2020年4月1日更新

アニメ作品に登場する天才キャラ10選!【色んな分野の才能をフル発揮】

アニメ作品に登場する天才キャラ10選!【色んな分野の才能をフル発揮】 サムネイル

ジャンルを問わず様々な作品で登場する天才キャラクター。類まれなるセンス・圧倒的な才能、頭脳を駆使して、主人公としてもライバルとしても活躍します。今回は、アニメ作品に登場する天才たちを紹介します!

目次

才能の種類は十人十色!アニメに登場する天才キャラ10選

平凡な主人公が鍛錬や努力によって成長していく物語があれば、優れた能力をもつ天才が活躍する物語もあります。 ひとえに「天才」と言っても、作品によってどんなところが優れているのか、どんな性格かは千差万別。『DEATH NOTE』の夜神月(やがみらいと)のように社交的で、人々とうまく接することが得意な天才もいれば、『ノーゲーム・ノーライフ』の空&白は1点集中型でコミュニケーションは苦手です。 さらには、周囲の注目を集めるほどの天才でありながら……というギャップが描かれることもあります。今回は、様々なジャンルの作品で登場する天才キャラクターをまとめて紹介します!

1.夜神月(やがみらいと)&L(エル)/『DEATH NOTE』

夜神月(やがみらいと)は高校の全国模試では1位をとり、中学校の頃にはテニスの全国大会で2度優勝した「文武両道」型の天才です。そんな彼は自身の才能を持て余して過ごす退屈な日々のなかで、デスノートを拾ってしまったことから、正義の殺人鬼「キラ」へと変貌してしまいます。 捜査が始まるとキラであることを隠すために相手の思考を読み、さらには敵側の内部に協力者という形で潜入。信頼できる存在となるよう振る舞っていました。 そんなキラに対抗する捜査側の切り札がL(エル)。迷宮入り事件の数々を解決した「世界一の名探偵」といわれ、作中の世界3大名探偵が全て彼の偽名だったされています。社交性は劣るものの、月に匹敵する頭脳と行動力で積極的に捜査をしていました。 「負けず嫌い」という共通点をもつ2人はお互いを探る心理戦を繰り広げますが、中でもテニスで1戦交えるシーンは必見です。

2.高嶺清麿(たかみねきよまろ)/『金色のガッシュ!!』

天才の圧倒的な才能は憧れの対象になる一方で、妬まれてしまうこともあります。高嶺清麿(たかみねきよまろ)は中学生でありながら、マサチューセッツ工科大学首席の論文が読めて、理解できてしまうほどの頭脳の持ち主。 ですが、優れた頭脳を同級生から妬まれ、いじめられてしまったことで不登校になってしまいました。そんな彼の元に魔物の子、ガッシュ・ベルがやってきたことで生活が大きく変わります。 清麿は魔物の子の中では落ちこぼれで、他の候補者に狙われやすいガッシュのパートナーとなったことで、多くの戦いに挑むことに。その度にIQ190の頭脳を活かした巧みな分析・戦術によって勝利に導きました。怒らせると非常に怖い一面もあり、卑怯・非道な行いを見たときの怒りようは魔物の子すら震え上がるほどです。

3.石神千空(いしがみせんくう)/『Dr.STONE』

頭脳が優れている天才の中でも、石神千空(いしがみせんくう)は科学分野のエキスパートです。高校の科学部長を務め、ただ1人ペットボトルのキャップからガソリンを作るという巧みな技術を披露しました。 他の科学部員は原理を聞いても「分からん……」と困惑していましたね。謎の光によって全人類が石になった後は、秒数を数え続けて年月を正確に把握し、いち早く復活しました。 幼い頃からの夢である宇宙を目指し、身体面で優れる幼馴染・大木大樹とともに2人で文明の再興に励みます!持ち前の知識を活かして次々とキーアイテムを作る彼の活躍を見るうちに、楽しく科学知識が深まります。

4.ルルーシュ・ランペルージ/『コードギアス 反逆のルルーシュ』

ルルーシュ・ランペルージは、自分と妹・ナナリーを見捨てるような仕打ちをした祖国・神聖ブリタニア帝国に反旗を翻し、結果重視の「ゼロ」と目立ちにくい「ルルーシュ」の2面性を巧みに操ります。得意分野はC.C.に与えられた「目を合わせて命令すれば、必ず実行させる」絶対遵守のギアスを中心にした戦略のほか、地形を利用した形勢逆転を狙う戦術です。 思考の先回りによる会話のねつ造や、咄嗟の嘘などの疑惑をかわす心理戦・プログラミングの手腕を発揮する場面もありましたね。 しかしながら、想定を超えた相手の行動などのイレギュラーに狼狽えやすいという、戦略派ならではの大きな弱点があります。体力面も不得手で、完全無欠ではない天才という人間味のあるキャラクターです。

5.日向ネジ/『NARUTO-ナルト-』

『NARUTO』特有の能力・血継限界(けっけいげんかい)を伝える名家「日向一族」の中でも、優れた素質をもつ天才が日向ネジです。血継限界とは「遺伝のみで伝えられる特殊能力や体質」で、日向家の場合は白眼(びゃくがん)という特別な瞳術を指します。 白眼は、チャクラの流れを見る・視野を広げる・物体の透視など高い洞察力を発揮する能力です。彼は分家の生まれでありながら宗家にのみ伝えられる技を独自に習得して使いこなし、下忍の時点で「日向始まって以来の天才」と評価されていました。 そして木ノ葉の天才と言えば、奈良シカマルもお忘れなく。面倒くさがりな一方、IQ200を誇る頭脳による冷静な分析・的確な判断で数々の難局を切り抜けました。その能力が評価され、同期の中で1番に中忍に昇格しましたね。

6.四宮かぐや/『かぐや様は告らせたい』

四宮かぐやは、日本屈指の財閥「四宮グループ」総帥の長女という名家の生まれで、勉学はもちろん音楽・芸事・武芸とあらゆる分野で才能を発揮するマルチな天才です。一見お淑やかなお嬢様ですが、プライドが高く心中では他人を見下し、利用価値を考える裏の顔も。物語の舞台であるエリート校・秀知院学園の生徒会副会長を務めています。 そして、もう1人の天才が学園を纏め上げる生徒会長が白銀御幸(しろがねみゆき)です。学園内模試で常に1位・全国でもトップクラスという怪物じみた学力があります。ずばぬけた学力は周囲からも認められ、模範的な振る舞いによって史上わずか3人の「高等部入学者の生徒会長」に抜擢されました。その学力はアルバイトをしつつも毎日欠かさない10時間の勉強によるもので「努力の天才」と言えるでしょう。 そんな2人は恋愛関係が噂され、実際にお互いを意識しているものの「相手が告白してくれば考える」姿勢を頑なに崩しません。いつしか「相手に告白させる」ことを目的にし、素直になれない天才同士の恋愛バトルを繰り広げるようになります。

7.江戸川コナン/『名探偵コナン』

元は高校生探偵として活躍していたほどの優れた推理力を武器に、小学生の姿になっても次々と事件を解決に導く頭脳派です。 ほんのわずかな証拠も見逃さない洞察力・ピンチを切り抜けるための手段を思いつく知識や機転も備えているからこそ数々の難事件を解決できるといえるでしょう。劇場版「戦慄のフルスコア」ではボートの上から、声だけで電話をかけるという離れ業で助けを呼んでいましたね。 数々の事件を解決してきた彼でも、翻弄され続けるライバルが怪盗キッドです。白いシルクハットとタキシードにモノクルの出で立ちで、美術品や宝石を狙います。 IQ400という驚異的な頭脳をもち、巧みな変装でターゲットを盗む手腕は非常に鮮やか。劇場版ではしばしばコナンを助け、協力することもあります。

8.不二周助/『テニスの王子様』

不二周助は名門・青春学園テニス部の中でも手塚国光に次ぐNo.2の実力をもち、周囲が認める天才。笑顔を保ち続ける本心が読めない人物です。テニスのプレーもミステリアスで、記録・分析の達人である乾でもデータを正確にとれません。 聖ルドルフ中の観月との試合で苦手としていたコースを狙われましたが、実は1番得意だと明かして驚かせていましたね。 彼のプレースタイルは防御主体のカウンターパンチャーで、相手ボールの回転や威力を利用したカウンター技を得意としています。越前リョーマと試合をした際には1年生ながら自分に追いついてくることを認めており、彼からは手塚と並ぶバケモノと評されました。

9.及川徹/『ハイキュー!!』

青葉台高校バレー部を主将兼セッターとして率いるのが彼。笑顔で嫌味を言うなどやや性格が悪く「叩くなら折れるまで」がモットーの攻撃的なプレーヤーです。試合中にはチームメイトの強みを大いに引き出し、相手の弱点を徹底的に叩きます。 加えてサーブの威力・スピード・コントロールのどれも優れており、総合力で県内トップと評価されるほど。臨機応変に対応する適応力も高く、初対面の大学生チームに混ざっても数プレーで馴染み、連携をとっていました。 天才と言えるほどの能力を持っていますが、彼は天才嫌いの努力家です。烏野高校の天才セッター・影山飛雄の中学の先輩にあたり、彼のサーブやブロックの手本となりました。しかし、天才嫌いから影山に対して素っ気なく、再会したときには「叩き潰すことを楽しみにしている」と発言していましたね。

10.アカギ/『闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜』

相手の心理に加え、盤面を考察する力・時の運が勝敗に大きく関わるギャンブル。『天 天和通りの快男児』にも登場した伝説の雀士・アカギこと、赤木しげるはギャンブルの天才です。中学生にして不良少年同士のチキンランを勝ち抜き、賭け麻雀が行われる雀荘にやってきます。極道相手でもひるまず才能を発揮した彼は、雀荘での勝負をきっかけにアウトローな世界に足を踏み入れることに。 以降は自身の偽者との勝負や、金ではなく血を賭けるまさに命懸けの勝負などの修羅場をくぐり抜けていきます。重要な場面で欲しい牌を引き当てる強運・相手の心理的な弱点を的確に見抜くセンスが彼の強みです。また、決して運任せの勝負はしない冷静さも持ちあわせています。

アニメ作品にはあらゆる分野の天才がたくさん!欲しい才能はどれ?

今回は、様々な作品の天才キャラをまとめてご紹介しました。まとめてみると、勉学・スポーツ・ギャンブルなど、作品ごとに得意分野は様々です。素質・実力が高いと言っても、多才なタイプか1点集中タイプかも違っていましたね。 時には非才なキャラクターが主人公となり、活躍や成長が描かれることも。どんな物語が見たいかに応じて、気になる作品を探してみましょう!