2019年4月26日更新

安室透の伝説が止まらない!重要イケメンキャラの正体を徹底解説【赤井秀一との関係とは】

(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

『名探偵コナン ゼロの執行人』で社会現象を巻き起こし、100億の男となった安室透。小五郎に弟子入する私立探偵で、実は黒の組織のメンバー……と思いきや真の正体は公安警察で?!そんな謎多きトリプルフェイスを持つ男・安室透を紹介します!

安室透の正体とは!?黒の組織でもあり公安でもある……?

3つの顔「トリプルフェイス」を持つ謎の男

2018年春、一大ムーブメントを巻き起こした映画『名探偵コナン ゼロの執行人』のメインキャラクターにして、トリプルフェイスを持つ謎の男・安室透。 元から人気のあるキャラでしたが、映画によって「安室の女(=安室透のファン)」や「執行済み(=「ゼロの執行人」鑑賞済み)」という言葉が流行り、「100億の男にしようの会(=興収100億突破を目指すファン)」まで誕生することに!彼がもたらした影響は映画の興行収入だけでなく、出版業界やはんこ業界にまで波及し、メディアもこぞって取り上げました。 この記事では、安室透/バーボン/降谷零のプロフィール、宿敵・赤井秀一をはじめとするキーパーソンとの関係や、正体が暴かれた経緯などを紹介します。 「ゼロの執行人」で生み出した数々の伝説も取り上げるので、お見逃しなく!

安室透のプロフィール

安室透は毛利小五郎に弟子入りした私立探偵で、29歳。生年月日、身長や体重、家族構成といった詳細データは不明ですが、身長は「名探偵コナン90+PLUS SDB」の「赤井よりちょっと低い程度」との記載などを参考に、185cm前後と予想されています。 普段は毛利探偵事務所の階下、喫茶店「ポアロ」でアルバイトをしており、原作者・青山剛昌曰く「ポアロではモテモテ」とのこと。 一人称は"僕"。園子らに「イケメン!」と絶賛される端正な顔立ちで、褐色の肌とミルクティーを思わせる明るい色の髪、優しげなタレ目が特徴。さらに、人懐っこい性格と誰にでも丁寧な言葉遣いで接する紳士的な態度から、ポアロの常連や女性客に大人気です。 その一方で、鋭い洞察力や観察力、情報収集力などあらゆる能力に長けた"切れ者の探偵"であり、犯人を巧みな話術で追い詰めていきます。

何でも出来てしまうハイスペックイケメン!

コナン
(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

頭脳明晰なのはもちろん、スポーツも料理も何でもこなすハイスペックっぷり!「密室にいるコナン」にて、中学時代にテニスのジュニア大会で優勝したこと、的確な応急処置の心得があることが明かされました。 さらに、アニメオリジナルの「安室に忍び寄る影」「ケーキが溶けた!」では、ポアロの新メニューとして安室特製のサンドイッチとケーキが登場。節約しながらもパン職人が嫉妬する味を実現したり、ケーキの型崩れを斬新な方法で解決したりと、副業であるポアロの業務にも真摯に取り組んでいる姿が描かれたのです。 「探偵たちの夜想曲」で初登場した愛車のマツダRX-7とドライビングテクニックも注目されており、犯人の車にRX-7をぶつけて止める離れ業を披露しました。劇場版はさらに激しさが増し、「純黒の悪夢」や「ゼロの執行人」のカーアクションが話題に! 趣味の域を超えたボクシングの実力のほか、盗聴器の発見、爆弾解体、プロ並みのギター演奏など数々の特技があり、凄まじいポテンシャルの高さです。

声優はベテラン古谷徹が担当 キャラの名前の由来に

トリプルフェイスを演じる古谷徹は、1953年7月31日生まれ、神奈川県出身。5歳の頃に子役として劇団に入り、1963年から声優として活躍する大ベテランです。 代表作は15歳の時に抜擢されたアニメ『巨人の星』の主人公・星飛雄馬をはじめ、『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイ、『聖闘士星矢』のペガサス星矢など。ヒーロー系キャラのイメージが強い一方で、「セーラームーン」シリーズで演じたタキシード仮面は、当時の女性たちの初恋を奪ったキャラとして有名。 近年も安室透や『ONE PIECE』のサボといった、女性に人気のイケメンキャラを担当しており、幅広い世代に認知されてきました。「声優アワード」では、2008年に富山敬賞、2010年にシナジー賞を受賞しています。 『名探偵コナン』におけるキャスティングは、青山が赤井役の池田秀一に「こんど赤井のライバルキャラが登場する」と伝えた際、池田が「それなら声優は"彼"で決まりですね」と返答したのを受けて古谷に依頼することが決まったのだとか! ちなみに「安室透/降谷零」の名前の由来は、『機動戦士ガンダム』の主人公アムロ・レイと、その声優を務めた古谷徹から。安室(アムロ)+透(徹)に対し、降谷(古谷)+零(レイ)となります。

安室透の初登場回(原作75巻、アニメ667~668話「ウェディングイブ」)

安室は、(赤井秀一に変装した姿で)原作65巻、アニメ563話「探偵団vs強盗団」から登場していましたが、安室透としては「ウェディングイブ」が初登場。 小五郎の学生時代の悪友・番場頼太の婚約者から浮気調査を依頼され、結婚式前夜のパーティが開催されるレストランに潜入しました。冴えないウェイターに扮して番場を探るも、依頼主である新婦が駐車場で焼死したため、探偵として捜査に加わるのです。 最終的には、いつも通り"眠りの小五郎"の推理で事件は解決します。安室は「小五郎の名推理に感銘を受けた」と言って弟子入りを志願し、一から出直しをはかることに……。 とは言え、カギとなる遺伝子学にも明るく、早い段階で真相に気づいていた節がありました。

3つの顔「トリプルフェイス」を持つ安室透の正体

コナンは当初、安室に対して「面倒なやつが増えた」と思っていた程度でした。しかし、原作76巻、アニメ671~674話「探偵たちの夜想曲(ノクターン)」にて蘭が「どう見てもあなたの方が……」と言ったように、有能な安室がなぜ小五郎に弟子入りしたのでしょうか? そんな疑問がありながら、同ストーリーのラストにて世良真純、沖矢昴と共に黒の組織の一員「バーボン」の候補に数えられました。 安室透は何の目的で小五郎に近づいたのか、怪しげな動きを見せる彼の正体は……。

シェリーの行方を追う"黒の組織"のメンバー・バーボン

安室透の正体は、組織随一の情報収集力及び観察力・洞察力を持つ「探り屋」であり、“黒の組織”最高幹部ベルモットと行動を共にする幹部「バーボン」でした。 コナンとFBIはキールこと、水無怜奈から「バーボンが動き出した」という情報を入手し、彼の目的が組織から逃亡したシェリー/宮野志保(=灰原哀)だと予想。その通り、バーボンは彼女の情報を得るために、関わりが疑われていた毛利小五郎を探り接近しました。 他のメンバーに比べ、比較的穏健派で冷徹な行動は少ないものの、目的のためならば一般人を利用するなど手段を選ばない一面も。最高幹部のジンとは折り合いが悪く、それ以上に赤井秀一を嫌っており、その死を信じていなかったことも明かされました。 ベルモット同様秘密主義者で、彼女の地位を脅かす重大な秘密を握っているとのこと。

真の正体は組織に潜入するNOC(スパイ)!ゼロ所属の公安警察官・降谷零

安室透、バーボン、そして3つ目の顔は、全国の公安警察を束ねる影の司令塔「ゼロ」こと、警察庁警備局警備企画課所属の公安警察官・降谷零! 彼の真の正体であり、水無怜奈やライのコードネームで潜入していた赤井と同じく、黒の組織壊滅のため4年前からNOCとして活動しています。階級は不明ですが、青山によると「キャリア組」であり、大勢の部下を率いている様子から高い地位にいるようです。 警察学校時代は、高木渉の先輩・伊達航、松田陣平、萩原研二、諸伏景光の5人でつるんでおり、伊達が2番手で、降谷が主席でした。降谷は同期を含めて、親しい人物に多く先立たれながらも、強い愛国心と正義の信念を掲げて戦い続けているのです。

宿敵は赤井秀一?安室との関係とは

現在は沖矢昴と名乗り、工藤邸に潜伏するFBI捜査官・赤井秀一。彼は降谷を"敵に回したくない男"と評価する一方で、組織時代は互いに毛嫌いしていることで有名でした。 ベルモットの協力を得て、赤井秀一の死の真相を執拗に探ろうとしており、赤井の名を聞くだけで激情をあらわにする場面もある安室。青山によると「赤井の存在は、安室の唯一の弱点」だそうですが、一体なぜここまで赤井に固執するのか? それは、「スコッチ」と呼ばれたメンバーの死に関する因縁が原因でした。 このスコッチこそ、降谷を「ゼロ」と呼んでいた幼なじみで、警視庁公安部の警察官だった諸伏景光の組織でのコードネーム。彼もNOCとしてバーボンと一緒に潜入していましたが、ある時、スコッチの正体が組織に知られていまい……。 ゼロに最期のメッセージを送った諸伏は、追いかけてきた赤井の拳銃を奪い取り、情報漏えいを防ぐため胸ポケットの携帯ごと心臓を撃ち抜きました。赤井がFBIだと明かして一度は思い留まるも、足音が近づいているのに気づき、隙をついて引き金を引いたのでした。 そこへ現れたのは、メッセージを受け取ったバーボン。赤井は彼に対し「裏切り者は始末した」と告げますが、降谷は現場の状況から自殺であると推理しました。 しかし、"赤井が自殺を促した"と誤解したため、2人の対立は深まっていくばかり。現在は沖矢昴と安室透として、水面下での攻防が続いています。

灰原哀(シェリー)との関係

降谷零は日本生まれ日本育ちですが、幼い頃はハーフであるために容姿を馬鹿にされ、周りの子と喧嘩をしては傷を作っていました。 そんな降谷の傷の治療をし、「先生」の呼び名で慕われていたのが、宮野エレーナです。彼女はシェリーこと宮野志保と、その姉で組織の構成員だった宮野明美の母。自身と同じハーフである降谷に親近感を抱き、「零君」と呼び特別に目をかけていたのだとか。 明美や父親の宮野厚司とも親しく、エレーナや彼らとの交流は、「(遠くへ行くから)バイバイだね、零君」と告げられるまで続きました。 「漆黒の特急」の描写から志保とは面識がなく、志保は「姉の恋人(赤井)のライバル」として認識し、お互いに存在は知っていた様子。降谷は先生の娘を殺す気はなく、シェリーを「生きて組織に渡す」と言っている一方で、シェリー=灰原哀とは分かっていません。 真の正体が判明してから考えると、「僕の仲間が回収する」という台詞も、組織ではなく公安の仲間が待機していたという意味だった可能性も!

安室透のトリプルフェイスを見破ったコナン

私立探偵、黒の組織、公安警察……トリプルフェイスはどのようにして暴かれたのか? 安室透が毛利小五郎に弟子入りし、ポアロで働き始めてからコナンが降谷零にたどり着くまでの過程を、時系列でざっくり振り返ります!

毛利探偵事務所に忍び込む安室(原作77巻、アニメ699~700話「灰原の秘密に迫る影」)

安室はポアロに来た小五郎と蘭との会話から、コナンや少年探偵団がキャンプに行っており、探偵事務所のPCにその写真が送られてくると知りました。 その日の夜、事務所に忍び込んだ安室は「探偵たちの夜想曲」で小五郎が口にしたパスワードを入力し、PCを操作します。データの中には、解毒剤でシェリーに戻った灰原の姿が撮影された動画もあり、その指に「ベルツリー急行」のパスリングがあると気付くのです。

黒の組織の一員、バーボンとして登場!(原作78巻、アニメ701~704話「漆黒の特急(ミステリートレイン)」)

安室はベルツリー急行に乗り込み、さり気なく蘭と園子、コナンらと合流。列車火災を装ってシェリーをおびき寄せ、「バーボン…これが僕のコードネームです」と名乗りました。 家族との面識を明かし、計画通り貨物車の中にシェリーを連行しますが、是が非でも彼女の命を絶とうとするベルモットの策略に気づきます。作戦を変更しようとした瞬間、予定外の第三者の介入があり、シェリーを乗せたまま貨物車が目の前で爆発。 バーボンは確保に失敗し、「シェリーが貨物車ごと吹っ飛んだ」と組織に報告しました。しかし、爆死したと思われたシェリーの正体は、コナンに協力した怪盗キッドだったのです! コナンは組織の動きを読んで先手を打ち、バーボンの正体を知ることになったのでした。

赤井の死の調査を続行する安室。コナンの疑念とは?(原作84巻、アニメ770~771話「ギスギスしたお茶会」)

バーボンであると露見し、安室がもう姿を見せることはないと踏んだコナンでしたが、何事もなかったかのようにポアロに復帰しました。 安室はベルツリー急行で見た人物を赤井だと推理し、再び彼の死の真相を調査します。組織の構成員・楠田陸道が謎を解くカギになると考え、組織が彼を送り込んだ「米花中央病院」を訪れると、急性虫垂炎で入院した妻の見舞いに来た小五郎とコナンに鉢合わせました。 この時、コナンは安室があえて「盲腸」と言い換えたこと、子どもの「ゼロー!」という声に過剰反応したこと(「霞が関の盲腸」「ゼロ」は公安の別称)から、バーボンすらも仮の姿で本当は公安警察官なのではないか、と疑念を持つのでした。 事件の真相がわかった際には、窓の外を見つめる安室に対し、「当然、お前も解けているよな?……ゼロ!」と心の中で語りかけました。

見破られた真の正体、降谷零にたどり着いたコナン(原作84・85巻、アニメ779~783話「緋色」シリーズ)

依頼人だった小学校教師の傷害事件では、彼女の友人のジョディとその同僚のキャメルも同席していましたが、FBI捜査官相手に敵意をむき出しに! コナンは"僕の日本"という言葉を聞いて「悪い奴らの敵だよね?」と聞きますが、安室は組織の監視で盗聴器を付けられてたため、答えをはぐらかしました。安室は地道な情報収集の末、赤井の死の偽装トリックを解き明かして工藤邸に乗り込み、沖矢の前で推理を披露。 しかし、本物の赤井は部下に追わせたジョディたちの車に潜んでおり、コナンに漏らしたあだ名「ゼロ」から降谷零にたどり着いたと電話口で言われ、撤退することに……。実は降谷の推理は全て当たっており、この時だけコナン(新一)の父、工藤優作が沖矢に変装していたのです。 後日、ポアロを訪れたコナンに「ウソつき」と言われ、安室は「(赤井の偽装トリックのブレーンである)君に言われたくはないさ」と微笑むのでした。

「ゼロの執行人」で人気が爆発し伝説をつくりまくる

「ゼロの執行人」がコナン映画の歴代最高興行収入記録更新!

コナン
(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

「降谷零を100億の男にしようの会」の貢献もあり、映画「ゼロの執行人」の興行収入は5月21日発表時点で、72億円を突破。この数字は、前作『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』の68億円を超え、歴代最高興行収入記録を更新しました。 日本での最終的な興行収入は91.8億円。2018年11月9日から中国でも公開がスタートすると、国内外合わせて100億円を突破し、名実ともに「100億の男」に! また「ゼロの執行人」から少し遅れて、4月27日に全世界が待ち望んだ『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が日本でも公開されました。世界での公開開始から11日、史上最速で興行収入10億円を突破して歴代1位に躍り出ており、日本でも当然1位と思われましたが……。 興行通信社の発表する映画週末動員数ランキングにおいて、3週目の「ゼロの執行人」が、初週末を迎える「インフィニティ・ウォー」の記録を抜いて1位になったのです。世界にも激震が走ったようで、海外の映画メディアでも驚きの報道が流れました。

書店から少年サンデー消失!それもまさかの安室透の仕業!

影響は出版業界にも及び、原作者監修の元、2018年5月9日発売の「週刊少年サンデー」24号からスピンオフ作品『ゼロの日常(ティータイム)』の連載が開始しました。 安室透が"本編の裏でどんな生活を送っているのか"に焦点を当て、彼の日常が描かれます。24号は付録にポストカードが付いたこともあり、発売直後に売り切れが続出。第1話がアプリ「サンデーうぇぶり」上で無料公開(3日間限定)され、編集部が異例の措置を取る事態に! 第1巻も再び発売直後から売り切れ続出、さらにわずか3日で重版されています。 第2巻も注目エピソードが収録された原作95巻と共に、緊急重版が決定しました。

はんこ業界も震撼!「降谷」はんこの売れ行きにも変化!

全く縁が無さそうなはんこ業界では、ファンによって降谷零の苗字「降谷」のはんこが毎日飛ぶように売れ、全国から消えてしまったのです。 実は「降谷」という苗字は非常に珍しく、全国を捜しても"30人ほどしかいない"そうですが、日本でメジャーな「佐藤」「鈴木」よりも上をいく売上に!売り上げがあまりにも好調だったため、「降谷」のはんこ専用の注文フォームを導入するはんこ屋さんも登場。 もはや彼の人気は留まるところを知らず、はんこ屋さんをも動かす事態を起こしました。

「名探偵コナン」と「機動戦士ガンダム」の夢のコラボも果たす!

さらに、映画の公開をきっかけに、『名探偵コナン』が『機動戦士ガンダム』との異色のコラボレーションを果たします!コナンと安室、アムロ・レイとシャア・アズナブルが1枚のビジュアルに収まった貴重過ぎるポスターが公開されました。 これは「ゼロの執行人」の公開日と近い、5月5日に『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』が公開されたため、互いのヒットを記念しての試みでした。 ですが、このコラボも実は安室透のおかげといっても過言ではありません。先述したように、アムロの声優も古谷徹であったことから、大きくジャンルが異なる「コナン」と「ガンダム」の夢のコラボが実現する架け橋になれた、というわけなのです!

安室透、バーボン、降谷零の伝説は終わらない!?

名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)
(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

安室透の伝説はこれだけでなく、「ゼロの執行人」公開を記念して、『名探偵コナン』では初のキャラクターによるLINE公式アカウントが作られました! とある「Bluetoothイヤホン」は、同作で使用していたイヤホンと似ているとネット上で話題になり、旧型にもかかわらず注文が殺到。グッズ化された「RX-7トミカ」は争奪戦で、本物を購入してカスタマイズし、SNS上で古谷に報告する猛者まで現れました。 彼をモチーフにした香水は何度も再販がかかり、好物のセロリを食べる「安室の女」が続出するなどなど……伝説は未だに更新中です。原作では、組織のNO.2「ラム」から"工藤新一の情報"を求められバーボンとして動き出しており、さらなる活躍が描かれるかもしれません!