2020年6月26日更新

吉沢亮出演のおすすめ映画【特撮ヒーローからオタク役まで!?】

一度死んでみた
Ⓒ2020 松竹 フジテレビジョン

イケメンなのに非モテ?イケメンなのにネガティブなメガネ男子?意外なことに美形を活かした役の少ない吉沢亮。正統派イケメン・吉沢亮出演の実写映画をまとめて紹介いたします。

目次

吉沢亮の快進撃が止まらない!おすすめ出演映画は?

特撮ドラマ『仮面ライダーフォーゼ』をきっかけにイケメン俳優として注目を集め、2021年放送の大河ドラマの主演に抜擢されるなど、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの吉沢亮。 映画においてもラブストーリーやコメディ、シリアスな人間ドラマまで、様々な作品に出演しています。この記事では、そんな日本の映画界を牽引する若手俳優・吉沢亮出演のおすすめ映画を紹介していきましょう。

2020年も話題作目白押し!

『青くて痛くて脆い』(2020年)

吉沢亮と杉咲花がダブル主演を務める青春映画です。原作はデビュー作『君の膵臓をたべたい』で一躍人気作家となった住野よるの小説。 人と極力関わらないようにしている主人公・田端楓を吉沢亮が演じ、青春の痛みともどかしさを描きます。

『東京リベンジャーズ』(2020年)

東京リベンジャーズ
©和久井健/講談社 ©2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

『新宿スワン』の和久井健による人気漫画が実写化。ダメフリーターの主人公が犯罪組織「東京卍會」に殺害された中学時代の恋人を救うため、過去にタイムリープして不良のトップを目指す作品です。 吉沢亮は「東京卍會」のカリスマ総長・マイキーこと佐野万次郎を演じます。

『さくら』(2020年)

『さくら』北村匠海、小松菜奈、吉沢亮
©西加奈子/小学館 ©2020 「さくら」製作委員会

直木賞作家・西加奈子の同名ベストセラー小説の実写映画。悲劇に見舞われ、崩壊した家族の再生を描いた物語です。 吉沢亮が演じるのは家族のヒーロ的存在で物語のキーパーソンである長男の一。本作はそんな一が交通事故に遭うことをきっかけに大きく展開していきます。

『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX』(2011年)

ブレイクのきっかけとなったドラマの劇場版&銀幕デビュー作品

特撮ドラマ『仮面ライダーフォーゼ』と『仮面ライダーオーズ/OOO』の劇場版作品にして仮面ライダー生誕40周年記念作品。「フォーゼ」に出演の福士蒼汰や吉沢亮、「オーズ」の渡部秀に加えて『仮面ライダーW』の菅田将暉や桐山蓮も出演しています。 隕石の落下によって異常事態が次々と発生。悪の「仮面ライダーポセイドン」「財団X」の出現、そして空から降ってきた謎の少女……。一連の事件が繋がり、フォーゼ、オーズら仮面ライダーが一丸となって世界を救うために戦います。 吉沢亮は本作が映画初出演。仮面ライダーメテオこと朔田流星を演じました。端正なルックスと二面性のある役どころで注目を浴びるきっかけに。ぜひドラマ『仮面ライダーフォーゼ』と併せて鑑賞してみてください。

『男子高校生の日常』(2013年)

正統派イケメンが、非モテ男子高生を演じる

原作は山本泰延による日常系ギャグ漫画。今をときめく若手スターが集結し、男子高校生のほのぼのとした平和な日常を描きます。 物語のメインとなるのはタダクニ、ヨシタケ、ヒデノリの非モテ3人組。菅田将暉が黒髪、ツッコミ担当の主人公・タダクニ役、野村周平が金髪バカのヨシタケ、吉沢亮は茶髪にメガネのボケ担当、ヒデノリ役を演じます。 髪の色が再現できていないのもさながら、非モテを演じるにはイケメンすぎるのでしょうか?高校生ならではのくだらなくも笑えるおバカな日々。男子高生ならずとも懐かしく思える作品に仕上がっています。

『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(2013年)

ギターに初挑戦!ヒロインを見守り続ける幼馴染を好演

『僕は妹に恋をする』、『僕の初恋をキミに捧ぐ』に続く青木琴美原作マンガの実写映画化第三弾。若きサウンドクリエーター・小笠原秋と、シンガーとして天賦の才能をもつ女子高生・小枝理子の甘くせつない恋を描くラブストーリーです。 主人公・小笠原秋を演じるのは佐藤健、一般公募5,000人の中から選ばれたシンデレラガール・大原櫻子がヒロイン・理子役を務めます。本作で吉沢亮が演じるのは、理子の幼馴染・ユウちゃんこと君嶋祐一役。 子供の頃から想い続けた理子を秋に奪われ、ライバル心をメラメラ燃やす役どころです。本作でギターが趣味になったという吉沢亮。バンド少年に見えるでしょうか?

『アオハライド』(2014年)

フランス人とのクオーター役を演じる

咲坂伊緒による人気コミックスを『陽だまりの彼女』の三木孝浩監督が待望の実写映画化。全国映画動員ランキングでは初登場1位に輝き、興行収入19億円を記録しています。 中学時代、密かに想いを寄せていた2人が高校で再会。幾多の苦難を乗り越え心を通わせるまでを描く青春ラブストーリーです。主人公の2人・双葉と洸を演じるのは、本田翼と東出昌大。 吉沢亮は双葉のクラスメイトで、明るく楽天的なフランス人クオーター・小湊亜耶を演じます。ふわふわとカールした栗色の髪と彫刻のような美しい顔。再現度は高いのではないでしょうか?

『オオカミ少女と黒王子』(2016年)

ヒロインに心惹かれる、ネガティブなメガネ男子を好演

累計発行部数550万部を越える大ヒット漫画を『ストロボ・エッジ』の廣木隆一監督が実写映画化しました。 街で隠し撮りしたイケメンを彼氏と偽るオオカミ少女と、ニセの恋人を演じる条件に絶対服従を持ちかける腹黒王子の恋愛を描くラブコメです。 ヒロイン・エリカを演じるのは二階堂ふみ、黒王子・佐田恭也を山崎賢人が演じます。本作で吉沢亮が演じるのは、エリカのクラスメイト・日下部憂。 安定のネガティブ思考でしたが、エリカとの出会いによって少しずつ変わってゆくのです。原作の日下部は前髪で右目の隠れた鬼太郎ヘアなので、ビジュアル的な再現度は低いかもしれません。

『トモダチゲーム』(2017年)

ゲームを制し借金返済なるか?友達思いの主人公を熱演

原作は山口マコト・佐藤友生による同名マンガ。友一は仲の良いクラスメイト4人と共に「トモダチゲーム」の会場で目覚め、ゲームに参加させられたことを知るのです。 トモダチゲーム、それは、5人のうちの誰かが負債した2000万円を返済するためのゲーム。本当に大切なのはお金?それとも友情? 今回、吉沢亮が演じるのは主人公の片切友一。貧乏学生ながらも母親の教えに従い、金より何より友情を大事にする友達思いの高校生です。忠実に再現された友一のビジュアル。友一は無事ゲームをクリアできるのでしょうか?

『銀魂』(2017年)

豪華キャストが集結!真選組のドS王子・沖田総悟を演じる

累計発行部数5000万部を超える超人気マンガがついに実写映画化。小栗旬を初めとする超豪華キャストを迎え、「勇者ヨシヒコ」シリーズでお馴染みの福田雄一が脚本・監督を務めます。 舞台は、「天人(あまんと)」と呼ばれる宇宙人が行き交うパラレルワールドの江戸。万事屋の坂田銀時と仲間たちのドタバタ劇を描きます。本作で吉沢亮が演じるのは、真選組一番隊隊長・沖田総悟。 中性的な見た目に反し腹黒・ドSキャラで、破壊活動を楽しむために常にバズーカを持ち歩いています。ビジュアル的には髪の色を抜けば吉沢亮そのまま。再現度の高いキャラクターです。

『斉木楠雄のΨ難』(2017年)

中二病真っ只中のクラスメイトを演じる

「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一がメガホンをとり、週刊少年ジャンプ連載中の人気マンガ『斉木楠雄のΨ難』の実写映画化に挑みます。 生まれつき万能ともいえる超能力をもつ斉木楠雄。超能力者であることがバレないようできる限り慎ましく暮らそうとしているのに、楠雄の側に寄って来るのは世話のかかるトラブルメーカーばかり……。 主人公・斉木楠雄を演じるのは山崎賢人。吉沢亮は、中二病真っ只中のクラスメイト・海藤瞬役を演じます。手に巻いた赤い包帯やイケメン設定は原作に忠実で、これまでにないほどの中二病・吉沢亮を見ることができます。映画は、2017年10月21日公開です。

『リバース・エッジ』(2018年)

死体を宝物にするゲイの高校生!?難しい役どころに挑む

『ヘルタースケルター』で知られる岡崎京子の原作マンガを行定勲監督が実写映画化。今どきの女子高生・ハルナが、元カレにイジメられている同級生・山田一郎を救ったことからストーリーが展開します。 河原でみつけた人間の死体を「宝物」だと言う山田一郎と、死体に惹かれる高校生たち。都会の若者たちの不安や虚無感をテーマに描いた本作で、主人公・ハルナ役を務めるのはニ階堂ふみ、吉沢亮はゲイの高校生・山田一郎役を演じます。 死体に執着するゲイの高校生という難役をいかに表現するのでしょうか。映画は2018年公開予定です。

『あのコの、トリコ。』(2018年)

さえないメガネ男子がイケメンに変貌

原作は「Sho-Comi」に連載された白石ユキによる同名マンガ。スーパースターになることを誓い合った幼馴染み3人の恋愛模様を描きます。 10年ぶりに故郷に戻ってきた鈴木頼。さえないメガネ男子高校生へと成長した頼に比べ、幼馴染みの2人はそれぞれ人気俳優、新人アイドルとスターへの道を歩き始めていました。引け目を感じる頼でしたが、ひょんなことをきっかけに頼もまた芸能界デビューすることになって……。 吉沢亮が演じるのは主人公・鈴木頼役。幼馴染みの昴役を杉野遥亮、雫を新木優子が演じます。さえないメガネっ子からキラキライケメンへ変貌する様をお楽しみください。映画は2018年公開の予定です。

『ママレード・ボーイ』(2018年)

吉沢亮が本領発揮!?ツンデレイケメンを演じる

累計発行部数1000万部を超える90年代少女マンガの金字塔、ついに実写映画化!『ストロボエッジ』、『オオカミ少女と黒王子』の廣木隆一監督がメガホンをとります。 両親の離婚・再婚によって一つ屋根の下で暮らすことになった小石川光希と松浦遊。しだいに惹かれ合い恋に落ちる様を甘く切なく描きます。主人公・小石川光希役を演じるのは桜井日奈子、松浦遊役を吉沢亮が演じます。 ツンデレキャラの遊は誰もが認める正統派イケメン、吉沢亮の本領発揮です。映画は2018年公開予定となっています。

『キングダム』(2019年)

日本アカデミー賞・最優秀助演男優賞を受賞した歴史エンタメ超大作

原作は原泰久による中国春秋戦国時代の秦国が舞台の漫画作品。累計発行部数6,400万部を超える人気漫画の実写化ということで大きな話題を呼んだ映画です。 山崎賢人演じる信と吉沢亮演じる漂は身よりもなく奴隷のような身分でしたが、いつか天下の大将軍になることを夢見て修行に励んでいました。 やがて漂は王宮に仕官されますが、ある日重傷を負って戻ってきます。漂は信に地図を託し絶命。信が地図を辿った先には、なんと漂と瓜二つの青年が。彼は反乱により王宮を追われた若き王・嬴政でした。
 吉沢亮は本作で主人公の親友・漂と若き王・嬴政の一人二役を見事に演じきり、第43回日本アカデミー賞・最優秀助演男優賞と、第62回 ブルーリボン賞・助演男優賞を受賞。2020年には続編の制作が発表され、吉沢亮が引き続き出演することが決定しました。

『一度死んでみた』(2020年)

イケメンなのに存在感ゼロ?「ゴースト社員」役に挑んだコメディ映画

広瀬すずを主演に迎え、堤真一など豪華キャストが集結したコメディ映画です。監督はauのCM『三太郎』シリーズを手掛けた浜崎慎治。 製薬会社の社長で研究ばかりの父・計に対し「一度死んでくれ!」と日々デスメタルバンドのライブで不満を発散している女子大生の七瀬。 ある日、父が本当に死んでしまった!と思いきや「2日間だけ死んじゃう薬」による仮死状態に陥っていただけでした。しかし、ライバル会社は彼を本当に亡き者しようと企てます。七瀬は父の秘書・松岡とともに大嫌いな父を生き返らせるために立ち上がることに。 吉沢亮の役どころは社長秘書であるにも関わらずその存在感の薄さから「ゴースト社員」と呼ばれる松岡。存在感を封印してドタバタコメディを盛り上げます。

イケメンなだけじゃない!映画でも色んな顔を見せてくれる吉沢亮に注目

ドラマに映画に引っ張りだこの吉沢亮出演のおすすめ映画を紹介してきました。これらを振り返ってみると、あらゆるジャンルの映画に出演し、華やかな役から地味な役まで様々な役柄に挑戦していることがわかります。 端正なルックスに囚われることなく幅広い演技に挑戦し続け、観客を魅了する吉沢亮。ぜひこの機会に彼の出演作品をチェックしてみてください。