2021年7月15日更新

『鬼滅の刃』鉄穴森鋼蔵の素顔や死亡説をネタバレ解説!話題のセリフの裏側も

鉄穴森鋼蔵

鉄穴森鋼蔵(かなもりこうぞう)は『鬼滅の刃』に登場する刀鍛冶で、伊之助や時透無一郎の日輪刀を担当しています。普段は温厚そうですが、愛着のある自身の刀を傷つけられれば大激怒。そんな二面性のある鉄穴森について、この記事では気になる素顔や名言などを詳しく解説します。

目次

鉄穴森鋼蔵(かなもりこうぞう)のプロフィール!【ネタバレ注意】

鉄穴森鋼蔵(かなもりこうぞう)は、『鬼滅の刃』に登場する刀鍛冶の男性キャラクター。年齢は26歳で、他の刀匠達と同じくいつもひょっとこのお面を付けています。 同じ刀鍛冶で偏屈な鋼鐵塚(はがねづか)のフォローに回ることも多く、落ち着いた雰囲気のある彼ですが、丹精込めて作った刀を壊されると怒り狂う一面も。 この記事では、『鬼滅の刃』で伊之助や時透無一郎の刀を作った刀鍛冶・鉄穴森鋼蔵について詳しく解説します。

ひょっとこのお面の下の素顔は?可愛い奥さんの鉛(えん)にそっくり?!

鬼滅の刃

刀鍛冶の里にいる他の刀匠達と同じく、鉄穴森鋼蔵はいつもひょっとこのお面を付けています。お面の下の顔は長い間謎に包まれていましたが、単行本『鬼滅の刃』の14巻の扉絵にて、ついに素顔が明らかになりました。 なんと鉄穴森の素顔は、面長のキリッとしたイケメンだったのです。ひょっとこのお面にもあるような太めの眉毛と、存在感のある黒目、そして右目の涙ぼくろが印象的な顔立ちをしていました。 ちなみに彼には鉛(えん)という可愛い奥さんがおり、大変仲むつまじい様子。しかし、その奥さんも鉄穴森と似た顔をしています。元々鉛は比較的丸顔だったようですが、あまりに夫婦仲が良すぎたのか、顔が鉄穴森に似てきたのだといいます。

死亡説について解説!上弦の鬼・玉壺に襲われたのが原因?

鬼滅の刃

刀鍛冶の里編にて、上弦の鬼に襲われた鉄穴森達。鋼鐵塚はちょうどその時、里に伝わる戦闘訓練用の絡繰人形・縁壱零式(よりいちぜろしき)の中から発見された古い刀を不眠不休で研磨している最中でした。 そこへ襲撃に現われたのが、上弦の伍・玉壺(ぎょっこ)です。しかし鋼鐵塚は鬼が現われたのにも関わらず作業を続けたため、玉壺は芸術家としてどこか敗北感を抱いてしまいます。 執念を燃やした玉壺は彼にあらゆる嫌がらせを仕掛け、最後には鉄穴森を人質に取って鋼鐵塚が自発的に研磨を辞めるように仕向けることに。このままでは鉄穴森の命はない――! そんな所に鬼殺隊の霞柱・時透無一郎が颯爽と登場。間一髪で鉄穴森は助けられました。 死亡説はこのエピソードから来ているのかもしれません。鉄穴森はその後無事に生きている様子が描かれています。

鉄穴森鋼蔵(かなもりこうぞう)の名台詞

「 ぶっ殺してやるこの糞餓鬼!!」

初めて炭次郎や伊之助たちが日輪刀を手に入れたときのことです。 暴れる鋼鐵塚とは対照的に、穏やかそうに見えた鉄穴森でしたが、自分が担当した日輪刀を伊之助が石で刃こぼれさせ始めた瞬間「ぶっ殺してやるこの糞餓鬼!!」と大激怒。 今にも伊之助を刺し殺しそうな鉄穴森は炭次郎がなんとかなだめることになりました。 鉄穴森も刀を愛し、自分が作った刀には特に思い入れが強い刀鍛冶の1人、ということが分かる貴重なシーンです。

伊之助

「ないわ~あいつないわ~刀を?石で?ないわ~~!」

鬼滅の刃

炭次郎や伊之助たちに日輪刀を届けにきた鋼鐵塚と鉄穴森は、どちらも自分が作った刀の持ち主の行動に腹を立てながら帰って行きました。2人の帰り際のシーンで出てきたのが、「ないわ~あいつないわ~刀を?石で?ないわ~~!」という鉄穴森の名台詞です。 実はこの台詞は原作『鬼滅の刃』には登場していません。実は、鉄穴森を演じていた声優のアドリブで生まれた名台詞だったのです。このアドリブを含め、刀匠2人の大激怒シーンは見どころ抜群なので、ぜひアニメでも見てみてくださいね。

鉄穴森鋼蔵(かなもりこうぞう)の声優は竹本英史!

アニメ版『鬼滅の刃』で鉄穴森鋼蔵(かなもりこうぞう)を演じたのは、声優の竹本英史(たけもとえいじ)。1993年から声優として活動しているベテラン声優で、前述の通り、伊之助の態度に大激怒したシーンで名台詞も生みました。 これまでに出演した主な作品には、『機動戦士ガンダムAGE』セリック・アビス役や『英国一家、日本を食べる』マイケル・ブース役、『新テニスの王子様』柳蓮二役、『食戟のソーマ』安東伸吾役、『ゴールデンカムイ』月島軍曹役などがあります。 その他にもテレビのナレーションやゲーム、ドラマCDなど数多くの作品に出演しており、『逆転裁判』シリーズの御剣怜侍役も務めています。

鉄穴森鋼蔵(かなもりこうぞう)は素顔も魅力的な刀匠

鬼滅の刃 遊郭編
(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

『鬼滅の刃』に登場する鉄穴森鋼蔵は、普段は年相応に穏やかな人物。しかし丹精込めて作った刀を傷つけられれば、一変して暴走を始めてしまうという、二面性のある刀鍛冶です。 ひょっとこのお面の下にはキリッとした素顔も隠されており、作品を知るほどに好きになっていく魅力的な人物でもあります。 ぜひこの機会に、鉄穴森が登場する第1期アニメや原作「刀鍛冶編」を見返してみてくださいね。