2019年2月15日更新

続編『ヴェノム2』最新情報&キャスト予想 スパイダーマンとの共演はあるのか?

©Supplied by LMK

2018年に公開された『ヴェノム』。人気俳優トム・ハーディを主演に迎え、大ヒットを記録した本作の続編製作が決定しています!『ヴェノム2 』の最新確定情報や噂を分析しつつ、次回作の予想を立ててみます。

『ヴェノム2』が製作決定!最新情報を紹介しつつ、その内容を予想

ヴェノム マーベル
©&TM 2018 MARVEL

2018年に公開されたトム・ハーディ主演『ヴェノム』の続編が、早速製作決定となりました。すでに一作目のラストで続編を示唆する映像があったため、当然のことかもしれません。 マーベル随一のアンチヒーローとも言えるヴェノムの初単独映画であった前作。続編がどのような展開になるのか、どんなキャラクターが登場するかなどの予測も踏まえつつ、2019年2月時点で決定している最新情報をお届けします。

脚本家は決定!主演、監督は続投するのか?

まず、続編の現状について。『ヴェノム2』は、もちろん主人公エディ・ブロックを演じたトム・ハーディの続投がほぼ決定しています。さらに、前作に引き続きルーベン・フライシャー監督がメガホンをとる予定です。 そして2019年1月に、前作にも携わっていたケリー・マーセルが脚本家として起用されるかもとの報せが。彼女は『ウォルト・ディズニーの約束』や『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ 』を手がけたことでも知られています。ですがまだ脚本執筆を依頼した段階であり、本当にアサインされるかは決まっていないよう。

前作『ヴェノム』をネタバレこみで振り返ってみよう

前作では、地元に寄り添う気鋭記者エディ・ブロックがライフ財団の闇の真相を掴むために、財団に潜入。その時謎の地球外生命体・シンビオートに寄生されてしまいました。ライフ財団のリーダー、カールトン・トリエクはこのシンビオートを使って、宇宙に進出できる人類を生み出そうと人体実験を繰り返していたのです。 しかし、シンビオートは寄生した人間を蝕んでしまうことから、誰でも適合できるものではありませんでした。偶然にも適合者だったエディは、シンビオートのヴェノムと意識を共にし、ライフ財団の野望を阻止しようと試みます。 すると、ドレイクもまたヴェノムと共に地球に運ばれてきたシンビオートのライオットに寄生されます。ライオットの狙いは、シンビオートによる地球の侵略でした。ドレイクはこれに同調し、宇宙船を発射させ更に多くのシンビオートを地球に持ち帰ろうと考えるのです。 クライマックスでは、彗星に向かおうとするライオットをエディとヴェノムが阻止。ヴェノムは彼らの弱点である火と4000~6000Hzの周波数を使い、シンビオートを破壊します。 その際の炎からエディを守るためヴェノムは死んだと思われていました。しかし、ヴェノムは無事生存したようでエディと引き続き共存していくのです。

『ヴェノム2』のキャストを予想!

エディ・ブロック/トム・ハーディ

トム・ハーディ
wenn.com

主人公のトム・ハーディは『ヴェノム2』への続投が決定的でしょう。一作目ではヘタレっぷりを発揮し、ヴェノムに戸惑いながらも最終的に彼を受け入れました。また、婚約をしていたアンに振られてしまい、その後の恋愛指南をヴェノムから受けるなど、二人は「ど根性ガエル」のひろしとピョン吉のような関係性です。 筋肉隆々なのに頼もしくない、そんなトム・ハーディが魅力的な一作目ですが、二作目ではもう少し男らしくなるかも?

アン・ウェイング/ミシェル・ウィリアムズ

ミシェル・ウィリアムズ
©️WENN.com

一作目に登場した、エディの元婚約者。弁護士の彼女は、仕事でライフ財団と関係がありました。それを利用して、エディが彼女のパソコンを盗み見、情報が漏洩したことで彼女も仕事を失ってしまいます。それが原因で婚約破棄。 しかし、半年後にエディがシンビオートに寄生されたことを知ると、彼を助けるために奮闘。自らもヴェノムを受け入れ、一時的にシーヴェノムになりました。ラストでエディと復縁することはなく、新たな恋人ができていましたが、続編でも登場することが予想されます。

カーネイジ/ウディ・ハレルソン

ウディ・ハレルソン
©FayesVision/WENN.com

そして、続編に登場する可能性が高いのが、ウディ・ハレルソン演じるカーネイジことクレタス・キャスディです。前作のエンドロールで、記者に復帰したエディからインタビューを受けていた人物です。その伏線もあり、続編のヴィランはカーネイジであることが考えられます。 ちなみにカーネイジを演じるウディ・ハレルソンは、フライシャー監督と『ゾンビランド』で共に仕事をしています。

続編のヴィラン最有力候補のカーネイジとは?

さて、そんなカーネイジとは一体何者なのでしょうか。カーネイジとは、スパイダーマン、ヴェノムに続く“第3のスパイダーマン”と呼ばれるヴィラン。スパイダーマンの天敵と呼ばれています。 カーネイジ(シンビオート)が寄生したのは、サイコキラーのクレタス・キャサディ。目的なく、ただ人を殺す快楽殺人者です。虚言癖もあり、つかみどころのない性格。コミック版ではエディと同房でした。そして、彼のシンビオートの一部がキャサディに寄生してしまったせいで生み出されたのがカーネイジだったのです。 ヴェノムはスパイダーマンとライバルの関係性ですが、カーネイジの事となると共闘し、なんども彼を投獄しています。彼らが相容れないのは、ヴェノムが彼なりの正義に基づいて行動をしており、実は人を助ける良心があるのに対し、カーネイジにはそれが一切ないからです。

ファン待望!スパイダーマンとの共演はあるのか?

これは予想の域を出ませんが、もしカーネイジがヴェノムと対峙するのであればコミック版のように、スパイダーマンも登場するのではないかということ。 もともと、ヴェノムが初登場したのはソニー・ピクチャーズによる『スパイダーマン3』。スパイダーマンのスクープを狙う熱血新人記者エディ・ブロックJrにシンビオートが寄生し、ヴェノムになります。 そして彼は逆恨みをして、ピーターを破滅しようとしました。しかし、原作のヴェノムとはかけ離れたキャラクターであったため、多くのファンからブーイングを受ける始末に。ファンはコミック版に近い、ヴェノムとスパイダーマンの共闘を望んでいるのです。 現在スパイダーマンはMCUに登場していますが、もともとキャラクター権利を持っていたソニー・ピクチャーズ主導の、『ヴェノム』から始まる新たなスパイダーマン・ユニバースに登場するのも不可能ではないはず。

『ヴェノム2』公開予定日は2020年

ヴェノム
©&TM 2018 MARVEL

『ヴェノム2』は、予定通り製作が進めば、2020年10月2日に全米公開される予定です。 一作目もファンから好評だった『ヴェノム』。続編も、よりスパイダーマンファンを満足させる映画となってくれるのではないでしょうか?