2020年4月11日更新

『鬼滅の刃』無限列車編の魅力をネタバレ解説!受け継ぐ“炎の意志”【劇場版は2020年10月】

鬼滅の刃
©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

2019年にアニメが放送され、人気急上昇の『鬼滅の刃』は、2020年には劇場版「無限列車編」も公開される予定です。今回は、原作漫画でも人気の高い「無限列車編」について、あらすじを中心に魅力をとことん紹介していきます!

目次

『鬼滅の刃』無限列車編についてネタバレありで解説!劇場版は2020年10月16日公開

『鬼滅の刃』のアニメ1期は、原作漫画7巻53話までの内容でした。その続編にあたる劇場版「無限列車編」は、2020年10月16日に公開が決定!7巻54話から8巻69話までとなり、劇場版も基本的にその範囲の内容になると思われます。 アニメ1期は、炭治郎、善逸、伊之助の3人が新たな任務に出発し、無限列車という列車に乗り込んだところで終了しました。その列車では、短期間で40人もの人が行方不明になっており、送り込まれた数名の鬼殺隊の剣士も消息を絶っていました。そこで、炎柱である煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)が自ら調査に赴き、炭治郎たちが合流するのでした。 無限列車編では、炭治郎たちはもちろん、炎柱・煉獄杏寿郎の活躍を見ることが出来ます。今後の炭治郎に大きく影響を与える人物である煉獄は、読者人気も高く、その熱くまっすぐな生き様は必見です! この記事では、無限列車編をネタバレありで解説していきます!読み進める際はご注意ください。

あらすじ①:怪我を癒した炭治郎たちは無限列車へと向かう

主人公・炭治郎は、鬼に家族を殺され、唯一生き残った妹の禰豆子(ねずこ)は鬼になってしまいました。禰豆子を人間に戻すため、炭治郎は厳しい修行に耐え抜き鬼殺隊へと入隊します。 炭治郎は任務をこなす中、鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)を恨む鬼の珠世(たまよ)から鬼を人間に戻す手がかりを得るのです。 そして、同期で仲間の善逸や伊之助と出会い、彼らと行動を共にすることが増えました。那田蜘蛛山に向かった3人でしたが、蜘蛛の鬼との戦闘で重症を負ってしまい、蟲柱・胡蝶しのぶの屋敷で療養することになりました。 リハビリの一環である機能回復訓練で「全集中・常中」を会得した炭治郎は、蜘蛛の鬼・累(るい)との戦闘で使ったヒノカミ神楽が火の呼吸と関係あるのか、なぜ竃門家に伝わっていたのか聞くため炎柱・煉獄杏寿郎がいる無限列車へと乗り込むのでした。

あらすじ②:煉獄杏寿郎にヒノカミ神楽のこと聞いても収穫ナシ!?

炭治郎たちが、しのぶの屋敷で療養している頃、無惨は下弦の鬼を集め、1人のみを残して全員殺してしまいます。無惨の血に順応して生き残った下弦の壱・魘夢(えんむ)は、無惨から炭治郎と柱の抹殺を命じられ、無限列車を拠点にして人間を襲っていました。 無限列車では、短期間で40人も行方不明となっており、数名の鬼殺隊士も消息を絶っていました。十二鬼月の鬼が関与していると睨んだ鬼殺隊は、炎柱の煉獄を無限列車へと送り込みました。 炭治郎たちは無事に無限列車に乗車し、煉獄と合流します。炭治郎はヒノカミ神楽や火の呼吸について聞いてみますが、煉獄はヒノカミ神楽という言葉も初耳で知らないとあっさり断言してしまいます。 動揺する炭治郎でしたが、煉獄は「俺の継子(つぐこ)になるといい 面倒を見てやろう!」と半ば強引に話を進め、炎・水・雷・岩・風の5つが基本の呼吸であることや、炎の呼吸と水の呼吸の歴史が古いことを教えます。

あらすじ③:鬼が現れるも、すでに夢の中!?

伊之助が窓を開けてはしゃいでいると、煉獄は鬼がいつ出るか分からないと注意喚起します。そこに、やつれた車掌がやってきて皆の切符を確認していきます。 切符の確認が終わると同時に、車両の後方から体の大きい異形の鬼が現れました。いち早く気づいた煉獄はまたたく間に鬼の首を斬り落とし、炭治郎たちから賞賛されて「弟子にしてほしい」と頼まれるのです。 しかしこの一連の出来事は、現実ではなく彼が見ている「夢」でした。煉獄や炭治郎たちは魘夢の血鬼術によって、すでに全員眠らされていたのです。 魘夢の策略は、手下の人間を炭治郎たちの夢に入り込ませ、精神の核を破壊して廃人にすることで安全に鬼殺隊士を殺す、というのがでした。計画どおり、炭治郎たちは自分にとって都合の良い幸せな夢を見ており、誰も目覚める気配がありません。

あらすじ④:炭治郎がついに目を覚まし、魘夢と対峙!

箱の中にいた禰豆子は、魘夢の標的から逃れていました。箱から出てきた禰豆子は、炭治郎を起こそうとしますが中々起きません。ついには痺れを切らして血鬼術で燃やしてしまいます。 自分が夢の中にいることに気づきはじめていた炭治郎は、禰豆子の助けもあり、自らの頸を斬ることで夢から抜け出すことに成功。他の3人や、乗客のことを禰豆子に任せ、元凶の鬼を探すのでした。 炭治郎はついに魘夢を見つけ、「人の心の中に土足で踏み入るな」と怒りをあらわにします。魘夢は相手を強制的に眠らせる「血鬼術・強制昏倒催眠の囁き」を使いますが、このとき彼に見せたのは家族から責められるという悪夢でした。 すぐに夢だと理解した炭治郎は、術にかかった瞬間に自決して覚醒することで対応し、家族を侮辱された怒りと共に「水の呼吸 拾の型・生生流転」を放ち魘夢の頸を斬り落とします。

あらすじ⑤:追い詰められた魘夢がとった行動は?

炭治郎の日輪刀で完全に頸を斬られた魘夢でしたが、消滅しませんでした。魘夢は列車と融合していたのです。これにより列車に乗る200人の乗客全員が人質となってしまい、一気に不利な状況に。 しかしようやく煉獄、善逸、伊之助の3人も起きてきて、味方全員が参戦します。煉獄と善逸、禰豆子で乗客を守り、炭治郎と伊之助で列車と同化した魘夢の弱点を探すことにしました。 炭治郎と伊之助は、弱点が前方にあると見抜き先頭車両に向かいます。先頭車両の床下に頸の骨を見つけ、斬ろうとしますが、触手に邪魔されて上手くいきません。 2人で連携しようとしますが、触手に無数の目玉が顕現し、それと目が合った瞬間に炭治郎は眠りに落ちてしまいます。

あらすじ⑥:煉獄杏寿郎の機転もあり、無事解決!乗客全員を守り切る!

眠りから覚醒しても、炭治郎はすぐに目玉に捕捉されてしまい、さらに魘夢の支配下にある運転手にも邪魔されてしまいます。彼は運転手に腹部を刺されてしまいますが、優れた感覚で目玉の攻撃を避け続ける伊之助の助けを借り、魘夢の頸の骨を斬ることに成功するのでした。 列車と同化している魘夢は、頸を斬られて激しくのたうちまわり、線路から大きく脱線します。炭治郎と伊之助は外に放り出されて何も出来ませんでしたが、外側から煉獄が次々と技を繰り出すことで電車の受け皿をつくり、被害を最小限に抑えたため、乗客は全員無事でした。 炭治郎たちが戦っている間も、煉獄は200人もの人質を守りぬき、完全に抑えられたことに、死に際の魘夢も「これが柱の力……」と感嘆するのです。

あらすじ⑧:しかし、新たな鬼が登場!?さらなる強敵に絶体絶命か

全員無事で魘夢を倒し、一件落着かと思われましたが、そこに新たな鬼が現れました。先ほど倒した魘夢の力を大きく上回る上弦の参・猗窩座(あかざ)。 彼は煉獄に「鬼になれ」と勧誘しますが、「如何なる理由があろうとも鬼にならない」と断る煉獄。2人の戦闘は炭治郎が目で追えないレベルで、伊之助が足手まといになると考えて動けないほどでした。 2人の実力は拮抗しているように見えましたが、猗窩座の傷はすぐ再生してしまうのに対し、煉獄は徐々に損傷を増やし、左目は潰れ、肋骨が骨折し、内臓も損傷してしまいます。 満身創痍の煉獄は、次の一撃で多くの面積をえぐり斬るため、炎の呼吸の奥義である「玖の型 煉獄」を放ちますが、猗窩座も「破壊殺・滅式」で迎え撃ちます。 土埃が晴れると、そこには左半身に多くの損傷を負った猗窩座と、彼の右腕によってみぞおちを貫かれている煉獄の姿がありました。

悲しい結末:煉獄杏寿郎が遺した言葉は

煉獄は幼き日の母との会話、そして約束を思い出し、もう一度刀を握る右手の力を込めて日輪刀を振るいます。日輪刀は猗窩座の頸に食い込み、その後の反撃も左手で受け止めて捕まえますが、夜明けが近くなり焦った猗窩座は無理やり抜け出します。 そのまま猗窩座は逃げてしまいますが、炭治郎は激昂し「誰も死なせず守り抜いた煉獄の勝利、猗窩座の負けだ」と叫ぶのでした。 それを聞いていた煉獄は、死ぬ前に「話をしよう」と炭治郎へ呼びかけます。彼の生家にある歴代の炎柱が残した手記になら、ヒノカミ神楽について何か記されているかもしれないと炭治郎に教え、父と弟への最後の言葉を託しました。 そして炭治郎には「禰豆子のことを鬼殺隊の一員として認める」と伝え、「胸を張って生きろ」「心を燃やせ」と激励の言葉を送ります。 最期に煉獄はあの世のはざまで母と再会し、立派にやるべきことを全うしたと認めてもらい、笑顔で息を引き取るのでした。

その後は?煉獄杏寿郎の意思を受け継ぐ炭治郎

闘いの後、傷を癒すためにしのぶの屋敷で世話になっていた炭治郎ですが、煉獄から託された家族への言葉を伝えるために煉獄家を訪ねます。 そこで弟・千寿郎と父親の槇寿郎(しんじゅろう)と出会いますが、彼は死んだ息子を侮辱し、炭治郎のことも目の敵にしました。彼は炭治郎を「日の呼吸」(はじまりの呼吸)の使い手だと思い込んでおり、見下されていると勘違いしていたのです。 しかし、一方的な物言いに炭治郎も怒りを顕にし、槇寿郎に頭突きを食らわせて気絶させてしまいした。その後、弟の千寿郎に話を聞き、歴代炎柱の手記を見せてもらいますが、中身はズタズタに引き裂かれており、読める状態ではありません。 炭治郎はひとまず手記は諦め、より鍛錬し、煉獄のような強い柱に必ずなるという決意を千寿郎に伝えました。 炭治郎が帰った後、千寿郎は父の下へと赴き煉獄の「体を大切にして欲しい」という遺言を伝えます。それを聞いた槇寿郎は、自分が腐って悪態をついても明るく真っすぐだった息子のことを思い出し、涙を流すのでした。

劇場版『鬼滅の刃』無限列車編は見逃せない!2020年10月16日公開予定

今回は、『鬼滅の刃』アニメ1期終了直後の無限列車編を紹介しました。原作漫画でも人気の高いエピソードなので、2020年10月16日公開予定の劇場版「無限列車編」も期待が高まります。 アニメで見せた炭治郎たちの迫力ある戦闘シーンが劇場で見られるだけでなく、煉獄の炎の呼吸や猗窩座との戦闘を映像で見るのが楽しみですね! また、原作で描ききれてないシーンの追加や、より深掘りされるキャラがいるかもしれないので、原作漫画を読んだ方も必見です。炭治郎たちのさらなる闘いと、煉獄杏寿郎の熱い生き様をぜひ劇場版でご覧ください!