ドラマ『ハゲタカ』が2018年夏に放送!主演キャスト・綾野剛がダークヒーローに

2018年5月18日更新

真山仁の人気経済小説「ハゲタカ」シリーズが、綾野剛主演で連ドラ化することが決まりました。過去にはNHKでドラマ化されたのち、映画化までされた本作。2018年版のキャスト、あらすじなどの情報を紹介していきます。

『ハゲタカ』が綾野剛を主演キャストに迎え再ドラマ化!

真山仁の経済小説「ハゲタカ」シリーズの再ドラマ化が決定しました。本作は過去にもドラマ化・映画化されている人気作品。 過去の映像化にも触れつつ、今回決定したドラマ『ハゲタカ』のあらすじ・キャストなど最新情報をお伝えしていきます。

『ハゲタカ』のあらすじ

外資系投資ファンドであるホライズン・インベストメントワークス・ジャパンの代表、鷲津政彦。主人公の彼が冷徹かつ大胆な企業買収を次々に行い、膨大な利益を上げていく物語です。 彼は、企業を食い荒らしていることから「ハゲタカ」と呼ばれるダークヒーローですが、彼の鮮やかな買収劇に多くのサラリーマンや女性たちが魅了されました。 また今回のテレビ朝日での連続ドラマでは、原作の「ハゲタカ」シリーズに加え、2018年を舞台としたオリジナルエピソードも登場。こちらは真山仁がこのドラマのために書き下ろした原案をもとに構成されるそうです。2018年版『ハゲタカ』が、どのような内容になるか気になるところですね。

ドラマ『ハゲタカ』主演キャストは綾野剛に決定

主演は、テレビ朝日で初主演を務める綾野剛です。彼は以前ドラマ「コウノドリ」シリーズで、心の優しい人物を演じたことから、今回の『ハゲタカ』でどのように冷徹なダークヒーローを演じるのかが注目されています。 今回、綾野剛はビシッと決めたスーツと眼鏡姿のビジュアルが解禁されました。女性ファンも必見となりそうです。 また彼が出演したドラマ『S -最後の警官-』の脚本を手掛けた古家和尚が、今回の『ハゲタカ』の脚本を手掛けることも決定しています。

これまでの映像化の歴史

「ハゲタカ」シリーズは、過去にドラマ・映画として映像化されてきました。ドラマは2007年にNHKで放送されています。 前シリーズの主人公の鷲津政彦は、大河ドラマ『龍馬伝』などで知られる大森南朋が務め、本作は彼の代表作にもなりました。ちなみに、前シリーズの主人公・大森南朋と今回のドラマの主人公・綾野剛の2人は、過去に綾野剛の代表作であるドラマ「コウノドリ」で共演しています。 その後、ドラマが高い評価を得たことを受けて、映画化が決定。内容は原作者である真山仁が執筆した「ハゲタカ」シリーズの続編、「レッドゾーン」を元にしているもので、2009年に公開されました。 NHK版ドラマ『ハゲタカ』は、映画化されたことからも分かるように、放送当時反響の大きかったドラマとなりました。実は、『ハゲタカ』と同じ経済ドラマの『半沢直樹』が放送された際は、『ハゲタカ』のオマージュではないかとSNS上で話題になったり、『ハゲタカ』を思い出すとの声が多く寄せられていたのです。 高視聴率を記録した『半沢直樹』が影響されたと言われるNHK版『ハゲタカ』。再ドラマ化には期待が高まります。

過去作を超えられるか?ドラマ『ハゲタカ』は2018年7月放送開始!

今回のテレビ朝日系『ハゲタカ』は2018年7月に毎週木曜よる9時から放送です。大人気俳優である綾野剛と、大人気小説「ハゲタカ」のコラボレーション、見逃せませんね。