむ)が「とんでもない奴ら」を敵にまわしてしまい、一家は安全のため日本にやって来ます。そして務武はプロ棋士・羽田浩司の殺害事件に関与し、消息を絶ってしまいました。 そして父が消息を絶った羽田浩司殺害事件の真相を探るため、秀一はアメリカに留学しFBI捜査官の道に進みます。一方次男の秀吉はプロ棋士となり、羽田家の養子に入ることに。メアリー真純はさまざまな謎を抱えながら、日本のホテルで一緒に暮らしています。 赤井ファミリーはバラバラになりながらも、いまだに事件の謎を追っているのです。

赤井務武

赤井家の父。18年前に黒の組織と思われる敵に目をつけられ、家族を日本へと逃しています。1年後に妻へ宛てた1通のメールを最後に、その消息を絶ちました。

メアリー世良

赤井家の母。「領域外の妹」の正体にして、イギリスの情報機関「MI6」の元メンバーです。3年前にベルモットの策略でAPTX4869を飲まされ、幼児化しました

羽田秀吉

赤井家の次男。「太閤名人」の異名を持つプロの棋士であり、警視庁交通課の婦警・宮本由美の恋人でもあります。高校卒業後、務武の友人である羽田家の養子に入りました。

AD

世良真純

赤井家の長女で3兄妹の末っ子。女子高生探偵として活動しており、持ち前の推理力や秀一に憧れて習得した截拳道の腕前はかなりのもの。メアリーとともにホテルを転々としながら、黒の組織について探っているようです。

映画「緋色の弾丸」は赤井秀一がキーパーソン!

映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』は、赤井秀一を筆頭とした赤井家が大活躍します。特にタイトルにある「緋色の弾丸」は秀一が放った弾丸を指しており、作中では人間離れした狙撃を披露していました。 発車してしまったリニアの後方から、秀一は車内に向け引き金を引きます。銀の特別製で磁力の影響を受けることなく、真空トンネルの中を進んだため彼の弾丸は落ちずに長距離を進み続けました。 そしてコナンとの連携により、犯人の肩を的確に射抜いてみせたのです。

赤井家の対峙が観られる?!

「緋色の弾丸」には秀一以外の赤井家も登場します。そしてメアリー真純は秀一の生存を知りません。本作ではそんな真純と、秀一扮する沖矢の対峙シーンが描かれたのです。 独自に犯人を追っていた真純とコナンからの連絡を受け取った沖矢は、犯人が潜伏する倉庫で鉢合わせてしまいます。そして2人は戦闘を開始。沖矢とは気づいていない様子だった真純ですが、彼が截拳道の使い手であることはわかったでしょう。 また秀吉は秀一が生きていると知っている、唯一の赤井ファミリーです。そんな2人は偶然の出会いがきっかけで、協力して犯人を追跡します。そして秀一が信頼した秀吉の思考力によって、犯人を追い詰めたのでした。

AD

赤井秀一の名言を紹介

「やっと会えたな……愛しい愛しい宿敵(恋人)さん……」

毛利小五郎やコナンを守るため、彼らを狙うジンを狙撃する際に放った台詞。赤井の名言の中でも、ファンの間で屈指の人気を誇る名言です。 あえての「恋人」という表現に、ジンを逮捕することへの執着が感じられます。赤井らしいキザな言い回しや、この後コナンたちの安全を優先してジンを見逃したところも、とにかくカッコいい!という他ありません。

「Fear of death is worse than death itself」

FBIで保護した水無怜奈を移送する際、彼女が乗る車の運転手を任されたキャメル。赤井は命の危険も作戦の成功も背負うことになる彼に、このような激励の言葉を送りました。日本語に訳すと、「死の恐怖は死そのものよりも人を悩ます」です。 口数は多くないからこそ、ここぞという時の言葉が仲間を奮い立たせるのかもしれません。

「了解」

劇場版13作目「異次元の狙撃手(スナイパー)」にて、沖矢昴の正体が判明した時の台詞です。 上司であるジェームズとの通信を切る直前、赤井本来の声で放たれた「了解」という台詞とサプライズに痺れる観客が続出しました。原作やアニメより早く、劇場版のほんの一瞬で沖矢昴=赤井秀一と明かす憎い演出と相まって、1度聞いたら忘れられない名言です。

赤井秀一の名前の由来は『機動戦士ガンダム』

赤井秀一に関する名前は、そのほとんどが『機動戦士ガンダム』が由来です。 赤井の担当声優である池田秀一は、同作で「赤い彗星」の異名を持つシャア・アズナブル役でした。そのことから苗字の赤井がつけられています。 また彼が偽名で使用していた諸星大も、シャアの本名であるキャスバル・レム・ダイクンの「ダイ」から。沖矢昴も「キャスバル」から取って名付けられています。

AD

赤井秀一の声優は池田秀一

赤井秀一の声は、声優の池田秀一が担当しています。 池田秀一は1949年生まれのベテラン声優。元妻は女優でありアンパンマンの声優として有名な戸田恵子で、現在の妻は声優の玉川砂記子です。玉川は『名探偵コナン』でも宮野明美役を担当しています。 美形の敵役やクールな二枚目役を得意とし、代表的な担当キャラクターには『機動戦士ガンダム』のシャア・アズナブル役、『ONE PIECE』のシャンクス役などがあります。

『名探偵コナン』赤井秀一を徹底解説!深まる謎に今後も期待

数多く存在する『名探偵コナン』のキャラクターの中でも、卓越した能力から屈指の人気を誇る赤井秀一。次々と新事実が明らかになっているものの、彼のルーツに関しては未だ謎が多いです。 今後の活躍にも期待しましょう!