2020年3月5日更新

『名探偵コナン』遠山和葉(かずは)の魅力を紹介!【服部平次との関係性は?】

遠山和葉 サムネ

『名探偵コナン』の西のヒロイン・遠山和葉(かずは)。大きなリボンのポニーテールと、可愛らしい関西弁がチャームポイントの彼女は平次に対する一途な愛がファンの心を掴んでいます。そんな遠山和葉の気になるアレコレを見ていきましょう。

目次

遠山和葉(かずは)、『名探偵コナン』服部平次の幼馴染が可愛い!

遠山和葉は、『名探偵コナン』に登場する西の高校生探偵・服部平次の幼馴染。平次と同じ改方学園高等部に通う17歳の高校2年生です。 一人称は「アタシ」で、平次やコナンなどからは名前の「和葉」で呼ばれており、苗字の「遠山」で呼ばれる事はありません。 大きいリボンで結んだポニーテールと可愛らしい容姿、明るく面倒見のよい性格で、女性キャラクターの中ではヒロインの毛利蘭よりも人気があり、ナンパをされた場面もあります。 料理が得意で、毛利蘭と一緒に料理をする場面がよく描かれています。

遠山和葉は合気道の達人

和葉の特技は合気道で、なんと二段所持者の武闘派ガール。この合気道で犯人を何度か撃退した事があり、その度胸もなかなかのもの。 本作ヒロインの毛利蘭も空手の使い手で、高校の部活で主将を務めるほどの腕前。『コナン』のヒロインは、可愛いだけでなく強さも兼ね添えているのが条件なのでしょうか? また、『名探偵コナン』に登場するキャラクターの多くは武術の達人であり、毛利小五郎は柔道、服部平次は剣道、など頭脳戦だけでは勝てない敵に対して大きな戦力となっています。

あまりにも鈍感!?遠山和葉と服部平次の恋心

和葉と平次は、ともに幼馴染であり初恋の相手ですが、いまだに両片思いの状態。タイミングがうまく合わないまま、恋人にはなれていないのです。 幼いころには、2人で手錠で遊んでいてそれが外れなくなってしまい、その間はお風呂もトイレも一緒に入っていたという衝撃的な過去も。和葉は、この時の手錠の鎖の欠片を、平次とお揃いのお守りに入れて大切にしています。 平次はさらわれそうになった和葉を助けた際、彼は和葉への恋心を自覚しました。しかし、その場所が大阪の戎橋。ライバルの工藤新一がロンドンのビッグベンを背に告白したことを知っていた彼は、なぜか要らぬ対抗心を燃やすことに。以降、告白に最適な場所を探していますが、いまだ告白には至っていません。 和葉からは一度勇気を出して「めっちゃ好っきゃねん」と告白しています。ところが彼は、新一のことに気を取られその場を離れてしまっていました。 すれ違ってばかりの2人ですが、新一と蘭も相思相愛になるまで時間がかかっています。2人の協力もあるので、正式に恋人となるのも時間の問題かもしれません。

恋のライバル紅葉が登場!

大岡紅葉の漫画での初登場は原作91巻です。「悲しき鵺伝説」の事件解決後、平次のことを「未来の旦那さん」と呼ぶ謎の多いキャラクターとして登場しました。 アニメでは、まず彼女がキーパーソンとなった劇場版「から紅の恋歌(ラブレター)」に登場。競技かるたの高校生チャンピオンで、次期クイーンに近い実力者として描かれています。 彼女は執事・伊織を従えている、財閥のお嬢様。言動からは、その財力が垣間見えることも。また、競技かるたで培った優れた集中力や聴力・記憶力の持ち主でもあります。今後、それらの能力で事件に関わっていくこともありそうです。

劇場版「から紅の恋歌(ラブレター)」でのてんまつ

アニメに先駆けて登場となった劇場版「から紅の恋歌(ラブレター)」では、紅葉は和葉に堂々と恋のライバル宣言をしています。2人の関係を「恋愛ごっこ」と一笑し、自分が平次を奪い取るという強気な態度が見て取れました。 劇中では、紅葉が彼を好きになったきっかけが明らかに。幼い頃、2人はかるた大会の決勝で対戦したことがあったのでした。そこで彼女は、クイーンを親に持つ平次に負けて大号泣。 その際、平次は手加減してしまったことを泣かれたと思い、次対戦することがあれば「強めにとってやる」と言ったのでした。しかし、紅葉はこれを「嫁にとってやるから」とプロポーズだと勘違い。以降、長年彼に想いを寄せることになったのです。 さすがの紅葉もこの真相を知ってショックを受けた様子でした。だからといって、彼への想いは消えていないようで、今後も隙あらば平次へのアプローチを続けていくのでしょう。

父・遠山銀司朗の職業は刑事

和葉の父親は大阪府警刑事部部長を務めており、平次の父・服部平蔵(大阪府警本部長)とは幼馴染で親友という間柄です。部下からは「遠山のおやっさん」と呼ばれ、慕われる存在です。また、冗談を言ったりと明るい性格の持ち主。 自分の部下が連続殺人事件の主犯であった際に、まだ自分の部下なので手を出すな、と言って自分の部下を勇敢に庇うなどとても義理人情に厚い人物です。娘の和葉には甘いという親バカな一面も。名前の由来は、『遠山の金さん』の遠山金四郎です。

遠山和葉の推理能力は父親譲り?

和葉は作中で登場回数はそんなに多くないものの、幾つかの事件を解決する推理力を発揮しています。犯人が残した遺留品に目ざとく気づいたり、平次の暗号を解読するなど人並み外れた推理力があるようです。 また、ひょうたんを豊臣秀吉の馬印(千成瓢箪)と結びつけるなど、歴史にも詳しいようですが、「風林火山」を知らなかったりとちょっと抜けているのかもしれません。大阪の人間という事もあって、豊臣秀吉の事はよく知っていたのかもしれませんね。 彼女の推理力は、天性の才能なのか、大阪府警刑事部部長である父親譲りの洞察力があるのかもしれません。

遠山和葉が登場する『名探偵コナン』のテレビ放送エピソード

118話「浪花の連続殺人事件」

テレビアニメではこの回が和葉の初登場回になります。服部平次に誘われ、コナンたち一行は大阪観光にやってきます。その中で車のボンネットに突然死体が落ちてきたことを皮切りに、連続殺人事件の解決に乗り出していくことになります。 服部平次は日頃から新一のことを「工藤」と呼んでいたために、和葉は工藤を女だと思い込み、蘭のことを工藤だと勘違いしていました。この回では「工藤」に嫉妬している可愛い和葉を見ることができます!

291話「孤島の姫と竜宮城」

小五郎VS平次の推理対決という企画で沖縄にやってきたコナン一行は1年前に奇妙なダイイングメッセージを残して死んだ男の謎を解き明かすために鬼亀島という無人島にやってきました。しかしその島でスタッフの1人と船の船長が殺され、無人島に犯人に閉じ込められそうになります。 和葉がその推理力を披露しているのがこの回ですが、それよりも見所なのが蘭と和葉の水着!和葉は高校2年生とは思えないほどセクシーなゼブラ柄のビキニを披露しています。ぜひ確かめてみてください。

573話「恥ずかしいお守りの行方」

和葉は家の近くに住んでいた大学生の国松照明にテニスの大会に向けてお守りを作って欲しいと頼まれ作りました。しかし平次が誤って国松のために作ったお守りではなく和葉が普段から大切にしていたお守りを渡してしまうところから話は始まります。 実は和葉が普段から大切にしていたお守りとは平次の写真だったのです!平次にバレてしまわないかと最初から最後までドキドキしている恋する和葉にときめいてしまうこと間違い無しな回です!

遠山和葉の声優は宮村優子

遠山和葉の声は、宮村優子が担当しています。ゲーム『拳聖土竜』の春麗役で声優デビューし、2009年以降はオーストラリアに移住しています。 また、2007年5月にバセドウ病を発症し、現在も治療中です。 近年のアニメへの出演作品はあまり多くなく、彼女の代表作に挙げられる『新世紀エヴァンゲリオン』の惣流・アスカ・ラングレーや、『名探偵コナン』の遠山和葉のみ出演を続けています。