2019年10月17日更新

『鬼滅の刃』鬼殺隊の柱メンバー一覧!最強なのは誰!?【ネタバレ注意】

鬼滅の刃、鬼滅、竈門炭治郎、竈門禰豆子、我妻善逸、嘴平伊之助

『鬼滅の刃』で登場する「鬼殺隊」は、人間を鬼から守るために作られた組織。「鬼殺隊」の中でも最上位の実力を持つ9名は「柱」と呼ばれています。本記事では、「柱」の剣士9名の強さや能力を紹介!

目次

『鬼滅の刃』鬼殺隊の柱メンバーを徹底紹介!【ネタバレ注意】

吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)による漫画『鬼滅の刃』は、2019年9月にコミックスの累計発行部数が1000万部を突破した大人気作品です。2019年4月にアニメ化し、2019年9月には劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』の制作が決定しました。アニメ制作会社はufotableで、美麗で質の高いアニメーションも高評価を得ています。 物語の舞台は、大正時代の日本です。炭を売りながら家族と幸せに暮らしていた主人公・竈門炭治郎(かまどたんじろう)は、ある日家族が人喰い鬼に襲われ、生き残った妹・禰豆子(ねずこ)も鬼に変貌してしまいました。炭治郎は妹を人間に戻す方法を探すため、鬼を狩る為に作られた組織・鬼殺隊の一員となる事を決意します。 今回は『鬼滅の刃』に登場する、指折りの鬼殺隊「柱」のメンバーとその強さを紹介していきます。 ※本記事では2019年10月現在の最新話までの内容について言及しています。ご了承ください。

鬼殺隊の柱とは?

鬼を狩る目的で作られた政府非公認の組織・鬼殺隊。鬼殺隊の中でも最上位の階級が「柱」であり、9名の剣士で構成されています。鬼の中でも最強と呼ばれる「十二鬼月」とは、対になる存在です。「柱」は流派によってそれぞれ「○柱」という肩書きを持っています。 「柱」には、鬼殺隊の当主・産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)との謁見や、半年に一度の「柱合会議(ちゅうごうかいぎ)」への参席、現場指揮などの特権があります。また、「柱」の文字の画数が9である事から、「柱」の定員は9名です。

鬼を倒すことが出来る唯一の武器「日輪刀(にちりんとう)」

鬼殺隊の隊士は「日輪刀(にちりんとう)」という武器を装備します。鬼を倒すには日光を浴びせるか、「日輪刀」という日本刀で鬼の頸(くび)を斬るしか方法がありません。 「日輪刀」は陽光山で採取できる猩々緋砂鉄(しょうじょうひさてつ)と猩々緋鉱石(しょうじょうひこうせき)から作られています。刃元に刻まれているのは「悪鬼滅殺」の4文字です。 日輪刀は持ち主によって刀の色や特性が変化するため、「色変わりの刀」とも呼ばれます。その色によって、持ち主がどの流派へ適性があるか見抜くことが可能です。

全集中の呼吸

鬼殺隊の隊士は、一度に大量の酸素を取り込み身体能力を上昇させる「全集中の呼吸」という能力を持っています。「柱」は、その「全集中の呼吸」を極めた剣士達です。「水の呼吸」を極めた者は「水柱」、「炎の呼吸」を極めた者は「炎柱」という肩書きを持ちます。

次期「柱」が見込まれる「継子(つぐこ)」

鬼殺隊の中でも次期「柱」としての才能が見込まれた隊士は、「柱」の剣士の下で修行する事が可能です。そのような隊士は継子(つぐこ)と呼ばれます。 「蟲柱」である胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)は、炭次郎と同期の栗花落カナヲ(つゆりかなを)を、継子として育成しています。カナヲは鬼殺隊に入隊するための最終選別においても傷ひとつなく突破しており、高い戦闘力を有している剣士です。

驚異の身体能力を発揮する「痣(あざ)」

戦国の時代には「始まりの呼吸の剣士」と呼ばれる者達が鬼の紋様に似た痣を発現させ、鬼を追い詰めたという伝承が残っています。「痣(あざ)」が発言した者は高い身体能力を発揮する事が可能です。痣が発現する条件には「体温が39℃を超える」かつ「心拍数が200を超える」の2つが存在します。 作中では、炭治朗が最初に炎の形の痣を発現させました。その後、他の「柱」の隊士達にも様々な形状の痣が現れています。

水柱・冨岡義勇(とみおかぎゆう)

誰よりも冷静に判断し、鬼を断つ者

冨岡義勇(とみおかぎゆう)は、「水」の呼吸法を用いて闘う「水柱(みずばしら)」で、年齢は19歳です。アニメ版の声優は櫻井孝宏が担当しています。 一見、無表情でクールに見えますが、炭治郎がピンチの時に助けに来てくれるなど、根は優しい青年。実は天然な一面もあります。物語の序盤では人喰い鬼となった禰豆子の命を狙いに現れました。しかし、果敢に向かってくる炭治郎と、炭次郎を守ろうとする禰豆子の姿を見てから考えを改めます。 兄弟の絆に可能性を見出した義勇は、鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)という老人を訪ねるよう、炭治郎に勧めます。鱗滝は鬼殺隊員の候補を育てている人物。義勇は炭次郎を鬼殺隊に入れるため、鱗滝に紹介状を送りました。 戦闘の際は「水の呼吸」により「日輪刀」が青く染まります。義勇の使用する技は、流水のごとく敵の攻撃を回避しながら攻撃する「参ノ型 流流舞い(りゅうりゅうまい)」や、突き技である「漆ノ型 雫波紋突き(しずくはもんづき)」などです。

蟲柱・胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)

誰よりも軽やかに舞い、毒を刺す者

胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)は、「蟲」の呼吸法を使用する「蟲柱(むしばしら)」。18歳の女性です。アニメ版の声優は、早見沙織が担当しています。 容姿端麗な女性で、蝶の形を模した髪飾りと羽織を身に着けています。普段から敬語で喋り、笑顔を絶やさないおっとりとした雰囲気の女性。 「鬼と仲良くしたい」と口にする一方で、鬼に拷問を試みたり禰豆子を即座に殺そうとしたりするなど、言動が相反しています。これは鬼に殺された姉・胡蝶カナエの「鬼と仲良くすべき」という理想を受け継ぎつつも、本心では鬼に対する深い憎悪がある事が原因です。 しのぶは「柱」の中で唯一、鬼の首が斬れない剣士です。鬼の首を斬れない代わりに、しのぶは鬼が嫌う藤の花から毒を作りだしており、その毒を使って鬼を倒す事が出来ます。闘うだけではなく負傷した隊士の治療を行うなど、医学・薬学にも精通している剣士です。 しのぶの持つ日輪刀は先端が鉤爪状になっており、この先端を鬼に刺して毒を注入します。「蟲の呼吸法」によって、複数の箇所から毒を注入する「蝶ノ舞 戯れ(ちょうのまいたわむれ)」、相手の目を突く「蜂牙ノ舞 真靡き(ほうがのまいまなびき)」等の技を使用する剣士です。

炎柱・煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)

誰よりも熱く、誇り高き精神を持つ者

煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)は20歳の青年で、「炎」の呼吸法を極めた「炎柱(えんばしら)」です。声優は日野聡が担当しています。 正義感の強い好青年。金髪に赤みがかった炎のような髪型や、見開いた目、二方向に割れた眉毛が特徴です。リーダーシップがあり、戦闘中に的確な指示を出すため、他の隊員達から慕われています。 出身は歴代の「炎柱」を輩出してきた名家・煉獄家です。幼い頃は父の指導の下、鬼狩りとしての腕を磨いてきました。天賦の才能があり、その上厳しい修練も欠かしません。数十~百トンもの列車が横転した際に、その衝撃を緩和させる程の威力を発揮しました。 杏寿郎の用いる「炎の呼吸」の技は、一気に距離を縮め頸(くび)を斬る「壱ノ型 不知火(しらぬい)」、炎で円を描き下から刀を切り上げる「弐ノ型 昇り炎天(のぼりえんてん)」などです。

音柱・宇髄天元(うずいてんげん)

誰よりも派手に戦場を駆ける者

宇髄天元(うずいてんげん)は、「音」の呼吸法を極めた「音柱(おとばしら)」です。年齢は23歳。アニメ版の声優は小西克幸です。 額あてには宝石が散りばめられ、左目の周囲にパンクファッション風の化粧をしており、派手な風貌です。口癖は「派手」で、「派手を司る神」「祭りの神」を自称しています。 天元は、元々、忍の末裔であり、忍の次期頭領として育てられてきました。そのため大柄な体格に加えて俊敏さ・隠密性を習得しており、毒への耐性も持っています。実は妻が三人おり、その全員が元くノ一。天元は妻三人をとても大切にしており、任務より自身の命を優先するよう妻たちに命じています。 武器は、持ち手の同士が鎖で繋がれた2本の日輪刀です。剣術の他に、刃との振動や摩擦熱で起爆する強力な火薬玉も用います。 天元の繰り出す技には、斬り技と爆発を同時に行う「壱ノ型 轟(とどろき)」や、広範囲に刀を振り回して爆発を起こす「肆ノ型 響斬無間(きょうざんむけん)」などがあります。

恋柱・甘露寺蜜璃(かんろじみつり)

誰よりもときめきに胸を高鳴らせる者

甘露寺蜜璃(かんろじみつり)は、「恋」の呼吸法を極めた「恋柱(こいばしら)」で、年齢は19歳です。アニメ版では花澤香菜が声優を担当しています。 頭頂部から肩辺りまで桜色、その下は緑色の髪色が特徴の女性。とても惚れっぽい性格で、誰かれ構わず些細な事にもキュンとしてしまいます。性格は優しく社交的。胸元が大きく開き、ミニスカートを着用しており、大正時代の日本人としてはかなり大胆な格好をしています。 蜜璃は先天性に特別な体質を有しており、普通の人に比べて筋繊維の密度が8倍にも及びます。そのため華奢な体からは考えられない怪力と頑強な体で闘う事が可能です。その反面、多量のエネルギーを必要とするため、蜜璃の食事量は相撲取り3人分を超えています。 蜜璃の日輪刀は薄い鋼で出来た特殊な「変異刀」で、布のようにしなやかです。その形状はまるで新体操のリボンのようで、高速で攻撃する事が出来ます。しなやかさを利用して鬼を取り囲んで攻撃したり、逆に全方位からの攻撃を防ぐ事が可能です。 「恋の呼吸」を使った「参ノ型 恋猫しぐれ(こいねこしぐれ)」は、まるで猫の様に飛び跳ねて敵を攻撃します。

岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)

誰よりも慈悲の涙を流す者

悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)は、「岩柱(いわばしら)」の二つ名を持ちます。年齢は27歳で、「柱」の中では最年長。アニメ版の声優は杉田智和です。 「柱」の剣士達の中では最古参で、最強の実力を持っています。「柱」のまとめ役的な存在です。常に数珠を持ち念仏を唱えており、羽織には「南無阿弥陀仏」と書かれています。一見慈悲深い人物に見えますが、柱合会議では炭治郎について「生まれてきたこと自体が可哀想だから殺してやろう」と主張するなど、極端で独善的な一面も見られました。 鬼殺隊で「柱」となってから8年経過しており、鬼との闘いや修練の積み重ねで身体能力を極限にまで鍛えています。使用する日輪刀は他の剣士のような日本刀ではなく、鉄球と斧を鎖で繋いだ様な形状です。攻撃する際は斧と鉄球の他に、鎖部分で鬼の首を絞めるだけでも致命傷を与えることが出来ます。 悲鳴嶼(ひめじま)は「岩の呼吸」を用いて、敵の頭上に鉄球を落とす「弐ノ型 天面砕き(てんめんくだき)」や鉄球を振り回す「参ノ型 岩軀の膚(がんくのはだえ)」等の技を使います。

霞柱・時透無一郎(ときとうむいちろう)

誰よりも剣技の才を持つ者

時透無一郎(ときとうむいちろう)は霞の呼吸を極めた「霧柱(かすみばしら)」。アニメ版の声優は河西健吾が担当しています。「柱」の剣士の中では最年少の14歳です。刀を持ち始めて僅か2ヶ月で「柱」に昇格した天才少年。 小柄な体格で、中性的な顔立ちをしています。 炭次郎を斬首するか決める裁判の真っただ中で無関係な事を考えるなど、ぼんやりした性格。その一方で人の命の価値や能力を冷静に天秤にかけるなど、合理的に判断して行動しようとします。合理性を追求しすぎるために、周囲の人に対して配慮や気遣いに欠ける事も。当主である産屋敷の事は慕っているようで、当主の話を遮った炭治郎に対しては表情を変えて注意しました。 装備している日輪刀は、霧のように白く変色します。「霧の呼吸」を極めた無一郎が使用する技は、唯一の突き技である「壱の型 垂天遠霞(すいてんとおがすみ)」や、敵を錯乱させる「漆ノ型 朧(おぼろ)」等です。

蛇柱・伊黒小芭内(いぐろおばない)

誰よりも鋭き眼光を持ち、鬼を穿つ者

伊黒小芭内(いぐろおばない)は、「蛇柱(へびばしら)」の肩書きを持つ21歳。アニメ版の声優は鈴村健一です。口の部分を包帯で覆っており、左右で目の色が異なるオッドアイ。首の周りには「鏑丸(かぶらまる)」という白い蛇が這っています。 気難しい性格のようで、何かと嫌味や皮肉が多い人物。鬼の事は信用しておらず、柱合裁判で拘束された炭治郎が禰豆子を助けようとした際、体術を使って炭治郎の動きを封じました。その一方で、恋柱の蜜璃(みつり)に対しては特別な感情を抱いているらしく、蜜璃と文通や、贈り物をするなどしています。 小芭内の装備する日輪刀は、蛇のようにうねる形状の刀身をしています。彼の極めた「蛇の呼吸」は「水の呼吸」から派生した流派で、まるで蛇の様にうねる太刀筋が特徴です。小芭内の技には「弐ノ型 狭頭の毒牙(きょうずのどくが)」や、蛇のような変則的な斬撃を広範囲で繰り出す「伍ノ型 蜿蜿長蛇(えんえんちょうだ)」等があります。

風柱・不死川実弥(しなずがわさねみ)

誰よりも鬼を滅する執念を持つ者

不死川実弥(しなずがわさねみ)は「風」の呼吸法を極めた「風柱(かぜばしら)」で、21歳の青年です。アニメ版の声優は関智一が担当しています。 髪は白色の短髪で、顔面や身体に多くの傷跡があります。粗暴な言動が多く、短気な性格。鬼に対して強い敵意を抱いており、柱合裁判ではわざと自らの腕を切って流血し、禰豆子を挑発しました。その反面、目上の人には敬意を表し、他の「柱」との協調性もあるなど、常識人な一面もあります。 日輪刀の鍔は四角い板を円状に重ねた形状をしており、柄には布を巻きつけています。 「風の呼吸」を使った、暴風のような荒々しい攻撃が特徴です。竜巻のように周りを削りとりながら突進する「壱ノ型 塵旋風・削ぎ(じんせんぷう・そぎ)」や、4つ同時に打ち下ろしを放つ「弐ノ型 爪々・科戸風(そうそう・しなとかぜ)」等の技を使います。

元柱一覧

元水柱・鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)

鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)は、 炭治郎の師匠です。アニメ版の声優は大塚芳忠。いつも天狗のお面を被っています。炭治郎を鬼殺隊に入隊させるため、炭治郎に対してスパルタ訓練を行いました。

元鳴柱・桑島慈悟郎(くわじまじごろう)

桑島慈悟郎(くわじまじごろう)は、炭治郎の同期である我妻善逸(あがつま ぜんいつ)の師匠です。鬼殺隊の次期隊士を育てる「育手」の一人で、かつては「鳴柱(なりばしら)」として活躍しました。過去に鬼との戦闘で片足を失い、左足が義足となっています。アニメ版の声優は千葉繁です。

元花柱・胡蝶カナエ(こちょうかなえ)

胡蝶カナエ(こちょうかなえ)は、蟲柱・胡蝶しのぶの姉。鬼との戦いで命を落とし、既に故人です。優しく、穏やかな性格で、鬼と友好関係を築くことを理想としていました。姉を亡くした妹のしのぶは、彼女の意思を継ぐことを決意します。アニメ版での声優は、茅野愛衣です。

元炎柱・煉獄槇寿郎(れんごくしんじゅろう)

煉獄槇寿郎(れんごくしんじゅろう)は炎柱・煉獄杏寿郎の父親。とある事がきっかけでやる気を無くして、酒に溺れた生活をしていました。息子の杏寿郎は父親の変貌に苦しみを感じながらも、努力を続けて「炎柱」に登りつめます。

今後も鬼殺隊「柱」の活躍から目が離せない!

本記事では、個性豊かで曲者揃いな「柱」の剣士達を紹介しました。初登場時の「柱」達は炭治郎や禰豆子に理解を示さず冷酷な印象を受けますが、辛い過去や運命を背負って戦う剣士が多く、読者からの人気は高いです。 2019年9月には、劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』の制作が発表されました。劇場版の制作はアニメ版と同じくufotableが担当。原作では列車に乗った炭治郎と煉獄杏寿郎達が、下弦の壱である鬼・「魘夢(えんむ)」と戦います。 今後も、劇場版や原作漫画での「柱」達の活躍に要注目です。