2021年9月13日更新

『鬼滅の刃』嘴平伊之助(はしびらいのすけ)の素顔は美形男子!?戦い大好きの野生児に迫る!

嘴平伊之助

『鬼滅の刃』に登場し、炭治郎と善逸を交えた3人で描かれることが多かった嘴平伊之助(はしびらいのすけ)。彼は荒々しい振る舞いが特徴的ですが、悲しい過去の持ち主でもあります。この記事では、伊之助のプロフィールや過去、強さ、アオイとの関係について徹底解説します。

『鬼滅の刃』嘴平伊之助(はしびらいのすけ)は素顔が美しすぎる!野生的な鬼殺隊士を徹底解説【ネタバレ注意】

誕生日 4月22日
身長 164cm
体重 63kg
出身地 東京府 奥多摩郡 大岳山
好物 天ぷら
趣味 童遊びの「ことろことろ」

猪の頭を被り、鍛え上げられた上半身を隠すことなく過ごすという野性的な姿が特徴の嘴平伊之助(はしびらいのすけ)。彼は山育ちで、文字や一般常識に馴染みがありません。趣味は童遊びの「ことろことろ」、好物は天ぷらで、どちらも鬼殺隊入隊後の出来事で出会ったものです。 趣味はファンブックで初めて明かされ、好物の天ぷらは「鼓の鬼」響凱(きょうがい)を倒した後に立ち寄った「藤の花の家紋の家」でご馳走になっていましたね。 山育ちの背景には赤子の頃に捨てられて猪に育てられたという驚きの過去があり、被っている頭は育ててくれた猪のものです。野性の中で育ったためか闘争心が強く、初めは同期の炭治郎・善逸に対しても躊躇なく暴力を振るっていました。 ※本記事では『鬼滅の刃』のネタバレ情報を扱っています。読み進める際はご注意下さい。

【性格】伊之助の心の成長

猪の頭の下には、まさしく美少年と言える中性的な素顔が隠されています。その美貌は、美しい人間しか狙わない上弦の陸・堕姫(だき)が認めたほど。一方、性格は荒々しく、好戦的で、外見のイメージからはかけ離れています。 彼の性格には「山育ちであること」が大きく影響しており、彼は野性の動物たちと育ち力比べをするうちに他者を「弱者か強者か」で認識するようになったのです。 当初は強者として振る舞っていたものの那田蜘蛛山で父鬼に負け、冨岡義勇(とみおかぎゆう)に全く相手にされなかった後は深く落ち込んだ様子を見せていました。また、鬼殺隊入隊後の多くの人との関わりによって徐々に「人の心」に触れ、周囲を励ますなどの以前とは違う行動もとるようになります。 煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)の最期に立ち合い、炭治郎を励ましたシーンが代表的です。

伊之助がホワホワするのはなぜ!?

伊之助と言えば、人と関わった際に描かれる“ホワホワした雰囲気”が印象に残っている人も多いでしょう。伊之助は人に優しくされるとホワホワしてしまい、その後に必ずキレます。 前述した通り彼は猪に育てられたため、人の優しさに触れずに生きてきました。そのため藤の花の家紋の家に住む老婆や、炭治郎などに優しくされると、彼は経験がない感情に戸惑ってしまいます。言葉にできない嬉しい感情と戸惑いの気持ちが、ホワホワに表れているのでしょう。 つまりホワホワした後に必ずキレるのは、未知の感情への恐怖と照れ隠しのようなものなのです。

上弦の弐・童磨(どうま)との戦いで母親について語られた!悲惨な過去が明かに

『鬼滅の刃』の序盤、那田蜘蛛山で見た走馬燈の中に現れた母親。「ごめんね伊之助」と涙を流して彼を捨てた彼女の真相が描かれたのは、上弦の弐・童磨(どうま)との戦いの最中でした。 戦闘中、伊之助の素顔を見た童磨は「見覚えがある」と言い出し、自分の顔をその女性のものへと変化させます。伊之助と同じ色の瞳を持つ、優しい顔立ちの母・琴葉の姿でした。 母親などいないと言い張る伊之助は、皮肉にも対峙した鬼から母親のことを教えられます。かつて酷い暴力にさらされ、耐えかねた琴葉は幼い伊之助と共に童磨の宗教組織に逃げ込みました。 その後は幸せに暮らしていましたが、ある日童磨の正体に気づき、組織から逃げることに……。ですが逃げきることはできず伊之助だけでも助けようと、崖から落とした後に殺されてしまったのです。

アオイと結婚!?出会いや馴れ初めは?

無惨を討った炭治郎らによって、平和を手に入れた現代。そこには伊之助とそっくりの植物学者、嘴平青葉(はしびらあおば)の姿がありました。青い彼岸花の研究をする優秀でうっかり屋な青葉ですが、彼の先祖は伊之助と蝶屋敷の神崎アオイになります。伊之助とアオイは結婚していたのです。 彼らの初対面は那田蜘蛛山編後の蝶屋敷でした。そこで伊之助の機能回復訓練の相手を務めたのが、当時は伊之助よりも身体能力が優れていたアオイです。しかし訓練を重ねるうちに能力が向上し、彼女を思いっきり負かすようになった伊之助。そんな2人の関係が変化したのが最終決戦後でした。 いつものようにつまみ食いをする彼に説教をするアオイは、伊之助用に軽食を用意します。それを受けた伊之助は嬉しそうにそのおにぎりを頬張っていました。 母から愛を受け取れなかった伊之助は、叱りながらも無償の愛をくれる彼女に惹かれたのでしょう。

【番外編ネタバレ】ギリギリ人でいられるのはある出会いがきっかけ

崖から落とされた後のことは、番外編「伊之助御伽草子」で明らかにされました。崖から落とされた伊之助は川に落ち、猪に育てられたことで奇跡的に生き延びます。そして、4, 5歳ごろまで育った頃にある民家へ迷い込みます。そこに住んでいたのは土木業をしているのであろう「たかはる青年」と、その祖父でした。 祖父は少々ボケており、猪頭の伊之助を警戒することなく餌付けしたり、膝にのせて百人一首を読み聞かせました。たかはるは祖父が得体の知れない存在、伊之助を構っているのを見る度に怒鳴って追い払います。そのうち伊之助はたかはる譲りの乱暴な口調と言葉を覚え、たかはる達の家を縄張りとしてしまいました。 この出会いによって、伊之助はぎりぎりの人間らしさを得ることができたのです。

伊之助は「獣の呼吸」の使い手!ギザギザに刃こぼれさせた刀で敵を千切り裂く

彼は「獣の呼吸(けだものの呼吸)」という独学で身につけた呼吸法の使い手で、二刀流で戦います。鬼殺隊入隊まで一切柱や育手に関わっておらず、最終選別には負かした鬼殺隊士から奪った日輪刀で参加していました。 基本的には「猪突猛進」と言える直線的な攻撃をするものの、野性の中で鍛えられた体の柔軟性を活かして関節を外すなどのトリッキーな戦い方をすることもあります。 日輪刀はギザギザに刃こぼれしていますが、これは「千切り裂くような切れ味」へのこだわりによるもの。刀鍛冶に刀を貰うやいなや自ら刃こぼれさせ、彼を怒らせていました。 伊之助の感覚で優れているのは「触覚」で、露出した上半身で相手の殺気を読み取るなど、センサーとして活かされています。

嘴平伊之助を演じた声優は松岡禎丞(まつおかよしつぐ)

野性的で闘争心にあふれる伊之助を演じたのは、松岡禎丞(まつおかよしつぐ)。伊之助にぴったりな荒々しい声を見事に吹き込んでいます。 北海道帯広市出身で、道内の声優学校を探したものの上京をすすめられて東京へ。代々木アニメーション学院を経て日本ナレーション演技研究所に入所しました。2009年にはアイムエンタープライズ所属となり、同年に『東のエデン』AKX20000役でデビューしました。

代表作(一部)

●『神様のメモ帳』藤島鳴海 ●『アイドルマスター SideM』御手洗翔太 ●「ソードアート・オンライン」シリーズ キリト ●『食戟のソーマ』幸平創真

『鬼滅の刃』嘴平伊之助は荒々しさと強さを持つ剣士

今回は型破りな性格と美貌のギャップがファンの心を掴む伊之助を、徹底解説してきました。最初は愛を知らず誰にでも刃を突き立てていた彼が、徐々に人間らしくなっていく姿を見るのも、本作の醍醐味の1つです。 2021年内にはTVアニメ第2期となる「遊郭編」の放送も決定している『鬼滅の刃』。鑑賞する際は物語の展開はもちろん、伊之助の動向にも要注目です!