2020年5月26日更新

『ハイキュー!!』田中龍之介は強靭メンタルの次期エース!活躍を振り返る

田中龍之介 サムネイル

鳥野高校の次期エースと呼ばれる田中龍之介(たなかりゅうのすけ)。試合中の熱い心を感じるかっこいいシーン、思わず笑ってしまう日常でのコメディシーンなど魅力あふれる田中を紹介していきたいと思います。

目次

『ハイキュー!!』次期エース田中龍之介の活躍を紹介【ネタバレ注意】

『ハイキュー!!』で主人公が属する烏野高校バレー部。田中龍之介(たなかりゅうのすけ)は2年生、坊主刈りで荒々しい口調から一見して不良のようですが、実際にはお調子者で面倒見のいい性格です。 入部当時から日向と影山の事を気にかけており、朝の特訓のために体育館の鍵を開けて上げるなどの協力をしてあげることもありました。 プレースタイルはパワースパイカーで、鳥野チームでは3年の東峰旭に次ぐスパイクを持っています。また鉄のメンタルを持っており、どんな逆境でも、試合中の鳥野を精神面から支える存在。「次期エース」と称されています。 ※ここからは、より詳しく田中龍之介について紹介していきます。ネタバレも含まれますので、ご注意ください。

田中の武器は「メンタル」!

田中龍之介が烏野の次期エースと言われる最も大きな理由、それはどんなに追い込まれても諦めない「不屈の精神」です。 エースは敵に最もマークされやすいため、パワーや技術だけでは解決できないような状況に追い込まれることが多々あります。スパイクが決まらないと焦りが生まれ、普段ならしないミスをしてしまうこともあるでしょう。 しかし田中は、敵にしつこくマークされても揺るがないタフな精神の持ち主。崖っぷちに追い込まれた状況で普段と変わらないパフォーマンスを見せることこそが、彼を「次期エース」たらしめているのです。

青葉城西戦での田中龍之介!殺人級サーブが心を砕く

インターハイ予選3回戦。敵は青葉城西、県内トッププレイヤーの1人であるセッター及川徹(おいかわとおる)が主将の強豪校です。 第1セットから早くも烏野の動きを読み切った及川によって得点を奪われ続け、焦りが生まれ始めた時のこと。青城にサーブ権が移り、殺人的サーブを誇る及川が登場します。そこで狙われたのが、レシーブがあまり得意ではない田中でした。 田中はなんとか及川のサーブに対応するものの、上がったボールは攻撃に結びつきにくく、攻撃できたとしてもブロックに捕まってしまう始末。 田中をめがけて飛んでくる強烈なサーブや、レシーブミスによる失点によって、田中の精神は追い詰められていきました。

流れは自分で取り返す!次期エースの誕生

すかさず烏野の監督がタイムを取り、田中に声を掛けようとしたところ。彼は自分で自分に喝(かつ)を入れ、チームメイトにこう宣言しました。 「後悔は試合終わってからクソ程する。たいして取り得も無え俺が、てめえのミスに勝手に凹(へこ)んで足引っ張ってちゃどうしようもねえ」 及川に掴まれかけた試合の流れを自分の力で取り戻した田中。まさに未来のエースといった強靱なメンタルを見せつけたエピソードです。

西谷夕とのコンビが最高!

同じ2年の西谷夕とはよくコンビとして扱われています。 田中、西谷共にマネージャーの清水潔子に好意を抱いていて、熱烈なアプローチを送っていますが、無視されることもしばしば。しかしそんな態度に、逆に喜んでいます。 2人が騒ぎ立てて部内のテンションを上げ、そして主将の澤村大地に怒られる、というのがお約束です。

姉の冴子がかわいい!

田中冴子、21歳でさばさばとした姉御肌な女性。 赤店を取ってしまい、補習のため他の部員と東京に行けなかった日向と影山を東京まで送り届けるため登場。西谷夕からは「姐さん」と呼ばれ慕われており、龍之介と同様に、面倒見が良いことをうかがわせます。 バレー部マネージャーの谷地仁花が、その胸の大きさを見て愕然とするほどのスタイルの持ち主です。

アプローチが実を結んだ!?潔子との結婚

『ハイキュー!!』最終章。高校卒業後プロの道へ進んだ日向や影山たちの活躍が描かれています。 彼らの試合を観戦しに、かつてチームメイトだった澤村や菅原などが会場に集合。そこへ現れたのが、田中龍之介と田中潔子(きよこ)。なんと田中は、マネージャーだった清水潔子と結婚していたのです。 高校時代から清水にアプローチを行っていた田中。そんな彼に対してつれない態度をとり続けていた清水ですが、春高の帰り道では田中の荷物持ちの申し出を受け入れるという珍事が発生していました。 恋愛関係にはほど遠いやりとりでしたが、結果的に2人が結婚していることから、田中のアプローチは実を結んでいたようです。 田中だけでなく西谷(にしのや)や他校のバレー部員からのアプローチも絶えなかったクール美人、清水。そんな彼女は、高校時代から考えると珍しい大きな笑顔を見せて再登場しました。 これからは田中が文字通り一生を掛けて彼女の笑顔を守ってくれる存在となりそうです。

田中のかっこいい名言

烏野をあんまナメてっと喰い散らかすぞ

青葉城西との練習試合前、会場で青葉城西の選手が鳥野高校を軽く見た発言をしているのを聞いて発した台詞。この台詞の前後に仲間を気遣う発言もあり、田中の鳥野チームに対する熱い想いが伝わってくるかのようです。

コートの“こっちっ側”にいる全員!もれなく“味方”なんだよ!

初の練習試合を迎え、緊張のあまりミスを連発する日向。さらに影山の後頭部にサーブを決めてしまう始末。そのことで相手に点数を渡してしまった事もあり、落ち込む日向に田中が叫びました。 この言葉で日向の緊張は解け、いつも通りのバレーをすることができました。

俺今トス呼ばなかった!一瞬ビビったんだちくしょう

インターハイ予選、青城城西戦。相手チームに狙い撃ちにされ、ミスを連発。その心中を気にして周りもかける言葉を探す中、自分で自分の両頬をおもいきりビンタ!そして発した台詞です。 「俺今トス呼ばなかった!一瞬ビビったんだちくしょう!後悔は試合終わってからクソほどする!大して取り柄も無ぇ俺がてめーのミスに勝手にへこんで足引っ張ってちゃどうしようもねぇ!次は決めます」 自分のミスを認め、鉄の精神で這い上がる。相手に持っていかれた試合の流れを自身の力で取り戻す姿に、烏養からも「それが取り得だ」と言われています。

ところで平凡な俺よ 下を向いている暇はあるのか

春高2日目、烏野対稲荷崎(いなりざき)戦での出来事です。日々「天才」と呼ばれる選たちと試合をしているうちに、田中は自身が「平凡」であることを自覚するようになっていました。しかし、だからといって諦める田中龍之介ではありません。 平凡だからこそ前を向き続けなければいけないと自身を鼓舞した彼の言葉は、多くの読者を勇気づける一言になったのではないでしょうか。

励ましなんかじゃねぇ この脅迫(しんらい)に応えて見せろ

対稲荷崎戦。試合もクライマックスに近づいていましたが、田中は調子が良すぎるあまりに、強引なプレーをしそうだと自身を判断。セッターの影山にトスの本数を減らすように要求します。 しかし田中の調子の良さに気づいていた影山はその要求を拒否し、再び田中に向かってトスを上げました。 そのとき田中が胸中で自分自身に語りかけた言葉がこの名言になっています。彼は影山の「信頼」に応え、見事ストレートで相手のコートを打ち抜きました。

アニメ『ハイキュー!!』田中龍之介の声優は林勇(はやしゆう)

林勇(はやしゆう)は1983年4月2日生まれ、神奈川県出身の声優です。 幼少期から子役として活動しており、『ピーターパン2』のピーターパン、『くまのプーさん』のクリストファ・ロビンなどディズニー映画の吹き替えで有名です。 田中を演じた感想を聞かれた際、 「『ネットのこちら側にいるのは漏れ無く全員味方なんだよ』という一言が田中らしく真っ直ぐで、エールを送るという意味での言葉でもあったと思うので、そういった積み重ねでチームがまとまり絆が強くなっていくのではないかと感じさせる台詞のひとつかなと思いました。」 と答え、田中の言葉に共感を覚えたようです。