2021年5月11日更新

【決定版】グロいけど面白いおすすめ漫画15選!完結作品をジャンル別にランキング&話題の最新作も紹介

グロい漫画

見たいけど見たくない、非日常とゾクゾクする感情に惹かれる、そんな不思議な魅力たっぷりの「グロ漫画」。今回はそんなグロいけど面白い漫画を、完結作の中から15作品厳選してランク付けしました。また話題の最新作も紹介するので、合わせてチェックして下さい!

目次

本当に面白い!グロい漫画15選をジャンル別にランキング

目を背けたくなるような描写なのになぜか見たくなってしまう、そんな不思議な魅力を醸し出す「グロい漫画」。非日常感に誘い出されページをめくってしまうと、後悔してしまうけどそれが良い。 そこで本記事ではそんなグロ面白い漫画を、完結作の中から15作品厳選して紹介していきます。ランキングはグロ描写度はもちろん、ストーリーの面白さキャラクターの魅力も基準としました。 3つのジャンルに分けて各作品のあらすじなどを紹介していくので、グロい漫画が気になる人はぜひ本ランキングを参考にしてみて下さい!

読みたい見出しをクリック

今すぐジャンル別ランキングを見る

デスゲーム&サスペンスグロ漫画編
ユニークグロ漫画編
ストーリー性重視有名グロ漫画編

話題&未完結のトレンドグロ漫画

まずは話題の未完結作品です。 ここで登場する作品は3作のみなので、ランク付けはせず紹介していきます!

人類VS金魚のシティサバイバル『渋谷金魚』

吹き出し アイコン

とにかく金魚が人を食べて食べて食べまくります。グロ漫画でありながら人間の内部などにもフォーカスしているので、人間同士の関わりが見たい人にもおすすめ!

2016年より『ガンガンコミックスJOKER』にて連載中の、パニックホラー作品『渋谷金魚』。 あらすじ:平凡で冴えない日常を送る高校生の月夜田初(つきよだはじめ)は、渋谷に自主制作の映画を撮影しに来ています。 しかし突如初の前に転がる人間の生首。そしてその後ろから、空を泳ぐ巨大な金魚が登場しました。この人喰い金魚の出現によって、初は求めていた転機が決して幸せなものとは限らないと悟るのです。

再び家族は“1つ”となる『カクカゾク』

吹き出し アイコン

地球外生命体と交わるため、グロ描写も多いながらSF要素も強いよ!

『ジンメン』で漫画界に衝撃を与えたカトウタカヒロが送る、衝撃のSFホラー『カクカゾク』。 あらすじ:主人公の縁(えにし)は流星群が見えるとテンションを上げる仲間達を、冷ややかな目で見ています。家族でよく天体観測に行ったという話を聞いて、不機嫌になる縁。 なぜかというと縁の家族は全員が散々な状況に置かれており、バラバラで最悪の状態だったのです。流星群に向け「家族を1つにしてみろ」と彼は願います。 このとき縁は、この願いがとんでもない形で叶うとは知る由もありませでした。

巨大生物襲来『明日のエサ キミだから』

吹き出し アイコン

モンスターパニック系の作品でありながら、所々にギャグテイストもある面白グロ漫画だよ

『明日のエサ キミだから』は『月刊ヤングマガジン』で連載中の作品です。作者は『デトロイト・メタルシティ』や『みんな!エスパーだよ!』を世に輩出した、若杉公徳となっています。 あらすじ:突如学校に現れた異形のモンスター。少年少女達は学校から外に逃げるのを諦め、毎日1人モンスターに与える“エサ”を決めることで生き永らえていました。 パシリを進んで行うことで、エサ役を逃れてきたスクールカースト最底辺の主人公、笹塚宗太(ささづかそうた)。しかし宗太は遂にエサ役に指名されてしまうのでした。

王道グロ漫画!デスゲーム&サスペンス作品ランキング

5位:極上のサスペンスホラー『屍囚獄』

吹き出し アイコン

村に伝わる因習に巻き込まれる若者達、事件のグロさでサスペンスホラーの恐怖度マシマシ!

竹書房出版のサスペンスホラー漫画『屍囚獄』。本作は2017年に実写映画化もされた作品です。 あらすじ:民俗学のレポートを書くため、仕方なく人口43人の八坂村に来た6人の女子大生達。この八坂村には女子が1人もおらず、村人達は突如訪れた女子大生達を異様な眼差しで見つめます。 遂に村の男に襲われてしまう女子大生の1人。しかしそこに現れた怪人の行動で、事態は急展開を迎えることとなりました。

4位:疑心暗鬼が人を殺す『人狼ゲーム』

吹き出し アイコン

壮絶なグロ描写はもちろん、心理戦などのゲーム性が他作品とは一味違う!

同名ホラー小説を原作とする、デスゲーム系グロ漫画『人狼ゲーム』。2013年の第1作から幾度となく実写映画化されています。 あらすじ:アルバイト終わりの帰り道、何者かに拉致されてしまう女子高生の仁科愛梨(にしなあいり)。愛梨が気が付くと自身が入れられた密閉空間には、同じ高校の生徒総勢10人が集められていました。「今から人狼ゲームをやってもらう」と愛梨は告げられ、逆らった同級生が無惨に殺されるのを目の当たりにします。 こうして愛梨は命を賭けた、本物のデスゲームの世界へ足を踏み入れるのでした。

3位:いじめが復讐を生む『復讐教室』

吹き出し アイコン

いじめられている女子の復讐は鬱展開が続くので、心が穏やかなときに読むのがベター

『エブリスタ』に投稿されていた小説『復讐の唄』を原作とした、学園サスペンス漫画『復讐教室』。 あらすじ:白咲中学3年3組に在籍する女子生徒の藤沢彩菜(ふじさわあやな)は、クラスメイト全員からいじめられています。それもいじめの内容は「無視をする」「物を隠す」などではなく、「暴行」や「レイプ」など過激なものでした。ある日遂に命に関わる行為を行われ、強い身の危険を感じる彩菜。 そして彩菜は殺される前に、と復讐を決意するのでした。

2位:登る山には“猿”がいる『モンキーピーク』

吹き出し アイコン

いつどこで猿が現れるかわからない、パニックホラーの王道に緊張しっぱなし

『モンキーピーク』は『週刊漫画ゴラク』で連載されていた、パニックホラー作品です。2021年5月現在も続編となる『モンキーピーク the Rock』が連載を続けています。 あらすじ:社員でレクリエーションとして登山をする藤谷製薬の面々は、初日の夜に鉈を持った猿のような生き物と出会います。同僚の惨殺死体を発見した社員達は、下山を開始しました。しかし何者かに看板を替えられたことで、逆に山奥へ。 これがここから始まる惨劇の幕開けでした。

1位:己を蝕むヤバイ奴『隣人13号』

吹き出し アイコン

過激なシーンはとっても刺激的!復讐と二重人格をテーマにかつてのいじめられっ子がリベンジ!

幻冬舎から出版された、サイコスリラー作品『隣人13号』。巻数も全3巻と少なめなので、手軽に読むことができます。 あらすじ:建設作業員である村崎十三(むらさきじゅうぞう)は、小学生時代にいじめで同級生・赤井トールに顔を焼かれた過去がありました。顔を焼かれた瞬間に、十三の中に生まれた残虐な別人格、13号。 赤井への復讐を誓う13号は、十三も逆らえないほど凶暴な存在になっていきます。

奇想天外な世界観がクセになるユニークグロ漫画ランキング

5位:THE表紙詐欺マンガ『黒街』

吹き出し アイコン

表紙からは想像もつかないギャグテイストに、癖になること間違いなし!

『黒街』は『Championタップ!』にて連載していた、ホラーギャグ漫画です。 あらすじ:主人公の少年は、最近会社をリストラされた父と2人暮らしです。父の新しい仕事は、スーパーの深夜パート。ある日少年は父の忘れ物を届けるため、深夜のスーパーへと赴きます。そこには大量のゾンビにお惣菜をばら撒く父の姿が。 その後も少年は街で不気味な怪異と出会うようになり、職を転々とする父とビクビクしながら過ごすことになるのでした。

4位:モンスターパニックの決定版『ハカイジュウ』

吹き出し アイコン

とにかく破壊の限りを尽くす特殊生物の造形に見惚れてしまう!

2010年から2017年まで、『月刊少年チャンピオン』にて2部構成で連載されていた『ハカイジュウ』。モンスターパニック要素を主としながらも、ミステリー要素やバトル要素など、様々なジャンルを含んでいます。 あらすじ:東京都立川市にある学校に通う鷹代陽(たかしろあきら)は、突如起こった地震で気を失ってしまいます。目が覚めると陽の前には、大量の死体を量産する謎の怪物がいるのでした。

3位:人面アニマルパニック『ジンメン』

吹き出し アイコン

グロ描写はもちろん、人の顔が張り付いた動物の姿がクセになる不気味さでおすすめ

『サンデーうぇぶり』にて連載されていた、アニマルパニックホラー作品『ジンメン』。本作は連載中にオリジナル漫画部門で1位を獲得していた、人気作です。 あらすじ:主人公の神宮マサトは、7年ぶりに故郷に帰ってきていました。動物が大好きなマサトは昔足繁く通っていた不二サファリパークに、幼馴染みのヒトミと共に訪れています。しかし突如動物園内で、人面の動物達に襲われる怪現象に見舞われるマサト。 やっとの思いで外に脱出したマサトの目には、とんでもない光景が広がっているのでした。

2位:歪な兄妹愛を描く『pupa』

吹き出し アイコン

カニバリズム描写があり本当にグロいけど兄妹愛を感じる美しい作品だよ

『コミック アース・スター』にて約4年間連載されていた、異形の兄妹を描く作品『pupa』。 両親に恵まれず2人で生きてきた兄妹は、お互いがお互いを強く想いあっていました。しかしある日妹の夢(ゆめ)が「赤い蝶」を見てから、ヒトを食べずにはいられない化物に変身してしまうように。そして自身も身体の欠損が超回復する異形となった兄・現(うつつ)は、妹の「生き餌」となる決意を固めるのでした。

1位:リアリティが恐怖を誘う『食糧人類-Starving Anonymous-』

吹き出し アイコン

グロ描写&ストーリーでグロの世界を徹底的に楽しむなら食糧人類!

『食糧人類-Starving Anonymous-』は『eヤングマガジン』にて連載されていた、サスペンスホラー作品です。また『コミックDAYS』にて、本作の続編となる『食糧人類Re: -Starving Re:velation-』が2021年4月より連載しています。 あらすじ:地球温暖化が深刻化し、3月でも真夏の装いが目立つ日本。画家を目指す男子高校生の伊江(いえ)は、帰宅途中に拉致されてしまいます。 そして目を覚ました伊江は、とんでもない光景を目の当たりにするのでした。

ストーリー性重視!映像化もされた超有名グロ漫画ランキング

5位:ゲームを勝ち抜き神となれ『神さまの言うとおり』

吹き出し アイコン

本記事で挙げた作品の中だとグロ度は低めなのでストーリーも楽しみたい人におすすめ

2011年から2012年まで『別冊少年マガジン』にて連載していた『神様の言うとおり』。2013年から2017年まで第2部となる『神さまの言うとおり弐』が連載され、2014年には実写映画も公開されました。 あらすじ:ありふれた毎日に退屈する高校生・高畑瞬(たかはたしゅん)は、今日もいつもと同じ毎日を過ごしています。しかしそれは教師の頭部から「だるま」が出現し死のゲームが始まるまでは、の話でした。

4位:戦慄の吸血鬼ホラー『彼岸島』

吹き出し アイコン

がっつりホラーテイストなのにシュールなネタもあり読めば読むほどハマっちゃう

彼岸島』は『週刊ヤングマガジン』にて2002年から2010年まで連載された、サバイバルホラー漫画です。 あらすじ:高校生の宮本明(みやもとあきら)は、家の前で倒れていた女性、青山冷(あおやまれい)を介抱します。そして冷が2年前に行方不明になった兄・篤の存在を知っていると聞き、所在を問う明。そして明は篤が吸血鬼が住む孤島「彼岸島」にいることを知りました。 こうして明は篤を連れ戻すため、仲間と共に彼岸島へと足を運びます。

3位:“生”を求めて戦い続ける『GANTZ』

吹き出し アイコン

SF要素が強く多種多様な星人がグロテスクでおすすめ!

GANTZ 』は『週刊ヤングジャンプ』にて、2000年から2013年まで連載していた作品です。本作は実写映画化や舞台化のみならず、フル3DCGでアニメ映画も公開されました。 あらすじ:ある日高校生の玄野計(くろのけい)は地下鉄のホームで、かつての親友・加藤勝(かとうまさる)を見かけます。そして線路に落ちた酔っ払いを助けようとして、電車に轢かれてしまう2人。 死を覚悟した玄野でしたが、次の瞬間にはマンションの一室に飛ばされていました。

2位:人に哲学を問う名作『寄生獣』

吹き出し アイコン

人を食い荒らす不気味な寄生獣が登場するグロさはあるけど、その高いテーマ性や哲学的な問いは一見の価値ありだよ

寄生獣』は『月刊アフタヌーン』にて、1990年から1995年まで連載されていた作品です。実写映画が2部構成で、それぞれ2014年と2015年に公開されました。 あらすじ:空から正体不明の多数の生物が飛来してきた日本。その生物、パラサイト(寄生生物)は人間の鼻腔などから頭に侵入し、全身を支配する術を持っています。しかし主人公・泉新一への寄生に失敗し、右手に寄生してしまったミギー。 そして立場の違う新一とミギーの考え方は、共生していく中で徐々に変化していくのでした。

1位:私刑の内容がグロすぎる『ミュージアム』

吹き出し アイコン

ミステリー要素とグロ要素を合わせて楽しむノンストップスリラー!

『週刊ヤングマガジン』にて連載されていた、サスペンスホラー漫画『ミュージアム』。2016年には本作を原作とする実写映画が公開されました。 あらすじ:家庭を犠牲に仕事に没頭してきた警察官の沢村久志は、残虐な方法で殺された殺人事件の担当となります。容疑者として雨の日にのみ活動する殺人鬼「カエル男」が浮上し、追っていく沢村。 そして自身をアーティストだと語るカエル男を追う沢村は、とんでもない事実に辿り着くのでした。

グロい漫画おすすめランキングはいかがでしたか?

ただ傷つければ良い訳でもなく、ストーリーやキャラクターへの思い入れも非常に大切である「グロ漫画」。今回はそんな奥深いグロ漫画のおすすめ作品を、ジャンルごとに紹介してきました。 もし気になる作品があった人は、ぜひ勇気を出して手に取ってみて下さい。