2018年11月27日更新

心を読む美女、クイニー・ゴールドスタインってどんな魔女?【ファンタスティックビースト】

クイニー ファンタビ ファンタスティックビースト
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

世界中を大熱狂に包んだ「ハリー・ポッター」シリーズの外伝物語である「ファンタスティック・ビースト」シリーズ。シリーズのメインキャラクターのひとりである、クイニー・ゴールドスタインについて紹介していきます。

「ファンタビ」シリーズのヒロインのひとり、クイニー・ゴールドスタイン

『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』 アリソン・スドル
(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

2018年11月23日から絶賛公開中の『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』。早くも大ヒットを記録し、高い注目を集めているこの人気シリーズの登場人物のひとりである、クイニー・ゴールドスタインについて、本記事では詳しく紹介していきます。 開心術という、人の心を読むことを得意とする彼女の、基本情報や第一作目での立ち位置、第二作目での活躍を紐解いていきましょう。 本記事後半では、最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』で描かれる彼女の行動について、大きなネタバレ情報を記述しています。未見の方はご注意ください。

クイニー・ゴールドスタインの生い立ち

クイニー・ゴールドスタインは、1903年1月6日生まれのアメリカ合衆国の魔女。半純血で、ストロベリー・ブロンドの髪の毛と灰色混じりの緑色の瞳、白く透き通った肌が特徴。「ファンタスティック・ビースト」シリーズのヒロインのひとりです。 同じく本シリーズのヒロインであるティナ・ゴールドスタインを姉に持ち、イルヴァーモーニー魔法魔術学校に通ったあと、アメリカ合衆国魔法議会(MACUSA)に就職。魔法の杖認可局で事務員として働いています。 幼い頃に龍痘で両親を亡くし、以来姉のティナとふたりで生きてきました。二人暮らしのアパートでは、クイニーが家事を担当しており、得意の料理や裁縫を披露するシーンもあります。

ニュートたちとの出会いと活躍ぶり

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
© 2018 WBEI Publishing Rights © J.K.R.

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』で、ティナがアパートにニュートとジェイコブを連れてきたことで、クイニーはニュートたちと出会いました。 また、ジェイコブは魔法能力を待たない非魔法族(ノーマジ)であり、普段の生活では関わる機会のない人物だったため、クイニーはジェイコブに対して強い興味を示すように。人が良く、優しい性格のジェイコブにクイニーは次第に惹かれていき、互いに好意を抱き始めます。 ニュートとティナが死刑宣告を受けた際は、それを遠方から予感し、彼らを助けるべく持ち前の行動力と勇敢さを発揮したクイニー。彼女はジェイコブとともに当局へ潜入し、見事にニュートたちを助け出しました。

クイニーは生まれ持った開心術の達人!

クイニー ファンタビ ファンタスティックビースト
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

そんなクイニーの最大の武器ともいえるのが、生まれ持って備えていた開心術の能力。この能力は彼女自身の成長にリンクするように強まっています。 彼女が最大限の力を発揮すれば、あのヴォルデモート卿をも凌駕する開心術を操れるともいわれています。 しかし優れた開心術を持ちながらも、読解力不足と直情的な性格ゆえに、人の感情を誤解して受け取ってしまうこともしばしば。一時の感情がその人の全てだと思い込む節があり、特にジェイコブとは開心術のせいで、お互いの想いが何度もすれ違ってしまいます。 また、クイニーの開心術について深い理解のある者は、姉のティナだけであるとされています。

料理や裁縫など家事が得意

開心術の他にも、クイニーは料理や裁縫などの家事全般を得意としています。姉のティナと暮らすアパートではクイニーが家事のほとんどを担当しており、そこでも彼女の生活能力の高さを窺い知ることができます。 仕事に常に全力で、多忙を極める姉を助ける形で家事をこなしており、ここでも姉妹が支え合って生きてきたことがわかります。

実は高い歌唱力の持ち主!

開心術や料理、裁縫の才能の他にも、クイニーは歌の才能にも恵まれています。 実は、ティナとクイニーのふたりが母校のイルヴァーモーニー魔法魔術学校の校歌を披露する場面も撮影されていました。残念ながらそのシーンは本編には登場しませんでしたが、未公開シーンとして『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のDVDに収録されており、クイニーの美声は人間のみならず、魔法動物たちも魅了しています。 また、その楽曲はクイニー役を務めた女優でシンガーソングライターのアリソン・スドルと、原作者で映画の脚本も担当したJ・K・ローリングが作詞・作曲を担当したものでした!

クイニーを演じるアリソン・スドルはシンガーソングライター

溌剌とした美貌を持ち、才能豊かでチャーミングなクイニーを演じたのは、女優でシンガーソングライターのアリソン・スドル。 アメリカのシアトル出身で、幼少の頃からスウィングジャズやクラシック、ソウルなどの幅広いジャンルの音楽に触れながら育ち、高校を卒業後は音楽の道へ進むことを決意。独学でピアノと作曲を学びます。 2007年にファイン・フレンジー名義でデビューアルバム『海からの贈りもの』をリリース。翌年にはワールドツアーも行い、世界中のファンを魅了しました。 その後もコンスタントにアルバムをリリースし、歌手としてのキャリアを積む傍ら、テレビドラマ『CSI:ニューヨーク』へのゲスト出演を果たすなど、女優としても活動を開始。 2015年にはミステリーテレビドラマ『Dig/聖都の謎』にレギュラー出演し、翌年の2016年に『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』にてメインキャストに抜擢されたのでした。 チャーミングで、歌が得意で、突き進む力強さも秘めている。そんなクイニーの役柄は、シンガーソングライターとして活躍するアリソンともリンクするものがあり、彼女にぴったりのキャラクターであったといえるでしょう。

「ファンタスティックビースト2」でクイニーが闇落ちする!?【ネタバレあり】

クイニ―は第一作目に引き続き、第二作目となる『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』にも、メインキャラクターとして登場しています。 第二作目では、ジョニー・デップ演じる黒の魔法使いのグリンデルバルドとジュード・ロウ演じる若き日のダンブルドアが登場し、それぞれのキャラクターがどちらの陣営につくのかといったところも見どころのひとつ。 クイニーは、ノーマジのジェイコブとの恋に苦悩し、また自分の開心術のせいで知りたくなかった他人の気持ちまで読み取ってしまうことで絶望を深めていきます。そんな心の弱みをグリンデルバルドに漬け込まれた結果、ダンブルドアに協力するニュートやティナ、愛するジェイコブのもとを離れ、グリンデルバルドのもとに下ります。

クイニーから今後も目が離せない!

本記事では、「ファンタスティック・ビースト」シリーズのメインキャラクターでもあるクイニー・ゴールドスタインについて紹介していきました。 豊かな才能を持ちながらも姉を尊重し、時には大胆不敵で勇敢な行動を示すなど、チャーミングな姿が魅力的なクイニー。そんな愛すべき人物である彼女が、シリーズを通してどう変化していくかにも注目していきたいですね。