2017年11月16日更新

松田陣平はすでに死んでいる!佐藤刑事との過去など詳しく紹介

『名探偵コナン』に登場する、ハードボイルドなイケメン刑事・松田陣平。すでに殉職している彼ですが、根強い人気のある人物なのです!一体、松田刑事とはどんな人物なのか、彼が殉職した事件とはどんなものなのか、まとめてみました。

松田陣平は若いのに渋くてカッコいい!

名探偵コナン 安室透 松田陣平 タペストリー コナンショップ限定

『名探偵コナン』にはたくさんの個性的な警察官が登場しますが、その中でも根強い人気を誇るのが、過去に殉職した松田陣平という刑事です。物語が始まる3年前に、警視庁刑事部捜査一課強行犯三係に配属してきた刑事で、ワイルドでハードボイルドなイケメン。他の警察官よりズバ抜けたイケメンっぷりで、たった数話で回想のみの登場でしたが、未だにファンがいるくらい人気の高いキャラクターです。公式の人気投票では、13位という好成績でレギュラーキャラを抑えています。

モデルは俳優の松田優作。名前は松田優作と、ドラマ『太陽にほえろ!!』に登場するジーパン刑事から名づけられました。

松田陣平は警備部機動隊の爆発物処理班に所属

3年前に警視庁捜査一課に転属になった松田刑事。転属前は、警備部機動隊の爆発物処理班という、爆発物が関わる事件で活躍する部署に所属していました。しかし、ある爆弾事件にて、同僚で親友だった萩原研二という人物を亡くしてしまいます。しかも、その爆弾が爆発する瞬間、萩原隊員と最期に電話した相手が松田刑事だったのです。

結果、その事件で萩原隊員は殉職。松田刑事は彼の仇打ちをするために、特殊班係に転属希望を出しますが、上司たちから頭を冷やすように言われ、目暮警部や佐藤刑事のいる強行犯係に転属となりました。

刑事課・佐藤美和子の想い人

3年前に警視庁捜査一課に配属してきた松田刑事でしたが、親友の萩原隊員が亡くなった未解決の爆弾事件の事ばかりで、他の刑事たちの言う事には我関せずな態度を取っていました。さらには、少々荒っぽい性格だったため、同じ部署に所属する刑事たちから反感を買い、孤高の刑事となっていました。

同僚の佐藤刑事も最初は松田刑事を苦手としていましたが、松田刑事と関わっていくうちに、彼のまっすぐな想いや考えを知ると、いつの間にか恋心を抱くようになっています。松田刑事も、佐藤刑事に好意を抱いていたようで、想いを伝え合いはしませんでしたが、実質両想いでした。

松田陣平の運命の事件

強行犯係に配属されたあとも、松田刑事は1人で親友の萩原隊員が殉職した爆弾事件について調べ、爆弾犯を追い続けていました。そして、転属されてから1週間後、爆弾犯からの爆破予告が警視庁に届きます。爆破場所が暗号化されていましたが、その内容から、爆弾は杯戸町にあるショッピングモールの大観覧車に仕掛けられたと推理し、松田刑事は一人で観覧車に向かいます。そして、果敢にも一人で仕掛けられた観覧車に乗り込み、爆弾の解体を始めたのです。

男・松田陣平、最期までカッコよかった

1000ピース ジグソーパズル 名探偵コナン 真実はいつもひとつ(50x75cm)

元々は爆弾処理班に所属していた松田刑事は、経験から難なく解体していこうとしますが、観覧車に仕掛けられた爆弾にはあるトラップが仕掛けられていました。実は、爆弾はもう一つ、別のところにも仕掛けられていたのです。その爆弾の所在は、観覧車に仕掛けられた爆弾のタイマーが残り3秒になると明かされるというものだったのです。

もう一つの爆弾の場所がまったくわからない上、被害が甚大になる可能性があるため、松田刑事は自分を犠牲にし、爆破3秒前に表示された爆弾の在り処を佐藤刑事にメールします。そして、爆破に巻き込まれ殉職してしまいました。

殉職後も、佐藤刑事の胸の中に生きる

自らを犠牲にして、親友の萩原隊員と同じく爆破により殉職してしまった松田刑事は、手先が器用で、携帯のメールの文字を打つのが早いという特技がありました。もう一か所の爆弾の在り処を佐藤刑事にメールする際、自分の本心を文章に打って送っています。それは、松田刑事と佐藤刑事が両想いだったと示唆する文章でした。

結果、松田刑事の存在は佐藤刑事の心の傷となり、3年後に同一犯が逮捕されるまで、ある意味トラウマの事件となりました。爆弾犯が逮捕されたあと、高木刑事と結ばれた佐藤刑事でしたが、度々松田刑事の事を思い出しても、良い思い出としてとらえるようになっています。

松田陣平の声優は神奈延年

松田刑事の声を担当したのは、声優の神奈延年(かんな のぶとし)。3歳の頃に子役としてデビューしています。学業のためしばらく休業していましたが、高校卒業後に劇団青社に入団し、青二プロダクション所属となりました。そして1991年、『ドラゴンクエスト』で声優デビューを果たします。また、持ち前の歌唱力で、歌手としてユニットを組む事も。

代表作は『マクロス7』の熱気バサラ、『NARUTO -ナルト-』の薬師カブト、『GetBackers-奪還屋-』の美堂蛮など。青年役が多く、主人公のライバルなどをよく演じています。